ありがとう!今日も楽しかった


人生は一回限り
by nozawahitoshi
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
タメゴローさん、毎度です..
by ちゅらおっさん at 12:04
マクド良いじゃないですか..
by タメゴロー at 21:04
山田はん、あざっす。 ..
by ちゅらおっさん at 14:55
さすがちゅらおっさん、た..
by 山田 at 18:02
ココイチさん、初コメント..
by ちゅらおっさん at 12:36
初めてコメントします、コ..
by ココイチ at 15:37
あざっす、タメゴローさん..
by ちゅらおっさん at 12:05
ハッピーセットとは、おも..
by タメゴロー at 10:53
タメゴローさん、久し振り..
by ちゅらおっさん at 09:45
お久しぶりのコメントです..
by タメゴロー at 16:16
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


松屋のブラウンシチューハンバーグ定食  門真店

c0118393_1035667.jpg
c0118393_10351578.jpg

門真のお得意さんに行く途中、国道163号線沿い、門真の二階堂交差点にある「松屋門真店」に1年ぶりに伺った。門真市の松屋で3店あるうちの1店である。まあそんなことはどうでもいいけど。
c0118393_10384967.jpg

昨年11月発売の「香味野菜のミートソースハンバーグ」に続き、今年の1月15日より新発売された「ブラウンシチューハンバーグ定食」のポスターを目視し、
c0118393_10412260.jpg

店内に入り、券売機とご対面。ここでもブラウンシチューハンバーグ定食のポスターが・・・。
これはもう食べるっきゃないなあ。
c0118393_10431680.jpg

そして、デミたまハンバーグ定食を横目に見て、ブラウンシチューハンバーグ定食のボタンを押す。
c0118393_10452633.jpg

本日のちゅらおっさん松屋定食は、ブラウンシチューハンバーグ定食590円、1012Kcal。
c0118393_10453693.jpg

「鉄板でふっくらジューシーに焼き上げたハンバーグに、香り高いフランス産マッシュルームをふんだんに使用したコク深い欧風ソースをかけた、ボリューム満点な逸品」
そう松屋が謳っている新発売のハンバーグ。
確かにこれが到着すると、ブラウンシチューの甘いいい香りが私の鼻と食欲をくすぐった。
c0118393_10501167.jpg

それに生野菜サラダと
c0118393_10503977.jpg

ごはんに
c0118393_10505944.jpg

無料でどんな料理にも必ず付くみそ汁。「どんな料理にも」と敢えて言ったのは、カレーライスにもこのみそ汁が付くからなんである。
c0118393_1054126.jpg

生野菜サラダには松屋特製フレンチドレッシングを
c0118393_10544682.jpg

これくらいかけ、
c0118393_10551414.jpg

無料のみそ汁には七味唐辛子を
c0118393_10555290.jpg

「こんちくしょー」とこれくらいかける。
c0118393_1133112.jpg

ブラウンシチューハンバーグはフォークが付いておらず、どうやらスプーン一つで食べるみたいだ。
ハンバーグの上にはマッシュルームや粉パセリが乗っている。
c0118393_1153517.jpg

スプーンでカットしてみると、玉ねぎはほとんど入っておらず、合挽きミンチ肉が使われている様子。
c0118393_118850.jpg

いただいてみると、ハンバーグはどうやら(違うかもしれないが)レトルトのような感じである。
しかし、う、うまあーい!
c0118393_1194251.jpg

生クリームをつけていただく。これは、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_11105448.jpg

ごはんが止まりませーん。
c0118393_11113770.jpg

「ふんだん」というほど入ってはいないが、マッシュルームは歯ごたえがあり、う、うまあーい!
c0118393_11131224.jpg

この生クリーム、本格的な作りになっている。
c0118393_11135539.jpg

マッシュルームと一緒にいただく。ハンバーグとの相性抜群で、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_11151741.jpg

ブラウンシチューのソースだけでもごはんが進むってもの。
c0118393_11161257.jpg

ダイエットのため、ごはんを200Kcal分位残し
c0118393_1117974.jpg

御馳走様でした。あ〜、美味しかった。
これを食べたら、今までのデミグラスソースのハンバーグが食べられなくなるのではないか、と若干危惧した。
590円でこんなにレベルの高いものがいただけるなんて、松屋はやはり偉い!!
住所 大阪府門真市下島町30-13 ☎072-887-7678
24時間営業 年中無休 P有 地図
2009年 7月 4日 フレッシュトマトカレー野菜セット
 2009年 7月31日 うまトマハンバーグ定食
 2010年 2月 2日 スン豆腐チゲセット 
 2010年 5月28日 豚めし野菜セット
 2010年 6月10日 牛めし野菜セット
 2011年 2月24日 牛焼肉定食
 2011年 4月 1日 シチューハンバーグ定食
 2011年 6月 1日 まぜるラー油キムチ牛めし
 2011年 6月 8日 キムカル丼
 2011年10月27日 デミたまハンバーグ定食
 2012年 9月19日 豚キムチ丼
 2012年12月30日 トンテキ定食
 2013年10月17日 うまトマハンバーグ定食

by nozawahitoshi | 2015-02-28 08:39 | ハンバーグ | Comments(0)

