ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
ニコちゃん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 11:13
墓参りまたいきましょ!!..
by にこぴ at 10:47
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧


宮古島で出会ったもの その24

クマノミ
クマノミの仲間は、イソギンチャクとの共生と、雄から雌への性転換が
有名だ。サンゴイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャク、
シライトイソギンチャクなど、10種ほどのイソギンチャクをすみかに
している。なわばり性が強く、近づくとダイバーにも攻撃をしかける。
c0118393_127532.jpg

大阪の地名で「放出」というのがある。「はなてん」、という。
大阪市鶴見区にある。ハナチイデがなまったという。「放出」は本来、
寝殿または母屋から続けて外へ建て出した建物のことを言う一般名詞。
「今昔物語」や「源氏物語」にも出てくる。地名にこれが用いられたのは、
荘園などの飛び出した地域をさしたものか?
「放出中古車センター」の執拗なCMで関西人は放出を知っているが、
このCMがなかったら、「ほうしゅつ」「ほうりだし」と読んだであろう。
また、「立売堀」「枚方」「十三」なども大阪の難読地名のひとつ。

by nozawahitoshi | 2007-06-30 09:37 | 宮古島 | Comments(11)

宮古島で出会ったもの その23

アカハチハゼ
黄色い顔に目の下の青い帯が特徴。沖縄のさんご礁のガレ場に住んでいる。
オトメハゼよりさらに浅い場所に多いので、スノーケリングでも
見ることが出来る。石の下に巣穴を堀り、その上をペアで泳いでいることが
多い。砂を口に含んで、えさを食べる様子も観察できる。
c0118393_1214999.jpg

カレーを食べると痩せるという説がある。丁宗鉄、日本薬価大教授だ。
彼によると、カレーは血液の循環をよくして体を温める作用に長けている
そうだ。とくに、深部体温を上げることでダイエット効果をもたらす。
深部体温とは、体のもっとも奥深いところの温度である。
具体的には、肝臓や脊椎の近くの温度である。この部分の温度は、体の中枢、
すなわち、脳が決めている。そのため、頭の働きが弱ると深部体温も下がる
傾向がある。したがって、お年寄りは深部体温の低い人が多く、子供は
高いのが一般的である。また、肥満あるいは肥満気味の人も深部体温の
低い傾向がある。深部体温が低いと新陳代謝が悪くなり、体に
余分なものを溜め込みやすくなる。
言い換えれば、深部体温が低くなると太りやすい体質になる。
ところが、カレーを食べると、深部体温がぐんぐん上がる。
深部体温が上がると、じっとしていても使われるエネルギーが増える。
なんか、わかったような、わからないような不思議な説である。
腹筋400回、ダンベル15分

by nozawahitoshi | 2007-06-29 19:22 | Comments(5)

宮古島で出会ったもの その22

シマキンチャクフグ
小型でかわいらしいが、毒があって、捕食者から身を守っている。
無毒のノコギリハギは、この魚に擬態して身を守っているといわれる。
c0118393_11552625.jpg

私の魔法の言葉は「苦しい時ほど頑張り過ぎない」である。
楽天家でいるための最大のコツは、とにかく「頑張り過ぎない」こと。
苦しい時は、脳内がストレスホルモンで満たされている時、脳機能が
低下してしまっている時である。そんな状態でジタバタ頑張っても、
たいていは空振りするだけだ。
苦しい時にまず考えるべきなのは、脳内に分泌されたストレスホルモンを
消し去ること。具体的には「頑張り」を控え、なるべくリラックスして
楽しいことを考えることだ。そうすれば、脳内にはリラックス系のホルモンや
快楽ホルモンが分泌され、物事を上手く処理していく行くことができる。
ぜひ「頑張り信仰」から開放された、楽天主義の自分を創ろう。
腹筋400回、ダンベル15分 最高気温32度

by nozawahitoshi | 2007-06-28 19:16 | Comments(4)

宮古島で出会ったもの その21

アケボノチョウチョウウオ
水深の浅いさんご礁や礁池でよく見られる。驚いた時や、夜間に休息している
時には、背の白い部分が黒くなり、その中に大きな白斑が2つ現れる。
c0118393_11452820.jpg

私はイギリスの留学体験があるせいか、根性や忍耐を美徳とする精神文化を
持ち合わせていない。出来るなら、苦労などすることなく幸せを手に入れたい。
口ぐせ理論は、そのためのメソッドでもある。
しかし、努力だけは欠かしてはならない。
きっと、努力のことを「苦労」だと思っている人もいるだろう。
ですが、努力とは苦労のことではない。自分の夢や目標に対する真摯な
姿勢のことであり、物事を持続・継続することを努力と呼ぶ。
もっと解りやすく言えば、努力とは習慣だ。努力が習慣になった時
それは苦労ではなくなり、日常となっていくものだ。
腹筋300回、ダンベル15分。最高気温22度

by nozawahitoshi | 2007-06-27 19:55 | Comments(4)

宮古島で出会ったもの その20

フウライチョウチョウウオ
ダイバーなら誰でも知っている。水深の比較的浅い礁地で見られる。
和名は種小名の「放浪者」に由来し、風来坊という意味だ。
c0118393_11404661.jpg

大阪ではエスカレーターの左は急ぐ人のために開け、並んで右側に立つ。
東京は反対に左側に立つが、これはお互いが気持ちよく生きるルールだ。
32年前、初めて海外に出て、イギリスでエスカレーターの片側に立つ人を
見て感心したことがある。当時大阪では考えられなかったことである。
こういったいい習慣を取り入れる国なのに、何故日本の居酒屋は、イギリスの
パブの方式を取り入れないのか、不思議である。
国民性が違うからか。しかし私はこのパブが性に合っている。
ということは、私は「紳士の国」が合う。つまり私は「紳士」なのである。
腹筋250回、ダンベル15分。大阪31度、腹筋は汗まみれ!

