ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
ニコちゃん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 11:13
墓参りまたいきましょ!!..
by にこぴ at 10:47
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:石垣島( 68 )


H28年夏石垣島ダイビング3日目夜 マグロ専門居酒屋 ひとし本店

c0118393_11333419.jpg

今日のダイビングを3本潜り終えて、私と京都のHさんとA木さん、茨城のY田さんの4人のおっさん達はタクシーに乗り込み、ホテルから新栄町にあるマグロ専門居酒屋「ひとし本店」にやってきた。
c0118393_11393031.jpg

私の名前が「ひとし」なので、実は12年前にも「ザ・マンタ」というショップにお世話になった時、ここに来ているのである。2度目の来店になる。
c0118393_11432828.jpg

お店の中はこんな感じで、結構広い。
c0118393_11441143.jpg

お通しは枝豆である。マヨネーズ和えスパゲッティサラダのようなアホなお通しを出すお店より、こっちのほうが断然まともである。
c0118393_11465595.jpg

おつカレーライス、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「オリオンの生はたまりませんなあ」
「ダイビングの後のオリオンは最高ですなあ」
おっさん4人ともうひとりのおっさんI藤さん、、紅一点のK藤さん。
c0118393_1291240.jpg

タコの刺身、つまの横には厚手の卵焼き600円。
c0118393_12101520.jpg

ひとし名物、ねぎまみれかつお680円。
c0118393_12111769.jpg

ひとし名物、刺身盛り合わせ三名盛3000円。
c0118393_121219100.jpg

生うにソーメンチャンプルー650円。
c0118393_12133823.jpg

M戸さんが来て、おつカレーライス、カンパーイ、以下省略。
c0118393_1223073.jpg

もずくの天ぷら500円、
c0118393_12234553.jpg

生うにソーメンチャンプルー、う、うまあーい!

お値段以上の美味しさ。さすが京都のHさんおすすめはGOODです。
c0118393_12253156.jpg

ジャジャーン。マグロ専門居酒屋なのに、最近ではこちらが超がつくほど人気だとか。
c0118393_1227480.jpg

石垣牛の握り(塩)5貫1000円。
c0118393_1228098.jpg

石垣牛の握り(タレ)5貫1000円。
c0118393_1232988.jpg

では、いただきまーす。非常に柔らかく、脂がトロットロ、たまりませーん。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_12334685.jpg

小海老の天ぷらチリソース680円。
c0118393_1237171.jpg

島らっきょうの天ぷら500円。
c0118393_1238297.jpg

私とM戸さんはハイボールでカンパーイ。「おいでませ、山口へ」
c0118393_12395197.jpg

ゴーヤーチャンプルー650円。
c0118393_12403369.jpg

石垣牛・牛すじ赤ワイン煮込み、バケット付き850円。
c0118393_1242273.jpg

K岡さん、M本さん、黒ちゃん、森氏が合流。全員揃ったところで、
おつカレーライス、カンパーイ、以下省略。
c0118393_1244206.jpg

マグロ寿司1貫200円
c0118393_1246289.jpg

皆さんの話は尽きるところがないが、時間も時間なので、このへんでお開きに。
御馳走様でした。あ〜、面白かった!!
c0118393_12481313.jpg

お店の外でここの従業員のお兄さんに撮ってもらった写真。
「あ〜、バッチリキレイに写ってます、いい感じです」だって。どこがじゃ?
住所 沖縄県石垣市新栄町15-8 電話 0980-83-9610
営業時間 17:00~24:00 水曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2016-09-09 06:53 | 石垣島 | Comments(2)

H28年夏石垣島ダイビング3日目

c0118393_18205440.jpg

石垣島で3日目の朝を迎えた。今日もまたお隣のファミマに行ってこちらの朝食を買ってきた。
さんぴん茶108円とタコス&蒸し鶏マヨ巻298円の合計406円。
c0118393_18311714.jpg

この6月21日より沖縄のファミマ限定で新発売されたこちらの商品、
c0118393_1833325.jpg

5貫も入ってたいへんお安い。
c0118393_18382059.jpg

左が蒸し鶏マヨ巻で左がタコス巻きである。もちろんいただくのは今日が初めて。
c0118393_18395656.jpg

では、タコス巻からいただいてみましょうかね。ちょっとピリ辛のタコス味。う、うまあーい!
c0118393_18563994.jpg

昨夜の酒のアテの残り。沖縄の浦添市にある海洋食品(株)の「2色のチーズ入り チーズinちくわ」
c0118393_18491923.jpg

こいつが何とも言えないくらい美味いのである。お土産に買っていこうかなあ。
c0118393_1851870.jpg

昨夜買った麦茶も飲んじゃえ。
c0118393_18515032.jpg

さんぴん茶は沖縄で飲むと美味しいが、大阪で飲むとマズイ。
反対に麦茶は大阪で飲むと美味いが、沖縄で飲むとマズイのだ。
c0118393_18533640.jpg

蒸し鶏ときゅうりとカニカマとマヨネーズが巻かれた蒸し鶏マヨ巻、う、うまあーい!

1本目、244本目、ポイント名はビタローの根、竹富島の南のポイント、水温30度。
ビタローとは沖縄方言でフエダイのこと。
因みにハナフエダイは沖縄方言でフカヤービタロー、ヨスジフエダイはイノービタローという。
c0118393_1961259.jpg

着底するとスカシテンジクダイの群れがものすごいことになっています。
c0118393_1993211.jpg

マクロで撮ってもこんな感じ。数万匹もの大群である。
c0118393_8591695.jpg

この子はなんていうテンジクダイ科の子なんでしょうかね?
c0118393_915191.jpg

キンセンイシモチ。
テンジクダイの仲間としては小型で、金色の縦縞が数本体側を走る。
c0118393_96092.jpg

ハナヒゲウツボ。
青い体に鼻先の黄色い色がよく映え、非常に美しいウツボ。鼻先には花びらのようなひげがある。
c0118393_914597.jpg

ニセネッタイスズメダイのヤング。幼魚なので背びれ後部に大きな眼状班がある。
c0118393_9174030.jpg

ヒトスジギンポ。眼の間の2本の皮弁が、小さな角のようで可愛らしい。
c0118393_9201570.jpg

京都のHさんがエキジットするので
c0118393_9213149.jpg

私もそろそろボートに戻りましょうかね、ほっほー!

