ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
池D君、ありがとうござい..
by ちゅらおっさん at 11:27
早速のご返答ありがとうご..
by 池Dクン at 14:07
池D君、お久しぶりでござ..
by ちゅらおっさん at 11:57
ご無沙汰しています。長女..
by 池Dクン at 18:18
山田はん、こういうチープ..
by ちゅらおっさん at 12:18
灯台下暗しとは言い得て妙..
by ちゅらおっさん at 19:14
わあおー、待ってましたわ..
by 山田 at 18:57
美味しかったですね!気軽..
by にこぴ at 22:15
山田はん、毎度です。 ..
by nozawahitoshi at 11:04
いかにも神戸元町の中華料..
by 山田 at 14:30
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


長柄の人柱・雉畷(きじなわて)

この碑は地下鉄御堂筋線の東三国駅の近くの住宅地の一角にひっそりと立っている。
c0118393_10562521.jpg
昔の長柄橋(ながらばし・今の淀川にかけられている長柄橋ではない。平安時代の歌枕。その頃はすでに橋はなく、橋げたなどはきりとられて、香木として尊重されたとか・・)は、今の大阪府淀川区東三国にあったようだ。推古天皇の時代、このあたりは三角州のなかにあり、難波の入り江は大小多くの島が点在していた。この頃、道をつなぐ橋は大水の出るたびに押し流されていた。長柄橋の架橋工事を完成させるため、人を生きながらに橋の下に埋めること、つまり、人柱を入れるしかないということになった。吹田の垂水の長者巌氏(いわじ)は、日頃の報恩の精神、慈悲の心を達するために、袴に横つぎのあたっている者、すなわち自分を人柱にすればよいと進言しました。推古天皇治世21年(613年)のことである。
人柱の霊験が現れ、長柄橋の架橋工事は完成した。しかし、河内禁野の徳永氏に嫁いでいた巌氏の娘、照日(てるひ)は、父が人柱となってからは悲哀に沈み、物言わぬ人となった。夫の介抱の功もなく、心を閉ざしてしまう妻を里方に帰すことになる。照日を乗せた一行が長柄橋を通過して垂水の里近くまで進んできたとき、一羽の雉の鳴く声が聞こえた。すかさず夫は弓矢を取り、雉を射止めた。それを輿の中から眺めていた照日は、ものいわじ 父は長柄の人柱 鳴かずば雉も 射られざらまし と歌を詠んだ。夫は妻の心を知り、驚きかつ喜んで、雉をそのほとりに手厚く葬り、妻・照日を伴って河内へそのまま引き返し、仲良くくらしたそうだ。

c0118393_11104622.jpg

この近くで私たち夫婦は22年前、新婚生活をスタートさせた。阪急豊津駅と、北大阪急行江坂駅のちょうど真ん中に位置する。歩いて7分のところだ。雉を葬った場所は雉畷と呼ばれ、上の写真にあるように石碑が建てられている。石碑の横には、老松が茂り、時の流れを感じさせてくれる。

by nozawahitoshi | 2008-04-29 07:42 | ブログ | Comments(0)

あんけらそ 落語「青菜」に出てくる大阪弁

c0118393_8491744.jpg

仕事を終えて帰ろうとした植木屋に、お屋敷の旦那が声をかけてくれた。
「あんた、私のお酒の相手をしてくれるか」
決して嫌いなほうでない植木屋は、恐縮しながらも盃を手にする。よく冷えた「柳蔭(やなぎかげ)」と鯉の洗いで一杯やっていると、旦那が奥さんに、「青菜を持って来なはれ」と注文した。しばらくすると奥さんが旦那の前に両手をついて、
「鞍馬から牛若丸がいでまして、名を九郎判官」それを聞いた旦那が、「義経」と答える。この意味不明のやりとりは夫婦間の「隠し言葉」・・・暗号なのである。
「名を九郎」というのは「菜を食らう」の洒落で、つまりは「菜は食ろうてしまった」という断りの文句なのである。それに答えた旦那の答えの「義経」は「よしよし」の洒落というわけだ。このからくりを教えてもらった植木屋は、夫婦のウイットに感激してしまい、ぜひとも我が家でも真似しようと意気込んで帰宅する。そして、裏長屋の暑苦しい家に帰って、「いま、戻った」と声をかけると、家の中から帰ってきた嫁はんの答えがこれだ。「今時分までどこのたくり歩いてけつかんねん、このアンケラソ!」
上品なウイットとあまりにもかけ離れたせりふではあるまいか。「青菜」という夏の噺である。「アンケラソ」は「アホ」という意味の罵倒語。辞書を見ると「アッケカラン」と親戚の言葉だと書いてあったが、よく解らない。故桂文枝師匠もこの言葉が大好きで、彼の半生記に「あんけら荘夜話」というタイトルをつけたほどだ。
「アンケラソ」というフレーズは単独で使うことは稀で、うえに「なんかしてけつかんねん」とか「しっかりせんかい」という罵倒の言葉がつき、さらに「この」というつなぎの言葉が必ず入ることになっている。
このブログの愛読者も、むかつくことがあったら海に向かって「あんけらそ!」と叫んでみる事をお勧めする。気分がすっきりするか、力が抜けてむかつきが消えるかどっちかだと思うのだが。

by nozawahitoshi | 2008-04-27 16:27 | 落語 | Comments(2)

