ありがとう!今日も楽しかった

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
山田はん、この界隈得意な..
by ちゅらおっさん at 16:00
天満駅周辺には安くて美味..
by 山田 at 14:19
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

読売バスツアー「砂ずりの藤・しゃくなげ・ボタン」奈良の3つの花回廊

ちゅらおっさんブログ、9年目に突入しました!
c0118393_942792.jpg

5月のGWに細君と読売日帰りバスツアーに参加した。今回の行き先は「大和は国のまほろば」の奈良である。川西を8時40分に出発したバスは阪神高速から第二阪奈道路を通って奈良市内に入り春日大社に10時半に到着。
利用したバスは篠山市にある「みらい観光」の大型バスで、定員40名に対して31名の乗客。私らは一番後部席で、5人掛けの席を2人でゆったり使わせてもらった。
c0118393_951154.jpg

駐車場から二の鳥居の下をくぐり
c0118393_9541425.jpg

少し歩くと南門がある。
古くから祭祀の行われた御蓋山の麓に、8世紀半ば藤原氏が国家と一族の繁栄を願って創建したのが始まり。
その後、藤原氏の氏寺、興福寺と繋がりを深め、朝廷から庶民まで信仰が拡大した。特に平安貴族の春日詣が盛んで伊勢神社、石清水八幡宮と並ぶ神格を持つ大社へと発展した。
c0118393_1042253.jpg
c0118393_1043863.jpg

c0118393_8194253.jpg

藤原氏の家紋である藤を眺めると、古の時代をあれこれ想像でき楽しいものである。
c0118393_1074649.jpg

20年に一度の国宝の特別拝観があったので、
c0118393_1082664.jpg

1000円の初穂料を支払って、国宝の御本殿に入っていく。
c0118393_1010493.jpg

回廊の釣灯籠の多さに感激。
c0118393_10124834.jpg

色鮮やかで曲線が美しい中門のうちに本殿の千本が見える。本殿は4柱を祀る4棟の神殿が並ぶ。
桧皮葺の春日造。20年毎に式年造替が行われる。
c0118393_10185813.jpg

神の使い「鹿」がこのあたりにはウヨウヨ普通にいる。
c0118393_10265824.jpg

春日大社からまたバスに乗り込むと、車窓から藤が見渡せた。
c0118393_1028384.jpg

少しバスに乗ると若草山の麓にある「古都屋」で昼食休憩である。
c0118393_10315052.jpg

食後はお土産を買ったり、鹿に鹿せんべいをやったりしたあと、
c0118393_1033121.jpg

またバスに乗り込み
c0118393_10341046.jpg

山の中を1時間ほどバスに揺られると長谷寺に到着。
西国三十三所観音霊場第八番の真言宗豊山派総本山である。
c0118393_10394386.jpg

仁王門からスタートである。長谷寺の総門で、三間一戸入母屋造本瓦葺の楼門である。
両脇には仁王像、楼上には釈迦三尊十六羅漢像を安置する。現在の建物は明治二十七年(1894)の再建。
c0118393_1047664.jpg

仁王門をくぐると登廊(のぼりろう)が始まる。
c0118393_10494415.jpg

平安時代の長暦三年(1039)に春日大社の社司(しゃし)中臣信清が子の病気平癒の御礼に造ったもので、百八軒、三九九段、上中下の三廊に分かれている。
c0118393_10542762.jpg

時折、登廊からボタンの花が見受けられる。
c0118393_1056059.jpg

ふうふうと息を切らせながら上まで上り詰め、登廊を俯瞰すると
c0118393_10583470.jpg

国宝の本堂にたどり着いた。小初瀬山中中腹の断崖絶壁に懸造り(舞台造)された南面の大殿堂である。
c0118393_1123521.jpg

徳川三代将軍家光の寄進によって慶安三年(1650)に建立。入母屋造の正堂と礼堂からなる双堂(ならびどう)形式で,前面に懸造りの舞台が付く。
額は「大悲閣」と書かれ、慈悲深い本尊を祀る本堂を表す。
c0118393_1184236.jpg

多くの観光客が「長谷の舞台」からの素晴らしい眺めに歓声を上げる。
c0118393_1125230.jpg

c0118393_11222625.jpg

c0118393_11254810.jpg

弘法大師御影堂。宗祖弘法大師1150年御遠忌を記念して、昭和59年(1984)総檜で建立された。
c0118393_11323567.jpg
c0118393_11324748.jpg

長谷寺の牡丹は、5月のゴールデンウィーク頃に見頃を迎えるようであるが、境内に足を踏み入れてまず驚くのが、何とも華やかな色とりどりの大輪が種類豊富に咲き誇っている事である。その数、なんと150種・7000株!一度にこれほどの種類の牡丹が見られるのは日本でもかなり珍しい。
c0118393_11354284.jpg

喉が渇いたので給ビールといきまっしょい!
c0118393_11381924.jpg

長谷寺を堪能したあと、またバスに乗り込み30~40分で
c0118393_11392951.jpg

「女人高野」として親しまれている室生寺へ。
高野山が女人禁制だったため、同じ弘法大師ゆかりの室生寺に救いを求める女性が多く、いつしか女人高野と呼ばれるようになった。真言宗室生寺派の本山である。
c0118393_11463192.jpg

