ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


西表島で見たもの その5

ちゅらおっさんと楽しい仲間
c0118393_18133124.jpg

11月1日より2~3週間の入院のため、ブログはしばしの間お休みとなります。
本来ならば、11月9日から「愛人達と行く夢の宮古島ダイビング&居酒屋巡り」の予定でしたが、あまりのちゅらおっさんの破廉恥で破天荒な行動が神様にばれて、神様はお怒りになり、私の腎臓に、しかも左右両方に結石と言う厄介な代物をお入れになったのでございます。
結石でよかったと思っております。これがもし「癌」だったらと思うと、目の前が真っ暗になっていたことでしょう。
仕事の方は、社長が私のカバーに入ってくれますので助かりますが、膨大な迷惑を会社にかけてしまいます。「退院したら200%働きますので、社長、どうぞ大目に見てやってください」
勿論、デジカメを持参で入院します。退院したら病院ネタブログにご期待ください。
ブログのネタに困っていた時でしたので、「棚からぼた餅」です。
「転んでもただでは起きない」ちゅらおっさんの前向きで明るい入院生活の全貌を
ファンの皆様にお見せいたします。
ただこの間、酒が一滴も飲めないのが一番辛い。これを機会に酒を卒業出来ればいいのだが・・・。

by nozawahitoshi | 2007-10-31 07:02 | 西表島 | Comments(10)

沖縄民謡 その2

登川誠仁
c0118393_19231876.jpg

沖縄民謡入門におすすめなのが、この登川誠仁&知名定夫というCDだ。
登川誠仁といっても知らない人も多いが、一般的には「ナビィの恋」のオジィ役といったほうがわかり易いかもしれない。映画作りの際には、監督が何度も誠仁さんのもとへ通って、誠仁さんが本当に言いそうな言葉でセリフを作ったそうだ。
沖縄のジミー・ヘンドリックスという異名を持つらしい早弾きが得意の誠小(せいぐぁー)さん。
若い頃のCD「青年時代の登川誠仁」に入っている「あっちゃめー小(ぐぁー)」を聞くとスッゲーどうやって弾いてるんだろう、と思ってしまう。

小(ぐぁー)というのは、小さいもの・かわいいものなどに付ける接尾後だ。
みんなから誠小(せいぐぁー)と呼ばれて親しまれている誠仁さんだが、沖縄民謡界の大御所で沖縄県無形文化財技能保持者でもある。
誠小なしでは成り立たない「ナビィの恋」。
ちなみに「ナビィ」とは鍋の沖縄読みで、沖縄オバァの代表的な名前ナベ・カマド・ウシのうちの一つである。

by nozawahitoshi | 2007-10-30 07:12 | 沖縄民謡 | Comments(0)

西表島で見たもの その4

ユニークな看板
c0118393_1849296.jpg

西表のことをこちらでは、いりおもてと言わず、いるもてと言う。
民宿いるもて荘、よく考えるとすごい名前の民宿だ。まるで西表島の代表のような感じだ。ホテル・横浜、札幌第一ホテルを想像してはいけない。なぜなら、ここは西表島なのだから。看板の絵のセンスもなかなかのもの。「この民宿に泊まって、イルカと泳ぎたい」とつねづね思っている方にはぴったりの宿である。
c0118393_18583889.jpg

その横にあった看板と、なんともユニークなシーサー。思わずふきだしてしまった。
そのシーサーの顔たるや、かつてのボクシングチャンピオンの輪島功一にそっくりなのだ。
不思議なことにこの2軒の民宿、一体どこにあるのかまったくわからなかった。

by nozawahitoshi | 2007-10-29 07:19 | 西表島 | Comments(4)

西表島で見たもの その3

船浦のバス停
c0118393_18295317.jpg

民宿ヒナイビーチから歩いて15分のところが船浦の港である。港と言ったって、あなた、なにせ西表島。質素な船着場で、建物もなければ、勿論、売店もない。そのまた勿論、自動販売機すらない。15分間歩いてみたが、人っ子一人通っていない。
ましてや、イリオモテヤマネコをや。何にもないのが大好きな私は、こういった非日常に出会うことに快感を覚えるのだ。
c0118393_18404274.jpg

上を見上げると祖納、白浜の標識が。「白浜って、まさか和歌山の白浜温泉?」って、関西人の90%の人間はひらめくだろう。きっと風光明媚なんだろうな。

by nozawahitoshi | 2007-10-28 07:59 | 西表島 | Comments(2)

石垣島で見たもの その21

石垣島川平湾の公園茶屋
c0118393_10245272.jpg

沖縄本島の南約420Kmに浮かぶ石垣島。
美しい海に囲まれて、島の内部にはサトウキビ畑や牧草地が広がる。そんな石垣島の中でも、川平湾の風景はことのほか美しく、日本百景にも選ばれている。
石垣島を訪れたら外せない場所だ。
さて、そんな川平湾の近くにひっそりと佇んでいたのが、この公園茶屋。なんとまあ、いい雰囲気である。えてして、観光地と言うのは「いかにも・・・」ってなところが多く、その商魂むき出しの状態に幻滅してしまうこともしばしばなのだが、ここは違った。良い意味で裏切ってくれた。快適さだけを求めるのではなく、その土地の雰囲気そのものを味わいたいものだ。

by nozawahitoshi | 2007-10-27 07:21 | 石垣島 | Comments(2)

