ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
たんすにごんさん、毎度で..
by ちゅらおっさん at 19:05
はま寿司のカキフライ軍艦..
by たんすにごん at 12:44
池D君、ありがとうござい..
by ちゅらおっさん at 11:27
早速のご返答ありがとうご..
by 池Dクン at 14:07
池D君、お久しぶりでござ..
by ちゅらおっさん at 11:57
ご無沙汰しています。長女..
by 池Dクン at 18:18
山田はん、こういうチープ..
by ちゅらおっさん at 12:18
灯台下暗しとは言い得て妙..
by ちゅらおっさん at 19:14
わあおー、待ってましたわ..
by 山田 at 18:57
美味しかったですね!気軽..
by にこぴ at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


神社を訪ねて その24 蒲田神社      東三国

c0118393_11555666.jpg
                                                                   今日は地下鉄御堂筋線・東三国駅から歩いてすぐの蒲田神社(かまたじんじゃ)を訊ねた。
c0118393_11562714.jpg

本殿裏には「蒲田千年楠」が凛と巨大な影を作るように立っている。
c0118393_1158383.jpg

それよりも驚いたのが切り株の上に祠が乗せてある、巨大な御神木の切り株であった。
蒲田神社(かまたじんじゃ)由緒略記
宇賀御魂神(うがのみたまのおおかみ)は伊勢の外宮(豊受大神)または稲荷大神と異名同神で、五穀をはじめ食べ物や衣服のもととなる蚕や屋船(建造物)など、衣食住を司り守護される。
別雷神(わけのいかづちのおおかみ)は京都賀茂別雷神の御名を(上賀茂神社)とも申し土地開拓守護と雷の御神威により火鎮の厄除守護神と仰がれている。
c0118393_1214953.jpg

祭襠日
春まつり 四月二十四日
秋まつり 十月二十四日
c0118393_126134.jpg

別雷神(わけのいかづちのおおかみ)勧請の古伝は、人皇第六代円融天皇の天禄年間、社伝に依ると藤原時代前期天禄の頃、播州室明神は京都の上賀茂の社の御分霊をお迎えし、播州の国へと船旅にて当地通過の臍、つむじ風に遭遇のため、当社で「風待ち」をされた。その御縁で当地にも勧請申し上げお祭祀申したとここに伝える。
c0118393_1281887.jpg

御社名と地名、そして大樹の杜
足利時代(南北朝)に入って、当地を仏生院の村と称し、当社は字(あざ)室(むろ)にあり、「室の社(むろのやしろ)」と、また「稲荷社」とも呼ばれていた。明治に入り明治四十二年より大字・蒲田の字から「蒲田神社(かまたじんじゃ)」と号す。
現在も元気に茂る千年楠(樟)の大樹
樹齢千年と伝える一株と六百数十年の株、他、数百年の樹々が繁茂して、室を覆い昼なお暗い境内であったと言い伝わっているが、今はその楠も減りずいぶん明るい境内になっている。
住所 大阪市淀川区東三国2-18-12 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-31 07:01 | 神社を訊ねて | Comments(0)

カレーライスの印度屋    千林店

c0118393_10334637.jpg

先週に引き続き今回の土曜日も仕事であった。快晴で湿度が少なく爽やかなまさに「登山日和」。今日は守口から玉造のお得意さんに行く途中、国道1号線沿いの地下鉄千林大宮駅の近くの「カレーライスの印度屋」にお邪魔した。昨年の12月22日以来の訪問である。
c0118393_10392563.jpg

店の入り口に「千林カレー」の看板が出ていたので、新製品好きの私は「いただこうじゃないの」と店に入った。
c0118393_10413610.jpg

カレーの日替りセット735円も健在だった。
c0118393_10422676.jpg

今日のちゅらおっさんカレーライスの印度屋定食はこちら。
c0118393_10431797.jpg

千林カレー500円。
c0118393_10435497.jpg

ワカメサラダ(土曜日の日替りサラダ)と、
c0118393_10444062.jpg

コンソメスープはどの料理にもついていて、コンソメスープはおかわり有りだった。
c0118393_10462996.jpg

フライドポテト・オニオンカレーの上に、
c0118393_10471961.jpg

焼きトマトという聞き慣れないのが4切れ、ゴロゴロと乗っかってる。
c0118393_1048327.jpg

それにパパド。これは豆の粉を薄くのばして作られたインド風の揚げせんべい。これを手でバリッと割って食べるのだが、適度に効いた塩味と香辛料の香り、そして豆の香ばしさが口の中に広がって病み付きになる美味しさ。う、うまあーい!
c0118393_10574244.jpg

