ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
ニコちゃん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 11:13
墓参りまたいきましょ!!..
by にこぴ at 10:47
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


うまいカレーライス 印度のルー    新大阪店

c0118393_124645.jpg
c0118393_12461929.jpg

今日は地下鉄御堂筋線東三国駅と新大阪駅の中間くらいにある、つるまるうどんのライフフーズの傘下の「印度のルー」へ初めて立ち寄った。黄色い看板が目印のこじんまりしたお店だった。
c0118393_12505193.jpg

入り口にあり、お昼のサービス品などが黒板に書かれていた。レギュラーのカレーは500円からいろいろ。
c0118393_1253470.jpg

カウンター席に座ると、目の前に取り放題の福神漬けとラッキョウが鎮座していた。
c0118393_12541685.jpg

今日のちゅらおっさん印度のルー定食はこちら。発注して1分で来て、そのあまりの速さにびっくり!
c0118393_12561461.jpg

チキンカツカレー(並)580円。普段は700円するのであるが、お昼のサービスということで安くなっていた。もう一つのお昼のサービスはロースカツカレーで、800円が650円になっていた。
c0118393_12584843.jpg

当然、タダのものはトッピングさせていただく。
c0118393_130274.jpg

肉厚のチキンカツは目の前で揚げていて、6切れも入っていた。
c0118393_131314.jpg

まずカレーを一口。そんなに辛くはないが普通に美味い。ビーフの塊も小さいながら3切れほど混じっていたのを確認した。
c0118393_1333398.jpg

辛さを調節するパウダーがあったので、少しずつ味を見ながらふりかける。
c0118393_135740.jpg

さっきより若干辛くなった。よく考えると、チキンカレーは生まれて初めて食べた事になる。柔らかくて、う、うまあーい!
ご飯の量が少なかった。大盛り100円、特盛り200円アップで、ルーの増量は100円アップになっている。
c0118393_1381915.jpg

福神漬けとラッキョウを一緒に食べる習慣はどこから来たのだろうか?辛いものばかり食べると舌が麻痺するから、それらがクッションのような役割をして舌の働きを正常に戻すのではあるまいかと思う。
c0118393_1311298.jpg

ご馳走様でした。12時10分にお店に入ったのだが、その途端すぐ近所のサラリーマンで満員になり、お店の外にはいきなり長蛇の列が出来た。それを見ていると、いつもゆっくり食べ、ゆっくり写真を撮る私でも、さすがにお店の人に悪いと思い、そそくさ食べて、さっさとお店を退散したのであった。
へ~、このお店「行列が出来るカレー屋」さんだったのだ。今度来るときは13時を回ってからにしよう。次はロースカツカレーをゆっくりと堪能したいものだ。
住所 大阪市淀川区宮原5-7-12 エレガントライフ新大阪1F 電話 06-6350-2204
営業時間 11:00~22:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-03-31 06:50 | カレー | Comments(2)

そらの星     千林大宮

c0118393_9514320.jpg

守口のお得意さんから国道1号線で関目に向かう途中、大宮交差点を右折し、少し行ったところにある旭区役所に車を停めて、旭税務署の斜め前にある赤い看板が目印の「そらの星」に初めて伺った。
c0118393_955028.jpg

店に入るとすぐのところに券売機があり、まず食券を買う。
c0118393_956688.jpg

自分好みの麺の硬さや味の濃さ、鶏油の量をオーダーできるようになっている。
c0118393_9573073.jpg

昨年の10月16日オープンしたての、カウンターのみ10席のこじんまりしたお店。
c0118393_9584833.jpg

今日のちゅらおっさんそらの星定食はこちら。
c0118393_9593728.jpg

ラーメン(並)600円。鶏油が表面に浮いていて、白ネギがほんの少しというのも関西では珍しい。
c0118393_10332110.jpg

ライスは無料で、おかわり自由。
c0118393_10333488.jpg

ほうれん草がラーメンに入っているのは初めてである。いや、「麺家静」もそうだったっけ?
c0118393_10335013.jpg

分厚めのチャーシューが1枚。柔らかくて、う、うまあーい!
c0118393_1034150.jpg

大判の海苔が3枚。私は未だに海苔を入れる意味が解からない。
c0118393_1054460.jpg

東京で修行したご主人が関西人向けにアレンジした、こってり豚骨醤油のスープ。これでも関西人向けかというほど、こってりで濃い味がした。
c0118393_10847.jpg

