ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:レトルトカレー( 12 )


幻の・・・港神戸カレー 中辛  鳥取缶詰(株)

c0118393_1884358.jpg

今日は1年以上ぶりにレトルトカレーをブログに載せる。昨年の4月18日以来である。このカレーは、細君があるお葬式の香典返しのカタログからチョイスし、その業者から10数袋届けられたものである。だからたぶんどこを探しても見つけられないものだと思う。まさに「幻の・・・」である。パッケージの表には
あの「港神戸カリー」が消えて早数年・・・。
「あの香り、あのコク、あの旨さをもう一度!
多くの熱いアンコールに打たれ、男たちは立ち上がった!
今まさに汗と涙の感動の一杯が復活!
これを食べたときあなたにも聞こえてくるでしょう・・・。と書かれてある。
c0118393_18202592.jpg

そんな謳い文句で期待が高まるカレーのパウチを、熱湯の中で約6分間温め、
c0118393_18223337.jpg
 
温めている間に、玉ねぎときゅうりをスライスして、カニもどきを手でちぎり入れ、カレーに合うゴマドレッシングがかかったサラダを手早く作った。
c0118393_18242539.jpg

子供用の可愛いカレー皿を用意し
c0118393_1825832.jpg

お皿に軽くごはんをお茶碗1杯半くらい片側に盛り
c0118393_18255953.jpg

十二分に温まったカレーを投入。
c0118393_18264970.jpg

勿体ないのでパウチパックを搾り、最後まで残ったルーを出し切る。
c0118393_18281479.jpg

今日のちゅらおっさんレトルトカレー定食はこちら。
c0118393_18285484.jpg

幻の・・・港神戸カレー中辛 。値段にすると推定500円くらいかな?
c0118393_18302384.jpg

カレーのお供、牛乳と
c0118393_18305954.jpg

私の手作りのカニもどき玉ねぎきゅうりサラダ、ゴマドレッシング添え。
c0118393_18321327.jpg

カレーの具材は、高級そうな神戸牛の塊が6個と
c0118393_18331137.jpg

じゃがいもも6個
c0118393_18333847.jpg

玉ねぎや人参も入っているそうだが、完全に溶けてしまっている。
c0118393_18343322.jpg

では、いただきまーす。牛肉がすこぶる美味しく、カレーも上品なお味、う、うまあーい!食べた後からツーンと辛さが込み上げてきて高級感たっぷり。
c0118393_1836517.jpg

手作りのサラダは私が言うのもなんだが、普通に美味しい。
c0118393_1838749.jpg

食べ進むにつれてどんどん辛さが増してくる。
c0118393_18385728.jpg

牛乳がこの辛さと相性がいいのである。
c0118393_18393732.jpg

卓上にカゴメウスターソースがあったので
c0118393_18401316.jpg

少しかけて味見をしたが、邪道である事に気づいた。酸っぱくなっただけで、美味しさはアップしなかった。要するによそ者を拒絶するカレーなのである、こいつは。
c0118393_18421633.jpg

ご馳走様でした。牛肉の旨みがたっぷりで、コクのある味わいで、辛すぎず甘すぎず、ソースが超なめらか。
食べた後、安物のカレーだと胃袋からウッと込み上げてくるが、これにはそれが全然なかった。
久し振りに超美味しいレトルトカレーを堪能した。
 以前の記事
 グリコLEE 辛さ×30倍
 軽井沢欧風カレー
 NIKO 牛すじカレー (株)二幸
 オリエンタル肉味噌カレー
 二幸の黒毛和牛カレー (株)二幸
 仙台発 牛たんカレー にしき屋
 96CURRY(クロカリー)  (株)沖縄物産OK
 二幸の黒毛和牛カレー
 宗家にんにくやカリー
 東京X豚ポークカレー (株)二幸

by nozawahitoshi | 2012-06-25 07:03 | レトルトカレー | Comments(0)

東京X豚ポークカレー     二幸

c0118393_9225363.jpg

私がちょくちょくレトルトカレーのブログを載せているのを知って、30数年来の友人のH君がダンボールにいろんなカレーを詰めて送ってくれた。今日はその中の一つ、「東京Xポークカレー」を試してみる事にした。
c0118393_927477.jpg

