ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
たんすにごんさん、毎度で..
by ちゅらおっさん at 19:05
はま寿司のカキフライ軍艦..
by たんすにごん at 12:44
池D君、ありがとうござい..
by ちゅらおっさん at 11:27
早速のご返答ありがとうご..
by 池Dクン at 14:07
池D君、お久しぶりでござ..
by ちゅらおっさん at 11:57
ご無沙汰しています。長女..
by 池Dクン at 18:18
山田はん、こういうチープ..
by ちゅらおっさん at 12:18
灯台下暗しとは言い得て妙..
by ちゅらおっさん at 19:14
わあおー、待ってましたわ..
by 山田 at 18:57
美味しかったですね!気軽..
by にこぴ at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:居酒屋( 137 )


炭火焼 八犬伝      川西畦野店

c0118393_11323452.jpg

長女の結婚式が無事終わり、二次会にやってきたのが川西の奥田舎にある「八剣伝」という炭火焼のお店。
6月に次女の婿殿とそのお父さんと3人で飲んで以来、2回目である。
お店の写真を撮り損ねたので、その時の写真を使わせてもらったが、お店に到着したのは実は9時半を回っていたので真っ暗であった。
c0118393_1146251.jpg

まずはお通しのポップコーン200円×6人前が運ばれてきた。
c0118393_11481296.jpg

まずは、お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
私と次女の婿殿、Y子さんはアサヒスーパードライ生中430円、家人は最強レモンサワー480円、次女は車を運転するのでアサヒドライゼロ390円、三女は桃酒サワー390円で6つのジョッキがぶつかり合うけたたましい音が店内に響き渡った。
「いやー、無事終わってほっとしたわ」
「この度はおめでとうございます!」
c0118393_1213763.jpg

やげん軟骨150円×3人前。
『「やげん」ってどういう意味?』
「やげん堀やろ」
「えっ、それって広島の中区にある薬研堀?」とたわいもない会話が。
実は、やげん(薬研)と呼ばれる軟骨は、舟形でY字のような形をしている。
このやげんという名前の由来は、漢方薬や生薬をすりつぶすための道具。
薬研に形状が似ていることからこの名が付いたというわけである。
c0118393_12184945.jpg

パリポリキャベツ250円×2人前。
c0118393_12265319.jpg

焼鳥盛合せ5本580円×2人前。
左から、砂ずり、鶏皮、つくね、親鳥、ねぎ身。
c0118393_12304211.jpg

八剣伝餃子300円。
c0118393_12312944.jpg

ねぎ身120円×2人前。
c0118393_12325760.jpg

ビールをどんどんおかわりしちゃいます。
c0118393_12334960.jpg

最強レモンサワー480円。
c0118393_1234305.jpg

炙りしめ鯖480円。
c0118393_1235113.jpg

焼酎ハイボール390円もどんどんおかわりしちゃいます。
c0118393_12363483.jpg

カキフライ580円。
c0118393_1237048.jpg

なすきゅうり浅漬け330円。
「居酒屋に行ったらこれは外せませんわ」婿殿は浅漬けが大好物。
c0118393_12391532.jpg

炭火焼ほっけ680円。
こちらも婿殿の大好物。
c0118393_12455091.jpg

私、家人、Y子さんが焼酎ハイボール。
c0118393_12402510.jpg

そしてお酒のシメは、濃厚鶏ラーメン480円。
その他に飲んだのもは、パンチサワー390円、スミノフレモネド430円、ライム390円、酸っぱレモンサワー420円。
生ビールが全部で7杯、焼酎ハイボールが5杯、ドライゼロが2杯。
c0118393_12465424.jpg

時計を見れば朝の午前1時を回っている。
「そろそろお開きにしましょうか」
「また是非行きたいわー」
「あーもう眠いっす」
といろいろ言いながら車に乗り込み帰路につくのであった。
住所 兵庫県川西市大和西1-66-3 坂本ビル1F 電話 0727-90-4188
営業時間 17:00~翌2:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2017-10-16 06:52 | 居酒屋 | Comments(0)

七輪焼鳥 一鳥(いっちょう)     川西店

c0118393_8381269.jpg

今日の休みは夜の帳が降りてから、川西市の栄根に最近オープンした「七輪焼鳥・一鳥」に私の家族5人+5ヶ月の乳児で初めての来店。
c0118393_8414595.jpg

以前は「焼肉かっちゃん」があった場所に、今度は焼鳥である。七輪を使って自分で焼き上げる焼肉スタイルの焼鳥専門店で、どうやら全国チェーン展開しているらしい。
c0118393_9564555.jpg

c0118393_957073.jpg

c0118393_9571329.jpg

c0118393_9572630.jpg

c0118393_9574018.jpg

c0118393_9575566.jpg

こちらがメニューである。
c0118393_8445045.jpg

席に着くとまず薬味がやってきた。左から一鳥オリジナルの特性ブレンド塩、特製ゆずニンニク、甘口醤油ベースの自家製つけだれ。
c0118393_8474344.jpg

次につきだしのステンレスボールに入った、やみつきキャベツ1人前216円×5.おかわり自由である。
c0118393_8504145.jpg

パーリーのメンバーは私、家人、次女、次女の婿殿、次女夫婦の乳児、三女の総勢6名。
まだ乳児である初孫君がギャン泣きしないかとハラハラしたが、最後まで大人しくしていてくれたから助かった。誰に似たのか、なかなか賢い初孫君である。
アサヒスーパードライ中ジョッキ302円、アサヒスーパードライゼロ410円、カルピス酎ハイ302円で、お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
c0118393_901332.jpg

