ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


「本家かまどや」ののり弁当 吹田内本町店

c0118393_11121998.jpg

今日は珍しくほか弁を食べることにした。6月に迫っている宮古島ダイビングの関係で、お金を少しでも浮かせるため一番安い弁当を選んだ。かまどやの弁当は大体450~750円のラインである。その中でもいとときめく安い弁当があった。300円ののり弁当だった。早速発注。早い!5分弱で弁当の出来上がり。
c0118393_11173184.jpg

車の中に持って行き、ご対面。
c0118393_11171125.jpg

海苔の下には細切り昆布と鰹でんぶが敷き詰められていた。
c0118393_11185432.jpg

ごはん、細切り昆布、鰹でんぶを海苔で巻いて食べてみた。ご飯が温かいのでこれだけでも充分美味い。
c0118393_1120533.jpg

ボリュームのある白身魚フライに付いていたソースをかけて。
c0118393_11232635.jpg

形成した白身の魚をフライにしているようだ。でも、なかなか美味い。
c0118393_11232082.jpg

ちくわの天婦羅には醤油をつけて。
c0118393_11241369.jpg

これは普通のちくわだった。
c0118393_11251389.jpg

申し訳程度に付いていたひじき炒め煮。ひじきの黒、人参の赤、青豆の緑の色のコントラストがGood!
青豆と人参がなかったら、ダイバーはこれを「ガンガゼ」と間違うのである。海の中の危険なものの一つである。
c0118393_11313340.jpg

このひじきいため煮は美味しかった。少ないからそう思うのか、もうちょっと弁当の値段を上げてもいいからこのひじきいため煮を多く入れて欲しかった。
宮古島のダイビング(6月20~23日)まで節約、節約っと!
住所 大阪府吹田市内本町1-22 電話 06-6382-5069
営業時間11:00~11:00 地図

by nozawahitoshi | 2009-03-31 07:30 | お弁当 | Comments(2)

「酒(しゅ)にまじわれば」なぎら健壱


c0118393_17142226.jpg
フォークシンガー、あるいはタレントとしておなじみの昭和27年生まれの57歳のなぎら健壱氏の、お酒にまつわるエッセイ集を図書館で借りてきて軽い気持ちで読んだ。この手の本は買ってまで読むというところまで行かず、また真剣に読むものでもないのである。休みの日にゴロンとベッドに横になり、リラックスして適当に読むというのが似合っている。面白くなかったら寝てしまう方法もある。しかし、面白かったので最後まで一気に読んでしまった。「一気読み」ちゅうやつですなあ。

飲み屋で起こった様々な出来事や家呑み、旅先での酒、酒席での自分や友達の失敗談・・・・。
とにかく、そのどれもが酒にまつわるものばかり。「酒にまじわれば」のタイトル通り、抱腹絶倒の内容であった。「朱にまじわれば」を「酒にまじわれば」としているところで、なぎら氏の文学的レベルが量れる。

酒呑みとして見習いたいなあと思う話もあれば、そうはなりたくないなあという情けない話まで実にバラエティに富んでいる。
色々なエピソードが収録されているが、根底にあるのはただひとつ。呑むのが心底好きなんだなあ、ということ。「酒呑み、かくあるべし」ですなあ。

by nozawahitoshi | 2009-03-30 06:52 | 読書 | Comments(4)

「人間、とりあえず主義」なだいなだ

精神科医、なだいなだ氏のエッセイ集を図書館で借りてきて、とりあえず読んだ。
c0118393_9382947.jpg

「とりあえず」という言葉はいい加減なひびきをもつが、ところがどっこい、氏の文を読んでいると、とても意味深いことに気づく。目標をもち、きっちりプランをたて、実行する。それは素晴らしいことだが、人生、そうは簡単にいかないことが多い.
「しっかりと」「きちんと」もよいが、その一方で、「とりあえず」という、そんな気持ちをもっている人の方が、人生楽しめるかもしれない。
なお、このエッセイ集のなかに、「経済学者に聞きたい」というタイトルがあるが、ここで述べられる問題意識の鋭さには、はっとさせられるものがあった.
どうやら、氏は「とりあえず」だけで生きているのではないらしい。
本文から抜粋。
まだここが悪い、まだ病気が完全に治っていない、すっかり治ってから人生を再開したいという神経症の患者さんに、
「これまで七年もかかってまだ治らない病気が、すっかり治るのはいつか、きみにわかるかい。誰にもわからないよ。だが、明日や明後日でないことははっきりしているな。それまで生きるのを中止しているか、それとも病気を背負って、七分の力しか出せなくても、とりあえず人生を再開するか、きみはどっちをとる?」
と、質問し、とりあえず生きていくことを勧めてきた。これがとりあえず主義でなくてなんであろう。

by nozawahitoshi | 2009-03-29 08:05 | 読書 | Comments(0)