福神漬をトッピング。
c0118393_10582586.jpg

焼きトマトは初めての食感。生暖かいので少々不気味。
c0118393_10592430.jpg

フライドポテトとカレーをいただく。う、うまあーい!か、辛ーい!
c0118393_1105570.jpg

次にライスをプラスして。突き抜ける辛さ。う、うまあーい!か、辛ーい!
c0118393_1125476.jpg

オニオンをいただく。か、辛ーい! 水、水!ここのカレーは普通でも相当な辛さで、水が美味しく感じられる。
c0118393_1151673.jpg

ご馳走様でした。今日は暑かったので辛いカレーでも食べて暑気払いを計った。食べ終わった後も口の中がヒリヒリし、何杯水を飲んでも収まらなかった。
c0118393_1181897.jpg
c0118393_1183244.jpg

なので、食後のデザートは近くのコンビニで買ったガリガリ君の新製品「レモンスカッシュ」62円を車の中でいただいた。
c0118393_11101494.jpg

ガリッ、う、うまあーい!冷たーい!
住所 大阪市旭区大宮3-19-20 電話 06-6953-5535
営業時間 11:00~23:00 無休 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2

by nozawahitoshi | 2010-05-30 07:04 | カレー | Comments(4)

さぬきうどんめんむす   深江橋店

c0118393_19161052.jpg

今日は大今里のお得意さんに行く前に、深江橋の「さぬきうどん・めんむす」に立ち寄った。昨年の11月7日以来、2度目の来店である。
c0118393_19175392.jpg

お盆を置く長いレーンの奥には、いろんなおかずがずらっと並んでいて目移りしてしまう。
c0118393_19192193.jpg

今日のちゅらおっさんさぬきうどんめんむす定食はこちら。
c0118393_21292641.jpg

かけうどん(中)210円。うどん玉が2玉。天かすと鰹節をトッピングする。
c0118393_21311612.jpg

鶏の天ぷら137円。今日は太るのを覚悟でマヨネーズをつけていただくとしよう。
c0118393_21331119.jpg

冷奴84円の合計431円。安っすー!
c0118393_21342891.jpg

かけうどんには柚子唐辛子をしこたまかける。
c0118393_21352874.jpg

うどんのコシ、エッジは申し分なく、麺そのものが、う、うまあーい!
c0118393_21372693.jpg

お出汁もええ味出してる、う、うまあーい!
c0118393_2138309.jpg

冷奴に醤油をかけ、
c0118393_21391234.jpg

いただいてみると、大豆の香りがプーンと臭って、う、うまあーい!
c0118393_21405195.jpg

鶏の天ぷらにはマヨネーズがよく合う、う、うまあーい!
c0118393_21422171.jpg

ご馳走様でした。めんむす、安くて美味くて、何度でも来たくなるお店の一つである。
c0118393_2143513.jpg

午後1時というのに店内は何故かがら空きであった。ちょっと、信じられないのである。
住所 大阪市東成区深江北3-1-9 電話 06-6977-7061
営業時間 11:00~23:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-29 06:56 | うどん | Comments(2)

松屋の豚めし野菜セット      門真店

c0118393_8404359.jpg

今日は門真のお得意さんに行く途中、163号線沿いにある松屋に立ち寄った。私の目の前に「U字工事のどちらかに」クリソツの丸坊主の男性が現れ、先にお店に入っていった。もうすぐ6月だというのに、気温は20度に達していない肌寒い日々が続く昨今である。
c0118393_8415930.jpg