2本目、245本目、ポイント名はサンドロック、水温30度、竹富南。
「ちゅらおっさん、ここのポイント名わかります?」京都のHさんが訊いた。
「なんやろ、わかれへんわ」
「矢沢永吉、矢沢永吉、矢沢永吉」と謎の呪文を残して彼はトイレに入った。
森氏のポイント紹介の時にやっとわかった。「3度、ロックか、サンドロックねえ」
c0118393_9522943.jpg

エントリーはバックロールエントリーで。着底するとそこにはスカシテンジクダイ、キンメモドキ、グルクンなどが群れています。
c0118393_104546.jpg

シマキンチャクフグが逃げています。コイツは小型で可愛いが、毒があって、捕食者辛味を守っている。無毒のノコギリハギはコイツに擬態して身を守っているといわれる。
c0118393_1075974.jpg

アナモリチュウコシオリエビ、通称ロボコン。
エビとは言うけど、本当はヤドカリの1種なんだってさ。
c0118393_10141027.jpg

タテジマキンチャクダイ。スカシテンジクダイが邪魔をしてます。っていうか、単純にスキルが不足してます。
c0118393_1021591.jpg

正面から撮るとこうなります。
c0118393_10174671.jpg

ソライロイボウミウシ。
水温が30度になるというのに、この子はしっかり頑張って生き抜いていた。
c0118393_10215832.jpg

チンアナゴ。うーん、もっと光を!
c0118393_10241176.jpg

さて、ボートに戻って美味しいランチでもいただきましょうかね。
c0118393_9222981.jpg

本日のちゅらおっさんMOSS定食は、ゆし豆腐入り八重山そば500円。
ゆし豆腐とは沖縄の郷土料理で、豆乳ににがりを入れただけで、枠に入れて固める前の柔らかいおぼろ状の豆腐のこと。
c0118393_9275363.jpg

素晴らしいロケーションの中でいただくランチはもう最高。
c0118393_9294777.jpg

今日のは昨日のより美味くなっている。う、うまあーい!
「ちゅらおっさん、昨日のお出汁と違うでしょ、どこが違うかわかりますか?」とMOSSの代表森氏。
「はいむるぶしでも入れたんかなあ」
「ううっ、そう来るかあ!!」

3本目、246本目、ポイント名は、じゃがいもの根、水温30度、竹富南。
c0118393_10282432.jpg

さあ、この夏最後のダイビングだあ、しっかり楽しまなくっちゃ!
c0118393_10303082.jpg

着底すると、グルクンが群れていた。どうやらグルクンの産卵風景に出会ったようだ。
c0118393_10321881.jpg

珍しいからと、皆さんカメラに必死です。
c0118393_10344135.jpg

ちょっと移動すると、コモンシコロサンゴ(通称じゃがいもサンゴ)の大きな群生があって
c0118393_1037363.jpg

その周りにはヨスジフエダイの群れがいて
c0118393_10383368.jpg

マクロで撮ればこうなる。
c0118393_10411887.jpg

カンザシヤドカリ。
イバラカンザシが死んだ後の穴で暮らしてます。
c0118393_10435444.jpg

ソライロイボウミウシ。また見つけました。
c0118393_10464893.jpg

オトメハゼ。亜麻色の髪の乙女、昔(48年前)はビレッジシンガース、最近では(といっても、もう14年前になるか)島谷ひとみがカバーしている。
c0118393_10522075.jpg

きれいだね、この子。
c0118393_10545793.jpg

最後の極めつけは、チャツボホヤ。
こんなん撮るなって?いいじゃあないのお~。
c0118393_10571172.jpg

水深5mで5分間の安全停止をしたら
c0118393_1058676.jpg

ボートに戻って冷たいお茶でも飲み、帰る用意でもしましょうかね、ほっほー!

by nozawahitoshi | 2016-09-08 06:50 | 石垣島 | Comments(4)

H28年石垣島ダイビング2日目夜 Ryukyu Food Bar 磊風八

c0118393_16573616.jpg

2日目の夜は美崎町にある創作料理居酒屋「磊風八(らいふうや)」に初めてお邪魔した。
c0118393_1725475.jpg

メニューはこんな感じです。
c0118393_17254187.jpg

お通しは、枝豆とタルタルソースのかかった魚のフライ。
c0118393_17263852.jpg

おつカレーライス、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
みなさん、オリオン生で元気よく乾杯しました。
c0118393_1729825.jpg

もろみ豚しゃぶサラダ880円。
c0118393_17301522.jpg

黒鶏の焼き980円。
c0118393_17305683.jpg

カーリーフライ480円。
c0118393_17321936.jpg

また一人やってきました。
おつカレーライス、カンパーイ、以下省略。
c0118393_17334269.jpg

もう一丁おまけに。
c0118393_17345422.jpg

チキンの唐揚げ680円。
c0118393_173604.jpg

タルタルソースでいただく唐揚げ、う、うまあーい!
c0118393_1736561.jpg

アーサーの唐揚げ680円。
c0118393_17402212.jpg

さらにもう一人参加しました。
c0118393_17411512.jpg

生ハムとチーズ680円。
c0118393_17415283.jpg

ジーマミグラタンピザ800円。
c0118393_17423264.jpg

イカニラ炒め580円。
c0118393_17432094.jpg

黒鶏のたたき800円。
c0118393_17435571.jpg

つくね団子580円。
c0118393_17443580.jpg

トロタク巻き500円。
c0118393_17453764.jpg

A木さんとハイボールでカンパーイ、ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!
c0118393_1747980.jpg

黒鶏の黒七味焼き980円。
c0118393_17475577.jpg

さあ、明日もダイビングのある方がいらっしゃるんで、このあたりでお開きにしましょうね。
そうしましょう。じゃ、お店の前で全員で記念撮影しましょうね。
c0118393_17501650.jpg

イエーイ!
住所 沖縄県石垣市美崎町7-3 電話 0980-87-6237
営業時間 17:00~24:00 不定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2016-09-07 06:56 | 石垣島 | Comments(2)