博多ラーメンげんこつ 豊中南本店

c0118393_12471684.jpg

c0118393_1247329.jpg

今日は豊中のげんこつラーメンに初めてお邪魔した。ここ服部が本店だそうだ。店内は広く、テーブル席36、カウンター席12の計48席のキャパ。厨房からもホールからも威勢の良い元気な声が店内を響き渡らせている。基本のラーメンが520円という安さと、とんこつ、辛みそ、黒マー油などといったラーメンメニューの多さが
人気の秘密である。
c0118393_125754.jpg

c0118393_12571958.jpg

c0118393_12573292.jpg

メニューの数々。博多ラーメンとご飯のセットを発注。
c0118393_12583179.jpg

5分ほど待つとご飯とお漬物のセットが運ばれてきた。これはお昼のサービスでたったの50円、ほっほっほお~、企業努力の賜物とはこのことである。
c0118393_12592787.jpg

その後すぐに博多ラーメン520円が来た。んーーん、いいにおひ。
c0118393_1305433.jpg

ごはんにふりかけをふりかけてっと。(タダのものは100%使う主義)
c0118393_1333632.jpg

表面がつるりとして、しっかり歯ごたえのいい中太麺を使用している。コクのあるスープに負けずにしっかり自己主張してている。白ゴマが絡み、よりいっそう甘みが出る。
c0118393_13131097.jpg

チャーシューは肉汁豊かな逸品で、麺、スープと共に美味さの土台をしっかりと支えている。
c0118393_13145078.jpg

スープも程よいコクと後引く美味さがじんわり胃袋に染み渡る。とんこつ、鶏がら、野菜が奏でるマイルドな味わいが見事。う、うま-い!
c0118393_13173198.jpg

ご馳走様でした。額から汗が噴出して、ハンカチで拭けども拭けども汗が止まらない。毎日食べても飽きの来ない味とたっぷりのねぎ、しゃきしゃきのモヤシや白ゴマに脱帽。
レジで清算したら50円のクーポン券(げんこつラーメン全店共通)をくれた。うれしい限りである。
住所 大阪府豊中市服部西町5-17-24 電話 06-6863-3133
営業時間 11:00~24:00 不定休 地図
以前の記事 博多ラーメンげんこつ豊中店

by nozawahitoshi | 2009-03-28 09:33 | ラーメン | Comments(0)

寝屋川讃良食堂

c0118393_10105339.jpg

仕事で茨木から門真に行く途中、寝屋川のあたりで空腹感をおぼえたので適当に入ったのが「まいどおおきに食堂」だった。最近いろんなところで目にする食堂のチェーン店である。古き良き時代の大衆食堂のイメージを再現している。オールドファンには懐かしさ、若い世代には新鮮さが感じられるお店である。
c0118393_10145978.jpg

セルフ方式で、お盆におかずを取り、レジのところでご飯、味噌汁、うどん類を貰い、清算と言う事になる。
c0118393_1017642.jpg

かけうどん、ごはん、冷奴、コロッケの4品をチョイス。
c0118393_1018157.jpg

ごはん(小)126円 ふりかけはタダなので目一杯かける。
c0118393_1019622.jpg

かけうどん158円 味は期待していないが、なんともすごい安さである。
c0118393_10361537.jpg

タダのきゅうりのお漬物。とり放題だがピンセットみたいなので取りづらく、もっと欲しかったのであるがあきらめる事に、チクショー!
c0118393_1023445.jpg

ミートコロッケ(キャベツ付)105円 ここのコロッケ、うまーい!
c0118393_10255524.jpg

冷奴84円 生姜とねぎが乗っている。私はいつもカラシをつけて食べるのだが、ここには置いてないのだ。
c0118393_1027171.jpg

予想したとおりうどんの麺はヘナヘナ。しかーし、お出汁は以外や以外、う、うまーい!
c0118393_1028387.jpg

これだけ食べても473円。500円でおつりがくるという安さ。
c0118393_10293251.jpg

噛む噛むダイエットしているのでゆっくり25分かけて完食、ご馳走様でした。
住所 大阪府寝屋川市讃良西町6-27 電話 072-811-5531
地図

by nozawahitoshi | 2009-03-27 06:53 | お昼ご飯 | Comments(4)