はま寿司    門真岸和田店

c0118393_8402288.jpg
c0118393_840324.jpg

小糠雨のそぼ降る中、門真のお得意さんに行った後、近くにある「はま寿司」にまたまたお邪魔した。
最近体重が日増しに増えてきたので、ダイエットを兼ねての訪問である。
5皿以上は絶対に食べないと、心に誓ってお店の暖簾をくぐった。
c0118393_8514277.jpg

雨という悪天候の日は「雨の日サービス」をやらない限り、どこでも空いている。例に漏れず、ここ「はま寿司」もそうで、ガラガラのカウンター席にすぐに案内された。
タッチパネルを見ると、折しも1月15日から期間限定で「中とろ特選握りフェア」をやっているさいちゅうだった。
c0118393_8571345.jpg

全国の厳選醤油5種類が使えるのが、ここの特徴でもある。
c0118393_945421.jpg

まず1皿目は、さばの押し寿司。私の大好物中の大好物で、アホの一つ覚えのようにここに来ると必ずいただくのである。
c0118393_10115251.jpg

この寿司の特徴は、ネタとシャリの間に生姜と大葉が挟んである。
c0118393_101255.jpg

わさびをたっぷりと付け
c0118393_10123210.jpg

醤油を垂らしていただく。脂がたっぷり乗っているのにとても上品なお味。めっちゃ、う、うまあーい!

c0118393_1014129.jpg

2皿目は、とろびんちょう。
c0118393_10144949.jpg

びんちょうまぐろゆえの素晴らしい脂の乗り。これも、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10154790.jpg

3皿目は、まぐろはらみ。
c0118393_10162334.jpg

最も脂の乗った腹身の部分で、握り寿司にするとこの美味しさが一段と引き立つのである。
めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10184448.jpg

4皿目は、赤貝。はま寿司では初めていただく。こちらは期間限定厳選握りなので、2貫150円+税である。
c0118393_10203947.jpg

光沢を帯びた赤燈色の身。お口に入れて噛み始めると、鼻からは潮の香りが抜けてきて、コリコリとした歯ごたえの中から、甘みと上品な旨みがチュルチュルと出てきて、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10254454.jpg

5皿目は、あじ天握り。ブログ初登場で生まれて初めていただくお寿司。
c0118393_10271730.jpg

揚げたて熱々のサックサク。あじのふわっと感と旨さがもう最高。めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10285567.jpg

御馳走様でした。今日のランチは初志貫徹の全5皿、550円。
カロリーは600Kcalくらいで、全部イケてるお味でした。だから「はま寿司」はやめられない!
住所 大阪府門真市岸和田3-34-31 電話 072-884-0036
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6

by nozawahitoshi | 2015-02-27 06:49 | 寿司 | Comments(2)

RESTAURANT SOUTHWOOD    岡町南

c0118393_16332381.jpg

今日、細君が昼過ぎに市立池田病院から退院するので休みを取った。
次女が休みで病院に行くというので、高校が休みである三女を車に乗せて次女の住んでいる近くにある洋食店「サウスウッド」に伺い、3人で珍しくランチを取ることにした。
c0118393_16415526.jpg
c0118393_1642563.jpg

お店の外のメニューを一応チェック。
c0118393_16433873.jpg

本日のちゅらおっさんサウスウッド定食は本日のランチ、ハンバーグ700円。
c0118393_16442946.jpg

メインディッシュと
c0118393_16444830.jpg

ライス、
c0118393_1645548.jpg

味噌汁の3点セット。
c0118393_16453738.jpg

その内容は、大きなハンバーグと
c0118393_1646513.jpg

ナポリタンスパ
c0118393_16465898.jpg

揚げ餃子
c0118393_16472293.jpg

肉じゃが
c0118393_16474278.jpg

いろいろ野菜のサラダ。
c0118393_16482910.jpg

三女の発注した女王のランチ950円。
c0118393_16484588.jpg

父親より高いのを平気で頼むんだなあ、これが。
c0118393_16493917.jpg

次女の発注したミックスサンドイッチ580円。そうそう、次女はよくわかっている。
c0118393_16513385.jpg

お箸でハンバーグを切ると、肉汁が溢れ出る。
c0118393_1652178.jpg

デミグラスソースをたっぷり付け、いただく。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_16563590.jpg

ドレッシングが美味しいサウスウッドの定評ある野菜サラダも、う、うまあーい!
c0118393_16585047.jpg

味噌汁は今日は具沢山で、キャベツや豚肉、いろんなものが入っている。
c0118393_1701277.jpg

揚げ餃子に
c0118393_1703467.jpg

肉じゃがは普通に美味しい。
c0118393_1705886.jpg

これこれ、こいつをいただくと洋食屋に来てるんだという実感が湧くので不思議だ。
c0118393_1715858.jpg

味噌汁も、う、うまあーい!
c0118393_1724512.jpg

次女が私にくれたサンドイッチ、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1734196.jpg

御馳走様でした。次女は家が近いのでよくここへ来るそうだが、三女は初めて。
「おとう、女王のランチ、めちゃめちゃ美味しかったで」と三女が感想を述べた。
「また連れてきたいが、ここ日曜日休みなんや。残念でした」
さて、食べたあとは病院へ行きましょうかね。
住所 大阪府豊中市岡町南3-5-7 電話 06-6841-7956
営業時間 9:00~20:00 日曜休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9
 以前の記事 その10
 以前の記事 その11
 以前の記事 その12
 以前の記事 その13
 以前の記事 その14
 以前の記事 その15
 以前の記事 その16
 以前の記事 その17
 以前の記事 その18
 以前の記事 その19
 以前の記事 その20
 以前の記事 その21

by nozawahitoshi | 2015-02-26 06:53 | 洋食 | Comments(0)