麺は中太のストレート。+100円で1.5玉。+200円で2玉になる。
c0118393_109148.jpg

この麺ものすごく弾力があって、う、うまあーい! つけ麺に使われているような麺で、ラーメンでは初めての食感だった。
c0118393_10111615.jpg

味の濃さから「ごはんと一緒に食べる」のが定番の横浜名物・家系ラーメン。実際ごはんにかけてしゃぶしゃぶ食べると、これが予想以上に美味しかったのだ。う、うまあーい!
c0118393_10135747.jpg

ご馳走様でした。これが家系ラーメンというものか。この濃さは若者には受けるだろうが、私のような年寄りにはチトきついものがある。決して不味いわけではないのだが。
ちなみに家系とは、横浜にある吉村家を発祥とする豚骨醤油ラーメンの系統である。チャーシュー、ほうれん草、海苔の3点セットの具が乗り、麺が太く短い。スープの脂に鶏油を使う(本牧家が最初だそう)が挙げられる。
c0118393_10192461.jpg

そらの星から西へ2分ほど歩いていくと、尾道らーめんの「大醤軒」があった。旭消防署の道を挟んで前である。今度訪れたい店である。
住所 大阪市旭区大宮1-7-25 電話 06-6954-7730
営業時間 11:00~21:00 木曜定休 地図

by nozawahitoshi | 2010-03-30 06:53 | ラーメン | Comments(0)

活字たんけん隊ーめざせ、面白本の大海  椎名誠

c0118393_12554243.jpg

日本の温泉旅館などに泊まるときに玄関先にズラリと並んだスリッパを見るとゲンナリする。温泉に入って汗を流し、体中を洗って浴衣に着替えてさっぱりしたあとに素足でスリッパを履く。                                                                                   温泉の入り口には同じ色と形のスリッパが乱雑に散らばっていて、さっき自分が履いてきたのと違う誰が履いてきたのかわからないのを履いて部屋に戻る。しかしさっき履いてきたのを履こうが違うのを履こうが意味は同じなのである。
どっちにせよどこのおとっつぁんが何万人履いたか解からないようなバイキンだらけのスリッパなのである。
本文「大日本スリッパ問題」より抜粋。
学校や公民館などで、片方をもう一方に突っ込んだ形でダンボール箱かなんかに片付けられた(?)スリッパを見るたびに、裸足で歩いてるのと一緒じゃん!と思っていた。私は決してきれい好きではないけれど、そういう場所へはマイ・スリッパを持参することが多い。
世界各地で、およそ何でも食しているらしい大尊敬に値する椎名誠がスリッパごときに気を使っているのがなんだか面白い。
この本、さりげなく多様なジャンルの本が紹介されていて、思わず古本ネットで探したくなる。中学生におススメ。

by nozawahitoshi | 2010-03-29 06:56 | 読書 | Comments(0)

グリコ LEE 辛さ×30倍

c0118393_1951242.jpg

辛さ30倍というとんでもないカレーをイズミヤで買ってきて初挑戦した。ピメンタ・デ・ジェイロというアマゾンの激辛唐辛子が配合されている、赤と黒のグロテスクな色をしたパッケージ。「危険」な匂いのするカレー。
c0118393_19553226.jpg

パッケージを開けるとレトルトパウチと辛さ増強ソースが付いている。これを合わせるとなんと辛さは45倍になるとのこと。なんだか想像するだけでも鼻の頭が汗をかいてきた。
c0118393_19595549.jpg

