ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
たんすにごんさん、毎度で..
by ちゅらおっさん at 19:05
はま寿司のカキフライ軍艦..
by たんすにごん at 12:44
池D君、ありがとうござい..
by ちゅらおっさん at 11:27
早速のご返答ありがとうご..
by 池Dクン at 14:07
池D君、お久しぶりでござ..
by ちゅらおっさん at 11:57
ご無沙汰しています。長女..
by 池Dクン at 18:18
山田はん、こういうチープ..
by ちゅらおっさん at 12:18
灯台下暗しとは言い得て妙..
by ちゅらおっさん at 19:14
わあおー、待ってましたわ..
by 山田 at 18:57
美味しかったですね!気軽..
by にこぴ at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


「甲子園」の名前の由来は?

c0118393_17275595.jpg

「甲子園球場は大阪にある」、と勘違いしておられる方も少なくない。阪神タイガースが「大阪のチーム」でそのホームグラウンドだからかもしれないが、住所は兵庫県西宮市甲子園町。兵庫県の西宮市のあるのだ。元は鳴尾村と呼ばれており武庫川下流の枝川と言う川だった。阪神電鉄は、これを埋め立てた地に収容人数8万人の本格的な野球場を建設した。大正13年(1924)の8月1日である。今日の隆盛を見ると、先見の明ありといえよう。またこの規模の球場を完成させたからこそ、高校野球の甲子園大会がここで続いてもいるのだ。
さて、球場名をなんとするか。枝川跡球場ではいただけない。
ふと見上げると、六甲山がある。「六甲の甲と、完成した年の干支が子(ね)であったところから二つを重ね合わせて出来た」という説をあげる書がある。一方で、別の資料が「いやいや」と首を縦に振る。「そうではなく、その年が甲子(ひのえね)の年であるところから、甲子園になったのだ」と。さあ、二説に分かれた。あなたはどちらを採りますか?答えは後者である。今年の阪神タイガースは開幕3連勝し、岡田監督の口から白い歯がよく見えた。始めよければ終わりよしでいってもらいたいものだ。

by nozawahitoshi | 2008-03-31 07:30 | ブログ | Comments(4)

非日常への挑戦

中国からの黄砂、スギ花粉の春に(とほほ)なった。啓蟄も過ぎ、長くて寒かった冬から森羅万象が躍動する季節に突入したと言っても過言ではない。洗濯物を干したり、蒲団を干すのにふさわしいお天気で、家にいるのが勿体無く、気がついたら夢遊病者のように外へ出て駅に向かっていた。
c0118393_18583417.jpg

光風台駅の上の橋のフェンス越しから写真を撮った。まさに、谷底にある駅。この橋から飛び降りれば確実にあの世へいける。この18年まだそういう勇気のある人は出ていない。
c0118393_17473639.jpg

千葉県にも同じ名前の駅がある。小湊鉄道線の駅であるが今は随分寂れているらしい。
普段しない行動をとってみようと言う事で、電車に乗り街の花屋さんに行ってみた。
c0118393_17511437.jpg

カランコエ・エンゼルランプという面白い名前だ。598円と言う値段が高いか安いか、それすらわからない。マダガスカルが原産国だそうだが、「朝飯まだがすかる?」っていうジョークを飛ばした事があるが「マダガスカル」ってどこにあって、国か地名かそれすらわからない。慣れない事をするのは「それすらわからない」の連発である。
マダガスカル・ランプと言うよりシャンデリアの方がぴったり来る名前だけど。
c0118393_1759734.jpg

「マーガレット」。これは私でも知っている。アフリカのモロッコ沖のカナリア諸島が原産地らしい。ギリシアの「マルガリ-テ(真珠)」に由来した名前だ。
カクテルの「マルガリータ」もここから来ているのかも知れない。和名は「木春菊」。
集英社の少女マンガ雑誌も「マーガレット」と言うのがある。
c0118393_1852549.jpg

これは「リリアン」と言う名前だが新種か?
北新地のニューハーフクラブ「マダムリリアン」の元経営者にリリアンと言うガラガラ声のおかまのおっさんがいる。本名はなんと笑うなかれ「下左近信吉(しもさこんしんきち)」という。この前坂東英二のラジオで言っていたのを思い出した。
c0118393_18111293.jpg

