ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


生パスタの店 モルトボーノ池田店

c0118393_14123080.jpg

住所 大阪府池田市鉢塚3-15-2 電話072-763-3385
営業時間11:00~23:00オーダーストップ 席数32
姪の結婚式に行った後、野澤家が久しぶりに全員揃っているので、長女伊織が永年アルバイトしているお店に彼女のおごりで連れて行ってくれた。右から長女伊織、三女梓、
次女晴菜。
c0118393_14201391.jpg

キリン一番絞り(410円)でカンパーイ。キリンなんて久しぶりだ。
この店の名前モルトボーノはイタリア語で「とても美味しい」の意味である。
c0118393_14232320.jpg

フレッシュサラダ。店員がお客の見ている前でサラダとドレッシングを器に入れて、
シェークするというパフォーマンスが繰り広げられた。
c0118393_14265140.jpg

ソーセージ三種盛り(680円)。ビールのつまみに私はチョリソーが好きだ。
c0118393_1428697.jpg

アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ(900円)
オリーブオイルでニンニクと赤唐辛子を炒め、パスタのゆで汁で乳化させてパスタに絡めたもの。シンプルだけに極めるのは困難である。パスタ料理の基本中の基本。
アーリオ(Aglio)とはニンニク、オーリオ(Olio)とはオイル、つまりオリーブオイルのことである。ぺペロンチーノとはイタリア語で唐辛子のこと。
生まれて初めて生パスタなるものを食した。生パスタイコール生麺なのだ。
これはイタリアでは当たり前のことで、特にイタリア北部では、家庭に1台はパスタマシンがあるといわれている。乾燥パスタが普及している今日にもかかわらず、大事なお客様やパーティの時などには生パスタでもてなし、レストランでもこだわりの店では必ず生パスタを使用しているそうだ。アーリオ・オーリオは最初の一口はたまらなく辛いが、二口目から辛さが不思議と消える。生麺のしこしこさがたまらない。
c0118393_1443264.jpg

たらこスパゲッティ(870円)
海老の身がプリプリで出来立て熱々がとても美味しい。
c0118393_1449531.jpg

海の幸のたっぷり入ったジェノベーゼ(945円)
バジルといくらと海老、イカが何ともジェノバ風。初めての食感と味。これも美味い。
c0118393_14524783.jpg

マルゲリータ(800円)
トマトソース、バジル、モッツアレラチーズでイタリア国旗の赤・緑・白に見立てたピザ。マルゲリータとは高貴なお姫様の名前で、19世紀にイタリアで一番のピザ職人に「私だけのピザを作って」と金と権力に物言わせて作らせたので有名だ。誰か「マルガリーノ・チュラオッサン」というピザを作ってくれませんかねー。(笑)
c0118393_1583112.jpg

野菜たっぷりサーモン(?円)
ビールを2杯飲んでサクッと1時間でイタリアパーティはお開きとなった。
また今日も「非日常」を味わった。「あ~あ、楽しかった」

by nozawahitoshi | 2008-07-25 07:15 | イタリアン | Comments(4)

姪の結婚式

7月の3連休の中日、20日に姪の結婚式が神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて催されたので野澤家全員(6名)参列した。この日の最高気温は36度をオーバーした。
c0118393_9495372.jpg

チャペルで結婚式を挙げて出て来たところを、花を投げられ祝福される新婚ホヤホヤの2人。これから「花も嵐も踏み越えて~♪」の人生がまさに始まろうとしている。
披露宴は12時から「海王の間」で催された。
c0118393_956556.jpg

今までだったら席に名札が置いてあり、そこに座るのが定番だったが、ワインに名前が印字されていたのには驚いた。
c0118393_1001983.jpg

ズワイガニと完熟トマトのミルフィーユ・ガーデンサラダ添え 美味!ミルフィーユって言うから、お菓子かなと思ったが立派なおかずであった。
c0118393_1029251.jpg

アサリのクリームスープ、パイ包み焼き パイをばりっとスプーンでバイオレンスに破る快感がたまらない。耐熱容器にアサリのスープを入れて、パイ生地を乗せ200度の熱でオーブンするので、やけどに要注意。
c0118393_10331360.jpg