パッケージの裏側には「TOKYO X とは、東京都が長年の歳月をかけて作り上げ、従来の豚肉のイメージをくつがえした柔らかさと旨味が特徴の東京限定発売の貴重な豚肉です。
そのわけは脂肪の質と味が良い「北京黒豚」、「筋繊維が細かく肉質が良い「バークシャー種」、脂肪交雑が入る「デュロック種」をもとに、おのおのの良いところを取り込んで改良した系統豚だからなのです。東京X豚肉の旨味が生きるようカレーソースは多種類のスパイスで煮込みました。」と書いてあった。そんなすごい豚肉が入っているのならずいぶんとお高いのでは、とPCで検索したら、3~400円というお値段だった。カレーマルシェの倍である。
c0118393_9371636.jpg

どれだけ温めるか書いてなかったが、いつもの習慣で5分以上温めた。
c0118393_9383213.jpg

さあ、いただきましょうか。カレーからは湯気がもうもうと立ち上がり、レンズが曇って撮りづらい。
c0118393_9403079.jpg

食欲を増すようなカレーの独特の香りが鼻をつく。あ~、美味しそうないい香り!
c0118393_942610.jpg

カレーのお供の牛乳もスタンバッテいる。
c0118393_9431192.jpg

まずは北京黒豚をいってみる。中国北京の猪のような肉質を持つ黒豚らしいのだが、表面は硬そうだけど、口に入れるとフワーとほぐれる。この豚、う、うまあーい!
c0118393_946125.jpg

これはデュロック種か?アメリカニューヨーク州のデュロックという赤色豚で、吉野家の牛肉とは違い、すごく上品な脂肪のお味が、う、うまあーい!
c0118393_9494247.jpg

こちらはバークシャー種の豚。ヨークシャー種と並んで、バークシャー(イギリス西部)原産の黒豚。柔らかくって、豚の旨味がジュワーと口の中に広がっていく感じ。う、うまあーい!
c0118393_9544611.jpg

よく探すと、人参の塊も見受けられるが、ちっちゃー!
c0118393_1025663.jpg

ごはんとルーをいただく。中辛口と書いてあったけど、本当にその通りで、辛いんだけどそうでもなさそうなビミョウなお味。でも、う、うまあーい!
c0118393_1045964.jpg

これは誰が見てもじゃがいもとわかる。よく潰れずに残っているのもである。
c0118393_1055651.jpg

左がタマネギ、右がじゃがいも。タマネギの原型が残っているレトルトカレーちゅうのは珍しいレアものだ。
c0118393_1072435.jpg

ご馳走様でした。値段の割りにはすごく美味しかった。旧友H君は「私のイチオシ」と手紙に書いていたが、私もこれはおすすめする逸品。「H君、おおきにありがとう。私からは図書券を送っておいたからね!」

by nozawahitoshi | 2011-04-18 06:52 | レトルトカレー | Comments(2)

宗家にんにくやカリー

c0118393_9394580.jpg

塚口にある「つかしん」の1階の八百屋で280円で買った「宗家にんにくやカリー」を食べてみた。「免許皆伝無国籍料理宗家にんにくや」とはいかにもたいそうな名前である。辛口で丸ごとにんにく入り5辛、にんにく度というのも5のレベルらしい。
今回はパッケージにあった「丸ごとにんにく入り」というコピーに惹かれて買ってしまったのだ。
c0118393_9472680.jpg

裏側には「当店自慢のにんにくカレーを食せば瞬く間にほとばしる汗!みなぎるチカラ!のオンパレードじゃ!
さあ心して食らうが良い!これぞにんにくやのにんにくカリーじゃ!」と、いかにもって感じ。
c0118393_952164.jpg

