ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


居酒屋かどや   福島

c0118393_1162219.jpg

夜の帳が降りようとしている夕方の6時半、前の会社の東京時代からの後輩、池D君とJR環状線福島駅で待ち合わせ、
c0118393_1194239.jpg

粉糠雨のしょぼ降る中、福島聖天通りを小走りに歩くこと約1分。美味しい酒と肴を求めてやってきたのがここ。私のお酒の聖地「居酒屋かどや」さんである。
「福島って駅、初めて来ましたわ。ここがちゅらおっさんの飲みブログのネタ元ですか?」
「御意、ダイビング仲間達と何年か前から、随分開拓してきた福島よ。今もなお、新陳代謝を繰り返している居酒屋のメッカや」
c0118393_11162364.jpg

3月15日,ダイビング仲間の和ちゃんや、前の会社の先輩のM本さん、後輩のTちゃんとここでホワイトデー飲み会をして以来、やや久しぶりの来店になる。
c0118393_11183068.jpg

今日は予約しないできたので、いつものテーブル席を見ると満席になっていた。仕方ないので、このお店に来て以来初めてカウンター席に2人で座る。
こちらが卓上にあったメニューのほんの1部である。(写真をクリックすると拡大します)
目の前の厨房を覗くといつもの愛想のいいマスターがいない。ママのチーちゃんに訊くと、
「雇われマスターやったんです、あの人。少し前に辞めはりました。今のが本当のマスターなんです」との事。
c0118393_11255531.jpg

久しぶりの再会を祝って、サントリーのザ・プレミアムモルツ中生350円で、
お疲れサマーズもやもや大竹、カンパーイ!ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「はいはい、なるほど、そうやっていつも写真を撮られているんですね。そしてメモ書きまでして。
ほおーっ、値段までちゃんと書いて、マメですね」
「これがもう日常茶飯事になってもたわ、はっはっはー」
c0118393_11312484.jpg

池D君の発注したおでん、玉子80円、大根150円、ごぼ天100円、ちくわ100円が到着。
「あと3年で定年ですわ。会社は相変わらずですわ。人事部長が◎◎さんになり、営業部長が△△さんになり、◇◇さんは亡くなりました。」と、今の会社の状況を話し出すTちゃんと同期の池D君。
時たま彼の言う人物の中に、
「え、その人って誰?ワシ知らんわ」を繰り返す私。
Y岡が2人、N岡が2人、どっちがどっちのY岡なのかN岡なのか区別がつかなくなる私であった。
c0118393_11411356.jpg

その私が発注した、どて焼き280円が到着。このアテだけでビール5~6杯は飲めるのである。
c0118393_11424611.jpg

池D君の発注した、おでんのロールキャベツ150円も遅れて到着。
東京の下赤塚の話や、北海道の恵庭の居酒屋で彼の家族と私の家族が一緒に食事をした話、お互いの結婚式と2次会の話などで盛り上がる。話題は山ほど有り、会話が全然途切れない。
c0118393_11474455.jpg

話が面白いものだから、ビールもすこぶる美味しく、どんどんおかわりをしちゃうのである。
c0118393_1148435.jpg

池D君の発注した、マカロニサラダ180円。
c0118393_11493336.jpg

私の発注した串カツ。左から玉ねぎ80円、大海老180円、豚100円。
c0118393_11504357.jpg

大海老にソースをつけていただく。身がプリップリで、う、うまあーい!
c0118393_11525665.jpg

池D君、ビールからチューハイレモン250円にチェンジ。
「昔、君は、童門冬二の上杉鷹山を読んで感動したとか言ってたよね」
「え~、そんなことまで覚えたはるんですか、すごーい!」
「ワシも童門冬二はよく読んだけど、やっぱり司馬遼太郎の方が好きやな」
「東京の頃、徳川家康の『人の人生は 重き荷を負うて 遠き道をゆ往くが如し』って、よく言ってましたね」
「ほうじゃったかのー、ほっほー!」
c0118393_1211260.jpg

