ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、毎度です。 ..
by ちゅらおっさん at 11:14
ブイブイ言わすは完全死語..
by 山田 at 17:13
まるでさん、日曜日に行き..
by ちゅらおっさん at 15:28
アジフライタルタルソース..
by まるでだめお at 12:30
芭蕉布さん、こんにちわ。..
by ちゅらおっさん at 11:47
ベーコンレタスバーガーっ..
by 芭蕉布 at 12:38
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:イタリアン( 96 )


HEAVEN'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市

HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17432273.jpg
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17433170.jpg

休みの日の今日は伊丹で用事があったので、それが終わってから車で伊丹市の瑞ゲ池公園の入口に2010年にオープンしたイタリア料理店「ヘブンズキッチンひがしのたまご」に随分久しぶりにに伺った。生パスタが美味しいお店でもある。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17491052.jpg

店内はカウンター席が4つとテーブル席が56の全60席のキャパ。すごくオサレな店内にオッサンは私一人。「どうだ、まいったか!」
メニューはいっぱいあったが、日替わりランチが無難なので、即それを発注した。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17525747.jpg

すぐにお店のおねえさんが大きな瓶になみなみと入ったアクアを持ってきてくれた。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17544159.jpg

本日のちゅらおっさんヘブンズキッチンひがしのたまご定食は、日替わりランチ890円、900Kcalくらいか。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17555175.jpg

鶏とキノコのアッラビアータと
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1756485.jpg

バケット。普通は1切れなのであるが、凹んでいるということで1切れサービスなんだそうだ。断ろうかと思ったがおねえさんにはなぜか言えなかった。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17574775.jpg

それにインサラータの3点セット。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_17581583.jpg

おねえさんが私の目の前で、パルミジャーノ・レッジャーノの塊をチーズクレーターで、私がストップをかけるまで、ゴリゴリとすりおろしてくれる。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1821420.jpg

パスタの具材はpollo(ポッロ)「鶏肉」と
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1855169.jpg

fagiolino(ファジョリーノ)「インゲン豆」、
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_187353.jpg

funghi(フンギ)「キノコ」のエリンギと
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1883969.jpg

funngo enoki(フンゴエノキ)えのき茸

HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_189114.jpg

funngo(フンゴ)マッシュルームに
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1894424.jpg

何やら白いキノコのquattrofunghi(クアトロフンギ)「4種のキノコ」。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18143830.jpg

peperoncino(ペペロンチーノ)「赤唐辛子」
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18155075.jpg

アル・デンテに茹で上がったもっちもちの熱々生パスタ。やや太めである。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18174191.jpg

では、いただきまーす。arrabbiata(アッラビアータ)「怒る」のピリ辛パスタ、う、うまあーい!

HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18204138.jpg

バケットは、明太子、アンチョビ、はちみつ、北海道バター、バジル、キャラメルバター、トリュフバター、プレーン、フォッカチオの中からアンチョビをチョイス。
バターとアンチョビのとっても大人なお味。う、うまあーい!
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_182520100.jpg

サラダはレタスやいろんな種類のベビーリーフが入っていて、とっても新鮮で、う、うまあーい!
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_1827573.jpg

そのままでもピリ辛なのに、もっと刺激が欲しいのでタバスコを投入。
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18284275.jpg

鶏肉と激辛になったパスタをいただく。ちょっと辛いが鶏肉がいい味出してる。う、うまあーい!
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18304066.jpg

インゲン豆とキノコをパスタに絡めて。おおー春のパスタって感じ。う、うまあーい!
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18315868.jpg

最後の方はトマトペーストが必ず残るので、先にスプーンで食べちゃいます。か、辛ーい!
HEAVEN\'S KITCHEN(ヘブンズキッチン)ひがしのたまご店 伊丹市_c0118393_18331262.jpg

御馳走様でした。とってもオサレな雰囲気の中でのランチは大変美味しゅうございました。
さすがにバケット2切れはお腹が満腹に!!
住所 兵庫県伊丹市瑞穂町5-8 電話 072-782-6006
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P20台有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2019-02-18 07:09 | イタリアン | Comments(0)

Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店

Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17310452.jpg
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17312499.jpg
今日の休みは川西市の西多田にあるゆであげ・生パスタの店「モルト・ヴォーノ」に久しぶりに伺った。メンバーは私に家人、長女に次女、次女のまだ乳幼児の長男の大人4人と子供1人。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17360763.jpg
まずは休日ワインと行きまっしょい。デキャンタワイン赤500ml750円。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17411321.jpg
私と家人が飲む。これならワイングラスに5杯は取れそうだ。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17421385.jpg
お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!「モルトの赤ワイン、いつからこんなに美味しくなったん?」「ホンマや、全然クセがなく、サラっと飲めるね」わしら夫婦の普通の会話である。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17450060.jpg
モルト流シーザーサラダ650円。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17463334.jpg
4人で分けるとこんなに少ない。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17470987.jpg
でも、クルトンのサクサク感とベーコンのジューシーな美味しさで、う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17482364.jpg
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17483594.jpg
野菜もとっても新鮮で、コールスロードレッシングが効いてて、う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17495341.jpg
ハーフバケットが2皿やってきた。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17503622.jpg
ガーリックバター110円と
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17512823.jpg
明太子110円。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17521190.jpg
次女の発注した、たっぷり魚介類とぷりぷりイクラのジェノベーゼ1350円。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17521190.jpg
タコ、エビ、イクラ、イカなんかがたっぷりと入っている。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_17541183.jpg
こちらは家人の発注した、昔ながらの石焼きナポリタン980円。店員さんがパルミジャーノ・レッジャーノチーズの固まりを「チーズグレイター」なる器具でシャーシャーと音を立てて、OKと言うまで削ってくれる。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18274494.jpg
こちらのジェノベーゼも「♫ 粉雪ー ねえー ♫」とレミオロメン状態に!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18283561.jpg
私の発注した、スモークチキンとナスのもろみマヨネーズピザ380円。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18040334.jpg
ピザカッターで4つに切り分けて
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18044104.jpg
ピカンテオイルを
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18053071.jpg
これくらい垂らして
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18055496.jpg
いただく。スモークチキンはもちろん美味しいけれど、もろみマヨネーズがとにかく美味しい。う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18073877.jpg
石焼きナポリタンをシェアしてもらう。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18085305.jpg
懐かしいナポリタンのお味で、これなら子供も食べれそうなナポリタンである。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18101256.jpg
ピカンテオイルを垂らしていただく。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18104865.jpg
ピリ辛に変身し、これぞ大人の石焼きナポリタン、う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18124697.jpg
ジェノベーゼをシェアしてもらい
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18131752.jpg
これも、ピカンテオイルを垂らして
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18135506.jpg
いただく。バジルの香りが大人の味。う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18293466.jpg
ガーリックバターのバケットも、香ばしくて、う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18155021.jpg
明太子のバケットのまたしかり。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18162753.jpg
イタリア産サラミのマスタードマヨネーズピザ480円が最後に来た。
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18172408.jpg
4等分し
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18175799.jpg
皿に取り分け
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18182280.jpg
タバスコを
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18184661.jpg
しっかりとかけ
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18191870.jpg
いただく。マスタードとマヨネーズが絶妙で、サラミとオニオンが、う、うまあーい!
Molto Buono (モルト・ヴォーノ)  川西多田店_c0118393_18205835.jpg
御馳走様でした。やっぱ生パスタは美味しいですわ。ワインも美味しかったし、ピザも凄く美味しかった。また来ようっと!!住所 兵庫県川西市西多田2-7-8 電話 072-792-6530
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3


by nozawahitoshi | 2018-02-05 06:52 | イタリアン | Comments(4)

Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店

Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1636486.jpg

今日の休みは私の娘達(長女、次女、三女)と次女の婿殿の5人で川西市の西多田にある生パスタの店「モルトヴォーノ」に車2台に分かれて行った。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_16403242.jpg

婿殿と私は言い合わせたように休日ビールのアサヒスーパードライジョッキ生440円を発注。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_164268.jpg

おつかれサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「昼間っから飲むビール、美味いっすわー」と婿殿が口の周りに泡を付けていみじくも言った。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_16465651.jpg