期待の高まりを抑えながらおもむろに中からパウチパックを取り出し、
c0118393_9546100.jpg

あらかじめ沸騰させていた熱湯に5分間。「石川五右衛門釜茹での刑じゃ!」
c0118393_9555775.jpg

では早速、いただいてみましょうかな。
c0118393_957421.jpg

ぱっと見、赤茶っぽくて辛そうな色と匂いがする。
c0118393_959669.jpg

そうそう、栄養のバランスを考えて牛乳は欠かせません。
c0118393_1002591.jpg

こやつがにんにくか、はたまた馬鈴薯か?
c0118393_102373.jpg

私の心配をよそに、2個のにんにくがごろっと入っていた。
c0118393_10424.jpg

人参や玉ねぎ、わずかな挽肉も確認できた。
c0118393_1053145.jpg

では勇気を振り絞って、1,2,3で頂いてみましょう。か、辛ーい!
カレーの印度屋の一番辛いカレーと同じ辛さ。エキストラダイナマイト級の辛さなのである。は、はひー!
c0118393_1092141.jpg

カレーがあまりにも辛いので、肝心のにんにくのお味が残念ながら味わえなくなってしまった。まさに馬鈴薯かにんにくかもわからない状態。辛ーい、辛らすぎる!自然と手が牛乳に行く。
c0118393_1015322.jpg

あまりの辛さにご飯をたくさん食べるものだから、ルーばっかり残ってしまう。
c0118393_1016644.jpg

とうとうご飯がなくなってしまった。あー、辛い!
c0118393_1017189.jpg

ダイエット中なのでご飯を控えているので、これぐらいのご飯を追加して辛いのを我慢して平らげてしまおう。
c0118393_10195690.jpg

ご馳走様でした。食べている間、「辛い」と言う言葉をいくつ連発したことだろう。この後お水をしきりに飲んだが、いつまでも口の中にはカレーの匂いと辛さが執拗にこびりついていたのでであった。

by nozawahitoshi | 2011-01-24 06:51 | レトルトカレー | Comments(5)

96CURRY(クロカリー) 株式会社沖縄県物産OK

c0118393_17371024.jpg

東京に住んでいる、沖縄にしょっちゅうダイビングに行ってる私の女友達の一人、non様から送られてきた「わしたショップ」の96カレーを今日いただくことにした。沖縄県産黒糖を使用した「黒糖ココア」をベースにタマネギとパパイヤを加えたカレー???。
c0118393_1742199.jpg

大人の味。真っ黒なカレールーと白いご飯の黒と白のコントラストが、大人の食事を演出するらしい。
c0118393_17434170.jpg

熱湯で5分間コトコト温める。その間も「どんな味のするカレーだろうか?」といろいろ思いをめぐらす。
c0118393_1745678.jpg

では、non 様、いただきまーす。何かすごい期待の高まりを感じ、胸がドキドキする。
c0118393_17463160.jpg

色が本当に黒い。真っ黒だ!ローリング・ストーンズの「PEINT IT BLACK」という昔の曲が脳裏に流れてきた。それにかなりの具沢山である。
c0118393_17494633.jpg

いつものアサヒビールにコップにはカレーのお供の牛乳が。
c0118393_17504840.jpg

おお!いい感じの牛肉の赤身の塊が、またいい色してます。お味は、う、うまあーい!見た目よりもずいぶんとお肉が柔らかく美味しい。
c0118393_17525471.jpg

パパイヤ。♪君たちキーウイ パパイヤ マンゴだね♪のパパイヤである。西表島で食べて以来2度目である。お味は芋のような人参のような・・・、いや、柿だ。柿に近いお味である。
c0118393_17553898.jpg

この肉、赤身と脂身が半々でとてつもなく、う、うまあーい!高いんじゃないの?このカレー。
c0118393_1757041.jpg

ではカレーとご飯をいただきましょう。ルーの中に泡盛が入っているせいか、そんな香りもする。シャバシャバのスープカレーっぽく、辛さは控えめでココアの味もする不思議なカレー。
c0118393_17594148.jpg