私の発注した、おでんの厚揚げ100円とごぼ天100円。
「下赤の薬剤師もよく変わったなあ。春日、篠原、浜元、黒木、小幡も応援に来とったなあ」
「浜元さん、今どないしてはるんやろ?」
「東上線の大山の駅から歩いて5分の彼女の家に、ワシら2人呼ばれて飲み食いしたの覚えてる?
新婚さんの彼女の旦那が『うちの嫁は気が弱いので、あまりいじめないでください』って、ワシらにお願いしとったやんか」
「ええ、浜元さんの家なんか行きました??」
「小幡チャーミーと東京で飲み会やろうや!」
「H間さんと私とちゅらおっさんと4人で!」
c0118393_12113195.jpg

アテの仕上げにと、池D君が発注したうつけ者、もとい、お漬物。うつけ者は私でしたわ、ふふ。
c0118393_12133780.jpg

夕方の6時半から10時半まで4時間、延々と飲みまくり、喋りまくり、食べまくった2人は、放っておくと朝まで続きそうなので、このへんで意を決してお開きに。
「今度はダイビング仲間の和ちゃんと一緒に飲もうか」
「ええ、是非お願いします」
若干後ろ髪を引かれる思いであったが、居酒屋かどやはまた次回ということに。
お店を出ると、いつしか粉糠雨も止み、活気を呈する福島の街を尻目に殺し、駅に向かってトボトボと千鳥足でゆくオッサン2人の姿がそこにあった。
住所 大阪市福島区福島7-4-30 サンビーム福島1F 電話 06-6147-9868
営業時間 17:00~翌3:00 日曜定休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6

by nozawahitoshi | 2013-06-30 06:52 | 居酒屋 | Comments(0)

コトブキカレー   吹田

c0118393_1810371.jpg
c0118393_18104413.jpg

今日は吹田のお得意さんに行った後、そこから車で2分のところにある「コトブキカレー」に約半年ぶりに伺った。6度目の来店になる。吹田の寿町にあるから「コトブキ」カレー。いっそのこと「吹田カレー」にしたら良かったのに。
今晩6時半から福島で、前の会社の東京時代からの後輩、池D君との久方ぶりの飲み会があるのでやや早めのランチとなった。
c0118393_18132289.jpg
c0118393_18133227.jpg

こちらがコトブキカレーのメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_18161383.jpg

お店はL字型カウンターの全8席のこじんまりしたキャパ。このお店はオニイサン一人でやってるので、これくらいが限度だろう。
c0118393_18181632.jpg

本日のちゅらおっさんコトブキカレー定食はこちら。
c0118393_18221558.jpg

からあげカレー650円。前々回いただいて、とても美味しかったので、また発注したのだった。
c0118393_18244767.jpg

千切りキャベツのサラダ付き。人参ドレッシングがかかっている。
c0118393_182541100.jpg

カレーのルーには、牛肉、野菜、数種類のスパイスが溶け込んでいて、
c0118393_18275480.jpg

粉末パセリがライスの上に振りかけられている。
c0118393_18283955.jpg

からあげは揚げたてのこういうのと
c0118393_18291153.jpg

こういうのの2つ。時間をおいて冷まさないと、やけどするくらい熱いのである。
c0118393_18301083.jpg

では、カレーをいただきまーす。スパイスの1つであるカルダモンが前よりたくさん入っているみたいで、お口の中が痺れる辛さ。でも、辛くて、う、うまあーい!
c0118393_1832637.jpg

卓上に福神漬があったので、これくらいもらう。
c0118393_18325349.jpg

辛さのアップするパウダーもあったので、
c0118393_18332925.jpg

遠慮なくこれくらいかけて、激辛のカレーを楽しもう。
c0118393_1834161.jpg

からあげとカレーをいっぺんにいただく。いやー、実に辛くって、う、うまあーい!
c0118393_18351571.jpg

どういうわけだか、福神漬もカレーによく合う。
c0118393_1836294.jpg

サラダも新鮮で、う、うまあーい!
c0118393_18363452.jpg

御馳走様でした。まさに進化系のお店で、来るたびにカレーのお味のレベルが上がってきて、だんだん美味しくなってきている。
実はここだけの話だが、コトブキカレーは吹田市の中でも1.2を争う絶品カレー店なのである・・ふふ。
住所 大阪府吹田市寿町2-4-10 電話 なし
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00 日曜休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5

by nozawahitoshi | 2013-06-29 07:07 | カレー | Comments(0)