姫鯛のポアレ・ソーストリコロール、ホワイトリゾットとともに
旬の魚料理でフレンチの定番である。あっさりとした白身魚は噛めば噛むほどいい味が出る。さすがは魚の王様、姫鯛はこの時期、香川県で上がるのが最も美味い。
c0118393_10375064.jpg

国産黒毛和牛フィレ肉のグリエ 2色のソースで彩り野菜を添えて
グリルパンを熱し、肉をグリルするからグリエと言う。綺麗に焼くには、グリルパンの溝に対して斜めに肉を乗せる。そんで強火で焼き色をつけ、さらに格子状になるように90度回転させて焼き目をつける。柔らかいお肉でソースもとっても上品な味。
神戸と言えば但馬牛で有名なのでたぶんそのお肉なのだろう。あまり美味しそうなので、写真を撮る前に食べちゃった。「ブログ、どうすんねん!」
c0118393_10495980.jpg

ビール業界3位にのし上がってきたサントリー。この娘も今年22歳になる。
「神戸で京都工場で作られたモルツをいただく、それも手酌で」「うーん、この味は紛れもなく天王山の水系のものだ」と独り言をはいていると、
c0118393_10554948.jpg

「き、来たー!キャンドルサービスが」新郎の英介君の身長は185センチ、ラガーマン、JR西日本に勤務、イケメンで言う事なし。幸せいっぱいのカップルである。
c0118393_113221.jpg

てなわけで、智圭ちゃん、英介君このたびはご結婚おめでとう!!

by nozawahitoshi | 2008-07-23 07:20 | ブログ | Comments(4)

宮古島の居酒屋「ちゃんてぃん」

c0118393_17361237.jpg

「いい加減な生き方」これが人生を充実させる妙薬だと言うと、無責任に聞こえる。
「あいつはいい加減なヤツだ」
「いつまで飲んだくれているんだ、いい加減にしろ」
どうも「いい加減」はいい意味にとられることが少ない。本当は、「いい加減」は、文字通り「ちょうどいい」「いいあんばいだ」「ピッタリ」のイメージが正しいのだと思う。
「湯加減はどうですか?」「いい加減です」。
「ビールは冷えていますか?」「いい加減に冷えてます」。
「いい加減」のどこが悪いのだと言いたくなる。寂しさに落ち込む必要もないし、そうかといって、ウハウハ有頂天になって自由を謳歌しすぎるのもどうかと思う。
「カニは自分の甲羅に似せて穴を掘る」のたとえのように、自分らしい生き方、無理をしない生き方、ちょうど「湯加減のいい」生き方があるはずだ。世間体を気にしたり、
見栄を張ったりする必要はない。ましてや、いい年なのに、若いふりをして張り切ることもない。
「自分流の自然体の生き方」、つまり「いい加減」の生き方を楽しもうではないか。
c0118393_17494380.jpg

宮古島の居酒屋「ちゃんてぃん」で、江戸川区のMさんとツーショット。

by nozawahitoshi | 2008-07-21 08:36 | 宮古島 | Comments(4)

小説「芋粥」を読んで

c0118393_18195122.jpg

芥川龍之介の短編小説「芋粥」は、王朝時代の物語である。
都に五位の侍という、その頃の下級官史が住んでいた。当時、都の食糧事情が悪く、この五位の侍は、いつか芋粥を腹いっぱい食べてみたいと思っていた。
ある日、それを聞いた越前の豪族が、「余がご馳走してやろう、一度、越前にまいられよ」と招待してくれた。五位の侍は喜んで参上した。一夜明けると、朝から騒がしい。なんと、芋俵が近在の農夫たちによって続々と運ばれているのだ。
やがて昼食になり、何杯も何杯も、腹いっぱいになるまで「芋粥」を食べさせられた。
夜も同じく、数日間、毎日毎日「芋粥」を食べさせられた。
そして再び都に戻ったが、五位の侍の胸の内には、何か虚しい気持ちが残るだけだった・・・。こんな内容である。
私たちだって、おいしいものばかりを食べさせられたらうんざりする。理想や夢はそれを達成した時に無となり、また別の理想が現れる。生き甲斐もそれと同じだ。
はじめから大きな生き甲斐を持つのも結構だが、小さな生き甲斐を一つひとつ達成して多くの喜びを得るのも、生き方の知恵ではないだろうか。
45年ぶりに「芋粥」を再び読んでそう思った。

by nozawahitoshi | 2008-07-17 07:22 | 読書 | Comments(2)