タマネギとパパイヤだらけといっても過言ではないくらい沢山具が入っている。また、こんなに具の多いカレーも初めてである。
c0118393_1811465.jpg

どやさ、これ。スプーンにすくってみると具がてんこ盛り。
c0118393_182633.jpg

脂身ばかりの肉の塊。柔らかくってめっさ、う、うまあーい!美味すぎ!
c0118393_1833524.jpg

よく考えてみると、カレーと言うよりハヤシライスのルーのようなお味がする。カレーを期待していた私にはちょっと物足りなかった。
c0118393_1851759.jpg

スープのようなルーを飲んでみると、蜂蜜も入っているせいかまろやか。
c0118393_1861674.jpg

ご馳走様でした。こんなカレーがあるなんて、56年生きてきたけど初めてのお味。「黒糖ココア」「泡盛」「パパイヤ」の入った沖縄のカレー。non様、にふぇーでーびる、くわっちーさびたん。(ありがとう、ご馳走様でした)
いろいろ文句ばっかり言ってごめんなさいね!

by nozawahitoshi | 2010-12-06 07:00 | レトルトカレー | Comments(4)

二幸の黒毛和牛カレー

c0118393_1744315.jpg

今日のお昼は前に塚口の「つかしん」の八百屋で買ってきた二幸の「黒毛和牛カレー」580円をいただくことにした。辛さは中辛である。
「黒毛和牛の旨みを十分に引き出したコクとボリュームのあるカレーです」という謳い文句があったが、ホンマかいな?
c0118393_17483286.jpg

箱の裏には「柔らかでジューシーな黒毛和牛の肉を、香り高いスパイシーで辛味にアクセントを効かせたソースが旨みを引き出させ、味わい逸品のビーフカレーに仕上げました」と上手に表現してある。
c0118393_1752516.jpg

沸騰したお湯に3~5分と書いてあったので、5分間温める。
c0118393_1754074.jpg

準備万端整い、さあそれではいただきませうか。
c0118393_1756026.jpg

結構脂分が多いみたいでルーの周りに浮いている。
c0118393_17565350.jpg

細君が昨晩こしらえた野菜サラダと共にいただく。内容はレタス、人参、インゲン豆、ひよこ豆、くり豆、そら豆、かにもどきなどが入っている。
c0118393_17595714.jpg

そして、カレーには牛乳が、これ私の常識となっている。
c0118393_1805386.jpg

黒毛和牛ってのはどんなものかは知らないが、こういう塊が4~5個ゴロゴロしている。
c0118393_1822649.jpg

いただいてみるとあんまり辛さはなく、上品なルーの香りとお味である。
c0118393_1834460.jpg

ジャガイモ、人参のところをいただいてみる。ジャガイモも人参も柔らかくて、う、うまあーい!
c0118393_1851466.jpg

カレーには野菜サラダがよく合う。
c0118393_1854539.jpg

肉の塊をスプーンで半分に切ってみた。いただくと高級そうな牛のお味がする。う、うまあーい!
c0118393_187938.jpg

何口か食べ進むにつれ、だんだんとカレーの美味しさが増してくる。
c0118393_188483.jpg

肉はハンパなく美味しい。まあ580円も出して買ったのだから不味いと困るのであるが・・。
c0118393_1893086.jpg

ご馳走様でした。美味しかったが牛肉の量が少ないのがやや不満である。激辛に慣れている私の味覚には物足りなさを感じるが、それなら最初から中辛なんて中途半端なカレーを買うなよということである。

by nozawahitoshi | 2010-11-22 07:24 | レトルトカレー | Comments(0)

仙台発 牛たんカレー   にしき屋

c0118393_11214368.jpg

30数年来の友人Hからもらった「牛たんカレー」があるのを思い出し、休日の朝ごはんに家族に見つからないようにこそっりと台所で作り、一人でいただく事にした。
c0118393_11533853.jpg

沸騰したお湯の中に約5分間温める。その間「仙台って宮城県やなあ。え?どの辺に宮城県ってあるんやろ」と、行った事のない仙台を勝手に想像していた。
c0118393_11282761.jpg