餃子の王将 伊丹緑ケ丘店

c0118393_9562152.jpg

今日は宝塚から吹田に向かう途中,伊丹の国道171号線沿いにある「餃子の王将・伊丹緑ヶ丘店」に初めて伺った。駐車場は20台のキャパがあるので、入りやすく安心だ。
c0118393_1165815.jpg
c0118393_117694.jpg
c0118393_1171416.jpg
c0118393_1172251.jpg
c0118393_1173067.jpg

こちらがオリジナルメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1172739.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
c0118393_11874.jpg

餃子1人前210円と
c0118393_1183285.jpg

ガーリック炒飯450円の合計660円。ガーリック炒飯はブログ初登場である。
c0118393_1193539.jpg

それに、ご飯モノについてくるスープ。
c0118393_11102810.jpg

まずラー油を入れた王将特製のタレに餃子を浸し、
c0118393_11112323.jpg

いただく。外側がバリバリで、中の餡はジューシーで、う、うまあーい!
c0118393_11134025.jpg

油で揚げたガーリックスライスと玉子が具材の炒飯。さてどんな味がするのだろうか?
c0118393_11135735.jpg

では、いただきまーす。ガーリックスライスは湿気った薄いおせんべいのような食感で、それが炒飯の中に入ると何ともややこしいお味と食感に・・・・。
だめだこりゃ。新しいもの好きの私はこのところ4連敗である。
c0118393_1117182.jpg

片栗粉でトロトロになったスープは、う、うまあーい!
c0118393_111848.jpg

半分位いただいたが、ガーリックのきつい匂いとそれが歯に挟まって大往生。
c0118393_11195196.jpg

一体こんな炒飯、誰が思いついたのであろうか。
c0118393_11202954.jpg

ゴチでした。新しいものにとびつくのはいいが、これからは大体の予測はつけてからにしよう。
因みに、京都の西大路五条の交差点の南東にある王将では、ガーリックライス400円というオリジナルがあるそうだ。果たしてお味は?
住所 兵庫県伊丹市緑ヶ丘1-205-1 電話 072-785-2188
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-28 06:57 | 中華料理 | Comments(0)

うまいラーメン エース軒   伊丹市

c0118393_9204940.jpg

今日はまたご多分に漏れず「うどんとラーメンばっかりのブログ」である。
どういうわけか、醤油ラーメンの美味しいのが無性に食べたくなり、伊丹市の荒牧南にあるラーメン店「エース軒」にまたお邪魔したわけである。昨年の12月に来て以来、やや久しぶりということになる。
c0118393_928127.jpg

こちらがエース軒のメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1048933.jpg

本日のちゅらおっさんエース軒定食はこちら。
c0118393_9301156.jpg

醤油ラーメン630円と
c0118393_9303746.jpg

ミニチャーハン157円の合計787円。
c0118393_9311483.jpg

醤油ラーメンにはネギがどっさりんこと入って
c0118393_931538.jpg

シャキシャキのもやしが多めで
c0118393_9322180.jpg

7~8本のメンマと
c0118393_9324688.jpg

豚バラ肉チャーシューが3枚
c0118393_9331522.jpg

麺は中細ストレートの玉子麺
c0118393_9341497.jpg

スープは見事に真っ黒け。
c0118393_9351622.jpg

では、いただきまーす。濃口醤油のまったりした旨さが中細の麺に絡んで、めちゃ、う、うまあーい!
c0118393_9365368.jpg

柚の香りがすると思ったら、やっぱり柚子の皮が入っていた。
c0118393_9381997.jpg

玉子とネギと刻みチャーシューが具材のチャーハン、パラパラっと仕上がっていて、う、うまあーい!
c0118393_103076.jpg

刻み海苔と
c0118393_10304059.jpg

辛味ニラをトッピング。
c0118393_10311924.jpg

いただきまーす。さっきより一段と美味しくなった。海苔の風味とニラの青々しさが加わって、う、うまあーい!
c0118393_10325257.jpg

チャーシューは柔らかくって、これも、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10333894.jpg