鶴丸饂飩本舗     門真店

c0118393_10372544.jpg

門真市の国道163号線沿いにある「試験場入口」の交差点を東に100mほどいったところにある「鶴丸饂飩本舗」に久しぶりに伺った。
言わずと知れた「まいどおおきに食堂」「かっぽうぎ」などの飲食店を全国に719店舗展開している「株フジオフードシステム」がやっている大衆うどん店なのである。
c0118393_10492398.jpg

冬のおすすめ「舞茸とわかめのあったかあんかけうどん」のポスターにチラッと心が動いたが、
c0118393_10512974.jpg

本日のちゅらおっさん鶴丸饂飩本舗定食はこうなった。
c0118393_1052109.jpg

激辛カレーうどん390円と
c0118393_10523962.jpg

コロッケ90円の合計480円。珍しくワンコイン内に収まった。超貧乏サラリーマンらしさが出ている。というか、北海道旅行で美味しいものを食べ過ぎてやや太ってしまったので、軽めのランチにしたのだった。
c0118393_1056392.jpg

激辛カレーうどんには、長ネギの刻んだのと
c0118393_10565676.jpg

薄く切った牛肉と玉ねぎといった具材で
c0118393_10574767.jpg

入れ放題の天かすをトッピング。
c0118393_10583644.jpg

ここのうどんはややエッジがあり、ややコシもある。
c0118393_10593473.jpg

「10種類のスパイスを使用した」と書いてあったカレー出汁はとろみがあり、普通のカレー出汁よりかなり激辛といった感じ。
c0118393_1124334.jpg

では、いただいてみましょう。か、辛ーい、でも、う、うまあーい!
c0118393_1132670.jpg

天かすとお肉を絡めていただく。天かすのぶわっとした食感がたまりませーん。う、うまあーい!
c0118393_1152284.jpg

まいどおおきに食堂なんかで使われている、フジオフード特製の「昔なつかしのウスターソース」を
c0118393_1163828.jpg

コロッケにかけ
c0118393_11712.jpg

いただく。普通に、う、うまあーい!
40年近く前に、7年間東京で暮らしていたが、その頃東京のどこを探してもウスターソースは見当たらなかった。とんかつソース一辺倒だったのである。
仕方がないので大阪に帰った時に、スーパーでウスターソースの小瓶を買い、バッグの中に入れて東京の食堂なんかで「マイソース」として、こっそり使っていたことを思い出した。
c0118393_1116284.jpg

コロッケとカレーうどんの相性は抜群である。
c0118393_11165751.jpg

激辛大好きヒーヒー男の私は、もっと辛くしたくて七味唐辛子を
c0118393_1117176.jpg

阿鼻叫喚地獄絵図のようにドバっとかけ
c0118393_11181970.jpg

超激辛に勇敢に挑む。ゴホゴホっとむせ返り、お口の中は大火事状態に。か、辛ーい、辛すぎる!
c0118393_11211629.jpg

御馳走様でした。激辛カレーうどんに七味唐辛子は、ダメよ、ダメダメ!
良い子は絶対に真似をしないでくださいね。何度も泣くことになりますから。
住所 大阪府門真市寿町21-25 電話 06-6780-3633
24時間営業 年中無休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9
 以前の記事 その10
 以前の記事 その11

by nozawahitoshi | 2015-02-25 06:54 | うどん | Comments(2)

読売バスツアー オホーツク流氷船と旭山動物園3日間 最終日

c0118393_145448.jpg

3日目の朝、朝食バイキング会場に向かう。
c0118393_15344729.jpg

朝のちゅらおっさん定食はこちら。バイキングの内容は大体どこでも同じようなもの。
c0118393_1536311.jpg

ただ違うのは、いくら丼が食べ放題なのだ。
c0118393_15363976.jpg

いやー,美味い美味い!
c0118393_15371357.jpg

御馳走様でした。食べ放題なんて私ら年寄りには関係ありません。
c0118393_1538717.jpg

北見の奥座敷、温根湯温泉ホテルを8時に出発。
c0118393_15385748.jpg

慣れ親しんだ、あすなろ観光のバスに乗り込む。
c0118393_15393450.jpg

国道39号線を西にひた走る。車窓からは開拓村のようなく荒涼とした風景が続く。
c0118393_1543768.jpg

「皆さん、昨夜は温泉に3度は入りましたか?良く眠れましたか?
いまバスは標高1050mの石北峠を越えようとしています。」ガイドの川上さんの説明が入る。
c0118393_15444765.jpg

「あの小高い山の向こうに晴れていたら標高2290mの旭岳が見えるんですけど」
道産子である川上さんが笑わせてくれる。
c0118393_15492254.jpg

国道39号線沿いに立ちはだかるようにそびえる岩壁が続く層雲峡にバスは到着。
落差120mの銀河の滝である。岩を覆うように幾筋もの流れとなり、女滝と呼ばれている。
c0118393_164544.jpg