目に入ると危ないので「劇物」を扱うように慎重に慎重を重ねて入れるのがこのピメンタ・・・・。
c0118393_2022719.jpg

沸騰したお湯にレトルトパックを5分間茹でる。
c0118393_2051196.jpg

お皿に盛ってみた。カレーの具は牛肉以外は見当たらない。箱の裏の原材料名の欄には、たまねぎ、しょうが、バナナ、ニンニクと書いてあるので、きっと煮込んでいるうちに溶けてしまったんだろう。
c0118393_209128.jpg

1986年に初めてグリコからLEE10倍カレーが新発売されて、現在は5倍、10倍、20倍、30倍と辛さが4段階ある。LEEの語源は、当時グリコで商品名を考えていた担当者が「ビーフカリー、ビーフカリー・・リー!」と叫んで、さらに試食の際にあまりの辛さに「かりぃー(辛い)」と叫んで出来たらしい。食べてみると30倍はまあまあの辛さで、食べれない事はない。
c0118393_201514100.jpg

c0118393_20152638.jpg

辛さ倍増ソース「ピメンタ・デ・ジェイロ」を途中から細心の注意を払い入れてみた。
c0118393_20171687.jpg

おっと、ビーフの塊を発見した。結構でかいのが3キレ確認できた。
c0118393_20184920.jpg

コショウと唐辛子がうまくブレンドしてある辛さと言える。このあたりの配合はうまいと感じた。3分の一くらい食べたところで、少しインターバルを置いた。
c0118393_9534224.jpg

一気に食べるのはちょとつらい。口の中、特に舌の下のところがピリピリして、頭の毛穴が開き汗が出てくるのが如実にわかる(かなりやばくなってきた)。
c0118393_9562394.jpg

加速度をつけて辛さが増し、ご飯ばかり食べるのでルーはほとんど減っていない状態。
c0118393_9582425.jpg

ご馳走様でした。もう、何がなにやらわかりません。口の中が大火事で、大火傷を負ったようになり、途中で止めときゃいいのに貧乏性というか、全部食べなきゃ収まらない性分。水、水、水を下さい!
このあと、どうなったかはご想像にお任せいたします。ほっほっほー。

by nozawahitoshi | 2010-03-28 07:26 | レトルトカレー | Comments(2)

浪花麺乃庄 つるまる    江坂店

c0118393_835227.jpg

今日は4日連続の、それも真冬並みの気温がこのところ続いてまた雨である。発散できない憤りを覚えながら吹田のお得意さんに寄る前にお昼になったので、江坂の「つるまる」のお店に初めて立ち寄った。
c0118393_8364896.jpg

つるまる寝屋川池田店は280円からだが、ここはかけうどんが200円からあり、そばも同様に食べられる。
c0118393_8382158.jpg

今日のちゅらおっさんつるまる定食はこちら。
c0118393_839974.jpg

かけうどん200円。青ネギは最初から入っていたので、天かすをトッピングした。
c0118393_8401021.jpg

鶏ささみ天100円。
c0118393_8405319.jpg

昆布おにぎり100円の合計400円。安っすー!
c0118393_8414737.jpg

驚いたのはこの店、なんとおしぼりが使い放題なのである。
c0118393_84579.jpg

で、七味唐辛子をたんまりふりかける。
c0118393_8455215.jpg

麺のほうはどうじゃろかい?
c0118393_8463048.jpg

こうやって見たらエッジは立っているが、湯がき過ぎなのかフニャフニャの腰砕けの麺(最低!)。
c0118393_848534.jpg

しかし、お出汁は正反対に無茶苦茶美味しい。いくら飲んでも飽きの来ないお味。う、うまあーい!
c0118393_8495474.jpg

昆布おにぎりは握ってから随分時間が経っているようで冷たい。
c0118393_8505694.jpg

同様に鶏ささみ天も、揚げてからかなり時間が経っているようで、冷たくてジューシーさもない。
c0118393_8523968.jpg

江坂の1等地にあって、それもまさにお昼時、ごらんのようにがら空きである。全32席に4人しかお客はいない。「どういう事?」「しょーゆー事!」村上ショージのギャグではないが、そういうことなのである。
c0118393_8574596.jpg