「アザレア」398円。西洋つつじで花弁の周囲が縮れているのが特徴である。
なんか犬のような雰囲気の花である。

by nozawahitoshi | 2008-03-29 08:55 | ブログ | Comments(6)

王将多田店

c0118393_16181528.jpg

いきなり能勢電車の多田駅が出たが、この駅は兵庫県川西市にあり、多田神社が近くにあるのでそう名付けられた、多田源氏ゆかりの地である。摂津守としてこの地に居城を持ち、多田満中とも称した源満仲が御祭神である。
清和源氏発祥の地であるだけに多数の文化財があり、広さ1万6000坪という神域そのものが国指定の史跡となっている。「源氏」と言えば「源平の合戦」や「源義経」「源頼朝」が広く知られているが、そのルーツがこの多田源氏なのを知らない人がほとんどだ。
今日はその満仲を偲んで昼間から「餃子の王将」多田店にやってきた。
c0118393_16294647.jpg

「いきなりで済みませんが、アサヒスーパードライの大瓶を大至急」が席に着くや否やのいつもの第一声である。「OHSHO」のロゴマークが入ったグラスとキンキンに冷えた633ML入りのやつが来た。
c0118393_1638505.jpg

「源平の合戦」は確か、1180年に源頼朝が挙兵して1185年に壇ノ浦の戦いで平氏が滅亡するまでの戦争だったと記憶にある。
「ドライ戦争」というのもあって、これは1987年にアサヒビールが出した「アサヒスーパードライ」が大ヒットしたことを受け、翌1988年に他のビール会社が次々にドライビール市場に参戦し、販売合戦して結局アサヒが逃げ切った戦であった。
現在はこれが「発泡酒戦争」に変わっている。
また話は戻るが、平氏の滅亡後実権を握った頼朝は「守護・地頭」を設置して「いい国作ろう」と言ったかどうかは知らないが、1192年に征夷大将軍に任じられ鎌倉幕府を開いたと学校で習った。
c0118393_16543680.jpg

鎌倉時代の人々はどんなものを食べていたのだろう、と考えながら餃子とビールを交互にいただく。「バリっ、ジュー、ゴクッ」って感じかな。鎌倉時代の人たちにこの至福の食感は理解出来まい。このしょうむなく美味しい王将の餃子のお陰で1967年に京都の大宮に1号店を出したのが40年後の2007年にはなんと、なんと神奈川の川崎東店で500店舗を達成してしまった。
c0118393_1762852.jpg

「酢豚フェア」をサイモンとガーファンクルの「スカボロフェア」の真似をしてやっていたので酢豚を注文してみる。
この酢豚と言う代物は豚肉を使った広東料理で、九州では酢排骨(スーパイコ)とも呼ばれている。あの問題の最近多い中国では二千年の歴史があり、疲労回復NO.1である酢豚は史上最高のメニューなのだそうだ。豚肉には疲労回復のビタミンB1、酢には有機酸が、緑黄色野菜には抗酸化作用があるのでうなづける。うんうんうん。

by nozawahitoshi | 2008-03-26 07:22 | 中華料理 | Comments(3)

新世界の串カツ

3月20日、春分の日だが天気は最悪で、風はキツイし寒いし、こんな日は出掛けてはいけないのだが、長女が和太鼓のコンサートに出演するというので四天王寺の「一心寺」のシアター倶楽というところへ行った。6時半開演なのでその少し前に新世界で串カツを食べる事にした。
新世界の串カツ屋は2年前までには12店舗だったが、現在は36店舗に増えている。
ちなみに私の学生時代(35年前)には3~4店舗だったと記憶にある。近江屋、だるま、八重勝くらいしか頭に浮かばない。その時のお客は、地下足袋をはいた薄汚いおっちゃんがほとんどで串カツ屋に入るのには「清水の舞台から飛び降りる」くらいの度胸がいった物だった。が、今はというと、そんなおっちゃんの姿は見えず、若いカップル、オバちゃんの3~5人連れ、お嬢さんの2人連れなどが多く、中には団体さんも見受けられる。ボブ・ディランの「時代は変わる」なのである。
c0118393_17483282.jpg