「久しぶりに外で飲む生ビールはたまりませんなあー」私と婿殿が感慨無量に言い放った。
c0118393_9249100.jpg

焼き鳥の前にスピードメニューの鶏皮ポン酢464円。
c0118393_934270.jpg

七味をかけていただいた鶏皮ポン酢だが、脂身が少なすぎてイマイチだった。
c0118393_945285.jpg

つきだしのキャベツはすごく新鮮で、シャキシャキの食感で、さらに美味しいドレッシングがかかっていて、う、うまあーい!
c0118393_9155975.jpg

白菜キムチ302円。
c0118393_9163738.jpg

一鳥チョップドサラダ626円。新鮮な季節野菜を小さく刻んで、爽やかな柑橘香るドレッシングがアクセント。
c0118393_9185349.jpg

アンチョビポテトサラダ464円。
c0118393_9195915.jpg

とっても柔らかいポテトサラダで、しっかりしたポテトの風味に塩味を効かせたアンチョビがいい感じ。
c0118393_9214399.jpg

豚タン518円×2人前。
c0118393_9225753.jpg

時間をかけずにさっと焼くだけ。
c0118393_939355.jpg

焼けたらレモンを搾っていただきましょう。牛タンと違ってさっぱりとした後味が最高。う、うまあーい!
c0118393_9294616.jpg

一鳥おすすめセット1382円。
鳥、豚の中から一鳥自慢の商品を贅沢に盛り込んだおすすめセット。
「初めてのお客様はまずこれで決まり!」と、メニューに書いてあったのでチョイスした。
c0118393_9335423.jpg

コリコリしているが脂が乗ったせせり、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_9351833.jpg

三女はカルピス酎ハイからりんご酢酎ハイ302円にチェンジ。
c0118393_9363783.jpg

左から時計回りに、せせり432円、ずり378円、もも432円。
c0118393_9403348.jpg

c0118393_9404983.jpg

煙が出て、焼鳥のいい香りが漂ってきます。
c0118393_9422389.jpg

せせりもぐっさ美味いし
c0118393_9425089.jpg

もももジューシーで、う、うまあーい!
c0118393_9442683.jpg

一鳥 金手羽(2ケ)、345円×3人前。
c0118393_9462147.jpg

金手羽は特製の甘辛ダレがかかっていて、粗めの黒胡椒で仕上がったこってり味で、う、うまあーい!
c0118393_948383.jpg

ガツミノ410円。豚の胃袋である。
c0118393_9544024.jpg

ガツミノは初めていただくが、肉厚で歯応えがあり、噛むほどに深い味わいがあって、う、うまあーい!
c0118393_1001479.jpg

闇盛り(赤)1058円。
ドカっと約250gのお肉の盛り合わせ。何が入っているかわからないところが「闇」なのである。
c0118393_101141.jpg

ほそ香味焼き486円。
頭に近い弾力のある首肉だけを使用。一羽から少量しか取れないので売り切れ御免の商品。
c0118393_1015422.jpg

つなぎバター醤油540円。
c0118393_10152474.jpg

希少部位の心臓と血管のつなぎ目。まずお肉を七輪で焼いて
c0118393_10164612.jpg

最後に溶かしバターを絡めていただくらしい。
c0118393_10182562.jpg

つくね3種盛り648円。
つくね、梅しそつくね、チーズインつくねの3種。
c0118393_10201857.jpg

闇盛りのお肉を焼いていき
c0118393_10211168.jpg

つくねも焼きましょう。
c0118393_10214752.jpg

焼けたつくねに梅肉を塗って
c0118393_10222886.jpg

いただく。梅つくね、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10241515.jpg

ほそ香味焼き、噛みごたえがあって、う、うまあーい!
c0118393_10253198.jpg

闇盛りのもも肉、旨辛醤油ベースが効いて、う、うまあーい!
c0118393_10273179.jpg

一鳥そば626円は婿殿の発注。
c0118393_10284483.jpg

細めの特製中華麺に
c0118393_1029151.jpg

白ゴマが香るほんのり甘口の醤油ベースのつけだれ。
c0118393_10303341.jpg

三女の発注した鶏釜飯842円。
c0118393_1032113.jpg

蒸らして美味しくいただくために
c0118393_1033511.jpg

砂時計が付いてきた。
c0118393_10335469.jpg

美味しそうだけど、私は夜は炭水化物を取らない人なので、見るだけです。
c0118393_10351621.jpg

ゆず梅酒302円と二階堂302円、
c0118393_10361367.jpg

日本酒熱燗は松竹梅の豪快一合302円。
c0118393_10375882.jpg

焼き鳥をどんどん焼いていきます。
c0118393_10384723.jpg

婿殿にお酌してもらって
c0118393_10391875.jpg

カンパーイ、男どおしじゃないか~♫
c0118393_10404374.jpg

こちらは女どおしで、カンパーイ!
c0118393_10415667.jpg

生ビール302円、レモン酎ハイ302円、アセロラ鏡月302円。
c0118393_10432756.jpg

カンパーイ、イエー!
c0118393_10441644.jpg

「そろそろこの辺でお開きにしましょうかね、ほっほー!」
「いやー、美味しかった、また来たいですね」
「焼鳥美味しかった」
「よーさん、飲んだわさ」
住所 兵庫県川西市栄根2-22-6 電話 072-759-2941
営業時間 17:00~翌4:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2017-09-24 07:39 | 居酒屋 | Comments(4)