居酒屋「のりを」その2

もつ鍋が煮えるまで少々時間がかかるので、ええあてはないものかとメニューを見ているとこやつが目に飛び込んできた。
c0118393_11275363.jpg

のりをの豚平焼き(290円)。「ハナミノカサゴ」に見えるがそうではない。で、でかっ!25センチはあるだろうか。え?これで290円、うそー、安うー。豚ばら肉を卵焼きで包み、ソース、マヨネーズがかけてある。下に敷いてあるキャベツの千切りと一緒にほおばると、何ともいえない甘さが口の中いっぱいに広がる。「ビールによう合う、ええあてや」と私。「こんなに大きいんやったんや」とカズちゃん。バリボリ、ゴクンゴクン、プハー!
c0118393_11374298.jpg

カズちゃんが発注したゴーヤーチャンプルー(290円)
普通,居酒屋ではこの料理は500~700円するものだが、なんと290円と企業努力、しかもめっちゃ努力しているのがわかる。食べてもっとびっくり。豆腐がすごくコクがあって美味しいし、熱々なのだ。たぶんこの味は「男前豆腐」に違いない。
c0118393_11445794.jpg

ぐつぐつとええ感じにもつ鍋が出来上がって来、ええ匂いが漂って来て食べごろになった時にヒロエちゃんが30分遅れでやってきた。「ゴメン、えらい迷ってん」
c0118393_1149718.jpg

ヒロエちゃんはまったくアルコールが飲めない人なので、
ライチパイン(290円)を発注し、「お疲れさーん♪、カンパーイ」っと。今回の飲み会、全部で11人誘ったが忙しい人が大半で断られ、最終的にこじんまりと3人という私にとっては両手に華というよくあるパターンになった。4人集まれば話題が2つに分かれる事があるが、
3人だとそれはない。だからじっくり会話に夢中になれるというものだ。
だから今回は「山本モナの品格」「結婚しても大丈夫な人、そうでない人」「哲学者
パスカルの妹の大やけど」「西表島のやっさん」など真面目な話が盛りだくさんで楽しい宴になった。
c0118393_1212284.jpg

名古屋名物手羽先から揚げ(290円) 甘めのタレが特徴である。皮がバリバリで
食べだしたら止まらないし、これがまたビールに良く合う。「むっさ旨いやん」
c0118393_12145687.jpg

ヒロエちゃんが発注したフワフワ出し巻き(290円)
大根おろしを上にのせていただこう。「うーん、初恋のツルゲーネフ!」と私。
わけの解らない事を口走ってきたら、いよいよ酔ってきた証拠なのだ。
c0118393_12203385.jpg

もつ鍋のトッピング、野菜セットと厚揚げを追加してぶち込む。それにしてもこのもつ鍋ははまりそう。あてなしでこれだけでも十分いけそうだ。
c0118393_1224403.jpg

ジントニック(290円)酔っ払ってカメラを持つ手が・・・。
氷を入れたタンブラーにジンを注ぎ、冷やしたトニックウオーターを満たすだけで簡単に作れる。これでスッキリさわやか、そして驚くほど美味いカクテルが出来上がるから不思議。学生時代はこれにはまり、毎晩1本は空けていたのを想い出した。
トニックウオーターは、キニーネ(キナの樹脂のエキス)を配合した無色の炭酸飲料。
熱帯にあるイギリスの植民地で、マラリア除けなどの保険飲料として飲まれていたものだ。イギリス人が、これにジンを入れてみたところ、実に口当たりがいいカクテルが出来上がったというわけだ。絞ったライムを入れると格段に美味くなるのである。
カズちゃんは奄美大島の焼酎「れんと」のロックを3杯と生ビール2杯。
私はジントニック4杯と生ビール3杯。ヒロエちゃんはライチパイン、マンゴージュース1杯とゆずソーダ1杯。18時から21時半までの3時間半、あ~あ、楽しかった。

by nozawahitoshi | 2008-07-15 07:26 | 居酒屋 | Comments(6)