金比羅製麺所 豊中北緑丘店

c0118393_10433872.jpg
c0118393_10435093.jpg

今日はどういうわけか釜揚げうどんが無性に食べたくなり、金比羅製麺所豊中北緑丘店に初めておじゃました。豊中市の北のはずれで、もう少し行くと箕面市だ。
c0118393_10493191.jpg

釜揚げうどん(中)、おかかおにぎり、ちくわ天をいただくことに。
c0118393_10504293.jpg

釜揚げうどん380円。なんか豪快な感じがする。
c0118393_10515761.jpg

ちくわ天100円。大好きなのでよくチョイスする一品。
c0118393_10525467.jpg

おかかおにぎり100円。初めてこのおにぎりをチョイス。
c0118393_10534368.jpg

釜揚げうどんのお出汁に沢山のねぎと天かすを入れる。
c0118393_1054393.jpg

ものすごい湯気で撮るのに一苦労するが、うまく撮れた。
c0118393_10553872.jpg

お出汁にうどんを放り込んで
c0118393_10562469.jpg

麺は白くて弾力があり、きれいである。
c0118393_10571032.jpg

お出汁にたっぷりうどんをつけて、チュルチュルーっと。う、うまーい!
c0118393_1059135.jpg

全部、バチコーンといただきました。
c0118393_10595091.jpg

店内は広く落ち着いた感じで、住宅地という場所柄なのか女の客が圧倒的に多い。
c0118393_1113437.jpg

このお店だけのメニューなのか、「梅玉あんかけ」というのがあった。今度食べてみようっと。
住所大阪府豊中市北緑丘2-8-6 電話 06-6865-5612
営業時間 11:00~21:30  地図
 以前の記事 金比羅製麺所 伊丹店

by nozawahitoshi | 2009-03-26 06:53 | うどん | Comments(0)

30数年ぶりに食べるつけ麺 黒兵衛宝塚中筋店

c0118393_11563051.jpg

30数年前の東チョン時代(東京にいて独身時代)、池袋のつけ麺大王という店で初めてつけ麺を食べて以来である。最近にわかに、つけ麺が関西でも人気を博して来つつあるので、どんなもんかと「九州ラーメン黒兵衛」に立ち寄り、勇気を出して「つけ麺ください!」と発注したのであった。
発注してからけっこう時間が(10分くらい)たってから、つけ麺650円がやって来た。ラーメンより時間がかかるので、さぞかし美味しいのだろうと期待は高まった。
c0118393_1255985.jpg

麺、つけ出汁、刻みチャーシュー・モヤシ・ねぎの3点セットが来た。
c0118393_1274913.jpg

チャーシューは普通ラーメンに載せる丸いのを刻んでいて、けっこう多めだ。
c0118393_1293170.jpg

つけ出汁は、ラーメンのスープを濃縮したような、白ゴマ入り豚骨醤油味である。
c0118393_1211560.jpg

麺は中細ストレートで、ラーメンの1.5倍の量があり、刻み海苔が乗っている。
c0118393_12124281.jpg

チャーシュー、麺、モヤシ、ねぎを一挙に箸でつまんで、
c0118393_1214441.jpg

それらをつけ出汁に放り込み、ズルズルーっと食べる。 ん?ラーメンやんか!
全然違うものを期待してたのに、なんかがっかりだった。でも、美味しいのである。
c0118393_12171937.jpg

「つけ出汁の中にご飯を入れて食べたら美味しいです」とポスターに書いてあったが、そんな子供みたいな下品な食べ方が私のようなジェントルマンがやりますかいな、ホンマ!
住所 兵庫県伊丹市荒牧4-2-19 電話 072-785-1556
営業時間 11:15~23:00 年中無休 地図                              以前の記事                                                      黒兵衛宝塚中筋     黒兵衛川西久代店

by nozawahitoshi | 2009-03-25 06:50 | ラーメン | Comments(3)