炭火焼 八剣伝     川西畦野店

c0118393_923743.jpg

空梅雨がずっと続く今日この頃だが、仕事帰りに能勢電鉄の畦野駅にふらりと途中下車した。
c0118393_9325582.jpg

駅から歩いて2分のところにある本格炭火焼鳥店「八剣伝」でやんごとなきお方との飲み会が18時からあるので、仕事を早めに切り上げて駆けつけたってわけである。
6月の18時、まだまだ明るい。
c0118393_941012.jpg

マルシェグループのお店で、「酔虎伝」「八剣伝」「居心伝」などのブランドで居酒屋を全国展開しているみたいだ。こんな田舎にも有名チェーン店があるのには少し驚かされた。
c0118393_948376.jpg

お通しのポテトサラダ250円。ポテトフライかこちらがチョイス出来るので、こちらにした。
c0118393_9503319.jpg

お通しでポテトサラダかよ、と思ったが、まあいいか。
c0118393_9514771.jpg

お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
仕事終わりに、それも久し振りに飲む生ビール、アサヒスーパードライ中ジョッキ430円、たまりませーん、う、うまあーい!
飲みのメンバーは私、次女の婿殿、そして「やんごとなきお方」とは、婿殿のご尊父様のオッサン3人の飲み会が北摂の山奥のど田舎で粛々とスタートしたのであった。
c0118393_101476.jpg

チョレギサラダ380円。チョレギとはちぎったという意味。
c0118393_1054015.jpg

大山どり炙り刺身(生ハム仕立て)380円。
c0118393_1085327.jpg

ポテトサラダにお醤油垂らしていただく。
c0118393_10102496.jpg

なすときゅうりの浅漬け380円。
c0118393_10114891.jpg

左が親鳥1串100円、右がとり皮1串120円。
親鳥とは卵を産んだことのある鳥の事を言う。
c0118393_10151398.jpg

親鳥もとり皮も、う、うまあーい!
c0118393_1016628.jpg

越の黄金豚バラ焼480円。黄金色に輝くコシヒカリの産地・新潟の県北(岩船・胎内)の豊かな自然の中で育てられた銘柄豚。
c0118393_1039164.jpg

アサヒスーパードライ瞬冷辛口中瓶500ml450円。
この5月20日から期間限定で発売された、アサヒスーパードライ発売30周年特別醸造。
飲んだ瞬間に冷たさを極めた、新しい辛口を体感できる新感覚のスーパードライ。
c0118393_10305891.jpg

「純国産」純和赤鶏サムライもも焼1串180円。
岩塩、おろしポン酢、柚子こしょう、梅、ワサビの5つの味からチョイス出来るので、おろしポン酢でいただく。
c0118393_10394962.jpg

日本人のうまい!を追求した国産鶏は絶妙な食感で、噛むほどにコクを感じる濃い旨味で、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10435040.jpg

えだまめ280円。
c0118393_1044144.jpg

炙りしめさば480円。
c0118393_10454082.jpg

八剣伝自慢のつくね1串180円。左がチーズで、右がバジル。
他に、梅おろし、塩わさび、たれがあり、ちょっと洋風でお洒落に決める、大人を味わうつくね。
c0118393_10495939.jpg

ご尊父様はビールから八剣伝ハイボール390円、婿殿はビールから、角ハイボール420円、私は焼酎ハイボール390円を。
c0118393_10532672.jpg

♫ 飲んで~飲んで~ 飲まれて~ 飲んで ♫ と、ひたすら焼酎ハイボールを何かに取りつかれたかのように飲み続ける私。
c0118393_10563883.jpg

そして婿殿も、生グレープフルーツサワー420円と戦っている。
c0118393_1058508.jpg

炭火焼しまほっけ680円。
c0118393_10594941.jpg

八剣伝ギョーザ300円。
c0118393_110438.jpg

その後、まだまだ食べ飲みが続き、気が付いたら終電もなくなっていた。
さて、そろそろおひらきにしましょうかね、また次回ということで。
それからオッサン3人はお店を出て、駅前に停まっていたタクシーに意気揚々と乗り込むのであった。
住所 兵庫県川西市大和西1-66-3 坂本ビル1F 電話 0727-90-4188
営業時間 17:00~翌2:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2017-06-18 08:05 | 居酒屋 | Comments(2)

炭火焼炉端 源八     川西能勢口

c0118393_15413268.jpg

夜7時、Mさんと川西能勢口駅改札口で待ち合わせ、東出口から徒歩1~2分のところにあるちょいと高級そうな居酒屋「炭火焼炉端・源八」に初めて伺った。
c0118393_1544273.jpg

店内はカウンターが15席、座敷が16席の全31席のキャパ。ちょうど2人のお客が帰り2席カウンターが開いたので、2人はそこへ通された。お通しは枝豆。
c0118393_15465854.jpg

まずは、お疲れさまー、かんぱーい、ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!アサヒスーパードライ生中500円は12月だというのに寒くても美味しい。そう1年中、イケルのである。
c0118393_15491912.jpg

