ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
ニコちゃん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 11:13
墓参りまたいきましょ!!..
by にこぴ at 10:47
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


井上靖の「しろばんば」を読んで

 
c0118393_16232392.jpg
読むのは今回でおそらく3度目になると思うが、何度読んでも変わらぬ感動を味わえる作品。今まで読んだ中で最も好きな小説の一つである。
 ただ今回読んでみて一つ驚いたのは、文章が単調で無味に感じられたということ。今までも特に「文章が好き」と思ったことがあるわけではないのだが、このような感想を持ったことは一度も無かったので、正直意外であった。もともと新聞記者であること、新聞小説も多く書いていることでそのような文章になったのだろうか(「文章は正確を以て貴しとしている」という彼の言葉からもそれがうかがえる)。またこれの前に読んでいたのが谷崎源氏だったというのも当然影響しているだろう。
 しかしそんなことはもちろん些細なことにすぎない。少年の世界をこれほど瑞々しく描いた作品は、他にはそうは無いだろう。今から90年も昔の、天城山中の湯が島という小さな村を舞台にしているのだが、不思議なほど自分の子供時代と共通する部分が多い。これは井上靖の子供時代を描いた自伝という枠を超えて、時代も場所も関係のない、普遍的な少年時代を描いた小説に昇華されているように感じた。自分だけでなく、今の子供、北海道でも沖縄でも、もしかしたら外国の子供でも共感できるような、そんな作品なのではないかとも思う。
 この作品を愛するもう一つの理由が、この小説の女主人公と言っても過言ではない、おぬい婆ちゃの存在である。自分も洪作同様お婆ちゃん子として育ったため、こういう人物には特に深い共感と懐かしさを感じる(『銀の匙』の伯母さんや『楡家の人々』のばあやなどもそうである)。「婆ちゃが鼠に引かれるで、あすになったら、早く帰っておいで。」というおぬい婆ちゃの言葉があるが、こういう言葉も自分にはどうにも懐かしく、祖母を思い出してしまう(今はこういう言い方は無くなってしまったかもしれないが)。自伝三部作の中で、とりわけ『しろばんば』を好きなのもおぬい婆さんの存在があるからかもしれない。
 自分としてはそういう読み方をしたのだが、この作品は(もちろんどんな小説でも感想は千差万別だろうが、この作品は特に)読む人ごとに見えてくる情景が違うのではないかと思う。それぞれの個人的な「少年時代」への鍵、だと言っても良いかもしれない。今後、何度も読み直したい作品である。
c0118393_16235674.jpg

34年前にアルバイトしたお金で買ったこの本は240円である。500ページを越す結構分厚い本で、当時の学生食堂のかけうどんが60円だったのを換算すると、今は700円ほどか。
c0118393_16241672.jpg

「RKOISO」と本の裏カバーに書いてあるが、何を隠そうこのカバーの絵は、昭和期に活躍した日本を代表する洋画家の小磯良平大先生のものなのである。

by nozawahitoshi | 2008-11-26 19:06 | 読書 | Comments(4)

都そば 布施店

仕事で布施に来て、小腹がちょっと空いたので都そばに立ち寄る。
c0118393_9533851.jpg

都そばはかけそばが200円から250円に値上げになっって以来の来店である。
c0118393_9581351.jpg
皆様ご存知の都そばは食券制なのである。券売機の前で、何にしようかと悩む事数分・・・。
今日はこれに決定!
c0118393_9574815.jpg

ちくわ天そば(320円)発注して1分以内で来た。
今から30年前、朝ごはんは新宿の立ち食いそば屋で春菊天玉そばををよく食べた。
春菊の天ぷらと玉子をつぶして真っ黒の出汁と絡めて食べたときの美味しかった事を想い出した。ああ、しかし関西では春菊天がある立ち食いそば屋は皆無なのである。
あれはひょっとして関東向きで、関西人には向いてないのかもしれない。
c0118393_1055813.jpg

タイミングよく、ちくわ天揚げたてみたい。ラッキー!
c0118393_1065276.jpg

でも、出汁の旨みもうどんのシコシコ感もなくコメントに困る。
c0118393_1081441.jpg

頂点の美味しいそばを知ってしまっている者にとって、ここのそばは・・・。
でもちくわ天は合格ぎりぎりと言うところか。

by nozawahitoshi | 2008-11-18 06:52 | そば | Comments(4)

お昼ごはんは100円ショップで

車で営業の仕事をしていると、あちこちに99円ショップや100円ショップが目に入る。
食べるものも沢山売っている。今日は伊丹の100円ショップでお昼にしようと4点買い込んできて車の中で食べることにした。
c0118393_1614073.jpg

手巻き寿司「海老マヨネーズ」105円
包装を解くと海苔のいい匂いと酢飯の香りが鼻をつく。海苔と酢飯を合体させ、かぶりつくとバリッといい音がした。
c0118393_165269.jpg

白身フライセット105円
魚よりも衣がほとんどで、しっかり油を吸っているがお醤油をたらして食べるとなかなかうまいのである。ジャンクフードの代表格である。健康を害しそうな危ない雰囲気が出ていてドキドキしながら食べるのもおつなものである。
c0118393_1692795.jpg

筍ご飯105円
ガラッと変って健康志向と言いたいところだが、筍の旬はとっくに終わっている。
この筍、中国産は間違いない。メタミドホスは大丈夫か?やはりこれも平常心では食べれられなくドキドキして食べる。
c0118393_16135430.jpg

サーモンポテトサラダ105円
食品を長持ちさせる薬が沢山入っていたりするので要注意しながら食べる。
でもお味はなかなかよろしい。お醤油をたらすとさらに旨みが増す。
c0118393_16174988.jpg