お皿に熱々のごはんをよそい、レトルトパウチを開けカレーを入れる。
c0118393_11293574.jpg

栄養バランスを考慮して、牛乳は必ず一緒に飲むのがちゅらおっさん流。
c0118393_11304051.jpg

友人Hは「仙台に行ったときカレー好きのちゅらおっさんにとお土産に買ってきてん。病み付きになるほど美味いから、是非食べてみて」と、以前飲み会に行ったとき手渡されたのであった。
c0118393_11334990.jpg

香りも色もなかなかいい。期待がぐっと高まってくるのがわかる。
c0118393_11344271.jpg

牛たんの塊と、
c0118393_11351774.jpg

ぶなしめじと玉ねぎがちょろっと姿を見せている。
c0118393_11363675.jpg

こういう形をした牛たんや、
c0118393_1137893.jpg

こんな大きな三角形の形をした牛たんまで、とにかくゴロゴロと牛たんが入っている。
c0118393_11381186.jpg

カレーとごはんをまずいただいてみる。か、辛ーい!でも、う、うまあーい!これはもう完全に大人向けを意識して作られた「お子様度外視」のカレーである。
ルウはドロっと重みがあり、口の中で粘っこく感じるやや激辛ヒリヒリカレー。
c0118393_1142139.jpg

ルウだけいただく。か、辛ーい!ごはんを大至急口に運ばないととんでもないことになる。
c0118393_1143584.jpg

おっと、とんでもない続きで、大きな牛たんの塊がお目見えした。いただいてみると、どの牛たんも柔らかくって、う、うまあーい!
c0118393_1145331.jpg

美味いが辛い。完食まであと一息である。牛乳よりお水が欲しいほど、口の中がヒリヒリする。
c0118393_11465215.jpg

ご馳走様でした。いやー、終わった。とてつもなく辛く、そして美味かった。友人Hに感謝である。早速ブログにアップして、友人Hにメールでこのことを真っ先に知らせるとしよう。
株式会社 西木食品 宮城県岩沼市下野郷字新関迎265-1 地図

by nozawahitoshi | 2010-11-15 07:00 | レトルトカレー | Comments(2)

二幸の黒毛和牛カレー

c0118393_18252187.jpg
c0118393_18253991.jpg

つかしんの八百屋で450円も出して買った「二幸の黒毛和牛カレー」があるのを思い出し、押入れから引っ張りだして試してみた。
「黒毛和牛の旨みを十分に吹き出したコクとボリュームのあるカレーです」という謳い文句。中辛216Kcal。
c0118393_18304632.jpg

熱湯に5分間きっちり温める。
c0118393_18313591.jpg

お皿に盛って、氷入り牛乳と一緒にいただく。
c0118393_19132933.jpg

上品なカレーの香りがぷーんと立ちのぼり食欲をそそる。
c0118393_19145518.jpg

カレーをいただく時は、牛乳に氷を入れて、ちょっと薄まったほうがスーッとのど越しがよくカレーに合う。
c0118393_19171075.jpg

黒毛和牛をいただいてみる。450円も出しただけあってお肉のレベルが高い。安物とはゼンゼン違う。
柔らかくて、う、うまあーい!
c0118393_19195398.jpg

ジャガイモと人参を発見。これも柔らかくて、う、うまあーい!
c0118393_19211344.jpg

ごはんとカレーをいただく。あまり辛さはないが、旨みとコクのあるカレーに仕上がっている。
c0118393_19224066.jpg

大きな塊の肉の断面が少し赤くなっているのがわかるだろうか?口の中に入れると、いとも簡単に溶けて行くのがわかる、う、うまあーい!
c0118393_19245759.jpg

人参とジャガイモとごはんを一緒にいただく。しっかりと人参、ジャガイモのお味がして、う、うまあーい!
c0118393_19263664.jpg

カレーにコクがあるので、どうしてもごはんばかりを食べすぎてしまう。
c0118393_19274950.jpg

ごはんを足してついつい食べてしまい、カロリーオーバーになってしまう。
c0118393_19284673.jpg

ご馳走様でした。カレー専門店で食べれば1000円はする代物の贅沢カレー。このカレー、パスタで食べてもきっと美味しいと思われる。いや、そのはずである!
 前回のカレー
 前々回のカレー

by nozawahitoshi | 2010-09-27 06:58 | レトルトカレー | Comments(2)