ごちでした。フニャフニャのうどんを久し振りにいただきました。召し上がりました。
「もう2度と江坂のつるまるには・・・」ということです。これで憤りが2倍に増した。
住所 大阪府吹田市豊津町15-9 ビーイング江坂ビル1F 電話 06-6339-2333
営業時間 平日 7:00~22:00 金土日 11:00~22:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-03-27 07:56 | うどん | Comments(6)

天五の御膳のハンバーグ弁当と丸亀製麺鶴見店

c0118393_1156225.jpg

今日はまた雨で、大阪はもう3日間も降り続いているし、気温も真冬並の寒さである。そこで雨とは無縁の鶴見のイオンモール3Fにある丸亀製麺に久し振りに立ち寄った。なんと半年も前の、去年の9月13日以来なのである。
c0118393_1214151.jpg

天神橋5丁目(天五)の超人気惣菜・弁当店「御膳」で購入したハンバーグ弁当298円を持ち込んで、ぶっかけ(冷)280円を頼み、合計578円のお昼ごはん。
c0118393_124563.jpg

ぶっかけは天かすと青ネギは入っていたので、セルフで七味唐辛子を入れる。
c0118393_12586.jpg

これで298円というびっくりの価格だが、
c0118393_1255689.jpg

おかずの内容はハンバーグ1個、コロッケ半分、メンチカツ半分、出し巻玉子1切れ、
c0118393_127156.jpg

イタリアンスパゲッティ、
c0118393_1274453.jpg

ごはんに梅干に黒胡麻、
c0118393_1281949.jpg

大根の漬物と、まあそんな高い食材は入っていない。
c0118393_1291768.jpg

丸亀のぶっかけのお出汁は甘辛くて美味く、私の大好物である。
c0118393_12102151.jpg

そして麺のコシ、エッジ、味、のど越し、どれも満足のいくものであった。
c0118393_12112621.jpg

ハンバーグは大きくて、かかっている和風ダレが美味しかった。
c0118393_12122464.jpg

メンチカツはその中でも一番、う、うまあーい!
c0118393_12131579.jpg

コロッケは普通のお味。
c0118393_1213419.jpg

うどんを半分以上食べたところで、弁当の中にあった梅干、出し巻玉子をトッピングし「梅玉子ぶっかけ」の完成。
c0118393_12153527.jpg

ご馳走様でした。超満腹になった。弁当を持ち込んでその上写真を撮っているので、周りの目が少し気にはなったが、別に悪いことをしているわけではないので、威風堂々と食べました、撮りましたちゅヤツですわ。
住所 大阪市鶴見区鶴見4-17-1-3035 電話 06-6915-5634
営業時間11:00~22:00 年中無休 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2010-03-26 06:55 | うどん | Comments(0)

ローソン100ストアの昼ごはん

c0118393_832788.jpg

今日は豊中の服部のお得意さんに寄ったあと、雨が激しく降って来たので、服部天満宮の境内に車を停め、近くのローソン100ストアで買ってきたものを車の中で食べた。落語「池田の猪買い」に出てくる、”十三の渡しを越え、服部の天神さんを尻目に殺し、岡町池田へと出てきますと・・・”の「足の神さん」で有名な服部天満宮の境内でお昼をいただいたのである。今日の大阪の気温は7.5度で真冬並みの寒さである。
c0118393_8104144.jpg

ローソン100ストアでしか買うことの出来ないOB商品、明星食品のスタミナしょうゆラーメン105円。これでスタミナつけて頑張ろう。スタミナ=体力・精力・持久力の事。今では死語かと思ったら、そうではないらしい。
c0118393_8184352.jpg