その少し先にある流星の滝。落差90mで、ダイナミックに落ちる姿は別名男滝と呼ばれる。
層雲峡は北海道を代表する観光地で、1年を通じて観光客が絶えないところでもある。
c0118393_1555190.jpg

あまりの寒さにゆっくり見てはいられない。すぐさまバスに乗り込み、国道39号線を西へ行くと、北の森ガーデンに到着。ここでトイレ休憩。
c0118393_15565661.jpg

施設にあるアイスパビリオンは、1年を通してマイナス20度の体験ができるそうだ。
だが、こんなに寒いのに誰が入るというのだ。
c0118393_1623894.jpg

バスは石狩川に沿って39号線を西に走り、上川町、当麻町を経て旭川市にある旭山動物園にやってきた。
c0118393_16113567.jpg

冬の名物ペンギンの散歩が11時からあるというので、下の方にあるペンギン舎に向かう。
c0118393_16133725.jpg

途中に3匹のヤギのガラガラドンに出会う。
c0118393_1614372.jpg

観光客は中国人だらけの中に入り、ペンギンの散歩を見学する。
c0118393_16155990.jpg

冬場あまり泳がなくなるキングペンギンの運動不足解消のために始まった、旭山動物園冬の名物誌。
c0118393_16175724.jpg

そして彼らは去っていくのであった。
c0118393_16202429.jpg

カバや
c0118393_16204926.jpg

キリンもいます。
c0118393_16212029.jpg

開園当初からある総合動物舎でマイペースに暮らすマリモちゃん。
スマートな身体とくっきりとした編み目模様が目を引く。
c0118393_16234898.jpg

旭山動物園のただいまの気温は0.7度。今まで寒かったので、全然暖かい。
c0118393_1626334.jpg

ほっきょくぐま館へ。
c0118393_16281567.jpg

大水槽や屋外放飼場の透明カプセルでは、ガラス1枚の距離で迫力の巨体が奔放に動き回る様子が観察できる。
c0118393_16304612.jpg

雪を布団に気持ちよく寝ている子もいる。
c0118393_16321397.jpg

この子は誰だっけ?犬ではないことは確か。
c0118393_1633513.jpg

レッサーパンダも元気そう。
c0118393_163436.jpg

ほとんど動かないフクロウ。
c0118393_16345786.jpg

エゾシカ。オオカミの森の隣に展示場所が移され、オオカミとエゾシカが共生していた昔の北海道の森を再現している。
c0118393_16372312.jpg

丹頂鶴。
c0118393_1638760.jpg

ワシミミズク。
c0118393_16384234.jpg

エゾフクロウ。
c0118393_16391878.jpg

坂上二郎、もとい、タヌキ。
c0118393_16401238.jpg

キタキツネもいます。
c0118393_1641438.jpg

お昼になったので、園内のレストラン「モグモグテラス」へ。
c0118393_16433361.jpg

動物園と旭川市街が一望できる店内。
c0118393_16441425.jpg

本日のちゅらおっさん旭山動物園定食はこちら。
c0118393_16445682.jpg

細君のはこちら。
c0118393_16454654.jpg

まずは、おつかれサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ,プッハー、う、うまあーい!
北海道限定ビール,サッポロクラシック生ビール中550円。動物園にしては良心的なお値段である。
c0118393_16494559.jpg

モグモグプレート1300円は料理3品+スープ+パン。
料理はいろいろある中から選べる。これはスープカレー。
c0118393_16505260.jpg

そして、エビコロッケ。
c0118393_1651218.jpg

エビフライタルタルソース添え。
c0118393_1652844.jpg

コーンスープに
c0118393_16523021.jpg

パンが2個。
c0118393_1653157.jpg

エビフライ、う、うまあーい!
c0118393_16551147.jpg

北海道が発祥のスープカレーの鶏肉、う、うまあーい!
c0118393_16555818.jpg

北海道産ブロッコリー、う、うまあーい!
c0118393_16564574.jpg

北海道産人参、う、うまあーい!
c0118393_16572715.jpg

北海道産じゃがいも、う、うまあーい!
c0118393_16581364.jpg

スパイスの効いたスープカレー、う、うまあーい!
c0118393_1659938.jpg

海老入りコロッケも、う、うまあーい!
c0118393_16595610.jpg

御馳走様でした。満足満足。
c0118393_171103.jpg

時間が来たので動物園の東門でバスを待つ。
c0118393_17347.jpg

バスに乗り込み、砂川SAで一度トイレ休憩をとり、千歳空港までまっしぐら。
1日目、2日目のイベントはおじゃんになったが、3日目は予定通りでヨシとするしかない。
無事千歳空港にバスは着き、ANA780便は18:30に離陸し、20:30に伊丹空港に到着。
旭山動物園 
住所 北海道旭山市東旭川町倉沼 電話 0166-36-1406 
営業時間 冬期 10:30~15:30 休園日 4月8日~28日 地図

by nozawahitoshi | 2015-02-24 06:52 | 旅行 | Comments(6)