みんなで分けて食べようと、モルト特製シェフサラダ750円+税。以下+税は割愛します。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_16483184.jpg

婿殿発注のハーフ&ハーフピザ、ベーコンとほうれん草のビスマルク480円。
ビスマルクの名前の由来は、ドイツの前身、プロイセンの鉄血宰相と言われた名宰相、オットー・フォン・ビスマルク。 イタリアと同盟関係にあったプロイセンの宰相、オットー・フォン・ビスマルクは、目玉焼きを乗せたビーフステーキが好みだったので、目玉焼きを乗せたピッツァを、ピッツァ・ビスマルクと、呼ぶようになった。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_16515810.jpg

私発注の、ツナとアンチョビのピザ430円。
アンチョビとは. カタクチイワシの塩漬けをオリーブオイルに浸したもので、塩辛く濃厚な 味のため、そのまま食べるよりも料理に混ぜて使用されることが多い。主にパスタやピザ。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_16564462.jpg

シェフサラダ、とっても新鮮な野菜やサーモンが入っていて、う、うまあーい!
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1657481.jpg

ピザカッターで6分割。5人だから5分割だったかも。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1659391.jpg

アンチョビのピザにタバスコを
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1701275.jpg

たっぷりかけて
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1703268.jpg

いただく。アンチョビの辛さとタバスコの辛さが交わり、う、うまあーい!

Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1713890.jpg

長女の発注した、ロング明太子バケットカット8,220円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1725255.jpg

次女の発注したロングガーリックバケットカット8、220円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1734435.jpg

私の発注した、粗挽きソーセージとコロコロポテトの鉄板のせ500円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_175742.jpg

ビスマルクのピザをシェア。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_176237.jpg

長女の発注した、角切りベーコンときのこのバジルトマトソース1050円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1774079.jpg

長女のパスタに店員さんがチーズグレーターでパルミジャーノ・レッジャーノの塊を、ものすごいスピードですりおろしてくれる。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1713037.jpg

こちらは次女発注の、こってりカルボナーラ930円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_17135570.jpg

三女発注の、サーモン入り明太子スパゲッティにプリプリいくらのせ1070円。
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1716395.jpg

粒粒マスタードを粗挽きソーセージに付けていただく。う、うまあーい!
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_17174136.jpg

コロコロポテトにケチャップを付けていただく。これも、う、うまあーい!
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_17183419.jpg

長女のパスタをシェアしてもらって
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_17191637.jpg

いただく。麺がぷりっぷりのアル・デンテで、バジルソースが麺に絡んで、う、うまあーい!
Molto Buono(モルト・ヴォーノ) 川西西多田店_c0118393_1721554.jpg

御馳走様でした。いやー、食った、飲んだ。
このあとは地元の「ユーベルホール」で篠笛奏者の井上真実さんのコンサートがあるので、早めにランチを切り上げた5人であった。
住所 兵庫県川西市西多田2-7-8 電話 072-792-6530
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2

by nozawahitoshi | 2016-11-04 06:53 | イタリアン | Comments(2)

ジョリーパスタ     日生中央店

ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9462593.jpg

休みの日の今日は、細君と能勢電の日生中央駅近くにある「ジョリーパスタ」にやってきた。略して「ジョリパ」。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9512828.jpg

ちょっと待たされて、席に案内されるやいなや、赤ワインを発注。すぐにきました。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9525296.jpg

カベルネ・メルロー190円+税。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_95346100.jpg

お味はちょっと酸味が強く、舌がしびれる感じのミディアムボディ。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9551322.jpg

季節の彩りイタリアンサラダ290円。イタリアンかシーザードレッシングがチョイス出来るのでシーザーに。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9573212.jpg

それを細君が2枚のお皿に分け分けしてくれた。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9582985.jpg

いい感じじゃん。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9585823.jpg

すごい新鮮でシャキシャキ感がとてもいい。う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_9593983.jpg

フレッシュほうれん草のバターソテー390円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_101569.jpg

ジョリパ特製のベーコン、赤パプリカ、黄パプリカなんかが入っていて、う、うまあーい!

ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1041125.jpg

赤ワイン、なくなっちゃいました。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1044466.jpg

ピザ屋さんの窯焼きクラムチャウダー490円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1052937.jpg

帽子の中から熱々の湯気が立ち、とてもお味は濃厚で、う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1064735.jpg

2杯目は白ワイン。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_107164.jpg

コルヴォ・グリチネ・ビアンコ190円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1081175.jpg

とってもフルーティで爽やかなお味。私の好きなテイストである。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10101183.jpg

ハーフサイズのガーリックトースト190円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10113434.jpg

イタリア産モッツアレラとトマトのカプレーゼ390円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10123679.jpg

イタリアの国旗カラーである。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1013430.jpg

ポモドーロ(トマト)は夏野菜なので、夏にいただくと、めっちゃ、う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1014356.jpg

モッツアレラとバジルを同時にいただく。う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1016462.jpg

3種チーズのスパイシーチキン290円。これは私の大好物なのである。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10175093.jpg

チキンが熱いうちに素早く3種のチーズ(チェダー、エグモント、モッツアレラ)を上に乗せ
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_102001.jpg

ナイフでカットし
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10202643.jpg

いただく。めっちゃ、う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10211748.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノチーズをふりかけ
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10215980.jpg

クアトロ・フォルマッジ(4種のチーズ)のスパイシーチキンにして
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10231671.jpg

いただく。めちゃくちゃ、う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10264085.jpg

窯焼きピッコロ「チキンチャウダー」(ミニサイズ)390円。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_1028193.jpg

チキンの旨みが溶け込んだ熱々のチャウダーに、特製の生地をかぶせて焼いたもの。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10294792.jpg

やけどしそうなくらい熱いが、う、うまあーい!
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10303179.jpg

白ワインにもよーく合います。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10311050.jpg

器にこびりついたピザ生地のパイをおもむろに外しながらいただく。
ジョリーパスタ     日生中央店_c0118393_10321436.jpg

御馳走様でした。今回はどういうわけか、珍しくピザもパスタも発注しなかった。昼ワインは2杯くらいがちょうどいい。
住所 兵庫県川西市丸山台1-7-5 電話 072-791-6811
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図 
 以前の記事 その1  2010年12月20日
 以前の記事 その2  2011年 2月 7日
 以前の記事 その3  2011年 4月24日
 以前の記事 その4  2011年 6月27日
 以前の記事 その5  2011年 8月14日
 以前の記事 その6  2011年 9月11日
 以前の記事 その7  2011年 9月19日
 以前の記事 その8  2012年 3月11日
 以前の記事 その9  2012年 4月 1日
 以前の記事 その10 2012年 4月23日
 以前の記事 その11 2012年 5月21日
 以前の記事 その12 2012年 7月 1日
 以前の記事 その13 2012年 8月16日
 以前の記事 その14 2012年 9月 9日
 以前の記事 その15 2012年10月 8日
 以前の記事 その16 2012年10月29日
 以前の記事 その17 2013年 1月 4日
 以前の記事 その18 2013年 1月13日
 以前の記事 その19 2013年 2月 3日
 以前の記事 その20 2013年 2月25日
 以前の記事 その21 2013年 3月31日
 以前の記事 その22 2013年 4月 8日
 以前の記事 その23 2013年 5月27日
 以前の記事 その24 2013年 7月15日
 以前の記事 その25 2013年 8月19日
 以前の記事 その26 2013年10月14日
 以前の記事 その27 2013年11月10日
 以前の記事 その28 2014年 1月20日
 以前の記事 その29 2014年 2月23日
 以前の記事 その30 2014年 4月28日
 以前の記事 その31 2014年 5月11日
 以前の記事 その32 2014年 6月15日
 以前の記事 その33 2014年 9月14日
 以前の記事 その34 2014年10月20日
 以前の記事 その35 2014年12月21日
 以前の記事 その36 2014年12月24日
 以前の記事 その37 2015年 1月13日
 以前の記事 その38 2015年 3月15日
 以前の記事 その39 2015年 6月28日
 以前の記事 その40 2015年 7月13日

by nozawahitoshi | 2015-10-13 06:54 | イタリアン | Comments(0)

WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口

WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_124823.jpg
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_12483830.jpg

夜の8時、川西能勢口駅の北口から歩いて2分のところにある「ワインバル・アダージョ」にやってきた。2度目である。
2年前の7月にオープンしたお店で、カウンター10席、テーブル10席の全20席のキャパ。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_12541669.jpg

私はここを「川西の隠れ家ワインバル」と呼んでいる。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1324726.jpg

NさんとAさんは能勢産ジンジャーエール450円、
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1335313.jpg

私とMさんとHさんはブエノス・ディアスのデカンタ2000円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_137095.jpg

チリ産の白ワイン、辛口、フルボディ。
正式には、ブエノス・ディアス・シャルドネ・ソーヴィニヨン・ブランである。
「Bunos dias」(ブエノス・ディアス)はスペイン語で「おはよう」という意味。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13131015.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ,プッハー、う、うまあーい!

WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13152523.jpg

お通しはさんまのアヒージョ350円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1320962.jpg

オリーブオイル×さんまの油は両方身体に良い油で白ワインによく合い、う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13202974.jpg

ブエノス・ディアスはフレッシュでジューシー、しっかりした酸で心地よいワイン。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13251281.jpg

タコのアヒージョ950円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13255315.jpg

出来立てだからか、オリーブオイルがバチバチと凄い音を立てている。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13543874.jpg

パンにつけて食べるらしい。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_13551336.jpg

オリーブオイルとにんにくとパン粉、イタリアンパセリ、鷹の爪、塩、バター、ゆでダコからなるアヒージョ。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1401459.jpg

タコのコリコリとした食感がたまりませーん。う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_141574.jpg

きのこの豚巻き天ぷら620円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1425854.jpg

お出汁のようなものに浸けて
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1433954.jpg

いただく。ちょっと油っこいが、う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1442485.jpg

パセリとクレージーソルトっぽいのを
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_145250.jpg

付けていただく。これも、う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1455718.jpg

自家製ピクルス盛合せ420円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_148241.jpg

お次は、赤のファルネーゼ・サンジョベーゼ。グラスで770円。イタリア産で辛口のフルボディ。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14102327.jpg

濃いガーネット色をしていて、甘く新鮮な赤い果実やブラックオリーブの香り。たっぷりの果実味とボリュームがある。この価格帯のワインとは思えない味わい。
しなやかでなおかつ、コシもしっかりとある充実したワインで、正直に「美味い!」の一言。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14155817.jpg

タコのアヒージョ、パンに付けて食べても、う、うまあーい!
ワインのアテにピッタリ。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14174829.jpg

Hさん発注のオペレーター670円。
白ワインとジンジャーエールにカットレモンが入っている。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14204859.jpg

Mさんと私はまたおかわり。白のビアンコ・デル・ヴェネト590円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_1422492.jpg

イタリアワインで、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ,プッハー、う、うまあーい!
ぶどうの品種は、トレッビアーノ・ガルガネーガを使用しており、やや辛口の白ワインで、バランスよくまろやかな味わいに、穏やかな酸味が溶け込んでいる。これも、う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14281321.jpg

タコのアヒージョのタコがなくなり、ただのアヒージョになって残ったので、火をもう一度通してもらいパンも発注して350円。
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14304266.jpg

3杯目は、コーテ・マス・マルサンヌ770円。
フランス・ラングドック・ルーシュン地方の人気辛口白ワイン。珍しいマルサンヌ種90%とシャルドネ10%で造られるワイン。
甘味と酸味のバランスがとれたフレッシュなワイン。まろやかで程よい酸味は、シーフードやレモンを絞ったサラダなどによく合うみたいだ。このワイン、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
WINE BAL Adagio(ワインバル・アダージョ) 川西能勢口_c0118393_14373371.jpg

「さあ、もういい時間だし、残ったワイン飲み干してお開きとしましょうか」
「ここのワイン、チョー美味しかったわ」
「ここまた誘ってください。感動しました!」
住所 兵庫県川西市栄町11-3 パルティK2 北ハイツ1F 電話 050-5799-5591
営業時間 17:00~翌2:00 火曜休 P無 地図