新世界の串かつ


c0118393_1734585.jpg
仕事で通天閣のある新世界には週に1~2回は来る。
ここは、今や多くの串カツ屋が軒を連ね、世界でも例を見ない串カツ王国となっている。大型観光バスがひっきりなしに出入りしては、大勢の観光客というか串カツを食べるのを目的とした客を、通天閣の近くの駐車場で降ろしている光景が目に入る。その中には中国人も多く見受けられる。半年前までは韓国人が多かったが、最近はほとんどが中国人なのである。また、JRの主要駅でも「新世界串カツツアー」なるパンフレットを置いていて、新世界の串カツに拍車をかけている状態である。
今から30年位前、私が学生だった頃、ジャンジャン横丁に3~4軒串カツ屋はあった。しかし今と違って、そこで串カツを食べてビールを飲んでいる人達は若いおねえちゃんやサラリーマンではなく、日雇い労働者の怖~いオッサン連中で、当時の私のような青臭い学生が簡単に入れるという雰囲気はそこにはなかった。
すぐ近くに西成区のあいりん地区があり、浮浪者が沢山ジャンジャン横丁に流れ込んできて、普通に歩いているだけでも恐怖と戦慄を感じたものだった。新世界界隈は無法地帯のようになっていて、真昼間からでも堂々と酒を飲んでそこいらじゅうに小便をする者がいるものだから、街はそここにアンモニア臭が漂っていた。
その串カツ屋も、8年位前には絶滅状態に陥っていた。最後まで残った串カツ「だるま」(昭和4年創業)も、先代が体調を崩して営業が困難になり後継者が居らず店を閉めようとしていた時、常連でもあり串カツをこよなく愛していた赤井英和が、自分の友達を口説き落として「だるま」の後継者とした。
c0118393_17341874.jpg
c0118393_17343360.jpg
                                                                   その後、有名になった赤井がTVでこのお店と串カツの美味さを何度も紹介するようになり、「だるま」はメキメキ繁盛するようになり、閉店していた近江屋やその他の串カツ屋もそのブームを知り、息を吹き返し今現在の串カツブームに至るようになった。現在36店舗が串カツ屋として営業している。
     地図

by nozawahitoshi | 2009-03-24 06:55 | ブログ | Comments(0)

「克己心」 宇津井健

c0118393_16344867.jpg
俳優である 宇津井健さんの著書「克己心」を読んだ。
いかに努力をすることが大切か。自分に打ち克つことが必要か。仕事がない時の過ごし方などためになった。
業界に残れる役者と消えていく役者の違いは 誰にでも当てはまるし、会社で出来る社員とで出来ない社員の違いにも通じるものがあった。
頭ではわかっていても、消えていくような行動や言動を 取っていることが日常で多いのかもしれない。
先輩方によく言われていることも書かれていたが 、改めて宇津井さんの言葉として読むと実践したいと感じ、
いい歳のとり方をしていきたいと思えた。
ただ老いていくのは誰でもできる。年齢を重ねても老いを感じさせない、そういったキラキラした人生を これからも送って生きたいと思う。ずいぶん勉強になった。あとは実践あるのみ。ただ、宇津井さんは真面目で、品行方正で、そんな人です。私が監督やったら、宇津井さんをもっと最低な老人に描きたいと思った。
嘘つきのだらしない老人、老人だがギラギラした危なっかしい老人、ETC.真面目そうに見えて、実はとんでもない、そんな「うそー!やばくない?」っていう世界が私は好きなのである。

by nozawahitoshi | 2009-03-23 07:00 | 読書 | Comments(2)

お墓参り

c0118393_16575793.jpg

お彼岸の今日、私と細君と三女の3人で豊中市の服部緑地にある「野澤家の墓」でお墓参りをしてきた。
詳しく言えば、服部緑地の南東の方向に都市緑地植物園というのがあって、その一角に観音寺という真言宗のお寺があり、今日はそこへ行ってきたわけである。
3連休の中日なので、一般道は込み合っていて川西多田までは「大丈夫かいなあ」と心配したが、176号線に入ると案外空いていて家から1時間20分で着いた。阪神高速池田線を利用しても良かったが、ちょっと高速に乗るだけで700円は痛いので下の道で行ったのであった。
お墓参りの心得の一番大切なことは「回向(えこう)」する心である。「回向」とは自分の善行功徳を父母や先祖に廻らし向けるという意味がある。それによってまた、回向とは「~に近づく」という意味があって、これは仏に近づき、故人に近づき、そしてそれらの気持ちを通して本当の自分自身に気づくことを意味しているのである。
お墓を綺麗に掃除し、お墓の前にある水盤に水を注ぎ、花立に生花を添えてお線香を手向けたあと、墓石に打ち水をし(この打ち水にも大きな意味があるのであるが、忘れた)、合唱礼拝。
「毎日何か新鮮な驚きがあって、健康で、美味しくお酒が飲めて、楽しく暮らしていけますように」
「おんあぼきゃーべいろしゃのうまかぼだら、まにはんどばじんばらはらばりたや」とマントラを唱えたのであった。
住所 大阪府豊中市寺内1-13  地図

by nozawahitoshi | 2009-03-22 06:16 | ブログ | Comments(4)