法然院 春の京都の古寺・名刹・神社仏閣を訪ねて その2

c0118393_1143821.jpg

「哲学の道」から東に折れた閑静なところに法然院はある。東山36峰の一つ善気山の麓に閑寂な雰囲気を残し佇んでいる。通常は、境内は自由に散策できるが、本堂内は非公開だが、4月と11月の1週間ほど特別公開される。石段を上り、参道の道を進む。小さな茅葺の山門が出迎えてくれる。晩秋には紅葉した木々の枝が覆るらしい。
山門をくぐると、両側に白砂壇といわれる白い盛砂がある。水を表す砂壇の間を通るということは、心身を清めて浄域に入ることを意味するそうだが、そんな域までは達しないまま進む。正面に方生池がある。かっては、ここにも白砂盛があり、五つの白砂壇であったが、池の拡張によって、今では二つになったとのことだ。文様は、水を意味する波や渦、或は季節を表す植物などで、4~5日毎に、寺僧が描くとのこと。
特に、本堂北側の中庭には、三銘椿(五色散り椿・貴椿・花笠椿)が整然と植えられている。このように、法然院は、椿が多く、椿をあしらった水桶など、心落ち着かせる。
c0118393_11491293.jpg


by nozawahitoshi | 2008-04-26 07:16 | 古寺巡礼 | Comments(0)

大豊神社 春の京都の古寺・名刹・神社仏閣を訪ねて その1

いわずと知れた哲学の道は、観光シーズンともなると、旅行客が引きも切らず押しかける。ところが不思議なもので、ガイドブックに記されていない横道には、ほとんど足を踏み入れていない。だから哲学の道から2~3分ほど外れたところにある大豊神社は、
未だに幽玄なる雰囲気を漂わせているのだ。今日は「わき道発見の旅」と称してまた京都に足を運んだのである。
c0118393_9585768.jpg

疎水に架かる小さな桜橋を渡り、山に向かって石畳の参道を歩くと、古びた石の鳥居がある。その奥には小さめの本殿がある。すぐ後ろには、東山36峰のうちの椿が峰が迫っている。かつて大豊神社は、この椿が峰をご神体にしていたと言う事だ。いにしえの日本の神社は、山自体をご神体としていたから、ここには古式ゆかしい神社の原型が残っているのである。
上の写真を見て解るだろうか。本殿右脇の大黒社は、阿吽(あうん)の狛鼠に守られている。野火に遭った大黒を鼠が助けたという神話から、珍しい狛鼠が誕生した。
学問を象徴する巻物と、長寿を意味するお神酒(おみき)を抱えている。
c0118393_1014235.jpg

右は日吉社(大津市の日吉神社)の使いで謡曲三番叟(さんばそう)を踊る猿と、
左は愛宕社(上嵯峨の愛宕山にある神社。防火の守護神)の使いである鳶。
本社まで行かなくてもここで拝めばご利益があるというものだ。
鬱蒼とした鎮守の森の中。不可思議な生命力に満ちた神々しい境内を歩くと、汚れきった世間を忘れ、自分の新たな面を発見しそうな気にもなってくる。
狛犬ならぬ狛鼠、猿、鳶などを見ていると、愛嬌があって心も目もなごんでくるのである。こういう京都人も知らないところを見て歩くのが、京都通の通たるゆえんである。

by nozawahitoshi | 2008-04-24 07:16 | 古寺巡礼 | Comments(4)

休みの日には「非日常」を!

4月20日、日曜日、10年振りくらいに家内と長女、三女のやっている活動の一環である篠笛や太鼓のフェスティバルに行ってきた。正式には「第7回 北摂太鼓集団フェスティバル」という。豊能町立ユーベルホールと言う会場で午後1時半から入場無料で開催された。この文化ホールの愛称を、町民をはじめ広くの庶民から親しまれる事を願って、愛称を募集したら、豊能町民を中心に仙台・東京・福岡など広く31市町から
1105通の応募があり、その中から審査員会においてユーベルホールと言う名前が決まったそうだ。
ユーベルの意味は、ドイツ語で歓呼、歓喜、万歳の叫びだそうだ。席数が505あって、まあまあの広さである。15年前に完成したが建物はまあまあきれいである。
c0118393_18402812.jpg