Mさんが発注した馬刺し盛合せ980円。
c0118393_1550597.jpg

左から霜降り、フタエゴ、タテガミである。
c0118393_1551517.jpg

まずは生姜醤油で霜降りをいただきまーす。う、うまあーい!脂肪が筋肉の間に細かく網の目のようになった霜降り馬肉は絶品である。
c0118393_15531494.jpg

次にフタエゴ。お口の中でとろけて行く感じで、これも、う、うまあーい!Mさんに教えてもらったが、フタエゴとはバラ肉の外側の部位で、白、赤、白と3層になっていて、両面脂身の馬刺しであるがサッパリしている。「エゴ」とは脂を意味し、それが2層あるので「フタエゴ」と呼ぶのだそうだ。
c0118393_15574482.jpg

私が生まれて初めていただく、タテガミ。フタエゴよりもっと早くお口の中で溶けていく。首の後ろ部分の希少な脂身。色は純白で見た目のキレイなコラーゲンたっぷりのお肉。お口の中でとろけるようなクリーミーなお味は、まさに馬肉のトロと言った感じである。
c0118393_1623212.jpg

豆腐サラダ480円。ドレッシングがとても美味しかった。
c0118393_1634573.jpg

Mさんはビールを立て続けに2杯飲んだ後、日本盛の1合350円を熱燗で発注。
c0118393_165217.jpg

日本酒のアテにとMさんが発注した、まぐろのかま焼き680円。Mさんにいろいろ教えてもらい、高級マグロにも安価で美味なところがあることを知った。それが「かま」なんだなあ。
c0118393_1673914.jpg

私も1切れおすそ分けしてもらい、生まれて初めていただいた。う、うまあーい!今まで食べず嫌いだった自分をおおいに恥じた。骨があって、身が取りづらいが頑張っていただこう。
c0118393_16102268.jpg

また外側のバリバリのところが絶品だと仰るので、だまされたと思っていただいてみると、これが、めっさ、ぐっさ、う、うまあーい!
c0118393_16121548.jpg

串カツ。左からニンニク、玉ねぎ各120円、牛肉、豚肉各180円。
c0118393_16134458.jpg

牛肉からいただく。う、うまあーい!ビールによく合うアテである。
c0118393_16144130.jpg

次は豚肉。
c0118393_1615299.jpg

脂が多くイマイチだった。
c0118393_16152626.jpg

次に玉ねぎ。
c0118393_16154796.jpg

柔らかくて、う、うまあーい!けど、ちょっと脂っこい。
c0118393_16164936.jpg

ビールを4杯飲んだ後は、私も日本盛熱燗2合650円といきまっしょい。大関、白鹿などと並ぶ、日本酒の一大産地西宮市のお酒。
c0118393_16191791.jpg

Mさんにお酌してもらって、♪ 日本盛は~ 良いお酒~ ♪ と、口ずさむほろ酔い加減の私。
c0118393_16212321.jpg

度数は13~14度くらいの辛口のお酒である。
c0118393_1622201.jpg

お酒のアテはと言うとおでん。おでんの中でも大好物の厚揚げ120円を発注。
c0118393_16232799.jpg

「最近居酒屋で、おでん食ってないなあ~」と言いながらからしをつけていただく。う、うすーい!しかも、ぬ、ぬるーい!これはしたり!全然お出汁がしゅんでない。
c0118393_16263861.jpg

鶏皮ポン酢180円。
c0118393_1627922.jpg

レモンを絞っていただく。
c0118393_1627353.jpg

う、うまあーい!
鶏皮は大好物の私が思わず唸ってしまった一品。
c0118393_1629299.jpg

牛すじ焼(塩)200円。
c0118393_16294347.jpg

レモンを絞っていただく。
c0118393_1630935.jpg

う、うまあーい!
炭の香りが手伝って、絶品のお味。
c0118393_1631212.jpg

こちらMさん発注の、牛すじ焼(タレネギ)200円。
c0118393_16322077.jpg

熱燗2合おかわり、3本目。どんどん飲んじゃいます。
c0118393_16335100.jpg

「あ、どうもどうも、すびばせんね~」と、呂律がアヤシクナル。
c0118393_16342092.jpg

Mさん発注の焼きおにぎり300円。
c0118393_1635646.jpg

酔った勢いで、新潟のお酒「久保田」2合2200円を発注。日本盛とお値段が全然ちゃうちゃう。
c0118393_16363943.jpg

さすが、久保田、う、うまあーい!とてもサラッとしていて、クセのない飲み口で美味い。
c0118393_16381935.jpg

ついつい飲み過ぎて、時計を見ると10時を回っていた。時間のたつのは早いもの。
「そろそろ、お開きにしましょうか」ということで、また1月に川西能勢口界隈の美味しそうな居酒屋めぐりをお約束して、2人は軽快にジルバを踊りながら、川西能勢口駅に向かったのであった。
住所 兵庫県川西市小戸1-4-9 セレスト川西1F 電話 072-758-6628
営業時間 17:00~24:00 日曜定休 地図

by nozawahitoshi | 2016-12-24 06:52 | 居酒屋 | Comments(0)