H28年夏石垣島ダイビング2日目

c0118393_14404922.jpg

石垣島での2日目の朝、朝食はホテルの隣にあるファミリーマート、略してファミマで買ってきた「昔ながらの旨みとごま油が決め手のスープの冷やし中華」460円(税込)といった、昨日の「たむらの」ではないが、長ったらしい名前の冷やし中華だぜ、ったく!
c0118393_14451848.jpg

フタを開けると上段が、こんなふうにきちんと仕切られた冷やし中華の具材。
c0118393_14464810.jpg

そして下段には、中華麺と冷やし中華スープ。
c0118393_14474234.jpg

下段の中華麺と冷やし中華スープをプラスティックの丼の中で,よーくかき混ぜた後、上段のかやくというか具材を見た目美しく美味しそうに配置する。
c0118393_1450083.jpg

具材はやや半熟の茹で玉子と
c0118393_14504175.jpg

ハムに紅生姜
c0118393_14511657.jpg

タレのついた煮豚
c0118393_14514549.jpg

短冊切りしたキュウリ
c0118393_14522877.jpg

錦糸玉子
c0118393_14525714.jpg

麺は中太ややウエーブのかかったストレート麺で、エッジはあるがコシはやや弱め。
c0118393_14543395.jpg

ごま油が決め手の旨み中華スープ。
c0118393_1455317.jpg

煮豚を絡めていただきまーす。普通に、う、うまあーい!
c0118393_14563585.jpg

この煮豚が冷やし中華全体を助けている感じ。いやはや、この煮豚ただものではないと見た。
美味いことこの上ない!
c0118393_14585650.jpg

なんの変哲もない、やや半熟の茹で玉子も、意外や意外、う、うまあーい!
c0118393_1501929.jpg

御馳走様でした。いやー、価値ある460円でした。
コンビニの冷やし中華なんてどうせ・・・だろうと小馬鹿にしていた私が本当に馬鹿だった。
さあ、食べたあとはダイビングの準備にとりかかろうか。

242~243本目
ダイビングの1本目は名蔵湾の近くにある「アカククリの根」というポイントだったが、昨夜のお酒が影響してか耳抜きが全くできずに無念のリタイア。
もともと、耳抜きは苦手ではあるが、14年間に241本潜ってきて「耳抜きができずにリタイア」なんて今回が初めて。あ〜、恥ずかしい!
だからダイビングの2本目が、私にとっては1本目になる。
ところが、バックロールでエントリーし、着底した途端にレギュレターがオーバーフロー(意図せぬ中圧空気多量放出)してしまい、ボートに一旦戻ってガイドの黒ちゃんに器材の交換をしてもらい、再チャレンジ。
c0118393_151744.jpg

1本目、242本目のポイントは、大崎ミノカサゴ宮殿、水温30度。
名蔵湾の先、大崎にあるダイビングポイント。水深が10~30mと比較的浅く、流れも弱いのでレベルを問わず、初級ダイバーから上級ダイバーまで楽しめるポイント。
確実に耳抜きをしながら落ち着いて、ロープを使って慎重に
c0118393_15223455.jpg

着底すると、サンゴの周りにはお魚ちゃんがいっぱい。
c0118393_15251882.jpg

カクレクマノミの赤ちゃんや
c0118393_15254751.jpg

クマノミなんかが見れます。
c0118393_15363755.jpg

ハダカハオコゼが波に揺れるような動きを見せています。
c0118393_15382772.jpg

アオウミガメがじっと岩の上で寝てるような休んでいるような。
c0118393_15404040.jpg

こちらはガイドの黒ちゃんからもらった「ちゅらおっさんとアオウミガメ」の写真です。
すごく上手に撮れていて、一生の宝物です。
c0118393_15582555.jpg

ボートに戻って初MOSSランチでもいただきましょうかね、ほっほー!
c0118393_15594925.jpg

本日のちゅらおっさんMOSS定食は、八重山そば500円。
c0118393_1614910.jpg

いりごまを
c0118393_1621144.jpg

たっぷりとかけ
c0118393_16336.jpg

いただく。八重山そばの特徴は縮れのない丸麺が主流である。
c0118393_164619.jpg

MOSS社長の森さんの奥様が作ったスープ。鰹節の絶品お出汁が効いて、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
これぞまさにプロ顔負けの八重山そば!!
c0118393_1675470.jpg

2本目、243本目、ポイント名は名蔵コーラルガーデン、水温30度。
世界に誇れる石垣島珊瑚礁の傑作ポイントです。
c0118393_1610374.jpg

c0118393_16101729.jpg

あちこちのサンゴが白化して真っ白に。
北海道のハッカは北見町の北見薄荷記念館、あげよ、あげよ、上尾高校、埼玉県、高校野球甲子園。
なんのこっちゃ?
c0118393_16123668.jpg

ガイドの黒ちゃんセンセイに何やら書いてます。
「ちょっと見せてつかあさい!」
c0118393_16202299.jpg

ジュウモンジサラサハゼ。うーん、もっと光を!
c0118393_16212287.jpg

キイロサンゴハゼ。かわゆいですね。
c0118393_16231914.jpg

ネオンテンジクダイ。
c0118393_1624717.jpg

デバスズメダイ。淡い水色の体色が、光の加減でエメラルドグリーンに見え、美しい。
c0118393_16282449.jpg

ミカドチョウチョウウオ。とても上品な感じのするチョウチョウウオで、口先を頂点とした三角形の体形をしている。和名は「帝」ではなく「三つの角」に由来する。
c0118393_16323792.jpg

キンセンハゼ。ターガースのユニフォーム。
黒褐色の地に黄色い縦縞がよく目立つ小型のハゼ。第1背びれと第2背びれに目立つ眼状斑がある。
c0118393_16371491.jpg

ガイドの黒ちゃん、A木さんのあとをついていくと
c0118393_16385683.jpg

ヒフキアイゴのアベック(死語?)、もとい、ペアがイチャイチャしてます。
体側後部の黒い斑紋が、レモン色の地に良く目立つアイゴ科の魚。
c0118393_16443852.jpg

2本潜ってこれから港に戻る時に豪華客船とすれ違いました。どんな金持ちが乗ってるんだろう?

by nozawahitoshi | 2016-09-06 06:51 | 石垣島 | Comments(8)