御馳走様でした。一度食べたらクセになるとはよく言ったもので、エース軒の醤油ラーメンとチャーハンは絶品の美味さである。
住所 兵庫県伊丹市荒牧南3-3-3 電話 072-775-0141
営業時間 11:00~翌1:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9

by nozawahitoshi | 2013-06-27 06:54 | ラーメン | Comments(2)

LA LANTERNA di Genova(ラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町

c0118393_8291623.jpg

今日は中崎町のお得意さんに寄ったついでに、路地裏にあるお店でランチをとった。
c0118393_8321610.jpg

地下鉄谷町線「中崎町」駅から北へ徒歩2分のところにあるイタリア料理店「ラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ」というお店に初めて伺った。。
ジェノバのランタン(灯、灯台)という名のお店である。
c0118393_837097.jpg

中崎町の隠れ家的なお店で、入口もすごくオサレでかっこいい。
c0118393_8354213.jpg
c0118393_8355389.jpg

こちらがお店の外に出ていたメニューで
c0118393_838555.jpg

こちらが店内のメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_8385727.jpg

大東亜戦争で焼け残った古民家を改装した、オサレでいかにも女子が好みそうなお店である。
c0118393_8402021.jpg

大きな水差しになみなみと入れられたアクア(水)が運ばれて来た。
c0118393_8414085.jpg

本日のちゅらおっさんラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ定食は、Aセット950円。
アンティパスト+パスタのセット。
アンティパストが運ばれて来た。お店の中は非常に暗いので、こんな感じの写真になった。
お店は若い女性のイタリア人シェフと、接客係のオニイサンの2人で切り盛りされていた。
c0118393_846761.jpg

アンティパストはブロッコリーのオリーブオイル漬けと
c0118393_8464956.jpg

かぼちゃのソテー、
c0118393_8493463.jpg

人参のグラッセ、
c0118393_850237.jpg

具だくさんのフリッタータに
c0118393_8503445.jpg

ワカサギのカルピオーネ。カルピオーネとはイタリア語で南蛮漬けのことである。
c0118393_8521483.jpg

インサラータのリーフにはバルサミコ酢とドレッシングの2種類がかかっていて、アンティパストはどれも上品で旨みたっぷり。う、うまあーい!
c0118393_855989.jpg

食べ終わった頃に、私が3種の中からチョイスしたパスタがやってきた。
c0118393_8564532.jpg

和歌山の完熟トマトとナスのパスタ。
c0118393_8582615.jpg

ナスが7~8切れ。
c0118393_8585591.jpg

ナスの下には完熟トマト。
c0118393_8592960.jpg

全体にパルミジャーノ・レッジャーノの粉がふりかけられていた。
c0118393_903265.jpg

アル・デンテに茹で上げられたプリップリの1.6mmのスパゲッティーニ。
c0118393_9211.jpg

では、いただきまーす。完熟のポモドーロ(トマト)とチーズ、オリーブオイルがうまく融合して、めっちゃ、う、うまあーい!
今まで食べたパスタの中で3本の指に入るくらい美味しすぎる!
c0118393_944546.jpg

ナスとパスタを一緒にいただく。ぐっさ、う、うまあーい!
c0118393_953999.jpg

このナスをアテにワインを飲んだら、相当いけそうなくらい、う、うまあーい!
c0118393_97473.jpg

御馳走様でした。最初、パンもドリンクも付かないのに950円はいかがなものかと思ったが、クオリティの高いアンティパストと美味しすぎるパスタをいただいたあとは950円は安いと思い直した。
若いイタリア人の女性シェフが作るランチは、本場ジェノバの美味しさを彷彿とさせるものだった。
私にとって、また是非伺ってみたいお店がもう1軒増えた。
住所 大阪市北区中崎3-2-8 電話 06-6371-0606
営業時間 11:30~22:00 月曜定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-26 06:54 | イタリアン | Comments(0)

2013年6月西表島ダイビング4日目昼 日本そば ひらのや 石垣市

c0118393_9473561.jpg
c0118393_9474331.jpg

西表島ダイビングの最終日の4日目、西表島の上原港から安栄観光のサザンスターに乗った私と京都のHさんの2人は石垣島に渡った。石垣島離島ターミナルから歩いて5分のところにある、日本最南端の図書館である立派な建物の石垣市立図書館でしばしお勉強。午後1時になったので、お昼ご飯を食べようと
c0118393_95963.jpg