炭火ダイニング 良月(RYO-GESTU)   多田

c0118393_1162842.jpg

今夜はMさん、Aさん、Iさんの女性群と私の4人で、能勢電の多田駅から66mのところにある「炭火ダイニング良月」に初めて伺った。
c0118393_11113963.jpg
c0118393_11115545.jpg
c0118393_1112487.jpg

良月のメニューである。(クリックで拡大)
c0118393_11124055.jpg

まずは、かんぱあーーい、お疲れ様、ガチガチガチガチ、グビグビ、プッハー!う、うまあーい!アサヒスーパードライはやっぱ、ビールのホームラン王だ!
c0118393_11145782.jpg

お通しのハムポテトサラダ。
c0118393_11152489.jpg

Mさんいきなり発注のねぎとろユッケ800円。
c0118393_11161536.jpg

と、野菜サラダ500円。かかっているドレッシングが、う、うまあーい!
c0118393_1117179.jpg

良月はマスターが心をこめて丁寧に焼いてくれる焼き鳥がイチオシなんだそうである。早速いってみた。
右がねぎみ130円、左がとりみ130円。と、殆どの焼き鳥が130円でいただけるCPに富んだお店である。また、焼き鳥にからしが添えてあるのも珍しい。レモンを搾っていただくと、これが、う、うまあーい!
c0118393_11214552.jpg

右からきも、ずり、しんぞう(ハートとも言う)。どれも言語に絶するほどのメチャウマ。特にしんぞうは、私のハートを捉えて放さなかったのである。
c0118393_1124461.jpg

特製つくね200円。なぜかこれは200円とチト高い。
c0118393_11244792.jpg

かわ130円。かわは表面が香ばしく、それでいて脂がジュワっと出て、う、うまあーい!上手に焼き上げているものだ、と感心する
。レモンとの相性も抜群である。
c0118393_11272569.jpg

軟骨唐揚げ480円。レモンを搾って食べるも良し、マヨネーズにつけても良し、キャベツに巻いて食べるも良し、これも、う、うまあーい!
c0118393_11292772.jpg

チーズオムレツ320円。Aさんがお腹の調子が悪いというので、こういった胃袋にやさしいものを発注したのだった。
c0118393_11305274.jpg

玉子スープ200円。これもAさん御用達。
c0118393_11313684.jpg

ビールをしこたまいただいたあとは、日本盛2合の熱燗680円。辛口なんである。
c0118393_11324460.jpg

Iさんにお酌してもらう。う、うまあーい!寒い冬は体の中からがポカポカと温まる。
c0118393_11341392.jpg

酢牡蠣680円。
c0118393_11344560.jpg

ビールに飽きたIさん、次は梅酒ロック420円に切り替え、グビグビと豪快に。
c0118393_11355595.jpg

Aさんのお腹の具合が回復しないので、ちょっと早いけどこの辺でお開きに。
ご馳走様でした。また、川西多田で集まって一杯やりましょう!
住所 兵庫県川西市多田桜木2-11-33 電話 072-792-1124
営業時間 17:00~24:00 火曜休 地図

by nozawahitoshi | 2016-11-14 06:49 | 居酒屋 | Comments(2)

本格炭火料理 火の鳥   川西市東畦野

c0118393_1438843.jpg

休みの日の今日は家人と夕方に能勢電に乗り、畦野駅で下車。
c0118393_1440571.jpg

駅から歩くこと3分で176号線の能勢街道沿いにあるお店にやってきた。
c0118393_14432082.jpg

「本格炭火料理・火の鳥」の存在は前から知っていたが、入るのは今日が初めてである。
c0118393_1445030.jpg

オサレな建物なので、ここが一体何屋さんなのかが外から見てもわからないようになっている。
c0118393_14462377.jpg

お店の入口にあった「オススメメニュー」である。Nさん夫婦のお誘いで、4人で飲もうと1週間前に約束していたのである。
c0118393_1449032.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチ、グビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!

Nさん夫婦は早めに来て、フライング飲みしてはった。
c0118393_14531662.jpg

ペンもメモも忘れてきたので、正式な名前は忘れたが、これはツナと野菜のサラダ。
c0118393_1455473.jpg

イカの塩辛。
c0118393_14562489.jpg

モモねぎ焼き。
c0118393_1457188.jpg

ネギマとつくね。
c0118393_14573445.jpg

レバー。
c0118393_14575266.jpg

鶏南蛮。
c0118393_14583668.jpg

厚揚げとナス焼き。
c0118393_14592861.jpg

焼肉の大根おろし乗せ。
c0118393_1534039.jpg

最後はチューハイレモンで〆に。
住所 兵庫県川西市東畦野3-1-41 電話 072-795-0572
営業時間 11:30~14:00 17:30~翌0:30 火曜休 P無 地図 

by nozawahitoshi | 2016-09-23 06:52 | 居酒屋 | Comments(0)

居酒屋 満天     福島

c0118393_13124559.jpg

居酒屋りときやを9時に追い出された6人は3人が帰途につき、3人が2次会に行くことになった。
その3人(私、和ちゃん、鶴ちゃん)が向かったのは歩いて1分のところにある「満天酒場」。
いつものホームグラウンドである。
c0118393_13383553.jpg