読売バスツアー北海道オホーツク流氷船と旭山動物園3日間 2日目

c0118393_18195232.jpg
c0118393_1820519.jpg

朝である。窓からは冬の十勝平野が見下ろせる丘の上にホテルは建っている。
c0118393_1823248.jpg

朝食は50種類のバイキング食べ放題である。
c0118393_18252131.jpg

ますの塩焼きと鯖の塩焼き。ますといったところが北海道ならではである。
c0118393_18254350.jpg

唐揚げ、ポテトフライ、
c0118393_18262966.jpg

筑前煮、中華巾着、
c0118393_1827319.jpg

ウインナー、スクランブルエッグ、
c0118393_18273211.jpg

海鮮焼売に
c0118393_18275953.jpg

ビアソーセージ、
c0118393_18283089.jpg

胡瓜のビール漬けETC.
c0118393_182920100.jpg

本日のちゅらおっさん十勝幕別温泉グランヴィリオホテルの朝食バイキングはこちら。
c0118393_18305089.jpg

左から時計回りにポテトフライ、唐揚げ、ウインナー、スクランブルエッグ、、ますの塩焼き、
鯖の塩焼き、中華巾着、筑前煮
c0118393_1833644.jpg

ビアソーセージ、海鮮焼売、ネギ
c0118393_1833417.jpg

ごはんと梅干
c0118393_18341238.jpg

豆腐と薄揚げとネギ入り味噌汁、
c0118393_1834493.jpg

ここら留辺蘂(るべしべ)で採れた白花豆と金時豆、
c0118393_1835474.jpg

きんぴらごぼうとキャベツのピクルス、
c0118393_18362971.jpg

味付け海苔、
c0118393_18365276.jpg

納豆、
c0118393_18371496.jpg

いくら。
c0118393_18374180.jpg

当然、いくらごはんになる。
c0118393_18381691.jpg

新鮮ないくらはプチプチと、う、うまあーい!
c0118393_18391210.jpg

山菜そばもいっといた。
c0118393_18394496.jpg

エッジがあり、コシも強いしっかりしたそば
c0118393_18402555.jpg

山菜と一緒にいただく。う、うまあーい!
c0118393_9395363.jpg

御馳走様でした。ここのバイキング、なかなかいけてました。さあ、出発です。
c0118393_9423947.jpg

昨夜は遅く到着したので、ホテルの写真は撮れなかったが、ルートイングループの12階建ての立派なホテルである。
JR根室本線帯広駅より車で約20分、JR根室本線札内駅より5分のアクセスである。
c0118393_9494034.jpg

昨日このホテルまで送ってくれた、札幌の北広島にある「あすなろ観光バス」に乗り込み、2日目の旅のスタートである。
c0118393_9584691.jpg

あすなろ観光の運転手伊藤さん、バスガイド川上さん、読売の添乗員青山さんと観光客46人を乗せたバスは強風と雪の降りしきる中、道路は完全にアイスバーンで、38号線から上士幌町本別で241号線に入った。
c0118393_1055748.jpg

バスはチェーンなし、スタッドレスタイヤで氷の上を滑るようにして走っていく。
バスの中は倦怠感と不安の入り混じった重い空気が漂っていた。細君は旅行の2日前に風邪をひき、「寒い寒い」を連発し、最悪の場合は北海道の病院ということになりかねない。
c0118393_10114838.jpg

バスは松山千春の出身地で有名になった足寄町のお土産屋でトイレ休憩。
c0118393_1013515.jpg

足寄町物産市場もすぐ横にある。
「雪で大変だったっしょ?」お店のおねえさんが北海道弁で聞いてくる。
「これから阿寒湖に向かいます」と言うと、
「行けたらいいけどねえー、この天候じゃわからないよー」と脅かす。
c0118393_10181260.jpg

不安に駆られながらまたバスに乗り込む。
c0118393_10204024.jpg

やっとのことで阿寒湖にバスは到着。バスを降りると突風と雪でなかなか前に進めない状態。
標高1370mの雄阿寒岳と1499mの雌阿寒岳の山ふところに抱かれた阿寒湖。
ゲートが完全にシャットアウトされて、阿寒湖氷上散歩は涙を飲んで断念せざるを得なかった。
c0118393_10282995.jpg

気温-6度であるが、風がきついので体感温度は-10度くらい。30cmの雪が積もっている。
c0118393_10312484.jpg

手袋をとってカメラのシャッターを押す指がかじかんでくる。
網走に行く途中の道路がほとんど通行止めになっているとの情報が入ってきた。
網走流氷観光砕氷船おーろら号は波の高さ4mで中止の情報などが次々と入ってくる。
万事休すとはこのことである。にっちもさっちも行かないとも言う。
「お昼ご飯は網走でと予定にありましたが、急遽変更し、ここの近くのスーパーマーケットで各自お好きなものを買ってきて、バスの中で食べてください。」
津別峠の手前でバスは足止めを食い、道道49号線を通って道東エリアの中心地、ハッカの香りが爽やかな街「北見」に入る。
添乗員さんに、「北見にやってきたんだったら『北見ハッカ記念館』にバスを停めてくれませんかね」と私が交渉したが、
「いま最悪の気象条件なので、今日泊まるホテルにも行けるかどうかわかりませんので、申し訳ありませんがホテル到着を最優先します」ときっぱりと断られてしまった。
c0118393_124545.jpg