2人は図書館から歩いて5分の石垣市役所の向かいにある、「最南端生蕎麦処ひらのや」にやって来た。石垣島で唯一、日本蕎麦がいただけるというお店である。お店はカウンター7席、テーブル3つの12席、お座敷1つの8席の全27席のキャパを誇る。
c0118393_1033891.jpg
c0118393_103465.jpg
c0118393_1035553.jpg
c0118393_104392.jpg

こちらがひらのやのメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1045281.jpg

ランチサービスをやっっていたので、
c0118393_105678.jpg

その中から、京都のHさんは、Aの精進天丼セット750円。
c0118393_1085419.jpg

精進天丼と
c0118393_109359.jpg

+50円で冷たいざるそば、合計800円。
c0118393_10102720.jpg

私はBの冷やし精進セット800円。
c0118393_10112215.jpg

冷やし精進そばと
c0118393_10115154.jpg

いなり2個のセット。
c0118393_1012434.jpg

今しがた包丁で切り刻んだなかりのねぎと、本物のワサビが付いている本格派。
c0118393_10152685.jpg

その横にあったお出汁をおしゃまんべんなくそばにふりかける。
c0118393_1016486.jpg

天ぷらは、かぼちゃに
c0118393_10163050.jpg

茄子、
c0118393_10164934.jpg

ししとう、
c0118393_1017681.jpg

ゴーヤー、
c0118393_10172648.jpg

カニカマ、
c0118393_10174489.jpg

ちくわ。
c0118393_1018846.jpg

そばはエッジの立ったコシの強い平打麺。
c0118393_10184834.jpg

では、いただきまーす。めっちゃ、う、うまあーい!滅多にそばは食べない私であるが、ここのそばの美味しさはただものではない。
c0118393_10193260.jpg

いなりも、めっちゃ、う、うまあーい!こんな美味しいいなりを出すお店なんだ、ここは。
c0118393_10221063.jpg

御馳走様でした。いやー実に美味しかった。が、料理が運ばれてくるまで20分以上待たされた。
それもそのはず、ここは大将と接客係のオネエサンの2人しかいないのだ。だから相当待たないと食べることができない。石垣島の島人気質は、ここでよくわかった。大阪だと大変なことになるだろう。
c0118393_10264019.jpg

c0118393_10265276.jpg

最後に、今年の3月7日に海港した新石垣空港をカメラに収め、西表島ダイビング全8話を終了する。
ご愛読、あざあーした。
住所 沖縄県石垣市美崎町13-5 電話 0980-82-8013
営業時間 11:00~22:00 不定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-25 06:50 | 西表島 | Comments(0)

2013年6月西表島ダイビング3日目夜 琉球酒菜くくるくみ

]
c0118393_11363739.jpg

c0118393_12452657.jpg

T'Sエリアというポイントで、マンジュウイシモチをマクロレンズを使ってバッチリ撮れた嬉しさが手伝い、一人で来ていた千葉の青柳さんという独身男性をボートの中で今夜の飲み会に誘った。
今回は残念ながら、愛人とは無縁のダイビングとなった。
で、私たち3人はイルマーレウナリザキに来てもらった送迎車に乗り込み、5分のところにある、住吉集落にあるホテル「ティンタカーラ」に併設されたダイニングバー「琉球酒菜くくるくみ」にやって来た。
c0118393_11533578.jpg

お店はホテルの1階にあり、私たちは一番乗りであった。なかなかオサレな、むくつけきおっさん3人には全然向いていない雰囲気の空間がそこに広がっていた。
くくるくみでは、漁師さんから直接仕入れる新鮮な島魚を刺身、沖縄風の煮魚、から揚げなどで楽しむことができる。
また、八重山の郷土料理を中心に、西表の素材を使った創作料理もいただけるというので、伺ったわけである。
c0118393_1203229.jpg

さあ、いつもの宴会の始まり始まり~。
まずは、オリオン生ビール600円で、カンパーイ!ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「明日は帰りなのでしっかり飲めますなあ」
「初めまして、千葉の青柳です。今回はよろしくお願いします」
「京都のHです、よろしこ」
c0118393_1242838.jpg