おにぎり弁当210円。
c0118393_8191222.jpg

海老マヨネーズ手巻き寿司105円の合計420円。
c0118393_8201512.jpg

5分経ってカップ麺のふたを開けると、プーンとニンニクの香ばしい香りが車内に充満した。
c0118393_821562.jpg

においの元はこれ、ニンニクチップ。あとはニラ、赤唐辛子、胡麻、豚肉チップなどが入っていていけるお味。
c0118393_824416.jpg

麺は中太縮れ麺。
c0118393_8243997.jpg

おにぎり弁当の中身は、めっさ大きいミートボール。
c0118393_8253399.jpg

ケチャップ付きコロッケが2つ。
c0118393_826435.jpg

玉子青菜入りふりかけおにぎり。
c0118393_8264533.jpg

しそふりかけ(ゆかり)おにぎり。
c0118393_8272095.jpg

海苔巻きおにぎりが2個。
c0118393_8275751.jpg

スープはピリ辛醤油ラーメンのお味。
c0118393_8285184.jpg

ひじき煮。
c0118393_8292130.jpg

大根漬け。
c0118393_8294652.jpg

焼きそばの10品。
c0118393_830969.jpg

手巻き寿司の海苔のなんとも言えないいい香り。
c0118393_8305770.jpg

サクッといくと、海老が顔を出した。ごちでした。420円でお腹は満腹。たまにはこういった質素なお昼もいいもんだ。

by nozawahitoshi | 2010-03-25 07:03 | お昼ご飯 | Comments(2)

にしのみやラーメン   川西家

c0118393_10372493.jpg

宝塚のお得意さんに寄った後、川西にある「にしのみやらーめん」にまた立ち寄った。安くて美味しいので、最近ちょくちょくこの店を利用するようになった。♪冷たい雨が~♪ アンドレ・カンドレ。
c0118393_10392010.jpg

今日のちゅらおっさんにしのみやラーメン定食はこちら。サービス定食の525円。
c0118393_10402569.jpg

もやしラーメン(こってり)は、背油が青ネギの上にたっぷり乗っていて異様な光景である。思いっきり湯気でレンズが曇る。
c0118393_10422793.jpg

今日の日替わりのおかずは、揚げたてのコロッケ、キャベツ付。♪今日もコロッケ、明日もコロッケ~と。
c0118393_10465028.jpg

ごはんは軽く小盛り。
c0118393_10474613.jpg

にしのみやラーメン名物の取り放題キムチ。
c0118393_104838100.jpg

もやしラーメンのもやし、青ネギは、今日は多かった。この店は従業員のローテーションで、もやし、青ネギの量が随分変わるのである。
c0118393_10504479.jpg

チャーシューは3枚入っていて、お箸でつまむとバラバラになってしまうほど柔らかい。う、うまあーい!
c0118393_10521990.jpg

丸みを帯びた中太ストレート麺を使用。麺がまた、う、うまあーい!
c0118393_10533796.jpg

スープは伊勢海老を20時間と、とんこつ、8種類の野菜を長時間煮込んだものをミックスしている。今日はこってりを発注したので背油だらけ。でもあっさりとしていて、う、うまあーい!
c0118393_105776.jpg

麺の硬さは選べるが、硬い麺が苦手なので普通に。マクロで撮ると、麺の表面がキラキラと光っているのが解かるんだな、これが。
c0118393_105995.jpg

ご馳走様でした。伊勢海老の香ばしさが際立つ上品なラーメンは、癖になるお味。あ~あ、美味しかった。
住所 兵庫県川西市栄根1-7-5 サンメゾン戸田1F 電話 072-758-8303
営業時間 11:30~24:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-03-24 07:03 | ラーメン | Comments(6)

桂ざこばのざっこばらん

c0118393_12343236.jpg
                                                                                                                                      先日、新聞に「20代の本離れ進む」とあった。これは、読売新聞社の「読書」に関する全国世論調査の結果で、この1ヶ月間に1冊も本を読まなかった20歳代の人が、20年前に比べて2倍以上の48%だったそうだ。 確かに、ライフスタイルが変わり、インターネットの普及など、様ざまな理由もあると思うのだが…
一方、本を読む理由は「面白いから」が38%で1位だそうだ。
そういう訳で、私が今日図書館から借りてきて詠んだ本の中から「面白い」と思った本『桂ざこばのざっこばらん』の事を書きたいと思う。