実は5月7日に松屋でフレッシュトマトカレーを食べた時に、新製品の「鶏めし」を目のあたりにし、「どんなんかなあー」と笑福亭仁鶴の物真似をしやって来たのだったが、あにはからんや「鶏めし」はもうすでに姿を消していて、新製品の「鮪丼」がのさばっていたのであった。
c0118393_848492.jpg

いつもの見慣れた券売機でチケットを購入。
c0118393_8493361.jpg

今日のちゅらおっさん松屋定食はこちら。豚めし野菜セット(並)430円。ヤッスー!
c0118393_8505613.jpg

豚めし。697Kcalは私のブログに初登場。15年位前に北海道の新得で食べて以来だ。
c0118393_8525681.jpg

野菜サラダ。25Kcal。
c0118393_8533558.jpg

みそ汁。41Kcal。
c0118393_854343.jpg

生玉子。79Kcalの合計842Kcal.
c0118393_8555098.jpg

玉子を割ってみるとこんもり盛り上がっている。いかに新鮮かが判るのである。
c0118393_857544.jpg

まず、紅生姜を切手収集のピンセットのようなもので適量摑み、
c0118393_8591826.jpg

豚めしにかける。ピンセット捌きの下手な私は少し「いらっと」する。
c0118393_905375.jpg

次に野菜サラダにフレンチドレッシングをかける。
c0118393_915789.jpg

豚肉をまずいただく。甘辛い旨みがええ感じ、う、うまあーい!
c0118393_934299.jpg

溶き玉子を豚めしの上におしゃまんべんなく回しかける。
c0118393_944661.jpg

紅生姜と玉子と豚肉をかき混ぜていただく。う、うまあーい!
c0118393_955565.jpg

野菜サラダが新鮮なのには感動をおぼえる。最近キャベツが高くなったので、キュウリやレタスがやたらと多いが、これも、う、うまあーい!
c0118393_98595.jpg

みそ汁はサービスだけど、ちゃんとワカメや薄揚げが入れてある。
c0118393_99358.jpg

ご馳走様でした。牛めしと豚めし、どちらが美味いかと聞かれたら当然牛めしであるが、夏バテ防止になるビタミンB群が多く含まれている豚めしは、これからますます暑くなってくる季節にピッタリの食べ物ではないだろうか。それに牛肉より安いし。
住所大阪府門真市下島町30-13 電話 072-887-7678
24時間営業 無休 地図
 以前の松屋

by nozawahitoshi | 2010-05-28 06:53 | お昼ご飯 | Comments(2)

しげみ食堂     箕面今宮

c0118393_19154592.jpg

今日は171号線、箕面の今宮交差点の近くにある「しげみ食堂」に初めてお邪魔した。私のよく見るブログに「この店、NO.1です」とコメントがあったので、前から一度入ってみたいと思っていた店である。
c0118393_191917100.jpg

店に入った時2人の先客が居たが、食べ終わって出て行ったので店内をカメラに収めていると、矢継ぎ早に3人のお客がまた入ってきたのでぶれてしまった。カウンター10、テーブル12の全22席のキャパ。70歳くらいの老夫婦が2人で店を切り盛りしていた。この地で43年やっているそうである。
c0118393_19521273.jpg
c0118393_1952238.jpg

黒板に書かれたメニュー。ごはんは中小同じ金額である。
c0118393_19533239.jpg

今日のちゅらおっさんしげみ定食はこちら。魚フライ(さば)付き豚汁(ミニ)定食650円。めっさ豪華なのでびっくり。ごはんが多すぎたので、半分に減らしてもらった。
c0118393_1956266.jpg

これが「しげみ食堂」の名物、豚汁である。
c0118393_195753.jpg

横から見ると解かるように、とにかくてんこ盛りなんである。一体どこが豚汁(ミニ)なんだと言いたい。
豚肉、もやし、白菜、玉ねぎ、さつまいも、かまぼこ、こんにゃく、かぼちゃ、ねぎと9種類
の具沢山。
c0118393_2001674.jpg