H28年夏石垣島ダイビング1日目

c0118393_11504476.jpg

今日から3泊4日で八重山諸島にある石垣島でのダイビングツアーがスタートする。
お世話になるショップは「MOSS・DIVERS」さんで、段取り大王こと、京都のHさんのご尽力の賜物である。
今回ダイビングに参加するのは、京都ダイバーズの面々(私、Hさん、A木さん、I藤さん)、京都伏見のM本さん、埼玉県上尾市出身のK岡さん、同じく埼玉県出身のK藤さん。
夜の飲み会に参加するのは、山口県下関市出身のM戸さんということになっている。
c0118393_129924.jpg

伊丹空港にやってきた。この7月1日に空港の中央ブロックの2階に新しくオープンし、9月には取り壊すらしい「炭火焼肉たむらのお肉の入ったカレー屋さん」という長ったらしい名前のお店に入ってみよう。もちろん初来店である。
お笑いタレントの「たむけん」こと田村憲司氏が経営する炭火焼肉「たむら」が出店するカレー専門店である。
「ダイビングのブログじゃないの?」そんな声がチラホラ聴こえてくるが、♫ちょっとまって プレイバック プレイバック ♫ 馬鹿になんかしてません、百恵さん。
c0118393_12174950.jpg

こちらがメニューです。
そうそう、去年も「MOSS」にA木さんと申し込んだんだけど、台風が来ちゃってポシャってしまったんだ。今回はその便所、もとい、リベンジを晴らそうと意気揚々とやってきたわけなんである。
c0118393_12221970.jpg

本日のちゅらおっさん炭火焼肉たむらのお肉の入ったカレー屋さん定食はこちら。
c0118393_12231830.jpg

カツカレー1000円。ぼったくりの空港値段である。
因みに那覇空港にある「空港食堂」のカツカレーは650円と良心的なのである。
c0118393_12284250.jpg

カツの大きさは20cmくらいか、まあまあデカイ。
c0118393_12294227.jpg

その傍らにはお決まりの福神漬。
c0118393_12302893.jpg

カレーには牛肉のカタマリがゴロゴロ入っていて、かなりの時間煮込まれた飴色の玉ねぎの姿も確認できる。
c0118393_12315981.jpg

ルウはターメリックの焦げ茶色で、見た目でこのカレーが相当美味しいものだとわかる。
c0118393_135879.jpg

まずはカツからいただく。サックリと揚がったカツは衣も薄く、ロースの豚肉は柔らかく、う、うまあーい!
c0118393_1373243.jpg

カレーライスをいただく。レトルトの「たむらのカレー」が好評なのがわかる。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
大人のカレーという言い方がピッタリのカレー。
c0118393_1395256.jpg

御馳走様でした。あー美味しかった。9月30日からの宮古島ダイビングの時にはこのお店はもうないのですね。「諸行無常」を感じるなあ!
c0118393_13124162.jpg

13:10発が「ゲートの故障」というアクシデントで20分遅れ。
「悪質電灯事故のもと」って中学の時に覚え込んだ英語が今頃になって急に脳裏に浮かんできた。
c0118393_13165828.jpg

13:40、やっと乗り込んだ。台風10号の影響は大丈夫かな?
c0118393_13175937.jpg

那覇空港では一番端っこまでバスに乗り
c0118393_13192881.jpg

プロペラ機である琉球エアコミューター鶴丸で石垣島までGO!
c0118393_13242665.jpg

2席×2席の小さな飛行機。私の隣は、残念、おっさんでした。
c0118393_13275416.jpg

約1時間ちょっとで石垣空港に到着。そこから乗合バスに揺られ、離島ターミナルまで50分、540円。
離島ターミナルから大きなスーツケースを押して歩くこと5分で、ホテルピースランドイン八島に到着。
c0118393_13361311.jpg

c0118393_13363073.jpg

夜の帳が降りた頃、京都のHさん、A木さんと私のオッサン3人はバスターミナルの近くにある「石垣島酒場・琉球ドラゴン」というお店に初来店。「酒場」って名前が昭和を彷彿とさせる。
c0118393_8345692.jpg

c0118393_13413446.jpg

c0118393_13414815.jpg

こちらがメニューである。
c0118393_1344542.jpg

お通しは油まみれの枝豆。
c0118393_13444215.jpg

私の発注したのは「おもと生」という名前のオリオンビールの大ジョッキ600円。
c0118393_13461155.jpg

おつかれーライス、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
HさんとA木さんはオリオン中ジョッキ420円。
c0118393_13482442.jpg

Hさんの発注した、ドラゴンの出し巻き玉子680円。
c0118393_13493511.jpg

私の発注したのはこちら。
c0118393_1350728.jpg

おつまみポーク480円と
c0118393_13503983.jpg

それに付いてるケチャップとマヨネーズ。
c0118393_13514154.jpg

こちらはA木さん発注の
c0118393_1352127.jpg

タコス棒餃子580円と
c0118393_13525063.jpg

それに付いてるピリ辛の真っ赤なタレ。インドネシアの「サンバル」を彷彿とさせる。
c0118393_13542514.jpg

私の発注した、石垣牛の餃子4個480円。
c0118393_13553361.jpg

ドラゴンの出し巻き玉子は玉子の中にイカ墨が入った料理で、真っ黒の色合いがおどろおどろしいが、いただいてみるとあにはからんや、う、うまあーい!
c0118393_13583110.jpg

おつまみポークは陳腐な感じだが、いただいてみると、ビールに合うじゃん。う、うまあーい!
c0118393_1403486.jpg

タコス棒餃子に真っ赤なタレを付けて
c0118393_1412186.jpg

いただく。肉肉肉っぽい餃子で、う、うまあーい!
c0118393_1431630.jpg

私のおかわりは金麦中ジョッキ330円。
c0118393_1443619.jpg

Hさんはパインジュース300円。
c0118393_1451456.jpg

A木さんはマンゴーサワー420円。
c0118393_1455775.jpg

A木さん発注の、マーミナーとミミガーの旨ース煮650円。
マーミナーとはもやし、ミミガーは豚の耳。それの塩煮込みの料理。ウチナー(沖縄)弁さあ。
c0118393_14104015.jpg