お店の前にあったメニューである。
c0118393_13392190.jpg

ここの女性従業員の「もっさん」と挨拶を交わした。
「秋のおすすめは、この3品ですわ」もっさんが説明した。
c0118393_1341148.jpg

お通しは、いぶりがっこ&クリームチーズ250円。
りときやのお通しとは「格」の違う、酒飲み通のお通しである。
c0118393_13434446.jpg

鶴ちゃん発注の純米吟醸酒「伯楽星(はくらくせい)・愛宕の松(あたごのまつ)」480円は、1873年(明治6年)創業の宮城県大崎市の(株)新澤醸造店のお酒。
c0118393_13484060.jpg

こちらは和ちゃん発注の辛口純米酒「族・ZOKU」480円。もっさんが「銘柄撮らないんですか?」と聞く。
c0118393_13501844.jpg

「なみなみとやで」
「はい、なみなみと溢れるのを覚悟で」ともっさん。
創業1908年(明治41年)の和歌山県紀の川市の(株)九重雑賀酒造のお酒。
c0118393_13531116.jpg

私の発注した特別純米ひやおろし「陸奥八仙」480円。
創業1740年、青森県八戸市の八戸酒造(株)のお酒。
c0118393_13555868.jpg

豪放磊落にわざともっさんがお猪口の受け皿いっぱいにお酒をこぼして注いでくれる。
これはもっきり(盛り切りの意味)と称して、コップに山盛り、受け皿にこぼれる程に注ぐ日本の古き伝統。日本酒文化の深さを感じさせてくれる。
酒飲みは、1滴のお酒でも大事にするものだ。並々と注がれると嬉しくなるのが酒飲みの心情、また、上が空いていると損をしたような気分になるのも酒飲みの悲しい性(さが)。
そうした、酒飲みの心理を見据えた注ぎ方が、いまだにここ「満天」では受け継がれている。
c0118393_1472189.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!

c0118393_14121447.jpg

いぶりがっこは冷酒との相性抜群である。う、うまあーい!
c0118393_14134392.jpg

私の陸奥八仙はボディがはっきりとして、しっかりとした旨みのある芳醇辛口タイプに仕上がっている。バランスがよく、キレもいいので食中酒として最適のお酒である。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1417479.jpg

和ちゃんの族を試飲。
色はやや黄色っぽく、香りは穏やかで、少し果実っぽい酸味が特徴。飲みやすい口当たりで、コクも浅めでキレも良い。
まあ言えば、今風のお酒ってとこかな。
c0118393_14202923.jpg

鶴ちゃんの伯楽星を試飲。
銘柄の由来は、蔵のある(現在は本社がある)三本木に伝わる「馬の目利き、伯楽が育てた名馬が天に昇った」という伝説から。
綺麗で爽やかなキレを演出するお酒。程よい酸味がお口の中に広がっては消えていく・・。
c0118393_14271271.jpg

和ちゃん発注のきゅうりの漬物280円と
c0118393_1428230.jpg

ゲソの塩焼き380円。
c0118393_1429315.jpg

私のおかわりはハイボール290円。
c0118393_14295096.jpg

またまた、和ちゃん、きゅうりのおつけものを発注。
「だって、きゅうりの漬物、好きなんやもん」
c0118393_1431371.jpg

またまた、おかわり、ハイボール。
c0118393_1431572.jpg

鶴ちゃんと私の大好物、醸し人九平次580円、山田錦のお酒。
c0118393_14333375.jpg

ドクドクドクっと音を立てて注いでくれるもっさん。
「なみなみとね」もっさんに注文をつける鶴ちゃん。
c0118393_14351485.jpg

和ちゃん発注の出し巻き玉子380円。
時計を見ると11時15分。
「また今度ってことで、ここらでお開きにしましょうよ」
「いやー、日本酒、美味しかった」
「よー、飲んだね、今日も」
住所 大阪市福島区福島5-8-14ー1F 吉紹ビル 電話 06-6455-2661
営業時間 9:00~23:00 日曜休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9

by nozawahitoshi | 2016-09-12 06:51 | 居酒屋 | Comments(2)

やきとり居酒屋りときや    福島店

c0118393_9274336.jpg

仕事を少し早めに切り上げ、JR尼崎⇒大阪⇒福島にやってきた。半年ぶりの福島である。
今日はいつものメンバー(和ちゃん、池D君、鶴ちゃん)に、14年前からのお付き合いである元ダイバーの女子(友ちゃん、ヒロエちゃん)が加わっての6人の飲み会である。
c0118393_9343396.jpg

JR環状線福島駅改札口を出たところで和ちゃん、池D君と合流し、ガード下をくぐる事1分で
c0118393_9365721.jpg

福島の焼き鳥居酒屋の名店「りときや」2年と3ヶ月ぶりにやって来た。私はかれこれ9回目の来店になる。
初来店は7年前、和ちゃんとI上さんとであった。その頃から生ビールが190円という、とんでもない安さを今だにキープしているのである。
c0118393_946540.jpg

予約していた掘りごたつ式のテーブルに座るやいなや、電光石火の速さでお通しが運ばれてきた。
山菜のいかにも安っぽいお通しだこと。生ビール190円の秘密がこの辺に垣間見られる。
c0118393_9494765.jpg

おつかれサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「今日の生ビール、ちょっとぬるくなくなくない?」2人の顔色をうかがう私。
「ちょっとねー」笑みをこぼす和ちゃん。
c0118393_9545637.jpg