魚フライ(さば)だけかと思ったら、いろんなおかずが盛ってあってまったく想定外だった。
c0118393_2022239.jpg

まず、てんこ盛りの豚汁には七味唐辛子でしょう。
c0118393_2031427.jpg

おかずは出汁巻き玉子。
c0118393_2034890.jpg

大葉の天ぷら。
c0118393_2041446.jpg

関西限定の紅生姜の天ぷら。
c0118393_2045570.jpg

何故かハム2枚。
c0118393_2052777.jpg

ピンぼけたが、さばのフライ。脂がのって、う、うまあーい!
c0118393_21555411.jpg

豚汁も、う、うまあーい!
てんこ盛りなので、食べても食べてもなかなか減らない。
c0118393_2158620.jpg

いっぱい食べたと思っても、まだこれだけ残っている。全部食べる事が出来るか心配になってくる。
c0118393_21595914.jpg

ご馳走様でした。やっとこさ食べ終えたという言い方が正しい。ごはんを半分にして正解だった。
住所 大阪府箕面市今宮1-7-6 電話 072-729-5516
営業時間 10:30~14:00 日祝休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-27 07:00 | お昼ご飯 | Comments(0)

春夏秋らーめん      生野区少路

c0118393_19131779.jpg

今日は布施のお得意さんに寄った後、商店街を西南に300mほど行ったところにある「春夏秋らーめん」に初めてお邪魔した。今年の4月にオープンしたてのお店である。
c0118393_19165071.jpg

オープン記念ということでラーメンが300円と、貧乏サラリーマンには嬉しい価格。テーブル4席×2、カウンター4席の全12席の小さなお店。年配のマスターが1人で切り盛りしていた。
c0118393_19193717.jpg

本日のちゅらおっさん春夏秋らーめん定食は、しょうゆラーメン300円。喜多方ラーメンと看板には書いてあったからそういうことだろう。
c0118393_19215433.jpg

薄いが美味しそうなチャーシューが1枚。
c0118393_1922386.jpg

何故か玉子焼きのスライスが入れてある。
c0118393_19233712.jpg

細いメンマが5~6本。
c0118393_19241270.jpg

キクラゲ多め。あと味海苔が1枚、ねぎ、仕上げに黒コショウがふりかけてあった。
c0118393_19255726.jpg

麺は喜多方ラーメンの平打ち麺ではなく丸い麺だが、中太やや縮れ麺(多加水麺)のツルツル・モチモチとした食感で、う、うまあーい!
スープと良く絡むこと!
c0118393_21423187.jpg

スープは尾道ラーメンのように背油が浮いていたが尾道ラーメンのスープではなく、矢張り喜多方ラーメンの素朴な鶏がら醤油のダダ辛さを感じるお味。私的には大好きな黒らーめん、う、うまあーい!
c0118393_21471673.jpg

麺をマクロで、光沢のある麺で実際いただくと弾力もあった。
c0118393_21495259.jpg

ご馳走様でした。
c0118393_21501889.jpg

唐揚げ5個100円と魅力的なお値段だが、この写真を見るとあまりにも貧相なので、発注する気にも。
店内、漫画の単行本が何百冊とあり、漫画好きには嬉しいラーメン屋さんである事は確かだ。何で「春夏秋」なのか訊くのを忘れた。今度また行って訊いてみよう。マスターが泉谷しげるのファンで、冬が苦手だったりして。なわけないか!
住所 大阪市生野区少路東3-13-5 電話???
営業時間 11:00~22:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-26 06:48 | ラーメン | Comments(2)

博多ラーメンげんこつ 川西店

c0118393_14315417.jpg

雨がザーザーと梅雨の様に降る中、川西の博多ラーメンげんこつへまたお邪魔した。
c0118393_14332018.jpg
c0118393_14332916.jpg

川西店独自の新しいメニューが続々登場。
c0118393_14342323.jpg

今日のちゅらおっさん博多ラーメンげんこつ定食はこちら。半熟煮玉子トッピングの日替り定食670円で、チンジャオロースーが今日のおかずになっていた。
c0118393_14365287.jpg