お通しが運ばれて来た。
「アーサーのカラシ揚げです」と、このお店の柴田理恵似の女性店員から説明が入る。
「千葉で思い出してんけど、千葉のH岡さんはすごい飲みっぷりやったなあ、女なのに」とHさん。
「わしがビール1杯飲んでるうちに、H岡さんは3杯くらい飲んでたもんね」
「そんなすごい女性が千葉にいるんですね」と、青柳さんが笑った。
c0118393_12113247.jpg

私が発注した、刺身西表島マグロ650円。付き合せは長命草パパイヤ。
c0118393_12132462.jpg

ワサビ醤油でいただきまーす。脂が乗って、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1215410.jpg

お通しのアーサーのカラシ揚げは生まれて初めていただく。美味しいのか不味いのかよくわからないお味。
「で、青柳さんはいつもどこで潜ってるんですか?」Hさんが訊いた。
「外国ばかりで、日本はここが初めてなんですよ。てか、まだ50本くらいなんですけど」
「ヒロエちゃんちゅー娘も、そんな感じやったなあ」と、一気にビールを飲み干す私。
c0118393_12225564.jpg

Hさん発注の石垣島牛ギョーザ500円。
c0118393_12232849.jpg

くくるくみの特製ダレでいただきまーす。
c0118393_12241425.jpg

やや小ぶりのギョーザだが、う、うまあーい!
「ううむ、これが石垣牛の味なんか?」と、ビールのお代わりを受け取る私。
「お仕事は何したはるのん?」青柳さんに訊くHさん。
「電気屋さんなんです」
「東芝とかパナソニックとか?」
「いえいえ、家が電気屋やってるんです。それで大阪とかにも修行に行ったことがあるんです」
初めて会った人なのに、話が盛り上がる3人。
c0118393_1232064.jpg

窓の外には神田川、もとい、バナナの木が茂っている。
c0118393_12335670.jpg

青柳さんが発注した、アバサー(ハリセンボン)の唐揚げ300円。
「これ、どうやって食べたら良いんでしょうか?」と、お店の人を呼ぶ青柳さん。
c0118393_12355918.jpg

こちらはHさん発注の、イカとゴーヤーのガーリックソテー750円。
c0118393_12363851.jpg

青柳さんはビールからパッション400円にチェンジ。
「千葉の与倉ってとこに、青柳食品ちゅう会社があるけど、親戚?」
「いや、関係ないっすね」と、手を左右に振る青柳さん。
c0118393_1240114.jpg

Hさんもビールからパインサワー650円にチェンジ。
私はオリオン専門でグビグビいく。
c0118393_12413744.jpg

Hさん、パインサワーからマンゴジュース400円に。
c0118393_12423048.jpg

9時からショップのクラブハウスでログ付があるので、早々のお開きとなった。
御馳走様でした。3人で1万円ポッキリというお会計。まっ、こんなもんか。
住所 沖縄県八重山郡竹富町上原10-647 電話 0980-85-6017
営業時間 18:00~22:00 不定休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-24 06:55 | 西表島 | Comments(0)

2013年6月西表島ダイビング 3日目昼 196~198本

c0118393_18162730.jpg

196本目 西表島シークレットガーデン 晴れ 気温32度 水温28度
今日は昨日と打って変わってピーカンのお天気。今日の1本目は、種類豊富なサンゴだらけの癒しの空間。
c0118393_1818537.jpg

クレナイニセスズメ。 ♫ 花は くれない~ ♫
c0118393_18204136.jpg

アケボノチョウチョウウオのペア。
c0118393_1821308.jpg

カクレクマノミ。映画「ニモ」で有名になった魚。すんごく臆病である。(私みたい・・・)
c0118393_18224885.jpg

こちらはハマクマノミ。タマイタダキイソギンチャクと共生する。
c0118393_18235871.jpg

そして、セジロクマノミ。口先から尾柄(びへい)部まで、背を通る1本の白いラインがある小型のクマノミ。
c0118393_18255722.jpg

ミツボシクロスズメダイの幼魚が一緒にいることが多い。
c0118393_18265559.jpg

ヤシャベラは私のお友達。私の体をグルグルと回ってくれた。
c0118393_1828252.jpg

この魚は一体何だろうか?ヒフキアイゴだとばっかり思っていたら違った。ヨスジフエダイのような測線もあるし、・・・誰か教えて!