新世界づぼらやの東側にある「横綱」に入る。2006年5月オープンの店である。
3階建てで200人収容という馬鹿でかい串カツ屋だ。
「日本一の串カツ・大阪新世界横綱」の大きな看板がコテコテの大阪を象徴している。
c0118393_1752733.jpg

また、メニューも派手派手で店の前に「ドーン」と立てかけてある。(降参!)
「大ジョッキ生を大至急持ってきて」と入って席に着くや否や言う。
c0118393_17552518.jpg

「むむっつ!なんか濁ってるな」モルツはこんな色なのか。
c0118393_17575461.jpg

串カツといっても、ここでは串にさしてパン粉をつけて油で揚げれば何でも串カツ・・・肉の種類と野菜の種類だけ串カツがあるのである。かに、タコ、まぐろ、エビ、アナゴ、つくね、卵からジャガイモ、かぼちゃ、アスパラ、れんこん、ちくわ・・・と何でもありである。全部で200種類以上もあるとのこと。
いずれにしても、揚げたては旨い。生ビールのつまみには最高である。
c0118393_1833293.jpg

キャベツもタダで食べ放題なのである。ちょっと甘めのソースは「2度漬けお断り」でドカ弁の弁当箱のようなところにたっぷり入っている。いつこれは取り替えるのであろうかと詮索してしまう御仁も多い事と思う。(私だけでしょうか?)
c0118393_1874186.jpg


by nozawahitoshi | 2008-03-23 11:10 | | Comments(4)

桂雀々

桂ざこばの次は義兄弟の弟の桂雀々である。通称「けい・じゃんじゃん」なのである。
昭和35年(1960)に大阪市住吉区で生まれる。昭和52年(1977)に桂枝雀に弟子入り。当時、家庭的に恵まれなかった雀々の枝雀への入門の動機のひとつに「この人ならご飯を食べさせてくれる」というのがあったそうだ。
c0118393_993928.jpg

話し方はもっさり。あほな人物や、呆れる婦人をやらせるとうまい。アクションは若干オーバーなところがあり、師匠枝雀を彷彿させるところがある。礼儀正しい上に、大物・先輩芸能人と絡んでもひるむところがなく、関西ではテレビタレントとしても人気が高い。昨年、やしきたかじんのプロデュースで芸能生活30周年のイベントをやっている。上方落語会では5本の指に入ると私は思っているほどだい好きな落語家である。

by nozawahitoshi | 2008-03-21 07:15 | 落語 | Comments(4)

桂ざこば しり餅・らくだ

1947年生まれの60歳、還暦を迎えている。今やテレビ・ラジオに引っ張りだこの売れっ子タレントであるが、本職は落語家(噺家)である事を若い人たちは知らない。
c0118393_14204226.jpg

昭和38年、中学卒業後に3代目桂米朝に入門。昭和41年に初の独演会を桂朝丸の名前で開き、昭和63年に2代目「ざこば」を襲名する。
桂ざこばには暗い過去がある。小学校2年の時に、両親が離婚し父親に引き取られたが、3ヶ月ほどして父親は電車に飛び込み自殺している。この暗い過去が彼の人間形成にかなり影響を及ぼしていると思われる。
噺のスタイルは「朴訥」、詰まり、セリフ忘れ、ドモリなども頻繁であるが、笑いを取り始めてからの爆発力は相当なものがある。
感情の起伏が激しく、人前で号泣してしまう事もしばしば。また、癇癪もちで番組収録直前や収録中に気に入らない事があると、収録途中でも平気で帰ってしまう悪い癖があるらしい。
大酒のみで、ヘビースモーカー。「学歴コンプレックス」(自分が中卒どまり、桂枝雀が大学に進んでいることなど)。「強い独占欲」(枝雀「兄ちゃん」を桂南光に取られたと思い嫉妬した事など)などの傾向が見られる。
夫人同士が姉妹であるため、桂雀々とは義兄弟である。この雀々もまたざこばと同じような悲しい少年時代を送っている。(両親に捨てられている)。
私はざこば師匠を見ていると、なぜか元気が出てくるのである。
「人間は完璧じゃなくとも充分生きていける」と。

by nozawahitoshi | 2008-03-19 07:11 | 落語 | Comments(0)