では、くわっちー、さびら(いただきますの沖縄弁)。
もやしはシャキシャキ、耳はくにゃくにゃと食感の違いが面白い。
c0118393_14131742.jpg

3杯目、私は角ハイボール420円、A木さんは「知多」の水割り600円。
c0118393_1415167.jpg

ハイボール。懐かしき学生時代に流行ったウイスキーの炭酸割り。
c0118393_14161359.jpg

くわっちー、さびたん(ごちそうさまでした)。
A木さんとは伊藤仁斎、塙保己一、山片蟠桃の話題で盛り上がり、HさんとはリオオリンピックやNHK[真田丸」の話題で盛り上がる。
c0118393_14213033.jpg

ホテルに戻り、コンビニで買った2本の金麦と
c0118393_14222330.jpg

ビールのアテ2袋。
c0118393_14225795.jpg

7;3の黄金比の注ぎ方で
c0118393_14234763.jpg

一人乾杯と行きましょうかね。ちびちびやりながら、お昼のブログでも書きましょうね、ほっほー。
明日のダイビング、こんなに飲んで「耳抜き」は大丈夫でしょうかね?
石垣島・琉球ドラゴン
住所 沖縄県石垣市美崎町9-12 電話 0980-87-8108
営業時間 17:00~翌1:00 木曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2016-09-05 06:50 | 石垣島 | Comments(6)

H26秋石垣島ダイビング番外編 ホテルの朝食バイキング

c0118393_11345945.jpg

1日目はホテルルートイングランディア石垣である。
c0118393_11363269.jpg

本館の1階にあるレストラン「花茶屋」の840円バイキング。
c0118393_1138039.jpg

黒木メイサそっくりの女の子の後ろからスタート。
c0118393_1139059.jpg

有料ということもあって、美味しそうなおかずが満載。
c0118393_113943100.jpg

本日のちゅらおっさんホテルルートイングランディア石垣定食はこちら。
c0118393_11404113.jpg

左から時計回りに、野菜のパスタサラダ、オムレツ、ひじき炒め、ランチョンポーク、ミートボールと野菜の中華風、焼き鯖、春巻き、カレーコロッケ、水餃子。
c0118393_11415316.jpg

味付け海苔、
c0118393_11421686.jpg

レタス、コーン、ポテトサラダ、ツナ、ハム、ごまドレッシング、
c0118393_11431039.jpg

麸入り味噌汁、
c0118393_1144054.jpg

牛乳、
c0118393_11441926.jpg

ごはんに梅干と840円にしては割と豪華。
c0118393_1146492.jpg

焼きたてパン工房や
c0118393_11462833.jpg

ドリンク・サラダコーナーなんかもある。
c0118393_1147863.jpg

食後はさんぴん茶とホットコーヒー。
c0118393_11474363.jpg

こちらは京都のHさんのチョイスしたもの。

c0118393_11495085.jpg

2日目はホテルを変えて、東横イン石垣島。
c0118393_11505956.jpg

本日のちゅらおっさん東横イン石垣島定食はこちら。ここは無料のバイキングなのである。
c0118393_1153269.jpg

左から時計回りに、野菜サラダ、きんぴらごぼう、島豆腐、イワシの銚子煮、梅干、
c0118393_11544639.jpg

薄揚げとワカメ入り味噌汁、
c0118393_1159880.jpg

若菜ごはんに丸美屋ののりたまのふりかけ、
c0118393_11593257.jpg

牛乳。
c0118393_1203259.jpg

こちらがおかずコーナーで
c0118393_1212442.jpg

こちらがごはん、味噌汁、パンコーナー。
c0118393_1223210.jpg

食後のアイスコーヒーもあります。
c0118393_1232561.jpg

3日目も同じ東横イン石垣島ホテル、
c0118393_1241685.jpg

本日のちゅらおっさん東横イン石垣島定食はこちら。
c0118393_1251627.jpg

筑前煮と石垣天ぷら、
c0118393_1255123.jpg

ハンバーグにケチャップトッピング、
c0118393_1262492.jpg

味噌汁、
c0118393_1264589.jpg

サラダ、
c0118393_127550.jpg

ひじきごはんに梅干とふりかけ。何せ無料ですのでこんなものです。
ホテルルートイングランディア
住所 沖縄県石垣市新栄町21 電話 0980-86-6160
朝食バイキング 6:30~9:30 年中無休 P有 地図

 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

ホテル東横イン石垣島
住所 沖縄県石垣市浜崎町3-2-12 電話 0980-88-1045
朝食バイキング 6:30~9:30 年中無休 P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2014-11-08 07:58 | 石垣島 | Comments(2)

H26秋石垣島ダイビング3日目夜 海鮮館どてっぺんpart2

c0118393_8542117.jpg

今日も無事3本潜ってホテルに帰り、器材を洗う前にしておかないことがあった。そう、夜の宴会の予約電話である。
宴会部長である私は、これはという居酒屋、焼肉屋、郷土料理店、イタリア料理店、中華料理店など片っ端から電話をしたのであるが、今日はあいにくの土曜日なのか、どこも予約でいっぱい。
血眼になって30分間で27軒のお店に電話をかけまくって、結局全部断られてしまう有様。
宴会部長として失格だが、背に腹は変えられない。恥を忍んで藁をも掴む思いで、初日に行った「どてっぺん」に電話を入れると、
「7時は無理です、いっぱいです」とのこと。
「木曜日にお邪魔して、いいお店だったのでまた行きたいなと思って電話したのですが」と食い下がると、
「8時ならなんとかなります。後片付けで少し待ってもらうかも知れないですが」
「いやもう、全然構いません。4人お願いします!」ということで、また「どてっぺん」にやってきたのである。
c0118393_983019.jpg

1度来ているから要領を得ている。まずはお通しのバイキング食べ放題サラダ300円を、サラダバーから取ってくる。
c0118393_911237.jpg

焙煎ゴマのサラダに
c0118393_9115470.jpg

ゴマ醤油のサラダ、
c0118393_9122182.jpg

ブルーチーズのドレッシングのサラダ。
「ブルーチーズはあきませんわ、苦手です」とHさん。
「あら、美味しいのに。食べず嫌いじゃないですか」IさんがHさんにブルーチーズをすすめる。
c0118393_916395.jpg