c0118393_18303068.jpg

197本目 ハリケーンチャンプルー
c0118393_1831575.jpg

トンネルやアーチの多い地形。
c0118393_18315012.jpg

太陽の光がシャワーのよう。
c0118393_18331568.jpg

とにかくキレイの一言だ。
c0118393_1833474.jpg

出口がブルーに透けているトンネルを出ると
c0118393_18343219.jpg

セジロクマノミや
c0118393_18351233.jpg

セグロチョウチョウウオがいた。コイツは鮮やかな体色で、まず見違えることがないチョウチョウウオ。
c0118393_18363498.jpg

ハマクマノミもいた。
c0118393_1837517.jpg

だんだんカメラの扱い方がわかってきた頃、ガイドの垣内さん(カッキー)がエキジットの合図。5分間の安全停止。

c0118393_18385868.jpg

198本目 T'Sエリア
汽水域のポイントで、海の中とはまたちょっと違った魚が見られるのが嬉しい。
エントリーして、すぐにこの子を発見。ヒトスジギンポ。
目の間の2本の皮弁が、小さな角のようで可愛らしい。マクロレンズの技が冴え渡る1枚。
c0118393_18424315.jpg

こちらはネオンテンジクダイ。
c0118393_18433439.jpg

クロオビアトヒキテンジクダイをどアップで。
c0118393_1844286.jpg

このテンジクダイ、名前がわかりませーん。誰か教えてちょーだい!
c0118393_18452324.jpg

ニセアカホシカクレエビ。
c0118393_18471150.jpg

その隣にいたのが、タイヘイヨウイロウミウシ。
c0118393_1848561.jpg

ソラスズメダイ。
c0118393_18483416.jpg

そして、T’Sエリアといえば、マンジュウイシモチでしょう!
c0118393_18492620.jpg

小型で目が大きく、体つきが丸いので、成魚になっても何か幼魚のような感じのする魚である。顔つきもどことなくコミカルである。すばしこく、なかなか撮らせてくれない子だが、マクロの威力は凄すぎる。
c0118393_1852502.jpg

ちなみにこの子は、口内哺育はしない。
さあ、3本潜って、マンジュウちゃんも見れたし、今晩は飲むぞー!!

by nozawahitoshi | 2013-06-23 07:47 | 西表島 | Comments(2)