バスは北見から39号線をほうほうのていで一目散に西へひた走り、温根湯ホテル四季平安の館に午後3時に到着。
国道39号線沿いにある温根湯温泉は110年余りの歴史を持つ道東を代表する温泉。
無加川の清流を挟んで旅館が立ち並び歓楽的要素も。
昨日はホテルに10時前に到着。今日はなんと3時という早すぎる時間に到着。
北見の奥座敷として知られる厳選100%かけ流し美人の湯の露天風呂や大浴場にてゆったり。
泉質は単純硫黄泉。
c0118393_1195689.jpg

夕食はホテル2階にある「かに遊膳」の落ち着いた個室で和会席。
c0118393_11113739.jpg

その内容は、オホーツク産毛蟹が一杯、
c0118393_11122754.jpg

北海道の郷土料理である鮭の入った三平汁、
c0118393_1118108.jpg

ずわい蟹、
c0118393_11185794.jpg

ホタテとアスパラのバター焼き、
c0118393_11194766.jpg

ヨモギそばの入った温泉玉子、
c0118393_11203522.jpg

ホタテのお刺身、
c0118393_11211722.jpg

ホタテととびっこ、
c0118393_11244039.jpg

北海道留萌の大根の漬物、
c0118393_1125497.jpg

デザート。
c0118393_11254096.jpg

細君はサッポロ生中瓶650円、私はアサヒスーパードライ650円。
c0118393_11263889.jpg

お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ,プッハー、う、うまあーい!

「昨日も今日もダメやったね。明日くらい動物園に行きたいね」
「旭川は大丈夫やろ。あかんのは道東やで」
c0118393_11304040.jpg

ほたては新鮮でプリップリで、めちゃ、う、うまあーい!
c0118393_11322442.jpg

ほたてのバター焼きも、う、うまあーい!
c0118393_11332140.jpg

毛蟹を食べやすいようにハサミでカットし
c0118393_11342027.jpg

いただく。栗のような少しコクのある甘さで、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_11374061.jpg

お次はカニ味噌。
c0118393_11383262.jpg

濃厚でとろける美味しさのカニ味噌。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_11395081.jpg

私はスーパードライおかわり。細君は北海道の酒「男山」熱燗1合650円。
c0118393_11414978.jpg

ズワイガニより
c0118393_11421222.jpg

毛蟹のほうが断然美味しい。
c0118393_11444297.jpg

細君の男山をもらう。
c0118393_11451136.jpg

お味は典型的な辛口でキレのあるお酒。う、うまあーい!
c0118393_11463230.jpg

御馳走様でした。20年ぶりにいただく毛蟹はおいしゅうございました。
羅臼の「まるみ食堂」で食べた「まるみ定食2000円」の中に毛蟹、タラバガニ、ズワイガニの3種類が入っていたのを思い出していた。
さて明日の天気やいかに!!
温根湯ホテル 四季平安の館
住所 北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉 電話 0157-45-2211 地図

by nozawahitoshi | 2015-02-23 06:51 | 旅行 | Comments(6)

読売バスツアー・北海道オホーツク流氷船と旭山動物園3日間 1日目

c0118393_1053176.jpg

細君と2人でまたまた読売バスツアーに参加した。
いつもと違うところは、いつもはバスで日帰りなのであるが、今回は飛行機+バスツアーなのである。
北海道は今まで4泊5日のレンタカーの旅を4回やっているが、それは全部夏のことで、冬の北海道は初めてなのである。
十勝川白鳥まつり「彩凛華」(光と音のファンタジックショー)、ずわい蟹食べ放題、
氷結した阿寒湖を散策、網走流氷観光砕氷船おーろら、旭山動物園と今まで経験したことがないことのオンパレードである。
伊丹空港南ウイングの係員のいるコーナーへ行くと、「千歳空港は雪で着陸出来ないかもしれない。実際、朝添乗員が先に行っているが関空へ戻された」とのこと。
「もし伊丹に戻ることがあったら、こちらに来てください」と言われ、チケットを渡された。
c0118393_11123726.jpg

出発まで1時間あるので、ANAの南ウイング1階にある「at cafe」というお店で昼食をとることにした。
c0118393_11214135.jpg

メニューはいろいろあったが、「通」はやはり中之島カレーであろう。
c0118393_11221524.jpg

本日のちゅらおっさんat cafe定食は中之島カレー(並)730円。
発注してから待つこと5分くらいで、カウンターから呼ばれ取りに行く。
c0118393_1126643.jpg

大量の玉ねぎを飴色になるまで炒め、大量のトマトを加え、水を一切使わず、野菜の水分だけで仕上げたこだわりのカレー。
c0118393_11281143.jpg

では、いただきまーす。お口に入れると、初めは野菜の甘み・酸味・旨みが広がり、その後辛さが時間差攻撃のように追いかけてくる。か、辛ーい、でも、う、うまあーい!
ヤバイ、クセになるお味である。
c0118393_11321044.jpg