「キリン一番搾り生が190円のりときや、池D君、ほんとにここ初めて?」
「いや、前に来てますわ」頭をポリポリする池D君。
「りときやって言ってんのに『鳥貴族』ですねって言うんやで、池D君」
「ああ、勘違いってやつですね」笑う和ちゃん。
c0118393_1003454.jpg

りときやサラダ500円は和ちゃんの発注。
c0118393_1011875.jpg

厚揚げ350円。
私の大好物ゆえ、「厚揚げあたりを」と言った瞬間、「私もー」と和ちゃん。
池D君もそれに付和雷同した。
c0118393_1061116.jpg

「私の永遠の恋人、厚揚げちゃん、う、うまあーい!
c0118393_1071995.jpg

そこに少し遅れて、元ダイバーの女子2名が合流。
お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
2人はそれぞれオレンジジュース400円。
「ここに来るの迷ってん。交番でおまわりさんに聞いてやって来てん」友ちゃんが遅れた事情を説明する。その傍らで微笑むヒロエちゃん。
誰だ誰だ、乾杯の時、余裕かまして指ピースなんてやってるのは?
c0118393_10135375.jpg

とりの唐揚げ550円。
c0118393_10144182.jpg

りときや名物、焼き鳥10串1080円。
c0118393_10153518.jpg

揚げ出し豆腐420円。
池D君は友ちゃん、ヒロエちゃんが初対面なので、私がそれぞれ3人の紹介をする。
「へー、沖縄、サイパン、田中先生が、ほー」名刺を2人に差し出す池D君。
「へー、下赤塚、大山崎マンション経営、へー、娘3人、ほー」頷く女子2名。
c0118393_10501716.jpg

鶏つくね、う、うまあーい!
c0118393_10511519.jpg

7時半にボタンダウンのギンガムチェックのシャツを粋に着こなした鶴ちゃんが到着。
お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「和ちゃん、簡単に鶴ちゃんと女子2名を紹介してやって」
「ええ私がやるの?どうしよう」
「へえー、宝塚歌劇、高槻、永過ぎた春ねえ、ほー」頷く女子2名。
c0118393_1059843.jpg

小海老の唐揚げ380円。
c0118393_1105449.jpg

にんにく芽とカシューナッツのオイスターソース炒め500円。
c0118393_1122359.jpg

アルコールに弱い池D君は、ノンアルコールのキリンパーフェクトフリー450円にチェンジ。
c0118393_113464.jpg

友ちゃんとヒロエちゃんは、パインジュース400円にチェンジ。
c0118393_1145652.jpg

たこやき400円。
「このたこ焼き、400円って高いんとちゃう?」
「ちゅらおっさん、高い高いと言わんとって!」和ちゃん、少々むっとする。
c0118393_1172770.jpg

池D君、キリンフリーをおかわり。
「池D様、お注ぎいたしましょう」と和ちゃん。
「いやいや、すみませんねー、どうもどうも」照れる池D君。
c0118393_11111134.jpg

漬物盛り合わせ420円。
c0118393_11114434.jpg

さきいかの天ぷら390円。
c0118393_11123673.jpg

海老せんべい330円。
c0118393_11132242.jpg

金曜日の夜、福島界隈の飲み屋は大体が2時間でお客を入れ替える。
りときやは今までそんなことはなかったのに、9時に退店を言い渡してきた。
「なんか私ら2人押し入って、いつものペースが狂ったんじゃないですか?」と友ちゃん。
「まあ、初対面だからね。ダイビングの話なんかでグイグイ押されたら、入り込めないのはしょーがないで」私がなだめた。
「でも、こんな感じの飲み会って久しぶりやったから、楽しかったです」
「私も、楽しかった」ヒロエちゃんも相槌を打つ。
「ではまたってことで、お開きにしましょうね」
「2ヶ月後くらいにね」和ちゃん、笑う。
住所 大阪市福島区福島6-1-26 OK1番街 電話 06-6452-5453
営業時間 17:00~翌2:00 日祝休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8

by nozawahitoshi | 2016-09-11 08:01 | 居酒屋 | Comments(2)

JAPANESE DINING 和民   川西能勢口駅前店

c0118393_15115684.jpg

川西能勢口にある「和民」に午後6時に集合。
c0118393_15144746.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビグビ,プッハー、う、うまあーい!
集まった7名がグラスをぶつけ合う音が店内にこだました。
c0118393_15173895.jpg