お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチ、グビグビグビグビ,プッハー、う、うまあーい!
メンバーは初日と同じで、オリオンドラフトジ生ョッキ490円が私と京都のHさん、東京のSさん。
京都のIさんは請福生姜お湯割りグラス490円。
「お料理は前回とダブらないように発注しましょうね」と私が提案。
c0118393_10122616.jpg

豚キムチ炒め390円。
c0118393_1013778.jpg

「大阪ではこれ、500円はするやろな」と私。う、うまあーい!
c0118393_10151675.jpg

京都のHさん発注の、ピリ辛バンバンジー390円。
c0118393_10154721.jpg

「Hさん、いいセンスです、なかなかいけてます」と私が褒めちぎると、
「そうでしょう、料理の名前で美味しいとわかっちゃうんだから」Hさん笑みをこぼす。
c0118393_1020281.jpg

京都のIさん発注の海のエンジェル590円とタカセ貝のバター焼き790円は惜しくもソールドアウト。
「残念!食べたかったのに」と地団駄を踏むIさん。
c0118393_10234617.jpg

またまたHさん発注の、カマンベールチーズフライ450円。
c0118393_1024798.jpg

「これもメチャうまいですやん。さすがHさん」
「そんなに褒めちゃ、いやいや~」急に山本リンダになるHさん。
c0118393_10291285.jpg

ビールが進みます。ビールおかわり!
c0118393_10295097.jpg

鶏の唐揚げ390円。
「前と同じの頼んじゃ、ダメよ~、ダメよ、ダメダメ~」今度は朱美ちゃんになるHさん。
「いいじゃあ、ないのお~」小平市の細貝さんになる私。
c0118393_10322496.jpg

前回食べたのに、それを完璧に忘れていて、また発注してしまったのである。でも、美味いものは美味いのである。
c0118393_10404889.jpg

Hさん、ジンジャーエールにチェンジ。
c0118393_10414379.jpg

Iさん、請福生姜お湯割りをおかわり。
c0118393_10424086.jpg

海ぶどう500円。
c0118393_10431592.jpg

「この海ぶどう、すごく新鮮、新しい~!」と感動するSさん。
「たまーに古びた海ぶどうを出すお店があるよね」とIさん。
「野沢温泉スキー場で食べた野沢菜はすごく新鮮で美味かった」Hさんが曰う。
「ところでこの冬、誰か一緒に野沢にスキーに行きませんか?」Hさんが続けた。
3人は海ぶどうからスキーに話が変わったので、一瞬唖然とする。
「寒いし、怪我すると嫌なので・・・」と渋るIさん。
「スキー、今はもうやりません」Sさん。
「・・・・・」と私。
c0118393_10514498.jpg

どてっぺんのお姉さんに頼んで、記念撮影です、イエーイ。少し憮然とするHさん。
c0118393_10524585.jpg

ガラス製の徳利に、何やらオレンジ色のお酒・・・。
c0118393_10534568.jpg

ええっと、これは何だっけ?メモを取るの忘れちゃいました。飲み会も3日続くといい加減になってくるのである。
c0118393_10564420.jpg

Hさんは烏龍茶。
c0118393_10572064.jpg

Sさん発注の、ゴーヤーのシャキシャキサラダ390円。
「苦いのは身体にいいので頼んじゃいました」Sさんが微笑む・
「漢方薬的には苦いのは心臓に良いのですよ」補足を入れる私。
c0118393_110914.jpg

キリンの発泡酒290円は私の発注。
「たくさんビール飲んだら、発泡酒もビールも味は一緒やで」かなり酔ってきている私。
c0118393_1115394.jpg

ぼんじりの唐揚げ390円。
「おどまぼんじりぼんじり、え?お呼びでない、これまた失礼」酔いに任せてふざける私。
c0118393_1145644.jpg

Hさんはコーラ。
c0118393_1153799.jpg

じゃんじゃん飲んで、どんどん食べる4人。
c0118393_1165464.jpg

しかーし、時計を見ると11時近くに。
「いやー、楽しかったですね。京都のHさん、この度は御足労様でした」
「いやー、宴会部長さんもご苦労様でした」
「また来年、石垣でご一緒しましょう!」
「小笠原とかも行きましょう!」
ということで、楽しい宴会もここでお開きに。
住所 沖縄県石垣市八島町2-4 電話 0980-84-2121
営業時間 15:00~24:00 月曜休 P25台 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2014-11-07 06:49 | 石垣島 | Comments(0)

H26秋石垣島ダイビング3日目 227~229本

1本目 227本 ポイント名グルクンの根
c0118393_11254964.jpg

川平湾の底地沖のポイント。耳抜きを完璧にするため、ゆっくりエントリーしましょうね。
c0118393_11264846.jpg

着底するとそこでは
c0118393_11272978.jpg

スミレセプテンバー、もとい、スミレナガハナダイが歓迎してくれる。
c0118393_11311164.jpg

ハナゴイ。
雌雄とも赤紫色の美しい体色をしているが、海中では青みがかって見えることが多い。
c0118393_11354338.jpg

キンギョハナダイやアカネハナゴイなども群れている。
c0118393_11374641.jpg

コールマンウミウシ。
イロウミウシ科ですこぶるキレイである。
c0118393_11401849.jpg

フリエリイボウミウシ。
ソライロイボウミウシに似るが、この子は背面の周縁に半円形の灰青色斑が並ぶことで識別できる。
c0118393_11434647.jpg

クマノミの卵。
卵の中の胚(はい)にはすでに眼が出来上がっていて、孵化も間近である。
c0118393_11474275.jpg

さて、ボートに戻ってアメちゃんでも舐めましょうかね、ほっほー!