前列、左で締め太鼓を叩いているのがこの道11年の長女「伊織」(20歳)である。太鼓集団「童夢(どうむ)」のリーダーである。一緒に始めたメンバーは全員やめてしまって、彼女一人になったが、後継者の指導に余念がない。
c0118393_18461144.jpg

大人の真ん中で頑張って長胴太鼓を叩いているのが、三女「梓」(9歳)である。
この道4年の駆け出しだが、太鼓に燃える執念は並大抵のもではない。
ここで、太鼓集団「童夢」の説明をしておこう。
日本の伝統文化である和太鼓の響きを心と身体で感じるとともに、和太鼓を通して子供達が年齢・地域を越えて仲間づくりをしようと1997年に結成された。最初は趣味で太鼓をやられていた東能勢小学校の三島先生の教から始まり、2000年4月より、
太鼓のプロである「一打一管」の神奈川馬匠先生のご指導のもと、子供達の自己実現と、心の開放を目的とする活動をするようになった。
産経新聞社主催「サンケイホール50周年記念事業」に出演するなど、年間20回を越える演奏機会があり、その経験が子供達の心の成長に繋がるのは言うまでもない。

和太鼓、それは日本人の心の響きである。祭りの太鼓の響きに心躍らせた経験は、誰もが持っていると思う。近年、その太鼓が見直され、身近なところで太鼓に触れる機会も多くなってきた。子供の情操教育には太鼓が一番だと思うのは私一人では決してあるまい。私の子供達には一生太鼓を叩き続けてもらいたいものだ。

by nozawahitoshi | 2008-04-22 07:11 | ブログ | Comments(2)

大阪名物くいだおれ

c0118393_17371020.jpg

 くいだおれ人形で有名な大阪・ミナミの老舗料理店「大阪名物くいだおれ」(大阪市中央区道頓堀1)が7月8日で閉店することになった。1949年の創業。閉店後の跡地利用やくいだおれ人形の取り扱いなどについては決まっていない。店側は「建物の老朽化」や「周辺環境・時代の変化」などを閉店の理由に挙げており、経営状態の悪化も影響しているとみられる。
 くいだおれは、創業者の山田六郎氏(故人)が終戦間もなく「食堂で復興を」と焼け野原だった大阪・道頓堀で開業した。「大阪がくいだおれの街になるように」と店名を決めたという。50年には、ピエロの人形にちんどん屋の鳴り物を持たせ、電気仕掛けで動くようにした、くいだおれ人形が登場。阪神タイガースの法被やサッカー日本代表のユニホームなど時代を象徴する衣装を身につけ、「くいだおれ太郎」として親しまれている。
私自身この店の前は何度も通ったし、くいだおれ人形も何度も見ているが一度も入った事がない。理由は、ただ不味そう、高そうなのだ。大阪に観光に来る人が間違って入っているんだろうなあ、としか考えられない。私の知っている関西人からはくいだおれへ食べに行ったということを聞いたことがない。
くいだおれ人形という看板だけを頼りに、企業努力を怠ったせいであろうと思う。
くいだおれ人形と一緒に写真をとる人はいても、店の中に入らなかったら意味ないじゃんと思う。
私ならくいだおれ人形を店の中に入れて、店に入った人だけが一緒に写真を取れるとか、飲食された方には1000円以上でくいだおれ人形のキーホルダー、2000円以上でストラップをもれなく差し上げる、そんなサービスを思いつくのだが。
それとも中途半端な料理を出すのではなく、コテコテの大阪のたこ焼き、お好み焼き、
串カツなどの専門店にしたら万人受けするのではないかないかの道頓堀よ。
それとも7月8日が来たら、「ご好評によりあと1年、営業を延長させていただきます」って言い出すのは大阪人の常套手段やけどなあ。
 

by nozawahitoshi | 2008-04-20 09:48 | グルメ | Comments(4)

宮古島の居酒屋

宮古島は居酒屋の「メッカ」である。ここ西里通り(イーザト)にもたくさんの居酒屋が軒を連ねている。
c0118393_18471620.jpg

宮古島は酒飲み人口密度が高いので、石を投げたらまず居酒屋に当たるといっても過言ではない(ちょっと言い過ぎた)。バー、ラウンジ、民謡酒場と何でもありで、営業時間も朝までやっている店もあるとか。
私にとって宮古島は1年ぶりなので、新規オープンの居酒屋もあることだろう。「とりあえず」と惰性で居酒屋に入るのではなく、徹底的に労を惜しまず、あの手この手を使って「良い居酒屋」を探し当て、美味しい酒とあてにありつこうではないか、というのが今年の抱負である。
宮古島居酒屋ランキングなるものをブログで発表したいとかねがね思っている。今回はそのネタ集めでもあるのだ。
c0118393_18565836.jpg