太鼓橋のところにはシャクナゲの淡いピンクが彩りを添える。
c0118393_11484498.jpg

仁王門。太鼓橋を渡って右手奥に立つ朱塗りの楼門で、拝観入口。
c0118393_11521599.jpg

金堂。平安時代初期に造営されたもの。国宝で鎌倉・江戸期に大修理を施され、姿を変えている。
鎧坂を登ると、穏やかな柿葺(こけらぶき)の金堂が石段の上に次第に競り上がって、全貌の見える小さな平地に出る。高床の正面一間通りは江戸時代に付加した礼堂で、これが無かった時代には、この石段上から堂内の仏像の姿が拝めたようだ。
c0118393_1157105.jpg

金堂からさらに石段を登ると本堂がある。ここは真言密教の最も大切な法儀である灌頂を行う堂で、真言寺院の中心であるところから本堂、或いは灌頂堂と言い延慶元年(1308)の建立。五間四方入母屋造りの大きな建築で、和様と大仏様の折衷様式を示す。
c0118393_11591824.jpg

本堂横の高い石段の上に優しく立つこの塔は、屋外に立つ五重塔としては我が国で最も小さく、また法隆寺五重塔に次ぐ古塔である。檜皮葺の屋根や丹塗りの組物が、奥深い樹林に包まれて格別の風情がある。
c0118393_1214445.jpg

奥の院へと進む。
c0118393_1285038.jpg

五重塔の脇を通って高い石段を登り切ると奥の院。弘法大師を祀る御影堂は大師堂とも言い、板葺き二段屋根の宝形造りで、屋上の宝珠と露盤は優品である。各地にある大師堂の中でも最古級の堂。
c0118393_1211039.jpg

奥の院からの帰り参道に咲くシャクナゲ。行った時が時期遅れで、ほとんどが散ってしまっていた。
c0118393_12374548.jpg

後ろから見る五重塔。弘法大師が一夜で造ったという伝説も生まれたようである。
c0118393_12175749.jpg

北畠親房の墓?
c0118393_12184485.jpg

北畠 親房(きたばたけ ちかふさ)は鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿。著書の『神皇正統記』で名高い。観光客に知られず、弥勒堂の傍らにひっそりとそのお墓は立っていた。
c0118393_12211399.jpg

金堂前庭の左手にある三間四方のこの堂は、興福寺の伝法院を受け継いだと伝える鎌倉時代の建築で、元は南向きであったのを室町時代に東向きとし、江戸初期にも改造されている。内部の四本柱の中に須弥壇を置き、厨子入りの弥勒像を安置する。
c0118393_12231345.jpg

帰り道の石段のところに咲いていたシャクナゲ、可憐である。
c0118393_1224116.jpg

駐車場の近くの売店近くにあったシャクナゲ。
c0118393_12293629.jpg

室生寺のシャクナゲは総数3,000本と言われ期待してきたのであるが、満開のピークは残念ながら過ぎていたのであった。みらい観光バスに乗り込み「道の駅・針テラス」で買い物休憩をしたあと、川西まで一直線。あ〜、楽しかった!!

by nozawahitoshi | 2015-05-05 08:17 | 旅行 | Comments(10)
Commented by 神戸のC at 2015-05-05 10:00 x
ブログ9周年目、すごい、すごすぎる!
読売バスツアー奈良も気合入ってますねー。
また飲み会誘ってくださいね~。
Commented by まるでだめお at 2015-05-05 19:10 x
ブログまる8年ですか、パチパチパチ。
ちゅらおっさんはブログという試練を、絶好の機会として
とらえることができる人ですね。
いつも前向きで、自分を高めてはる。
私はいつもあなたを尊敬してます。
Commented by ちゅらおっさん at 2015-05-06 09:02 x
神戸のCさん、コメントあざあーす。

いつもダラダラしたブログなので、気合を入れました。

奈良、よかったっすよー。

新開地か三宮あたりでいかがっすか?
Commented by ちゅらおっさん at 2015-05-06 09:10 x
まるでさん、褒めすぎです。何も出ませんよ!

限られた人生、日々たゆまぬ研鑚に励むことが

私の使命です。

なんちゃって!!
Commented by つる at 2015-05-07 20:41 x
祝!
おめでとうございます。
これからもコツコツ積み重ねお願いします。
見てます!
Commented by 山田 at 2015-05-07 22:26 x
毎日毎日、よーやりまんなあ、ひつこい!
嘘でっせ!
わしは真似できまへん。
そやけど、なんか楽しい。
9年目ですか、毎日楽しみに見てまっせ!
Commented by ちゅらおっさん at 2015-05-08 07:17 x
鶴様、あざあーす。

徒然なるままにブログをしたためて9年目です。

皆様の声援あってこその集大成です。

自分を弁証法的に高めて行く所存にござります。

いつもあざあーす!
Commented by ちゅらおっさん at 2015-05-08 07:22 x
山田はん、あざあーす。

ボケ防止で始めた自己研鑽でおます。

「楽しい」とはものすごい褒め言葉、嬉しいです。

楽しくなきゃ人生ではないをスローガンにやってます。

これからもよろしくお願いします!
Commented by 神戸のM at 2015-05-08 10:25 x
はやいもので、もう9年目に入りますか。
マメと言うか努力家と言うか、エライです。
なかなか真似の出来る事ではありません。

今度、川西の焼肉屋に連れてって!
Commented by ちゅらおっさん at 2015-05-10 11:37 x
神戸のMさん、あざあーす。

尺取虫のようにコツコツと無理をせずやっております。

こんなブログ誰でもカンタンに出来ますよ。

川西の焼肉屋、OKです!!
<< 奈良「古都屋(ことや)」の大和... 讃岐製麺     箕面半町店 >>