2本目 228本 ポイント名 石崎マンタスクランブル
c0118393_11493476.jpg

エントリーするや
c0118393_1150340.jpg

ガイドのサトシ先生が何かを発見。
c0118393_11524134.jpg

マンタ出現!
c0118393_1154138.jpg

グワー!
c0118393_11544890.jpg

c0118393_1155894.jpg

ギャー!
c0118393_11554417.jpg
正しくは「南洋マンタ」と呼ぶって、サトシ先生が仰っておられました。
「オニイトマキエイ」ではないらしいっす。
撮り忘れましたが、この日のお昼ご飯は前日と同じような内容でした。
c0118393_12224855.jpg

食後、爆睡するHさんの素敵な愛人さんたち。

3本目 229本 ポイント名 大崎ハナゴイリーフ
c0118393_1233734.jpg

大崎周辺を代表するポイントであり、各種フォトコンテストなどで度々目にするようになった。
白化したイソギンチャクに暮らすクマノミのほか、様々な生き物のフィッシュウオッチングが楽しめるポイントである。今年最後のダイビング、さあ楽しみましょうかね、ほっほー!
c0118393_1252952.jpg

着底するとガイドのサトシ先生がバブルリングを作ってる最中。
c0118393_129012.jpg

キンギョハナダイやアカネハナゴイの中を進んでいきます。
c0118393_12102032.jpg

ニシキヤッコ。
南の海にぴったりの鮮やかな体色のキンチャクダイ。体側の白い帯の部分に青みがかかってキレイ。
c0118393_12122655.jpg

ピンクのイソギンチャク。
c0118393_12131473.jpg

ボンボリイロウミウシ。
秋にはいろんなウミウシに出会えるから楽しいのである。
c0118393_12141855.jpg

フリエリイボウミウシ。
c0118393_12145977.jpg

ウルトラマンホヤ。
c0118393_12155970.jpg

どこにでも居そうだけど、さてこのハギの名前やいかに?
c0118393_12174750.jpg

とうとう今年最後のダイビングが終わっちゃいました。また来年も是非「恋の島・石垣島」に来たいものです。新しい愛人と・・・・。

by nozawahitoshi | 2014-11-06 06:48 | 石垣島 | Comments(0)

H26秋石垣島ダイビング2日目夜 島創作料理・居酒屋まるさ

c0118393_14243744.jpg

夕方の6時半だというのに、どっぷりと夜の帳が降りた石垣市の中心街。バスターミナルの横の2階に「居酒屋まるさ」はある。
c0118393_14265826.jpg

ダイビングの打ち上げなどで、ショップのガイドさんがよく使うお店なんである。
c0118393_14275447.jpg

席に着くとまずお通しが運ばれてきた。
c0118393_14282457.jpg
c0118393_14283488.jpg
c0118393_14284258.jpg
c0118393_1428521.jpg

こちらが「まるさ」のメニューである。
c0118393_14292733.jpg

おつかれサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ,プッハー、う、うまあーい!
オリオン生ビール(中)390円は今晩初参加の女子Aさん、私、Hさん、Sさん。
c0118393_1433763.jpg

Iさんは泡盛仕込みシークワーサー入りゆずソーダ割り500円。
Iさんは京都の岩倉に実家があるらしい。
「岩倉ってどこでんねん?」と私が尋ねると
「宝ヶ池の近くなんです」とIさん。
「すごく大きなお屋敷に住んではりますよ、甲子園何個分かいなあ?」とおどけるHさん。
c0118393_14375548.jpg

のどが渇いてたので一気に半分飲んじゃいました。
c0118393_14391414.jpg

お通しは、島豆腐にピリ辛醤油漬けのびんちょうまぐろ、めっちゃ、う、うまあーい!
「この4人は一体どういう関係なんですか?」と三鷹市出身のAさんがHさんに訊く。
「私はここにいる全員とダイビングしていますが、NさんとSさんとIさんは今回ここで初めてお会いして、今日初めて一緒に潜ったのですよ」Hさんが説明する。
「えー!古くからのお付き合いの人かと思っちゃいましたよ」Aさんが驚く。
c0118393_1444419.jpg

フーチャンプルー600円。
c0118393_14452162.jpg

車麩と野菜のチャンプルー、う、うまあーい!
c0118393_14471439.jpg

島らっきょうの天ぷら600円。こちらに来たらやはりこれを頼まなきゃ!
c0118393_1448569.jpg

独特のクセと風味があって、う、うまあーい!
c0118393_14485929.jpg

何故かもう1度カンパーイ!イエーイ!だんだんと盛り上がっていきます。
Sさんは検疫のお仕事をしていて、墨田区のスカイタワーの下に今住んでいるらしい。実家が横浜の鶴見にあるということで、私が37年前に鶴見ステーションビルで働いていたというと、その話で一瞬2人は盛り上がる。
Sさんは大阪にも過去勤務してたことがあり、住んでいた八尾から南港の職場まで通っていたそうである。
極めつけは、北海道の中標津の牧場で働いた経験があるという。私も北海道をぐるり1周した時に、中標津の開陽台に登ったことを話すと、これまた盛り上がる。
「私も開陽台、行ったことがあります」とHさんも中標津に加わってきた。
「湯宿だいいちという温泉、とっても良かった」中標津を思い出す私。
c0118393_152245.jpg

アーサーのひらやーちー500円。
c0118393_1524351.jpg

中標津のSさん、もとい、墨田区のSさん発注の、八重山かまぼこの盛合せ620円。
「八重山かまぼこってどんな味がするのか興味津々だったので、頼んじゃいました」笑うSさん。
c0118393_1553950.jpg

アーサーのひらやーちー、う、うまあーい!
c0118393_1563064.jpg

ラフテー500円。
「女性の年齢を訊くのってなんだけど、Sさんはお幾つくらいですか?」と私。
「子供の頃、ピンクレディーの曲で踊ってましたよ」Sさんが踊る真似をする。
「私はスピード世代です」とAさん。
Iさんはこの話題に全然乗ってきませんでした。
c0118393_15113025.jpg

Aさん発注のシークワーサージュース300円。
c0118393_15121125.jpg

京都のHさん発注の請福の生姜リキュールソーダ割り500円。
c0118393_15124773.jpg

京都のIさんは請福生姜リキュールお湯割り500円。
c0118393_15134345.jpg

Sさんは石垣地ビール(ヴァイツェン)680円。
c0118393_15153262.jpg

私はずっとオリオン生390円。
c0118393_15161523.jpg

またまた、カンパーイ、イエー、イエーイ!乗りまくってきた様子の女子たち。
c0118393_15181461.jpg

「Sさん、お注ぎしますどす」Iさんが酔ってきている。
c0118393_1521940.jpg

「えらいすんませんなあ、おおきに」とこちらも酔ってきたSさん。
c0118393_15223663.jpg

ジーマミー豆腐の揚げ出し380円はAさんの発注。
「一度これ、食べたかったんです」
c0118393_15234814.jpg

c0118393_1524222.jpg

Aさんが明日から西表島に行くという。
「黒ちゃんによろしく伝えてね」Hさんがやけに力を込めて言い放った。
c0118393_15261424.jpg

「もう遅いし、ここらでお開きにしませんか?」とHさん。
御馳走様でした。いやー、よう飲んだわー、ということでお開きに。ジャンジャン!!
住所 沖縄県石垣市美崎町2 石垣バスターミナル2F 電話 0980-82-0864
営業時間 18:00~24:00 水曜休 P無 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2014-11-05 06:52 | 石垣島 | Comments(2)

