ありがとう!今日も楽しかった

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
山田はん、この界隈得意な..
by ちゅらおっさん at 16:00
天満駅周辺には安くて美味..
by 山田 at 14:19
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

田山花袋の「一兵卒の銃殺」を読んで

c0118393_1684465.jpg

この作者は「蒲団」の方が有名かもしれないが、こっちの方がいいと思う。男の心理のつまらなさより、写実の題材としてはこちらの方が正しいと思う。
内容としては取り立てたものはない。病院の悲惨な衛生状態に耐え切れなくなった兵隊が、満州の荒野をさ迷い歩いて野垂れ死にする話である。話も非常に短い。

であるが、病気のまま装備一式を背負って歩くというのがどういうことかが、はっきりと分る描写である。体の感覚がおかしくなっていく感じ、いきなり故郷の風景が走馬灯のように(こういうありきたりな表現はしないが)浮かび上がってくる感じ、それすらなくなって疲れと痛みが全ての思考を奪っていく感じ、そしてそんな兵隊の姿が日常になっているため誰も主人公の事を気に留めようともしない感じ・・・辛い描写で埋め尽くされている。
それでいて、過度に主人公に感情移入をさせないような淡々とした文章。重いのだが、ジメっとした嫌な感じは受けない。

主人公の心理描写も、大仰な部分が無く(天下国家を論じてみたり、妙に反戦的だったりせず)自分に関する過去の回想以外は、肉体的な疲れと痛みと苦しみの吐露である。そこが非常にリアルなのだと思う。そして、その人物に関する描写がリアルだからこそ、大仰な訴えをすることなく戦争というものの現実が完璧に描かれている。
舞台は日露戦争の中でも山場の一つとされる戦闘の直前なのだが、勇ましさもカッコよさも存在しない。ただただ、「苦しい、苦しい、苦しい」なのだ。そしてその苦しみが最期まで消えることなく、意識が消えるように命が絶たれてしまう。

心打つ劇的な話などでは決してないが、それこそが戦争というものの端的な正体なのだと思う。
これこそが「明治自然主義文学」の真骨頂であると私は思うのであるが、如何なもんか?

by nozawahitoshi | 2009-03-16 07:35 | 読書 | Comments(4)
Commented by A at 2011-07-26 07:59 x
このコメントは「一兵卒の銃殺」ではありません。
Commented by ちゅらおっさん at 2011-07-27 06:57 x
Aさん、初コメントありがとうございます。
田山花袋の何か別の小説と勘違いしたかもしれませんね。
ご指摘、ありがとうございました。
Commented by at 2016-06-04 06:58 x
「一兵卒」のまちがいですね。
Commented by ちゅらおっさん at 2016-06-07 19:22 x
台さん、コメントあざあーす。

「一兵卒の銃殺」じゃなくて「一兵卒」でしたね。

「田舎教師」や「蒲団」も面白いですね!
<< ラーメン「神戸北野軒」中山寺 しゃかりき432” 新福島 >>