ビーフも結構な量が入っていて、これも、う、うまあーい!
c0118393_1133787.jpg

大阪名物インディアンカレーにも添えられている、キャベツの酢漬けも、う、うまあーい!
c0118393_11351247.jpg

御馳走様でした。食べ終わったあとも、いつまでもお口の中にカレーの残り香が漂っていた。

さて肝心の北海道旅行に戻ろう。この日は北海道に水を含んだ重たい雪が降り、千歳空港滑走路除雪作業が難航し、私たちの乗るANA775便は1時間遅れでようやく離陸。
無事、千歳空港に着くが、一緒に行く関空からの旅行者が遅れに遅れ、今日泊まる予定の「十勝幕別温泉グランヴィリオホテルにバスが到着したのが夜の9時45分。
十勝川白鳥まつり「彩凛華」は見れず、ホテルでのずわい蟹食べ放題も残念ながら「幕の内弁当にとって変わった。
c0118393_1245192.jpg

こちらがそうである。
c0118393_12624100.jpg

申し訳程度のずわい蟹。
c0118393_1265785.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ,プッハー、う、うまあーい!
麒麟一番搾り生ビール700円はちと高いが、ホテルのお値段ならこのくらいか。
c0118393_1210787.jpg
c0118393_12102188.jpg
c0118393_12103951.jpg
c0118393_12105167.jpg

いまいちな「幕の内弁当」をアテにビールを飲み、
c0118393_74327.jpg

ビールをおかわりしては、
c0118393_12124463.jpg

ホタテや
c0118393_12132418.jpg

魚の卵の珍味などをいただいたのであった。
c0118393_1214881.jpg

御馳走様でした。明日はどうなることやら・・・とほほ。前途多難だが「人間万事塞翁が馬」である。ここの有名な「モール温泉」に入って今日は早く寝るとしよう。
十勝幕別温泉グランヴィリオホテル
住所 北海道中川郡幕別町字依田384 電話 0155-56-2121
チェックイン15:00 チェックアウト10:00 地図

by nozawahitoshi | 2015-02-22 07:44 | 旅行 | Comments(0)

ぶたコング 天満九龍店   中崎町

c0118393_1224225.jpg

中崎町のお得意さんに行った後、近くにあるイタリアン「カーネリアンバールQ、B」に伺ったらお昼の営業は終わっていて、仕方ないからそこからJR環状線の高架下を天満駅方向に歩いていたら、
c0118393_12275772.jpg
c0118393_1228665.jpg

今年の1月5日にグランドオープンしたばかりのラーメン店「ぶたコング天満九龍店」に出くわしたので初訪問。兎我野町にある「麺や ぶたコング」の2号店になるお店である。
c0118393_12305177.jpg

こちらがメニューである。
ラーメンは生姜醤油らーめんと四醤(すーじゃん)らーめんの2種類のみ。
c0118393_12322271.jpg

こじんまりした店内は、カウンターが8席のキャパで、普段は夜のみ営業している「Kowloon's Bar(クーロンズ・バー)」という名前のシングルモルト専門のバー。
それをお昼の時間だけお借りしてラーメン店をやっているわけである。だから店名も「九龍(くーろん)」というわけだ。
ウイスキーの空瓶にアクアを入れて
c0118393_12381528.jpg

「竹鶴」と名前の入ったピューター製のコップ
c0118393_1239498.jpg

そして温かいおしぼりという、ラーメン店らしからぬ珍しいサービス。
c0118393_12395810.jpg

本日のちゅらおっさんぶたコング天満九龍定食は、四醤らーめん820円、ブログ初登場。
c0118393_12411758.jpg

お好み焼きのように青海苔がふりかけられたラーメンも前代未聞のブログ初登場である。
c0118393_12423276.jpg

ラーメンの具材は、肩ロースの大判レアチャーシューのこういうのと
c0118393_12432032.jpg

こういうのの2枚に
c0118393_12434492.jpg

なにか意味ありげな、ヤングコーン
c0118393_12441733.jpg

白髪ネギとかいわれ
c0118393_12444349.jpg

麺は京都にある「麺屋棣鄂(ていがく)」から取り寄せた、中太ストレート麺。
c0118393_1443244.jpg

鶏ガラ豚骨のWスープをベースに豆板醤、甜麺醤、XO醤などと、いろいろブレンドされたお味噌で仕上げたスープ。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
ピリ辛でいい塩梅の味噌風味で身体が温まる。
c0118393_1449076.jpg

では、いただきまーす。エッジが立ってしなやかなコシのある麺に、激旨スープが程よく絡み、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_14513495.jpg

レアのチャーシューも噛みごたえがあって、肉の旨味が濃厚で、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_14521733.jpg

白髪ネギとかいわれの食感もよく、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_14524542.jpg

御馳走様でした。久々に超がつくほど美味しいラーメンをいただき感激。
また行きたくなるようなラーメン店を見つけたもんだ。
c0118393_14544140.jpg

因みにこちらの方が若いけれど、こちらのお店の店長さんです。
ご丁寧にお店の外までお見送りしてくださいました。また行くね!!
住所 大阪市北区黒崎町1-2 電話 090-6906-7100
営業時間 11:00~15:00 火曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2015-02-21 08:45 | ラーメン | Comments(0)

餃子の王将   宝塚インター店

c0118393_9434737.jpg

今日は名神高速道の宝塚インター近くにある「餃子の王将」に半年ぶりに伺った。
c0118393_9454444.jpg

本日のランチの内容を見れば、普段餃子の王将では扱っていないジャージャー麺があったので、
c0118393_9465693.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食は、本日のランチ650円となった。
c0118393_9482984.jpg