漢字で「青椒肉絲」と書く。赤ピーマン、青ピーマン、たけのこ、豚肉を炒めたもの。
c0118393_1439499.jpg

ここのチャーシューは絶品なんである。う、うまあーい!
c0118393_1441946.jpg

半熟煮玉子はトロトロ。
c0118393_14415379.jpg

青ネギどっさり、惜しげもなくぶち込んである。
c0118393_14424135.jpg

シャキシャキもやしもどっさり。
c0118393_14432083.jpg

麺は中太ストレート玉子麺で、う、うまあーい!
c0118393_14442451.jpg

半熟煮玉子をご飯の上でつぶしていただく、う、うまあーい!
c0118393_14454457.jpg

ブラックペッパーをふりかけいただくとこれまた、う、うまあーい!
c0118393_14465850.jpg

げんこつの超旨スープをかけ、煮玉子をつぶしていただく、う、うまあーい!
c0118393_14482712.jpg

ご馳走様でした。今日も美味しいげんこつのラーメンをいただき大満足。何度食べても飽きないげんこつラーメンの1号店なのである。
住所 兵庫県川西市栄根1-7-13 電話 072-755-2755
営業時間 11:00~23:30 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-25 07:01 | ラーメン | Comments(0)

「細胞から元気になる食事」  山田豊文     新潮社

c0118393_14134812.jpg
「細胞から元気になる食事」 山田豊文著 を図書館で借りてきて読み終わった。                  あなたを活かす食事、そして殺す食事とは?。故障に悩む数多くのスポーツ選手を復活に導いてきたカリスマ栄養アドバイザーが、誰もが簡単にケガ知らず、病気知らずの体を手にできる「食の改革」法を伝授。単純明快な新常識にもとづき日々の食生活を見直せば、細胞の一つ一つから「変わった!」ことが実感できるはずである。                                                               第1章 細胞から元気になる!私たちは食べたものからできている何を食べるか、食べないか食の改革」で復活を遂げたアスリートたちほか                                                第2章 今までの栄養学は間違いだらけ過剰なタンパク質は体に悪いとにかくマーガリンをやめよう正しく炭水化物をとれば太らないほか                                                  第3章 すぐに実践!栄養の新常識牛乳を飲まないRaw Foodをたくさんとろうファスティングでリセットするほか                                                                第4章 「命」と「心」を救う栄養学ミネラルでストレスに克つ栄養が「心」も支える                  第5章 あなたを活かす食事、殺す食事栄養は食事だけでは足りない細胞から元気になる食事ほか                                                    著者について山田豊文(やまだ・とよふみ)  1949年生まれ。杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー主宰。日本微量元素学会、国際微量元素学会、日本ビタミン学会、日本農芸化学会各会員。日本マグネシウム学会特別会員。岡山大学大学院農学部特別研究員(2001~2002年)。倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科講師。 渡米した際、薬を用いずに人が本来持つ自己複製能力を引き出して病状を改善する分子矯正医学に出会う。毎日小学生新聞で「親と子の栄養学」を連載、日本テレビ「おもいッきりテレビ」や「特命リサーチ200X」に出演するなど、各メディアで新しい栄養学を紹介し、食による予防医学の啓蒙につとめている。 スポーツ栄養学の分野では、プロ野球、相撲、ゴルフ、ボクシング、総合格闘技、陸上など、多くの有名アスリートの指導にあたり、故障に悩む数多くの選手を復活させるなど、その活躍を支えている。

by nozawahitoshi | 2010-05-24 07:03 | 読書 | Comments(2)

手打ちうどん瓢六(ひょうろく)   吹田市

c0118393_21404784.jpg

今日は土曜日なのに仕事なんである。「なのに」なんて言ったらうちの社長に叱られそうである。「仕事も遊びも、命懸けでやってますよ!」というわけで仕事の途中で吹田の竹園にある「手打ちうどん瓢六」に初めてお邪魔した。人生は一回しかないのでなるべく「非日常」を味わうように、新しい店を次々に開拓していくのが私のやり方である。
c0118393_2146026.jpg