居酒屋「のりを」その1

住所・大阪市中央区谷町1-4-2 大阪オルガンビルB1 TEL06-6949-0807
営業平日17:00~02:00 土日祝17:00~24:00
地下鉄谷町線天満橋駅4番出口 徒歩1分
c0118393_18214560.jpg

梅雨明け宣言まであとわずかという、7月11日金曜日の18:00にダイビング仲間のカズちゃんと4番出口で待ち合わせ。もう一人来るヒロエちゃんは30分遅れで直みせへ。
c0118393_18265899.jpg

暮れなずむ街の哀愁を帯びた右に見えるビルが、大阪合同庁舎である。ここは大阪の「へそ」である谷町1丁目の交差点である。「へーそー」って誰か言った?
c0118393_18314675.jpg

仕事帰りの満面の笑みをたたえたオッちゃんが写っているがただの通りすがりである。
店の前には「290円均一」の電飾看板がこういった仕事帰りのオッちゃんに「安いで、来てや、旨いで!」と囁いているように見える。
平日限定、夕方5時から7時まで生中ジョッキ・酎ハイ・焼酎それから・ソフトドリンクなどが飲み放題でワンコインである。
c0118393_184228100.jpg

サントリーモルツ中ジョッキ(290円)で「おつかれさまー、乾杯!」サントリーモルツは、私のビールランキングでは2位。1位はモチロン、アサヒスーパードライなのである。21年間で25mプール一杯は飲んでいるだろう。
サントリーモルツは麦芽100%のビールで、1986年発売当初よりとうもろこし・米・コーンスターチ・大麦等の副原料のない麦芽100%のビールとして人気を博しているが、翌年アサヒビールの「スーパードライ」の大ヒットで陰にかくれたかたちになったが、品質の良さを謳い続けいまなおファンが愛飲、継飲しているわけである。
その大きな理由は「天然水」にある。赤城山系の利根川工場、丹沢山系の武蔵野工場、
天王山・京都西山水系の京都工場、南阿蘇外輪山水系の九州熊本工場と、4つの生産工場ごとに使用する水の水系も分かれているので、各工場で生産されたモルツには、それぞれの味の差があって面白い。今飲んでいるのは、京都工場のものだ。味が「はんなり」している。爽快な後口は、二条大麦を使っているからだろう。
c0118393_1912989.jpg

お通しの「鳥モモあぶりマヨネーズかけ」。ん、いける、いける。
c0118393_1933272.jpg

何事も「非日常」というわけで、生まれて初めて「もつ鍋」に挑戦してみることに。
2人前からの注文でないと出てこないので、カズちゃんに「ええやろ」と同意を得てやって来たのが、この「激辛激旨もつ鍋」(1人前980円)であった。
c0118393_11231555.jpg

野菜たちが煮えてきてかさが低くなったらこれらの「もつ」をぶち込むわけである。
もつ鍋のルーツは博多にある。終戦後間もない頃に、ホルモンがアルミ鍋で炊かれていた事がルーツだと言われている。1960年頃には一般に鉄鍋ですき焼き風に食べられるようになった。高タンパク、低カロリーでビタミンを多く含む栄養が豊富な料理で、野菜をメインに食す為の料理であり、ホルモンはあくまで野菜のサポート役でしかない。
この日のもつ鍋の中身は、ホルモン、ハツ、ハチノス、赤センマイ、キャベツ、もやし、たまねぎ、ニラ、厚揚げ、そば玉で、ちくわ(200円)、ソーセージ(290円)、豆腐(200円)、野菜セット(290円)などいろいろトッピングが可能。
この旨辛もつ鍋は一度食すと病み付きになるらしいが、本当だろうか。 続く。

by nozawahitoshi | 2008-07-13 16:38 | 居酒屋 | Comments(10)

3日目 宮古島の居酒屋「二枚屋」その2

店の入り口にある泡盛飲み放題コーナーでは、宮古島ならではの多良川、宮の華、
菊の露の大きな甕が印象的で、お客が勝手に好きなように調合するようになっている。
c0118393_1095648.jpg

こういうのって、個人的には大好きである。生ビール、サワーなどはお店の人を呼んで、中でつくってもらう。そのお店の人の顔が、超・恐ろしかった。
c0118393_10142222.jpg