2013年6月西表島ダイビング 3日目朝

c0118393_7121873.jpg

西表島にやってきて3日目の朝を迎える。ここがイルマーレウナリザキの食堂である。
c0118393_714158.jpg

そしてその前には、海というか湾が広がっている。今の時間、午前7時ちょうど。
c0118393_7156100.jpg

その周りには宿泊棟が連なっている。
c0118393_717104.jpg

私とHさんが泊まった「アリス」棟。夜は空を見上げると満点の星が観察できる。♫あ~あ~、さんざめく~♫
c0118393_7462326.jpg

西表に咲く可憐な花。
c0118393_7452490.jpg

花、
c0118393_720577.jpg

花。花の名前を知っている人はコメントお待ち申し上げます。
c0118393_7215436.jpg

ハイビスカス。「ホテルハイビスカス」って映画があったなあ。
c0118393_7224631.jpg

食堂の中はこんな感じで、天井がすごく高く、窓際にはカジキマグロが泳いでいる?
c0118393_7232432.jpg

朝食はバイキング形式になっていて、無料。「無料」という言葉がすごく好きなのである。
c0118393_7243487.jpg

本日のちゅらおっさんイルマーレウナリザキの朝食はこちら。
c0118393_7252135.jpg

自分なりにコーディネートしたメインディッシュは
c0118393_728336.jpg

スクランブル交差点、もとい、スクランブルエッグと
c0118393_7284684.jpg

コロッケ、
c0118393_72964.jpg

肉野菜炒め、
c0118393_7292920.jpg

サーモンのマリネ、
c0118393_7295271.jpg

スパサラダ、
c0118393_7301161.jpg

野菜サラダ+シーザードレッシング、
c0118393_7304529.jpg

ごはん、
c0118393_731290.jpg

マンゴージュース。マンゴージュースは滅多に飲まないので、すごく美味しく感じた。
c0118393_7473539.jpg

マルハの味付け海苔。家では朝食にここまでは出ない。どれも飛び抜けて美味しくもなかったが、不味くもなかった。無料にしては出来すぎと言っても過言ではない。
さあ、しっかり食べて今日のラスト3本ダイブを、心おきなく満喫するぞ!!
住所 沖縄県八重山郡竹富町上原10-172 電話 0980-85-6146
営業時間 7:00~22:00 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-22 07:50 | 西表島 | Comments(2)

2013年6月西表島ダイビング 2日目夜 居酒屋いりむてぃや

c0118393_1202194.jpg

ダイビング3本潜ったあと、ホテルに戻り、ロビーの受付で八重山観光の船に置き忘れたカメラを受け取り、今晩お邪魔する居酒屋「いりむてぃや」に電話予約を入れ
c0118393_1235069.jpg

6時半に「いりむてぃや」から来た送迎車に京都のHさんと2人で乗り込み、5分で到着。星砂の浜の入口近くにあるお店。
c0118393_1253891.jpg

店内は板張りの堀こたつ式になっていて、全40席とまあまあ広い。
c0118393_14583078.jpg

窓の外には海が見える最高のロケーションで、もう少しで夕陽が沈む。
c0118393_1501458.jpg

お疲れーうどん、カンパーイ!ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!オリオン生ビール500円。
「毎回こればっかりどすなあ」
「ええやないの、さあ、アテをどれにするかだすな」
c0118393_1525553.jpg
c0118393_153420.jpg

こちらが「いるむてぃや」のメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_154275.jpg

まずHさんが発注したたこわさ380円が猛スピードで到着。
c0118393_1551492.jpg

続いて、島豆腐の冷奴300円。
c0118393_1562077.jpg

いただいてみると、これがうまいのなんのって、う、うまあーい!
c0118393_1571795.jpg

面白そうな料理なので発注した、鶏皮ギョーザ700円。
「新しいカメラ、ちゃんと写真撮れてますのん?」
「たんまに、シャッター押しても押せない時があるねん」
「ピントが合ってないのとちゃいますか?」
c0118393_15112036.jpg

特製の甘酢ラー油入り醤油に浸し、
c0118393_1512753.jpg

いただきまーす。外側は鳥の皮のバリッとした食感。中の餡は鳥のミンチ肉、う、うまあーい!
この店のオニイサンが生ビールのおかわりを持ってきた。
「鶏皮ギョーザって、この店のオリジナルなんすかね?」Hさんが訊く。
「さあ、多分違うと思いますが」
c0118393_15161389.jpg

オリオン生おかわり。
c0118393_15163846.jpg

トントロ鉄板焼き650円。熱せられた鉄板がジュージューとけたたましい音を立てている。
c0118393_1518610.jpg

それを、ネギ入りポン酢に浸して
c0118393_15193038.jpg

いただく。う、うまあーい!
c0118393_1520391.jpg

Hさんはオリオンビールから酎ハイパッション400円にチェンジ。
c0118393_15213374.jpg

ちょっと小腹が減ったので、私はソース焼きそば700円を発注。待つこと30分でやっとこさ到着。あまり来るのが遅いので、催促したらやってきたので、多分注文を忘れていたんだと思う。この店結構いい加減である。
c0118393_15241266.jpg

お味はごく普通のソース焼きそば。まあ、マズくもなかったが、それにしても700円はチト高い。
c0118393_15255167.jpg

Hさん、酎ハイパッションから酎ハイレモン400円に。
c0118393_15273531.jpg

御馳走様でした。明日もダイビングがあるのと、ショップに帰ってログ付けが待っているので、午後9時早めのお開きとなった。
明日のダイビングは波照間島を希望。叶うといいが・・・。
住所 沖縄県八重山郡竹富町上原10-625 電話 0980-85-6878
営業時間 12:00~14:00 18:00~22:30 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-21 06:54 | 西表島 | Comments(2)