by nozawahitoshi | 2007-06-26 19:30 | Comments(2)

宮古島で出会ったもの その19

私のバディ。左が藤井雅春、右が小野寺和子。
毎晩繰り広げられる、支離滅裂な羽目を外したおっさんの宴会に文句の
一つも言わず、「凛」として付き合ってくれたことに敬意を表します。
c0118393_11324177.jpg

かつて、織田信長は「人生五十年」と歌いました。しかし、この人生百年の
時代、五十歳は人生の中間地点に過ぎない。
人生を時計の針に置き換えて考えるなら、五十歳とは「人生の正午」です。
お昼の十二時なんて、ようやく本格的な一日が始まる時間ではないだろうか。
このように、私たちの年齢は、考え方一つでいくらでもその意味合いが
違ってくるものだ。
自分の年齢を「もう○歳だ」と思うか、それとも「まだ○歳だ」と思うかに
よって全然話が変わってくる。私は常に「私はまだ五十三歳、人生
これからが黄金期」という言葉を口ぐせに、楽しいことしか考えずに
前向きに、感謝の気持ちを忘れず毎日を送っています。
腹筋400回、ダンベル15分

by nozawahitoshi | 2007-06-25 19:18 | Comments(7)

宮古島で出合ったもの その18

宮古島空港のターミナルビル
サシバ(タカ目、タカ科の鳥)をイメージしたそうだ。
サシバは渡り鳥の一種で、日本本土からフィリピンに渡る途中
宮古島諸島(内90%以上が伊良部島)に飛来するそうだ。
c0118393_11104935.jpg

言葉の中で、私がもっとも大切にしているのが「口ぐせ」である。
口ぐせとは何かといえば、言葉の習慣だ。人の意識は言葉によって作られるが、
特に習慣化した言葉、口ぐせは自己像を形成する最大の要因となる。
例えば、いつも不平不満ばかり口にしている人は、絶対に幸せになれない。
不平不満が口ぐせになることで、気づかないうちに「満たされない自分」
という自己像が出来上がっているからだ。
一方、いつも周囲に感謝して、前向きな言葉を口ぐせに出来ている人は、
すぐにでも幸せになれる。
いい言葉、美しい言葉は、そのまま良好な自己像につながっていくものだ。

by nozawahitoshi | 2007-06-24 11:21 | Comments(2)

宮古島で出合ったもの その17

サラサゴンベ
体つきがスマートな小型のゴンベ。ゴンベの仲間は、英語では
ホークフィッシュ(鷹のようなさかな)というが、これはむなびれを
広げて珊瑚の上などに定位する姿が鷹のようだということに
由来するらしい。サラサゴンベは、種小名にファルコン(隼)のようなゴンベ
という意味の名が付いている。
c0118393_13142182.jpg

健康を考える上で、もっとも大切なのは、自分の考え方が健康であることです。
どんなに頑丈な体を持っていても、考え方が不健康であれば、みるみると
衰え、簡単に病気になってしまいます。
反対に、仮に小さな体であっても、考え方さえ健康であれば、心身ともに
人間本来の「快」の状態がキープされます。そして、脳が活性化されたり、
強い免疫力を発揮したりして、いつまでも若々しく健康でいることが
出来るのです。健康とは医学の言葉ではありません。
医学や科学を超えた大きな「思想」こそが、本当の健康なのです。
まずは自分の考え方が正しいか、そして健康的であるかどうかチェック!

by nozawahitoshi | 2007-06-23 13:22 | Comments(2)

宮古島で出合ったもの その16

タテヒダイボウミウシ
どこでもいるウミウシではあるが、この子の名前を言える人は少ない。
c0118393_1963849.jpg

日本人の場合は、80%がサラリーマンといわれている。サラリーマンの
人生の中では、最初のゴールは定年である。定年後の第二の人生の次の
ゴールは死である。そのゴールのテープを笑って切れるか、それとも
失意のうちにゴールにいたるのかは、かなり大きな問題である。
死ぬ時に安らかな気持ちで死ねることは理想だ。笑って死のテープが
切れるような人生を送っていくにはどうしたらいいかということを
考えるべきである。
私は今、いかに死んで見せるかということを常に考えている。
理想は、きっちりカッコよくちゃんと死んで見せたい。
きちんと死ぬことは、人生にとって大事なことだと思う。
腹筋300回、ダンベル20分。汗だく!

by nozawahitoshi | 2007-06-22 19:15 | Comments(4)

宮古島で出合ったもの その15

シンデレラウミウシ
c0118393_1942125.jpg

私は金子みすずさん(大正末期の童謡詩人)のファンだ。
次の詩も、わたしの好きな作品の一つだ。
        「私の髪の」
   私の髪の光るのは、いつも母さま、撫でるから。
   私のお鼻の低いのは、いつも私が鳴らすから。
   私のエプロン白いのは、いつも母さま、洗ふから。
   私のお色の黒いのは、私が煎豆たべるから。
        (金子みすず全集 JULA出版社)
いいことはみんなお母さんのせい。悪いことはみんな自分のせい。
決して他人のせいにしない。その「やさしさ」に心が洗われる。
腹筋300回、ダンベル20分

by nozawahitoshi | 2007-06-21 19:14 | Comments(2)