全員で様々な飲み物が入ったグラスで「お疲れーライス」と、乾杯。ガチガチガチとガラスの当たる音。それも11人がやるのだから、かなり強烈な破壊音で、一つくらいは割れたかなっと勘違いするほどであった。
「お疲れーライス」は京都のHさんが、このダイビングのいたるところで連発していた、悲しくも苛立たしいギャグである。和歌山のFさんが、それを聞くたびに烈火のごとく怒っていたのが印象深かった。
c0118393_10205288.jpg

11人もいるので、話題は当然「百花繚乱」でばらばらであった。
c0118393_10225135.jpg

男性4名、女性7名(そのうち3名は私の愛人)、見知らぬ貴方と見知らぬ貴女が、
宮古島の居酒屋で飲みデートするのである。(これを今時は合コンと呼ぶらしい)
若き独身が9名いるので、恋に落ちた人も何名かはいたに違いない。
c0118393_10275016.jpg

当然話題も、お子ちゃまのから大人の男女の濃厚なの?まであったに違いない。
2時間半はあっという間だった。人間楽しい事をしていると、時間と言うものはものすごい速さで過ぎていくものである。またその逆も然りである。
c0118393_1032471.jpg

21時でお開きとなり、店の前で記念の集合写真を撮り、11名は2次会へと突入するのであった。
食べ放題飲み放題専門店「二枚屋」 平良字西里303 電話0980-73-3680
営業時間 17:00~24:00(予約12:00~)無休

by nozawahitoshi | 2008-07-10 07:08 | 宮古島 | Comments(4)

一生付き合える友達を多く持ちたい

友達は「財産」である。お金で買うわけにはいかない。
誰もが学生時代から、あるいは仕事を通じて知り合った、仲の良い、心友・親友・真友・畏友と呼ぶ友達がいるはずだ。単なる遊び友達と違って、こういう友達は数が少ない。
神戸大学教授などを勤めた人生学の師・森信三氏は、友達の中でも畏友についてこう述べている。
「畏友と呼びうる友を持つことは、人生の至楽の一つであると言ってよいだろう。つまり、畏友とは、自分が常に及び難しとの考えを抱いている親友であるから」
その親しい友、尊敬する友も、年を重ねるにつれて、一人欠け、二人欠けて、その数が減っていく。補充したくても一朝一夕にはつくれるものではない。
c0118393_16565192.jpg

その点、いわゆる遊び友達、趣味の仲間、茶飲み友達は、年を重ねても心掛けによっては増やすことが可能だ。せめて遊び友達でもいれば、老後の人生は豊かに楽しく暮らす事ができるというものだ。
「人貧乏」とは聞きなれない言葉だが、世の中には、へそ曲がりだったり、自分の殻に閉じこもったりで、友達が出来ない人がいる。そんな「人貧乏」にだけはなりたくないと、この頃つくづく思うのである。
写真は空想の畏友、伊達公子さんである。

by nozawahitoshi | 2008-07-08 07:14 | ブログ | Comments(6)

3日目 宮古島の居酒屋「二枚屋」 その1

宮古地方は梅雨だというのに、雨とは無縁のダイビングを2日間飽くほど満喫し、
いよいよ今晩が宮古島の居酒屋の締めくくりとなる。
ホテルに戻ってお風呂に入ったあと、その残り湯でウェットスーツ・器材などを洗い、バスルームに干して乾かす。次にバスタブのお湯を抜いて、今度は水をはり、カメラの入ったハウジング(耐圧防水写真機保護ケース?)、外付けライト、ダイビング・コンピューターをそこに入れ塩抜きをする。塩抜きが終わったら、ベッドの上にバスタオルを敷きそれらを乾かす。結構やる事がいっぱいあって、気がつくと全身汗まみれだ。
よく考えるとエアコンを入れてなかったのである。この時期宮古島の温度は30度、で湿度も高い。コンビニやスーパーに行くと、これでもかというくらいエアコンをきつくしている。中で働いている従業員は冷え性にならないのだろうかと、つい老婆心が出てしまう。
c0118393_9155875.jpg