H26秋石垣島ダイビング2日目 224~226本

1本目 224本 ポイント名 大仏 天候晴れ 気温29度 水温28度
c0118393_8511820.jpg

竹富島南のポイントで、大仏の頭に似たコモンシコロサンゴがあるのでそう名付けられた。
c0118393_8541487.jpg

秋晴れのグッドコンディション、エントリーは潜行ロープを使って
c0118393_8553260.jpg

着底すると大仏が、もとい、京都のHさんがいらっしゃいました。
いつもそうだけど、今回もこの方のご尽力で楽しく安全なダイビングが出来ました。あざあーす!
c0118393_8594132.jpg

イシガキカエルウオ。
カエルウオというユニークな名前は、その表情から来たのだろうが、可愛い表情でダイバーの人気者なんである。
c0118393_95298.jpg

ミスジスズメダイ。
ミスジリュウキュウスズメダイは四角張っているが、この子は楕円形なのです。今回初めて見て知ったお魚ちゃん。
c0118393_985856.jpg

ハダカハオコゼ。
特徴のある体型で、波に揺れるような動きをする。この子は白だけど、黄色、うす茶色、ピンク色など環境によって様々な色の子がいる。
c0118393_9111745.jpg

アミメイボウミウシ。
ウミウシの中では地味すぎるので誰も相手にしてくれないかわいそうなウミウシ。まるで私みたい。
潮通しの良い岩礁域壁面などで希に見られるウミウシ。
c0118393_926485.jpg

ナンヨウハギ。
石垣島では珍しいということを初めて聞いた。沖縄の本部にはよく出る子なのだが。
青と黄色の色彩で、まさに南洋のイメージのニザダイ。警戒心が強く、危険を感じるとすぐにサンゴの枝の間に頭から逃げ込む子。
c0118393_9305545.jpg

サラサハゼ。
その名前は体表色が更紗文様に似ていることから付けられた。体表色は薄茶色地で、薄茶色と青白い横線が10本ほど入り目立つ。
c0118393_9354532.jpg

東京のSさん、女忍者のように気配を殺し、すっと私の前に現れた。
c0118393_9364328.jpg

こいつが大仏だ。巨大なコモンシコロサンゴ。
c0118393_9393572.jpg

回りにデバスズメダイの群れがいて、これがすこぶる綺麗なんである。
c0118393_9404488.jpg

さて、この子は誰でしょうか?
c0118393_9433435.jpg

キンセンハゼ。
横から撮れなかったのが残念。阪神タイガースのユニフォームを着てます。日本シリーズではあっけなく負けちゃいましたがね。
c0118393_9465565.jpg

白化したタマイタダキイソギンチャクにハマクマノミが共生している。
c0118393_9484437.jpg

船下にやってきて
c0118393_9491166.jpg

5分間の安全停止をしたあとは
c0118393_949526.jpg

船に戻って冷たいお茶でも飲みましょうかね、ほっほー!

2本目 225本 ポイント名 ミドルブック(大仏の近く)
c0118393_95655.jpg

マルミカイカムリモドキ。
大きなカイメンを背負っている。ユキンコボウシガニに比べてかなり大きいので、水中写真も撮りやすい。
c0118393_102878.jpg

ギンガハゼ。
テッポウエビと共生する。名前のギンガは、顔の水玉模様が銀河の星のように見えるから。
天皇陛下がハゼの研究をしているので、皇后美智子様が「ギンガハゼ」と命名したそうだ。
c0118393_11194053.jpg

オランウータンクラブ(ミナミクモガニ)。
ミズタマサンゴやハナガササンゴの骨格の間に生息する毛むくじゃらのカニ。
一度見ると毛むくじゃらの姿が目に焼き付き、忘れられなくなくなるのは私だけか?
c0118393_10222510.jpg

5分間の安全停止したあとは
c0118393_10231561.jpg

ボートに戻って、お昼ご飯にしましょう。
c0118393_1024721.jpg

今日のお昼ご飯はこちら。
c0118393_10243781.jpg

おにぎり2個にちょっとしたおかずと
c0118393_10251267.jpg

冬瓜入り豚汁。う、うまあーい!

3本目 226本 ポイント名 シャークホーム
c0118393_10283354.jpg

c0118393_10284837.jpg

竹富島の南のポイントで、サメがよくいる穴があるという。でもほとんどお留守で、水路にはウミウシやキンチャクガニがたくさんいるポイントである。
c0118393_10394216.jpg

トサカリュウグウウミウシ。
体地色は暗緑色で、イシガキリュウグウウミウシによる食害により、毎年壊滅的打撃をうけているらしいっす。
c0118393_1054923.jpg

アカフチリュウグウウミウシ。
トサカリュウグウウミウシに似るが、触覚先端、足は鮮やかな赤色でよく目立つ。秋によく出るウミウシだとか。
c0118393_1057037.jpg

イッカクガニ。
左上の小さいの見えますかね?初めてお目にかかる。額角(目と目の真ん中にある角)が一角であるから、そう名付けられた。実際は先が二股に分かれている。
c0118393_1191711.jpg

シチセンチョウチョウウオ。
この子は日本国内でも観察することが少ないチョウチョウウオなのだが、ここシャークホームでは必ず見れるそうだ。ラッキー!
c0118393_11114392.jpg

今回のダイビングでは、所々で白化下イソギンチャクに共生するハマクマノミが見られた。
c0118393_11133491.jpg

さて、船に戻って今夜行く居酒屋の算段でもしましょうかね、ほっほー!

by nozawahitoshi | 2014-11-04 06:48 | 石垣島 | Comments(2)