メインのジャージャー麺(炸醤麺)と
c0118393_9503990.jpg

餃子1人前(イーガーコーテル)
c0118393_9512434.jpg

鶏の唐揚げ(エンザーキー)
c0118393_952793.jpg

ごはんの4点セット。それにしてもすごい量のごはんである。
c0118393_953237.jpg

王将特製タレにラー油を垂らし、餃子を浸し、
c0118393_954446.jpg

いただく。外の皮はバリッと、中のアンはジューシーで、う、うまあーい!
c0118393_9552963.jpg

ごはんが欲しくなります。
c0118393_956112.jpg

炸醤麺は中国北部(主に北京)の家庭料理の一つで、ここのは豚のミンチと細かく刻んだ玉ねぎを豆味噌やラー油、豆豉醤で炒めて作った「炸醤」と呼ばれる肉味噌を、茹でた麺の上に乗せ刻みネギをかけたもの。
c0118393_1025912.jpg

こういった細かいのが具材である。
c0118393_1034470.jpg

それと熱々の麺を、お箸でおしゃまんべんなく混ぜ合わせる。
c0118393_1052257.jpg

で、いただく。ややウエーブのかかった中細麺にピリ辛の「炸醤」が絶妙に絡んで、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_108492.jpg

エンザーキーは大小2個。
c0118393_108519.jpg

これも揚げ立てで熱々でジューシー。う、うまあーい!
c0118393_10101226.jpg

ごはんを半分位残して
c0118393_10103817.jpg

御馳走様でした。いやー、美味しかった。
炸醤麺はパスタで言うと、スパゲッティボロネーゼ(ミートソース)のようなものである。
これって、グランドメニューに是非取り入れて欲しいなあ。このブログを見ている餃子の王将の店長・社員の方、渡辺社長に進言よろしくです!!
住所 兵庫県宝塚市安倉北2-5-17 電話 0797-86-6700
営業時間 11:00~翌1:00 年中無休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9

by nozawahitoshi | 2015-02-20 06:51 | 中華料理 | Comments(0)

かっぱ寿司     中山寺店

c0118393_1814882.jpg

お昼ご飯、何を食べようか迷ったときには、大体回転寿司屋かザ・めしやのようなところに行くようにしている。食べたいものが選択できるからである。
今日もそんなわけで、何が食べたいか思い浮かばなかったので、JR宝塚線中山寺駅近くにある「かっぱ寿司」にいそいそとやってきたわけである。
c0118393_1865439.jpg

まず1皿目は、海老天巻222Kcal。私の大好物の一つでもある。
c0118393_188585.jpg

揚げたて熱々の海老天が、う、うまあーい!
c0118393_1895161.jpg

美味いのであるが、いかんせんカロリーが高いのがタマにキズってやつである。
c0118393_18104331.jpg

与謝野晶子も昔は食べただろうか、寒い季節にあったかいかけうどんはよく似合う。162円、336Kcal。うどんが見えないくらい天かすにびっしり覆われている。
c0118393_18133041.jpg

七味唐辛子を
c0118393_1813503.jpg

適量ふりかける。
c0118393_1814137.jpg

具材はかまぼこが2切れと
c0118393_18144346.jpg

刻みネギが少々と、てんこ盛りの天かす。
c0118393_18154273.jpg

お値段相当というか、うどんにはエッジもコシもない。
c0118393_18163743.jpg

だが、かっぱ寿司のうどんのお出汁はなかなか美味いのである。
c0118393_18172857.jpg

では、いただきまーす。うどんがお口の中でなんかモソモソする感じ。
c0118393_18183695.jpg

2皿目は鉄火巻149Kcal。6貫もあるので、儲かった気分。
c0118393_18202837.jpg

今日の鉄火巻は良質のマグロを使用していて、う、うまあーい!
c0118393_1821413.jpg

3皿目は、うに75Kcal。
c0118393_1822202.jpg

磯の香りときゅうりのみずみずしさ。パリっとした海苔との食感のハーモニー、う、うまあーい!
c0118393_1824497.jpg

4皿目は、大切りびんちょうはらも(厳選1貫)108Kcal。前回いただいて、あまりにも美味しかったので、また発注しちゃいました。
c0118393_1826549.jpg

わさびをしっかりと付けて
c0118393_18263246.jpg

いただく。びんちょうまぐろの腹身の脂ノリノリのところ。お口の中で溶けていきます。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
c0118393_18281124.jpg

御馳走様でした。全部で594円、890Kcal。
うどんを入れるとどうしてもカロリーオーバーになってしまう。でも、うどんは体が温まるので食べたい、外したくない。どうしたらいいのでしょうか、与謝野晶子様!!
住所 兵庫県宝塚市中筋6-3-10 電話 0797-82-2770
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9
 以前の記事 その10
 以前の記事 その11
 以前の記事 その12
 以前の記事 その13
 以前の記事 その14
 以前の記事 その15
 以前の記事 その16
 以前の記事 その17
 以前の記事 その18
 以前の記事 その19
 以前の記事 その20
 以前の記事 その21
 以前の記事 その22
 以前の記事 その23
 以前の記事 その24
 以前の記事 その25
 以前の記事 その26
 以前の記事 その27
 以前の記事 その28
 以前の記事 その29

by nozawahitoshi | 2015-02-19 06:54 | 寿司 | Comments(0)