最終日の居酒屋のまず1軒は、今回2回も断られている「二枚屋」へ。ショップの柳瀬さんが予約を入れてくれていた。いつもそうだが、最終日はボートに乗り合わせたゲスト全員にショップの人が声をかけて、居酒屋に誘ってくれる。
ショップの2名、ちゅらおっさんチーム6名、3人で来ていた奈良のNさん、埼玉のSさん、板橋区のKさん、1人で来ていた江戸川区のMさんの総勢11名が、ワッサワッサと
全席数35の「二枚屋」に押しかける。店の三分の一が占領された事になる。
「2000円ポッキリ!2時間半食べ飲み放題」である。飲み放題はオリオン生ビール、地元有名泡盛、サワーなど。
c0118393_9274759.jpg

店の奥には食べ放題の食材が大皿に盛られてスタンバイ?している。
c0118393_9311156.jpg

京都のHさんの大好物のゴーヤーチャンプルー。
c0118393_932822.jpg

沖縄の人が台風になったら食べると言う、ソーミンチャンプルー。
c0118393_933717.jpg

揚げ物のコーナー。
c0118393_9334397.jpg

枝豆とサラダのコーナー。
美味しい新鮮なお刺身三種もあったが、ピンボケにて掲載出来ず。
「一目あったその日から、恋の花咲くこともある」というわけで、11名の居酒屋宴会はこれから始まろうとしているのである。続く。

by nozawahitoshi | 2008-07-05 07:27 | 宮古島 | Comments(4)

2日目 宮古島の居酒屋「中山」 その2

居酒屋「中山」に腰を落ち着けて生ビールを2~3杯空けたころ、大阪から来たヒロさんと合流。店はすでに満席状態。何かの大会から帰ってきた人々でお店は溢れ、もはや大声で喋らないと聞く事が困難なくらいのざわめきであった。(ざわわ・・・)
c0118393_15251033.jpg

照英に似たイケメンの店員が「海ぶどう」を持ってきた。別名「グリーンキャビア」とも呼ばれる亜熱帯の海に生息する海藻の一種で、プチプチとした独特の食感がたまらない、クセになってしまう一品である。海で採れて、その姿かたちが果物の「ぶどう」に似ている事から「海ぶどう」と呼ばれている。まことに単純(笑)。低カロリーなのにビタミン、カルシウム、鉄分等の体に優しい栄養素がこれでもか!と豊富に含まれている。
c0118393_15341059.jpg

にがなの白和え。「ンジャナ」と宮古島では言うこの土地の野菜。独特の苦味があり、生命力のとても強い葉野菜で長く日持ちする。ビタミンAやC,カルシウムやカリウムなどを含む。胃腸の働きを促進するので、暑い夏にぴったりの食べ物である。
「うーん、最初食べたときより苦くなーい」と京都のHさん。
c0118393_15394870.jpg

グルクンのから揚げ。県魚にも指定されている名実ともに沖縄を代表する魚。で、
和名はタカサゴという。1年を通して比較的手に入りやすい魚である。淡白で油をくぐらせると頭から尻尾まで小骨も丸ごと味わえ、カリっとした食感がええのです。
c0118393_15444853.jpg

フーチャンプルー。
お麩を炒めて食べる?なんて驚かれる方もいると思うが、これがまた泡盛のおつまみにぴったり来て、病み付きになってしまうのだ。たぶん、千葉のHさんの大好物だと思う。
c0118393_15483647.jpg

カタカシのから揚げ。琉球ヒメジの事を沖縄弁でカタカシと呼ぶ。
c0118393_15501722.jpg

クブシミのガーリック天ぷら。クブシミとはコブシメの事。酔った勢いで黒板に書いてある「今日の料理」のなかから「オモロイやつが来るで、きっと」とカタカシとクブシミを注文したのであった。何杯飲んだか解らなくなるほど飲み、食べ「中山」の前で記念撮影。
c0118393_15573732.jpg

このあと2次会組とホテル直行組みに分かれる。もちろん私は酒豪の千葉のHさんとカズちゃんの両手に花で、居酒屋「なみ吉」(創業23年の老舗である)さんへ。
海鮮酒家「中山」宮古島市平良市字西里1-10 電話0980-73-1959
営業時間16:00~24:00 定休日無

by nozawahitoshi | 2008-07-01 07:12 | 宮古島 | Comments(12)