オリエンタル肉味噌カレー

c0118393_14142469.jpg

以前、塚口にある「つかしん」の八百屋で買ったオリエンタルが出している「肉味噌カレー」をパスタでいただこうと、
c0118393_1416897.jpg

大鍋に水を沸騰させ、塩を千分の一入れ、デュラムセモリナの1.6mmのパスタを取り出し、
c0118393_14181335.jpg

お鍋の周りに回すように拡げて鍋の中に入れ、8~9分茹でる。
c0118393_14193034.jpg

パッケージからレトルトパックを取り出すと、プレゼントの応募はがきが入っていたが、3枚も集める気は毛頭なく、無視。
c0118393_14211012.jpg

沸騰したお湯に浸ける事5分間。
c0118393_1422034.jpg

オリエンタル肉味噌カレースパゲッティの出来上がり。パチパチ!
c0118393_1423597.jpg

さてどんなお味がするのかと、一口いただいてみると、カレーではなさそう。うーん、八丁味噌のひき肉トマト味ミートソーススパゲッティのようなお味。
c0118393_1426189.jpg

玉ねぎ、人参、たけのこ、三河赤鶏のひき肉を八丁味噌やみりんなどの調味料で煮込んだ、不思議な味のするカレールー。
c0118393_14281183.jpg

麺はちょうど良い茹で加減、アルデンテに仕上がっていてプリプリしている。が、何度いただいても味はカレーのそれではない。
c0118393_14301630.jpg

必殺料理人の私は、それならばとタバスコを数10滴たらして、
c0118393_14313669.jpg

パルメザンチーズを3~4振りしてみた。
c0118393_14322639.jpg

すると、どうよこれ、もうミートソーススパゲッティじゃありませんか。別名ボロネーゼ。イタリアのボローニャ地方が発祥なのである。
c0118393_14363135.jpg

お味のほうは見違えるほどグンと良くなった。私は料理の天才かとふと錯覚した。
c0118393_14381923.jpg

パスタには入っているのは知っているが(たけのこ入りアラビアータ)、たけのこが入ったカレーなど見たことも聞いた事もない。
c0118393_1442531.jpg

どういうわけか、ルーばかりが残るので、パスタを追加し、追加しを繰り返し、ご馳走様でした。
決して不味くはないのだが、そんなに美味くもなかった今日の休日カレーだった。

by nozawahitoshi | 2010-08-09 07:01 | レトルトカレー | Comments(0)

NIKO 牛すじカレー  (株)二幸

c0118393_18101022.jpg

梅雨が明けたのか、青空と入道雲が真夏の雰囲気を醸し出していた。25分かけて歩いて図書館へ行き、2枚の桂米朝の落語CDと8冊の本を借り、家に帰って寝転んで読んだ。今日の休日昼カレーは、つかしんの八百屋で買った「牛すじカレー」を試してみた。
c0118393_18114918.jpg

牛すじにこんにゃくを合わせた浪速名物「すじ・こん」を、独自にブレンドしたスパイスで煮込んでこだわりのカレーに仕上げたそうである。牛すじとこんにゃくの絶妙な食感が、一度味わうとくせになる美味さだそうである。ホンマか?200gで232Kcal。
c0118393_18153619.jpg

それを信じて、熱湯で5分間以上温める。
c0118393_18162152.jpg

では、牛乳と一緒にいただくとしましょうかね。
c0118393_1817785.jpg

まず、香りはというと、スパイシーなカレー本来の香りが立ちのぼっているが、肉の香りはあまりしない。皿を揺らすと、プルプルと具が震える。これは具のこんにゃくとゼラチン質の煮こごりのような牛すじが多く、それらが揺れているのである。
c0118393_18211435.jpg

その塊とカレールウだけいただいてみる。どれが牛すじかこんにゃくかの区別がつかない。
c0118393_18225071.jpg

ごはんとカレールウをいただくと、口の中にちょっとこんがりした感じが広がり、甘さもあるが、やはり中辛のスパイシーな辛さが舌をさす。
c0118393_18245790.jpg