去年6月に2時間半、飲み食べ放題1980円の居酒屋にダイビング終了後に5~6人で行った時、初めて千葉のHさんと飲んでびっくらこいた。私は自他共に認める大酒のみであるが、Hさんは私の比ではなかった。
大ジョッキ生ビールを手に持ち乾杯するや否や「グビ、グビグビ、グビグビグビ、グビ、プハー」とあっという間の一刹那で飲み干したのであった。こんな女性、私の53年の人生の中で一度も見た事がない。世間ではよく「いい飲みっぷり」というが、まさにそれを指す。「あっぱれシール」を5枚あげたい人なのだ。今年もHさんは大ジョッキ10杯は軽くいくであろうといまから期待している。
c0118393_19101214.jpg


by nozawahitoshi | 2008-04-17 07:19 | 宮古島 | Comments(6)

第44回川西市源氏まつり

ちょっと前から友達のKさんから誘われていた「源氏まつり」が多田であるので昼過ぎに家を出て、能勢電車に乗って「非日常」を味わおうと平野駅に降り立った。18年も能勢電車を利用しているのに、平野駅は初めてだった。これだけでも「非日常」を味わった事になる。Kさんが車で待っていて、彼の家まで乗せて行ってくれた。彼の家から会場まではすぐのところだった。
c0118393_1736425.jpg

今から千年余り前、第五十六代清和天皇の曾孫に当たる「源義仲」公は、川西の多田盆地に移り住み、元禄元年(970)に多田院(現在の多田神社)を創建し、清和源氏の礎を築いた。
後世、鎌倉幕府を開いた源頼朝や全国に名を馳せた源氏武将達は、すべてこの満仲公の子孫であり、市内には、多田神社をはじめ満願寺、頼光寺、小重寺など源氏ゆかりの社寺が数多く点在する。
鎧兜に身を固めた源氏ゆかりの武将や馬上の巴御前、姫君、少年少女武者などが、絢爛な時代絵巻を繰り広げる懐古行列は「非日常」をたっぷり味わわせてくれた。
c0118393_1751717.jpg

今年の特別ゲストは俳優の今井雅之氏で、馬上の武者にはぴったりのはまり役であった。まわりからあまり拍手が無かったのは意外だったし、彼もショックだった事だろう。
c0118393_1757650.jpg

そのほか、鬼が沢山いて小さい子がその恐さに泣き喚いていたのも印象的だった。
実は私も鬼が嫌いで、本当に泣きそうになった。(ウソだぴょーん)

by nozawahitoshi | 2008-04-15 07:17 | ブログ | Comments(2)

おめでとう、金本2000本!

c0118393_1811262.jpg

阪神の金本知憲外野手は(40)は12日、横浜スタジアムで行われた横浜5回戦の七回に寺原から右前打を放ち、史上37人目の通算2000安打を達成した。
 通算2000安打は昨年9月に広島の前田が達成して以来で、阪神では山内一弘、藤田平に続く3人目。金本は広島時代、1993年8月8日のヤクルト戦で山田から初安打。プロ17年目の記録達成となった。
この日は岩田、渡辺、久保田、藤川の投手陣が投げ、6対3での勝ちゲームになった。
新井の通算1000安打もあり、阪神ファンはまさに「盆と正月」が一緒に来たような気分で、今夜も美酒に酔いしれる事だろう。「こういう場合の酒はやはりビールか発泡酒かホッピーでしょうな」と50年間阪神を応援し続けてきたちゅらおっさんは熱く語ったのであった。「これで安心して宮古島で美味しく酒が飲めるっちゅうもんですよ」と続けた。

by nozawahitoshi | 2008-04-13 08:04 | ブログ | Comments(5)

宮古島でダイビング

6月13日から3泊4日で3度目の「愛人達と行く宮古島ダイビング&居酒屋めぐり」が先日決定した。現在のところ参加が決定している愛人は千葉のHさん、大阪のOさん、Iさんの3人だ。Hさんは去年宮古島でゲットし、Iさんは5年前サイパンで、Oさんは6年前沖縄本島の本部と言うところでゲットした。
c0118393_918124.jpg

ダイビングに行く先々で愛人をゲットし、その愛人と次に言ったところでまた別の新しい愛人をゲットすると言う事が続いてもう6年にもなる。
愛人は日本全国に18人と、うようよいる。(去って行った愛人もいるが・・・)
「非日常」「新陳代謝」「美味しくお酒を飲む」と、この3つが今回の目的である。
今年も6ダイブの予定だが、まだ見ぬスポットを開拓し、地形に感動し、めあたらしいウミウシや魚との出会いを求めて期待は高まるばかりだ。
c0118393_926813.jpg


by nozawahitoshi | 2008-04-12 12:54 | ダイビング | Comments(2)