4点セット、合計420円。
だったら398円弁当か298円弁当にしたほうがいいんじゃないのという声もあるが、
たまには「食の危険」と言う事を考えながらの昼食もいいものである(笑)。
因みに左にチラッと見えるのは5キロのダンベルである。もしもカロリーオーバーになっても、このダンベルがそんな問題をいとも簡単に解決してくれているのである。

by nozawahitoshi | 2008-11-16 08:07 | お弁当 | Comments(2)

はなまるうどん「東大阪渋川店」

今日はお昼に淡路で食べた弁当の量が少なかったので、仕事で布施から平野に行く途中、左側にあるうどんチェーン店の「はなまるうどん」に立ち寄った。20台くらいは停めれる大きな駐車場が車で仕事をする者にとっては非常にありがたく思う。
c0118393_18382768.jpg

ここの存在は3年前から知ってはいたが、何せここを営業車で通るのは午後2時~4時頃なので、お腹は空いていないのでいつも通り過ぎるだけだった。今日初めての入店となった。時刻は2時を回っていて、さすがに店内には2~3人のお客しかおらずガラッとした状態であった。
c0118393_18424687.jpg

かけうどん(105円) 天かすとごまはセルフでかけ放題。
c0118393_18435416.jpg

澄んだ出汁。讃岐に近いかな。絶品と言うほどではないけど、わたしはこの味が好きだ。
c0118393_18454831.jpg

麺はツヤツヤ&もちもち!出汁も美味い。立ち食いうどんのうどんを食べるよりは格段に安くて美味しいと思う。
c0118393_18473790.jpg

鮭おにぎり(126円) うどんより高い(笑)。
c0118393_18484411.jpg

鮭フレークを使ってないところが良い。まあ、普通のおにぎりで合計231円で「
「安うて美味しくておおきにでした!!」
住所 大阪府東大阪市渋川4-1-28 電話06-4307-8870
営業時間 8:00~21:00 定休日??

by nozawahitoshi | 2008-11-14 07:01 | うどん | Comments(4)

一休堂の京七味

先日尼崎の「つかしん」の特設コーナーで、京都のお土産の展示即売をやっていた。
京菓子や、彩りのよい財布、かわいい玩具、油取り紙、いろいろ売っていた中で私が「これは!」と目をつけたのが七味唐辛子であった。わさび、からし、マスタード、唐辛子、タバスコ、豆板醤と香辛料が大好きな私は「美味しそうな七味唐辛子」を見過ごすはずはなかった。
c0118393_13452026.jpg

目に飛び込んできたのは「京都一休堂の京七味」。天然薬味と小さく書いてあり、登録商標は、小僧さんが「京七味」ののぼりを持っているという可愛い5センチほどの小瓶であった。「一休堂の」が緑、「京」が赤、「七」が黄緑、「味」が緑で小僧さんとのぼりは赤であった。その瓶に貼ってある和紙が手触りのしっくり来る、優しい京和紙なのである。15グラム入りでお値段は530円。原材料は「タカのつめ、胡麻、青のり、みかんの皮(専門用語で陳皮)、山椒、芥子の実,麻の実」の7種類。
家に持って帰っておもむろにふたを空けると、何ともいい香りがツーンと鼻腔を刺激し、形容しがたい香りなのである。あまり執拗にかぐとくしゃみが出そうになってくる。七味唐辛子は何にかけても美味しい。味噌汁、おしんこう、うどん、そば、すき焼き、湯豆腐、あらゆる鍋物、どてやき、などなど。それまでうちの家で台頭していた最高の唐辛子は、沖縄本島の本部産の「激辛島唐辛子」で、5年前にダイビング仲間と沖縄そばが沖縄一美味いといわれる渡久地の「岸本食堂」に行く途中のよろずやでたまたま発見したものであった。
c0118393_1431438.jpg

お土産に1本買って帰って食してみると、これがいかにも風味良く、突っ切るように辛いので、私と女房で「美味い、美味い」と何にでもぶっかけて食べるものだから、あっという間になくなってしまったのであった。それじゃ、またダイビングに行って買ってくればという時にリストラされてしまった。ダイビングどころではないが、美味い唐辛子は欲しいということで製造元に直接電話したら「×△○で今は6月×△○採れンので○△×8月ごろ電話して×○△」と訛りの激しいおじいさんの沖縄弁の返事が返ってきた。要は「この唐辛子はいつもあるものではなく、今の時期は収穫できないので、次は8月頃収穫できる予定だからまたその時電話注文して下さい」と言う事であった。
1本300円で10本購入し、送料は別途600円取られ、10本で3600円したが我が家の家宝となった。
がその後見たらあと2本しか残ってないので女房に聞くと「近所の人や、友だちに配った」言う事でがっくりきた。「家宝ですぞ、家宝」
それをまた得る為に沖縄の本部にダイビングに行こうか、600円送料を払っても、郵送で送ってもらうか考えたりしている昨今である。
c0118393_1421287.jpg

そしてまたまた昨日、つかしんの特設コーナーで「九州うまかもん物産展」で「かぼす七味」なるものを発見した。750円とちと高め。だが気が付いたら買っていた。まさに衝動買いというやつである。家の台所にはごろごろといろんな唐辛子が山済みされているので、これをあけるのは来年か、いや、再来年になるだろうか。
そんなことを考えながら唐辛子の箱を探っていたら、なんと「一休堂の京七味」の詰め替えを発見。かぼす七味のふたを開けるのは3年後になりそうな予感がする。
c0118393_14281178.jpg


by nozawahitoshi | 2008-11-12 06:54 | グルメ | Comments(2)