お通しは豆腐350円。
c0118393_15183267.jpg

和民サラダ590円。
c0118393_15191043.jpg

サーモン刺身490円。
c0118393_1519409.jpg

カプレーゼ390円。
c0118393_15203144.jpg

鉄板餃子330円。
c0118393_15205543.jpg

アンチョビキャベツ290円。
c0118393_15215534.jpg

出汁巻き明太チーズ490円。
c0118393_15224919.jpg

アボカドわさび290円。
c0118393_15234414.jpg

焼き鳥盛り合わせ(塩)690円。
c0118393_1524239.jpg

焼き鳥盛り合わせ(タレ)690円。
c0118393_1526134.jpg

ひねぽん390円。
c0118393_15265128.jpg

牛オイスター炒め590円。
c0118393_15272386.jpg

ポテトフライ290円。
c0118393_1530354.jpg

カラスミチーズ330円。
c0118393_15303523.jpg

きゅうり昆布290円。
c0118393_15305967.jpg

ナポリタン490円。
c0118393_15312130.jpg

あんかけ炒飯590円。
c0118393_15321590.jpg

炒飯の上にかけます。
c0118393_15324280.jpg

ドバドバっと
c0118393_1533353.jpg

ジュージュープチプチと音がしていい感じ。
c0118393_1534518.jpg

MEGAプレミアム750円。
c0118393_1537881.jpg

ベーコンピザ490円。
c0118393_15373459.jpg

レッドブルウオッカ450円。
c0118393_1538284.jpg

漬物盛り合わせ390円。
c0118393_15382939.jpg

獺祭50、890円。
c0118393_15404663.jpg

海老アボカドチーズ490円。
c0118393_15411874.jpg

ほっけ焼き590円。
c0118393_15414588.jpg

焼きおにぎり290円。
住所 兵庫県川西市中央町7-18 ラ・ラ・グランデビル7F 電話 072-756-6080
営業時間 17:00~翌2:00 年中無休 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3

by nozawahitoshi | 2016-05-05 08:16 | 居酒屋 | Comments(0)

大漁市場 こんぴら丸     箕面船場店

c0118393_17425128.jpg

今日の休みはSさんの車で、箕面の船場にあるビーバーワールド「水春」にやってきた。
c0118393_17445323.jpg

1階にある「大漁市場こんぴら丸」に伺った。ここは2度目である。
c0118393_17454999.jpg

お店の中に入ると大きな水槽があり、鯖や鯵が縦横無尽に泳ぎまくっていた。
c0118393_17465712.jpg

c0118393_1747784.jpg

c0118393_17471770.jpg

c0118393_17472714.jpg

c0118393_17474059.jpg

c0118393_17475265.jpg

こちらがメニューの一部である。
c0118393_17483326.jpg

まずは休日ビールといきまっしょい。「ほろよいセット」1000円には生中か日本酒の徳利(小)とおつまみ3種が付いてるので、それにした。
c0118393_1751086.jpg

Sさんは車を運転しているので、私だけで一人乾杯した。
c0118393_1752589.jpg

おつまみ3種がやってきた。
c0118393_17523688.jpg

たこわさびと
c0118393_17525733.jpg

ウニとイカの刺身に
c0118393_17533875.jpg

明太子の天ぷら、ハジカミ生姜付き。
c0118393_17561545.jpg

Sさんは「マグロ刺身定食」1180円。
マグロ刺身、カレイ唐揚げ、茶碗蒸し、小鉢、味噌汁、漬物、ごはんのセット。
c0118393_1759134.jpg

たこわさびはツーンとわさびが鼻に抜け、う、うまあーい!
c0118393_1804355.jpg

ウニは薬臭さが全くなく、う、うまあーい!
c0118393_1814637.jpg

イカの刺身も、う、うまあーい!
c0118393_182182.jpg

明太子の天ぷらは初めてだけど、お酒のアテにはもってこいである。
c0118393_1833065.jpg

次に発注したのは、「北海三昧」680円。
ウニ、いくら、カニ身、海の幸たっぷりのこぼれ鮨。
c0118393_1844994.jpg

いくらや
c0118393_186634.jpg

ウニ
c0118393_1863368.jpg

カニ身がてんこ盛り。
c0118393_1871841.jpg

その下にはサーモンの鉄火巻きが6貫。
c0118393_188832.jpg

いくら、う、うまあーい!
c0118393_189828.jpg

鉄火巻にカニ身を乗せていただく。う、うまあーい!
c0118393_1895824.jpg

いくらをのせて。う、うまあーい!
c0118393_1810359.jpg

アサヒスーパードライ生中500円、おかわりです。
c0118393_18112919.jpg

Sさんからもらったマグロも、う、うまあーい!
c0118393_18202229.jpg

お次は日本酒の地酒をいってみよう。
c0118393_18212187.jpg

山形の地酒いいじゃん。
c0118393_1822379.jpg

お姉さんが注いでくれる。
c0118393_18224431.jpg

上喜元冷1合580円。オサレな徳利にこぼれた分は盃に。
山形県酒田市の酒田酒造のお酒。
c0118393_18244678.jpg

美山錦のやさしく味わい深い丸い味が表現されたお酒。う、うまあーい!
c0118393_18255530.jpg

どんどん飲んじゃいます。
c0118393_18263526.jpg

純米酒にしては香りが豊かで、非常にマイルドで口当たりの良いお酒である。
c0118393_18275183.jpg

上喜元のアテに発注した、「カレイヒレせんべい」380円。
c0118393_182975.jpg

カレイのヒレの揚げ物が5枚と
c0118393_18295447.jpg

ポン酢が付いている。
c0118393_18304574.jpg

レモンを搾って
c0118393_18313251.jpg

ポン酢に紅葉おろしと刻みねぎを入れて
c0118393_18323485.jpg

カレイを浸して
c0118393_1833830.jpg

いただきまーす。バリッボリッ、う、うまあーい!
c0118393_18341473.jpg

お酒が進みますなあ。
c0118393_18344677.jpg

御馳走様でした。昼間から酔っ払ってしまいました。まあ、たまにはいいかもよ。
住所 大阪府箕面市船場東3-13-11 ビーバーワールド箕面船場店1F 電話 072-727-1137
営業時間 11:30~15:30 17:00~23:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2016-03-22 06:51 | 居酒屋 | Comments(0)