西表島で見たもの その2

民宿ヒナイビーチ
c0118393_18102652.jpg


ヒナイビーチはとにかく食事が美味しい。フルーツの風味豊かなタンシチュー、薄味の出汁で煮たパパイヤ等、八重山の食材をふんだんに使った料理は疲れた体によくしみる。もとは製糖工場だった築35年の建物は、「うちはボロ家だから」と奥さまが愛情をこめて言うとおり、確かに古い。けれど、その古さが人間くさくていいのだ。近くには蛍が生息する場所があり、夜はとてもキレイ。天の川が見えるスポットなど、物知りなご主人が色々と教えてくれる。
c0118393_18114521.jpg

ヒナイビーチでの最後の朝食。
ここの面白いところは、食事が右肩上がりに美味しくなっていくところだ。だから印象は、「とにかく食事が美味しい」になる。平均すれば普通の民宿の食事だ。
終わりよければ・・・ってやつだ。
c0118393_18182240.jpg

古いけれども小奇麗な部屋。この夜は台風の直撃で停電になった。愛人Tさんは入浴中に停電になったとぼやいていた。

by nozawahitoshi | 2007-10-26 07:05 | 西表島 | Comments(5)

沖縄で見たもの その47

c0118393_1946371.jpg

c0118393_1940052.jpg
砂辺といえば浜屋そば、というほど有名な沖縄そば店だ。
沖縄そばに限らず、食堂一般に言えると思うのだが、初めて食べておいしいと思っても2度3度食べるうちにだんだんおいしく感じなくなる店がある。反対に初めて食べたときは、すごくおいしいというわけではなくても2度3度食べるうちにだんだんおいしくなる店がある。
私にとっては浜屋そばは後者だった。
浜屋そば。塩味の豚骨・かつおだしスープで、麺も程よいコシがあっておいしい。それとソーキの煮方と味付けがなかなか良い。

by nozawahitoshi | 2007-10-25 07:06 | グルメ | Comments(0)

沖縄民謡 その1

嘉手刈林昌
c0118393_19184066.jpg

嘉手刈林昌は沖縄民謡のNO.1の重鎮である。
林昌の歌の世界は、ネーネーズやリンケンバンド、Begin、キロロなどの世界のひと昔前。「ちゅらさん」のオバァ役平良とみさんの雰囲気に近い。惜しいことに嘉手刈林昌さんは亡くなられた。島唄歌手として、長いこと第一人者の地位を得てきた。謡の詞がわかりづらくとも、リズムとメロディーで沖縄がキッチリ伝わってくる。海辺の木陰に腰をおろし、ジィッと海を眺め、肌に風を受ける。この気分が三線の音とともに謡いになっているよう。
 信じ難いが、沖縄では今も民謡が作詞・作曲されている。誠に謡の島!!
林昌さんの言葉「唄は聴くものじゃない。唄うもんだ」 うーん、しびれる!
この方の「海のチンボーラ」は最高。

by nozawahitoshi | 2007-10-24 07:16 | 沖縄民謡 | Comments(2)

西表島で見たもの その1

西表島の「ニライナリゾート」にて
c0118393_17481023.jpg

2004年6月上旬、台風一過のあと「のぶさん」とダイビングし、2万円のワインを飲んでいるところだ。隣がのぶさんで、その後ろがのぶさんの彼女。私の後ろには「ニライナリゾート」のオーナーの松永政己氏がいる。
のぶさんは、埼玉、大宮でイタリア料理店を経営するシェフなのである。
今回のゲストは4人。私の愛人のTさんがこの写真を撮ってくれている。
年齢が近いせいか、のぶさんとは船上で意気投合し、何十年来の友達のようになり、恋人ではないのに「この人とずっと一緒にいて、ずっとお話をしたい」と、危なく勘違いしてしまいそうになったのは紛れもない事実である。
この次の年にのぶさんは彼女とめでたく結婚し、子宝にも恵まれたらしい。
それっきり、音信不通なのである。

by nozawahitoshi | 2007-10-23 07:20 | 西表島 | Comments(6)

沖縄の本 その1

沖縄オバァ烈伝
c0118393_1940443.jpg

この本は、もう有名ですね。TVでドラマ化されている。と言っても、放映されてたのは、関西と沖縄だけだろうか。知らない方に、少しだけ紹介しよう。

あるソバ屋で、オバァが運んできたソバに髪の毛が入っていた。
「オバァ、このソバ、髪の毛が入っているよ」
すると、オバァ、少しも動じることなく
「大丈夫、シャンプーしてきた」

そして、次はなんとハエが入っていたので
「オバァ、今度はハエが入ってるよ、まったく」
するとオバァは
「はっさ、だぁ、箸よこしなさい」と、丼のハエをつまみ上げ
「ホレ、大丈夫、死んでるさぁ」

かくのごとく、沖縄のオバァはどんな状況下でも自分のせいにしない。このストレスを抱え込まない能力が、長寿の秘訣なんだな、これが。

by nozawahitoshi | 2007-10-22 07:24 | 沖縄の本 | Comments(2)