桂南光   ちりとてちん・骨つり

今日は天気もよく暖かかったので、散歩がてらにカメラをぶら下げいつもの光風台図書館へ行った。途中の能勢電鉄「光風台」駅の上にかかる橋から「ときわ台」駅に向かうトンネルを写真に収める。
c0118393_1862477.jpg

スギ花粉が飛散する中ぽかぽか陽気で、「春よ、来い」を口ずさみながら図書館までの2キロの距離を歩いた。最近落語にはまっていて、週に1度は落語のCDを2枚図書館で借りている。家でMDに入れなおし、通勤途中に電車の中でMDプレーヤーで聞くのが一つの楽しみとなった。この前なんか、桂ざこばの「らくだ」を初めて電車の中で聞いて、笑いをこらえるのが大変だった。だからこれからは電車の中では何度も聞いたやつでないと危ない。
NHKで「ちりとてちん」の朝ドラが今高視聴率を上げていると言うので、それならばと図書館で「ちりとてちん」を見つけCDを借りた。
c0118393_1822141.jpg

べかこ時代からの十八番ネタで、すき間なく笑いが詰め込まれている。
「ちりとてちん」の命名の由来は、噺の中で桂南光が述べているが、ある説によると「ちりとてちん」の「ちり」は「チリソース」の「チリ」に通じるのだと言うのだ。
たぶん、ヨタな説だと思うが、どちらも辛いものだけに妙に説得力がある。
3代目桂南光は1951年生まれ、うちの社長と同い年である。1970年に2代目桂枝雀に弟子入りをし、3代目桂べかこを経て、1993年に3代目南光を襲名した。
楽屋でシルク姉さんのお尻をさわりまくっているらしいが、そのことを咎められると
「あれは、いわゆるボランタリーちゅうやつですわなあ。誰もシルクのけつさわりまへんやろ。かわいそうやから、わてがしゃあないさかいにさわってまんねん」とがらがら声で言い切るところに、彼の昔取った杵柄のプレイボーイで鳴らした人柄が浮かび上がってくるのである。

by nozawahitoshi | 2008-03-17 07:13 | 落語 | Comments(4)

第3弾 冬の京都の世界遺産を訪ねて 最終回

c0118393_15415022.jpg

有名な「御室桜」は根元から花が咲く。薄紅色の桜は土壌の性質から背が低いのが特徴である。京都では、鼻(花)が低いにかけて不美人の女性の代名詞として知れ渡っている。御室桜は国名勝に指定されている。
「わたしゃお多福 御室の桜 はながひくても 人が好く」という歌があるらしいが、
こんな駄洒落がお似合いの名勝か?
c0118393_15483719.jpg

「仁王門」「中門」の延長線上の最も奥、やや高いところに「金堂」が建てられている。「金堂」は慶長18年(1613)に建てられた。御所の紫宸殿を移築し、寛永の再建時に屋根を葺く材料を桧皮から寺院風の瓦にするなどの改修を加え、完成したものであると言われている。通常「金堂」の内部は公開されていないが、時期によっては特別拝観として公開されることがあるらしい、と仁和寺の係員に聞いた。「金堂」は国宝に指定されている。
c0118393_15554658.jpg

「中門}と「金堂}の間、参道の東側に「五重塔」が建っている。その高さは36mで、寛永21年(1644)の造営とされている。一般的に言って五重塔の屋根の大きさは、上層のものほど小さくなっているが、仁和寺の「五重塔」は各層の屋根の大きさに大差がなく、江戸時代の特徴を示しているという。
竜安寺と違って仁和寺は、同じ拝観料500円ながら見所が豊富である。しかも世界遺産なのである。遅咲きの御室桜の頃はきっと観光客で溢れている事だろう。
帰りのバスから、京福電車の北野白梅町駅が見えた。
c0118393_1654233.jpg