牛乳を飲んで口の中を元に戻す。
c0118393_18253676.jpg

カレーソースの色は、牛丼を煮込んだ感じの濃い色。カレーで言うと、濃い辛口のような色に近いと思える。カレーソースは、とろみがあるというより、ドロドロしている。
c0118393_1827535.jpg

とろける牛すじとこんにゃくとごはんとルーを全部まとめていただくと、本当に絶妙な食感とターメリックが効いているのか、薬っぽい味を感じる。
c0118393_18294550.jpg

その後よく味わっていくと、ややしょっぱさを感じる。これは肉を煮込んだ感じにも思える。
c0118393_183102.jpg

ちょっと汗が噴き出てきた。半分くらい食べ終えたがそれでも結構な量で、まだこれだけ残っている。
c0118393_18321758.jpg

さらに牛乳を飲んではカレーを食べの繰り返し。
c0118393_1833165.jpg

ご馳走様でした。120%満腹である。レトルトカレーにしては奥深い味わいで、90点以上の点を付けたい。
たぶんお店で出しても、レトルトとは思われない程の立派な出来栄えである。

by nozawahitoshi | 2010-07-18 07:24 | レトルトカレー | Comments(6)

軽井沢欧風カレー

c0118393_1556756.jpg

塚口のショッピングセンター「つかしん」の八百屋で見つけた「軽井沢欧風カレー」。
信州産和牛の旨みが溢れるまろやかな辛さ。信州産のエリンギ・ぶなしめじのシャッキリ感が味の決め手!とパッケージの表に書いてあって「う、うまそう!」とつい買っちゃいました。480円なりー。
軽井沢・・・・セレブの避暑地・軽井沢。一度も行った事がないので、大体どの辺なのかも見当が付かないのである。今の天皇陛下と皇后様が出会われたのも軽井沢のテニスコートだったなあ。
c0118393_163354.jpg

裏を見ると「まろやかな辛さにブイヨンの旨みとコクを加えた欧風カレーソース。甘みと辛みのバランスがとれた本格的なカレーに仕上げました」と書いてある。234Kcal。
c0118393_1652329.jpg

で、封を切らずに熱湯で約3分間温めた。
c0118393_166225.jpg

具はめっさ多い。エリンギ、ぶなしめじ、牛肉の塊などがゴロゴロと野口五郎。ルックスはハウス・カレーマルシェのよう。あっちはマッシュルームなんであるが、まあ似ている。
c0118393_1693187.jpg

家のおかずの残りのトンカツをのせて、「軽井沢欧風カツカレー」の出来上がり。
c0118393_1611218.jpg

ごはんとカレーをいただく。あんまり辛くない・・・・が、あとからじわーと辛さが「一人時間差」でやってくる。
c0118393_16125311.jpg

トンカツとカレーをいただく。これは非常にマッチングしている。う、うまあーい!
ぶなしめじが5~6本入っている。一見、ハヤシライス風の具のラインアップだが、ちゃんとカレーである。一瞬甘みが来て、きっちりあとから辛味が来る。「中辛」と書いてあるが、「大辛」と「中辛」の間くらいかな。
長野産ぶなしめじはコリコリして、う、うまあーい!
c0118393_16174652.jpg

これも長野産牛肉。結構大きな塊が5~6個惜しげもなく入れてある。う、うまあーい!
贅沢なカレーである。ポーン、ポーンと軽井沢で若い女子が黄色い声を上げてテニスをしている情景が脳裏を掠めた。
c0118393_17125984.jpg

栄養のバランスを考えて、カレーを食べる時は必ず牛乳を飲むことにしている。
c0118393_1714711.jpg

ソースにソースは「そーすかねえ」だが、癖になっているので、
c0118393_17151948.jpg

入れてみた。ウスターソースの酸っぱさが勝ってしまって、上品な軽井沢の味とさっきのテニスをしていた若い女の子が一瞬にしてどっかへ飛んでいった。とほほ!さよなら、軽井沢、さよなら、女の子。

by nozawahitoshi | 2010-07-11 06:43 | レトルトカレー | Comments(2)