桂米朝師匠の内弟子時代から現在まで、ざこばに降りかかる様ざまな理不尽な事件、師匠への想い、そして、愛する家族について、タイトル通りざっくばらんに、気取らず書かれ、1ページ目から「ざこばワールド」に引きずり込まれる。 
夫婦ゲンカ(ケンカするほど仲がいいのである。念のため)で、義理のお父さんとの三つの約束を守って、言ったセリフとは…
また、眠れぬ夜に数えてしまうものとは…
笑いあり、感動あり、意外な人物の登場ありと、最後まで、肩の力を抜いて、ニヤニヤしながら読める「面白い」一冊だと思う。
あとがきに「読んでいただいて、おおきに」とありましが、こちらこそ、「おおきに」と言いたかった。

本を読んだ後は家の近所をウオーキングだ。もちろんざこばの落語を聴きながら、笑いをこらえてしっかり歩く。今日は「阿弥陀池」と「高津の富」をいっといた。
「「阿弥陀池」とは、友達にかつがれ、何とか仕返しをしようと他所へ行き、受け売りの話をとんちんかんに喋るところが笑える。「「阿弥陀が行け(池)と言いました」というのが2回出てきて、落ちが2つあるような落語である。
ざこばは朝丸時代にテレビの「ウイークエンダー」などで活躍した。「動物いじめ」の噺は面白いが、動物愛護団体から文句の出そうな話である。威勢のいい語り口の面白落語が似合う噺家である。

by nozawahitoshi | 2010-03-23 06:49 | 読書 | Comments(4)

神社を訊ねて その18 長洲天満宮      尼崎市

c0118393_11321286.jpg

春の3連休、今日は「隣町散策」で非日常を味わおうと、電車を2本乗り継いでJR宝塚線(東海道線)の尼崎駅で下車し、南に歩いて15分の天満神社、通称「長洲天満宮」を訪れてみた。ここが正面の鳥居である。
c0118393_11361237.jpg

手水舎。か細い水がチョロチョロと今にも止まってしまいそうな様子で流れていた。
c0118393_11373894.jpg

境内は南北に細長く、掃除が行き届いてキレイだった。右が社務所で閉まっていた。
c0118393_11391526.jpg

東門の鳥居の向こうには、宮司さんが住んでいるような家が見えた。
c0118393_11402389.jpg

神社のぐるりを1周してみた。御神木が立派。創建当時(400年前)に植えられたものだろうか?
c0118393_1142230.jpg

本殿。
御祭神の菅原道真公(菅公)は学問の神様として尊崇を集められたお方。道真公が筑紫の大宰府に左遷されて、この長洲の浦に船を停めしばらく安居された時、村の主は道真公から、
人しれず 移る泪は 津の国の 長洲と見えて 袖ぞ朽ちぬる と書かれた自画像をいただいたという。
本殿は一間社流造、桧皮葺で慶長12年(1607)の建立で、桃山時代の貴重な文化財である。
c0118393_11505071.jpg

本殿の傍らにあった常夜燈に刻まれた文字「安政4年」(1857)という年は、福沢諭吉が蘭学塾(後の慶応義塾)を創立させた年である。
c0118393_11532345.jpg

正面の鳥居の横にある、菅公足洗いの池。
大宰府に左遷される道中、船で淀川を下り神崎川を経て大物が浦で潮待ちのため下船し、砂浜を長洲の里に向かい散策している時、道真公の足元が砂で汚れていたので、村の老婆が見かねて池の水で足を洗い清めたのがこの池である。
c0118393_11594398.jpg

長洲天満宮の由来が書かれている。
c0118393_1211248.jpg

帰りは尼崎市バスでJR尼崎駅に行き、三宮を神戸の彼女たちとうろつき、夕方から新開地で飲み会が待っているのである。
このたびは 幣(ぬさ)もとりあえず 手向山(たむけやま) もみじの錦 神のまにまに
という菅原道真の有名な百人一首を思い出していた。菅公(くわんこう)って確か書いてあったように記憶している。道真公が奈良の天皇に会いに行く時作った歌である。
住所 兵庫県尼崎市長洲本通3-5-1 地図

by nozawahitoshi | 2010-03-22 08:26 | 神社を訊ねて | Comments(0)