駅名は梅の名所、北野天満宮ゆかりの町名から名付けられた。駅を中心に北側が上白梅町、南側が下、駅から少し西に行くと西白梅町という町名になる。帷子ノ辻(かたびらのつじ)から北野白梅町の路線は北野線という。北野白梅町から東側一帯が着物の街、西陣である。昭和33年(1958)にこの駅は出来て、終着駅に当たる。
c0118393_16145981.jpg

またバスから「左大文字」が見える。鹿苑寺のすぐ北の大北山にあって、鹿苑寺の東の法音寺で護摩木が焚かれ、それを松明に点して山に運ばれる。
大文字は足利義政が病気で死んだ子の義尚(よしひさ)の霊を鎮めるため始めたという説がある。烏丸今出川の北西の角に室町幕府の花御所があったが、そこが大文字の正面になっている。今年の8月16日、夜8時にそこから「五山の送り火」を見物したいとつくづく思った。

by nozawahitoshi | 2008-03-15 13:28 | 古寺巡礼 | Comments(2)

第3弾 冬の京都の世界遺産を訪ねて 仁和寺その2

c0118393_1002545.jpg

「仁王門」をくぐり奥(北側)に進むと、朱塗りの「中門」が建っている。「仁王門」に比べると規模も格段に小さく造りも簡素である。がしかし、この「中門」は重要文化財に指定されている。
c0118393_103483.jpg

これは旧御室御所の入り口になっている大玄関である。大玄関を入るとすぐに白書院があるが、その廊下の東側に南庭があり、右近の橘、左近の桜を配し、白砂を敷き詰めただけの簡素であるが、落ち着いた感じがする。何かに憑かれたのか、じっと座っていたい様な気分である。いきなり雪がサーっと降ってきたかと思うと、日がさしてくる。
あたかも仁和寺の狐に翻弄されていると言った感じがする。「おんあぼきゃべい ろしゃのう まかぼだら まにはんどばじんばらはらばりたや」と真言を唱える。
c0118393_10141225.jpg

白書院は、本来白木の柱を用いたところからこの呼び名があり、非公式の対面所として使用されていた。
c0118393_10161328.jpg

三室の襖絵はすべて松を画材としており、これは昭和12年(1937)、二二六事件の翌年に福永晴帆画伯によりかかれたものだ。まさに壮観、圧巻である!
c0118393_1020524.jpg


by nozawahitoshi | 2008-03-13 07:15 | 古寺巡礼 | Comments(4)

第3弾 冬の京都の世界遺産を訪ねて 仁和寺その1

竜安寺からきぬかけの道をさらに西に歩くと、世界遺産である「仁和寺」がある。
今日は朝から世界遺産の「鹿苑寺・金閣」、「大雲山・竜安寺」と見て周り、世界遺産疲れを(そんな疲れ方あったけ?)体に感じながら最後の力を振り絞って「仁和寺」に向かった。
c0118393_1612334.jpg

仁和寺は仁和2年(886)に創建が着手され、仁和4年に落慶供養されたと伝えられている。宇多天皇が建てたとされる仁和寺で、自ら出家し法王と称したとされているが、これが法王の称号の最初と言われている。
応仁の乱(1467~77)によりすべての伽藍を焼失し、約160年後の寛永11年(1634)に3代将軍家光の援助により、覚深法(かくじんほつ)親王が再興に努め現在の仁和寺の基礎を築いたとされる。このように皇子や皇孫が寺の門跡となった事から、仁和寺は御室御所と呼ばれるようになったと言う。現在、仁和寺は真言宗御室派の総本山である。ちなみに私の家で年に3回お経を唱えて下さるお坊さんはここで修行された方で、吹田の佐井寺から遠路はるばる来てもらっている。
c0118393_1619680.jpg

仁和寺の正門に当たる「仁王門」は徳川家光の寄進により寛永の再興時に建造されたと言われている。
c0118393_1630932.jpg

c0118393_16302664.jpg

「仁王門」という名称は左右に金剛力士を安置している事に由来していると言う。
「仁王」でないところがミソだ。今にも動き出しそうで、下から見上げているので威圧感が倍増している。この「仁王門}は京都の三大門の一つに数えられており(知恩院の山門、南禅寺の山門)、重要文化財に指定されている。

by nozawahitoshi | 2008-03-11 07:10 | 古寺巡礼 | Comments(2)