瓢六さんはテーブル4、カウンター9の全13席のキャパで、ご主人とその娘らしきうら若い女の子の2人で切り盛りしているようだった。(間違っていたら、ごめんチャイ)
c0118393_21491936.jpg

メニューである。かけうどんが300円からとリーズナブルな価格。
c0118393_21505131.jpg

ざるうどんは「本日から」始めたとの事で、瓢六定食にしようかざるうどんにしようか迷ったが、
c0118393_21525075.jpg

今日のちゅらおっさん瓢六定食はこちら。そのまんま東、じゃなくて、そのまんま瓢六定食580円。うどんを湯がくのに時間がかかるのか、10分ほど待たされてやっと来た。
c0118393_7494579.jpg

わかめ、天かす、ねぎがあしらわれた熱いうどん。
c0118393_751111.jpg

ミニ親子丼。ミニといっても結構大きめ、親子丼なんぞはめっさ久し振りなんである。
c0118393_7524984.jpg

菜っ葉の小鉢ときゅうりの漬物。
c0118393_7533444.jpg

ご主人が丹精こめて作った手打ちうどんの麺はやや細い。
c0118393_7555711.jpg

いつもは讃岐うどんで、それに慣れてしまっているので違和感を感じるが、讃岐うどんほどのコシはないが、しっかりとエッジは立っているし何と言っても艶やかな麺がここの持ち味。
c0118393_803680.jpg

お出汁は甘すぎず辛すぎず、旨みが効いた上品なお味、う、うまあーい!
c0118393_8221.jpg

親子丼は玉子のフワフワ、トロトロ感と鶏の旨みが交差して、う、うまあーい!
c0118393_842250.jpg

小鉢の菜っ葉と薄揚げの美味い事!
c0118393_85830.jpg

ご馳走様でした。お出汁は全部飲み干したいくらい美味しいのであるが、健康を鑑み「塩分控えめ」ということで残す事にした。お客が絶え間なく出入りを繰り返すほどの、隠れた吹田の手打ちうどんのお店の一つなんである。
住所 大阪府吹田市千里山竹園2-25-2 電話 06-6384-3277
営業時間 11:00~21:00 月曜定休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-23 10:06 | うどん | Comments(2)

餃子の王将     淡路西口店

c0118393_19123583.jpg

今日は淡路のお得意さんに寄った後、阪急淡路駅西口から徒歩1分の、昨年6月22日にオープンした「餃子の王将」へ初めて立ち寄った。気温は28度と夏日のような暑さ。
c0118393_19144989.jpg

店内はまだ新しいせいか、すっきりとして清潔そのものであった。
c0118393_19155164.jpg

実は新聞の片隅に印刷されていた餃子のタダ券を使うためにやって来たのであった。
c0118393_19171469.jpg

今日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
c0118393_19175832.jpg

焼きそば367円と、
c0118393_19182532.jpg

餃子1人前6個210円だけど、タダ券を使ってタダ。
c0118393_19191973.jpg

焼きそばの麺はやや太めの平打ち麺。
c0118393_1920861.jpg

豚肉が3切れ。王将の豚肉は普通脂身が多いが、ここは赤身を使っていた。
c0118393_19213775.jpg

キャベツは強火で炒めているのでシャキシャキと歯応えがいい。
c0118393_19225377.jpg

彩りのよい人参。ベータカロチンたっぷり。
c0118393_192348100.jpg

玉ねぎともやしも歯応えがいい。
c0118393_19242314.jpg

王将特製の秘伝のタレをつけて、
c0118393_19251667.jpg

底はパリッと中はジューシーな餡が、う、うまあーい!
c0118393_19262186.jpg

ムカデミノウミウシのようなキクラゲを1本発見。
c0118393_19271747.jpg

ご馳走様でした。焼きそばと餃子。うん?何かが足りない。そうなんである、ビールである。が、仕事中だし車も運転しているし無理というもの。今度の休日、近所の王将で焼きそばと餃子で「昼のみ」するぞー!
住所 大阪府東淀川区淡路4-4-8 電話 06-6324-0418
営業時間 1:00~22:30 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-22 19:07 | 中華料理 | Comments(2)