 以前の記事

by nozawahitoshi | 2015-10-04 07:38 | イタリアン | Comments(0)

TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目

TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_10472076.jpg
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_10471039.jpg

城東区関目のお得意さんに行く前に、関目5丁目交差点のすぐ北側にある大衆イタリア食堂「パッパーレ」というお店に初めて伺った。
「パッパーレ」とはイタリア語で「食いしん坊」という意味である。平成25年11月18日にオープンしたお店である。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_10511435.jpg

お店の外にあった本日のランチメニュー。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1052621.jpg

お店はこんな感じで、すごくオサレ。カウンター席とテーブル席があり、30人くらい入れそう。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1053429.jpg
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_10535170.jpg

こちらが店内にあったメニュー。PCの画像処理ソフトがどうにかなったのか、何枚かの写真がももクロ、もとい、モノクロになってしまった。ご勘弁を願いたい。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1058019.jpg

元気そうなオネエサンがアクアをまず運んできた。
本日のちゅらおっさんパっパーレ定食は、本日のパスタ900円。
アンティパスト+本日のパスタ+ドリンクの3点セット。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1103760.jpg

ほどなくしてアンティパストが運ばれてきた。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1111360.jpg

その内容は、じゃがいものジェノベーゼ、
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1115096.jpg

ボローニャ発祥のハム、モルタデッラ、
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1124576.jpg

フリッタータ、
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_113881.jpg

レタス、サニーレタス、紫キャベツに酸っぱ美味いドレッシングがかかっている。
アンティパストはどれも美味しかった。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1144633.jpg

食べ終わる頃にパスタが登場。
豚の挽肉とほうれん草のラグーソース、アラビアータ風。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1161224.jpg

ほうれん草と
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_116311.jpg

豚の挽肉、人参、玉ねぎのラグーソース。
ラグーソースとは、食材を細かく切り、それを煮込んで作るソースのこと。ラグーは「煮込む」という意味。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11111867.jpg

麺は1.5mmのフェデリーニのアル・デンテ仕立てで
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11122689.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノパウダーがこれでもかと上からかけられている。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11133666.jpg

では、いただきまーす。arrabbiata(アッラビアータ)とはイタリア語で「怒り」という意味。
辛くて、食べるとまるでカッカと怒っているような顔になるところからこの呼称が付いたが、辛いもの好きの私は全然平気である。麺がプリップリで、う、うまあーい!
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1118178.jpg

ほうれん草をパスタに絡めていただく。う、うまあーい!
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1119926.jpg

トマトソースにペペロンチーノが加えられた、ややピリ辛のソース。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11201440.jpg

元気なオネエサンにピッカンテオイルをもらって
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11205944.jpg

「もっと辛くなあれ!」とドバドバーっとかける。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11221332.jpg

さっきより5倍は辛くなって、めっちゃ、う、うまあーい!
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1123383.jpg

挽肉をパスタに絡めていただく。めちゃめちゃ、う、うまあーい!
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_1124234.jpg

御馳走様でした。食べ終わってから気がついたが、パスタの量がチト多すぎた。太りそうな予感。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11254258.jpg

食後のドリンクは、ブレンドコーヒー、アイスコーヒー、アイスカフェオレ、紅茶、烏龍茶、
オレンジジュース、ジンジャエールといった8種類の中から選べるので、ブレンドコーヒーを。
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11274537.jpg

舌触りのよい上質な酸味と、まろやかな甘みを持つコクのある味わいのコーヒー、う、うまあーい!
多分であるが、「ブラジルブルボン」じゃなかろうか?
TRATTORIA&PIZZEARIA PAPPARE  関目_c0118393_11322552.jpg

御馳走様でした。900円にしてはコスパの高いパスタランチだった。また来ようっと!!
住所 大阪市旭区高殿7-1-30 電話 06-6167-8122
営業時間 11:30~15:00 17:30~23:00 不定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2015-05-02 06:58 | イタリアン | Comments(0)

Carneria Bar Q.B     中崎町

Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1354088.jpg

Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1361979.jpg

中崎町のお得意さんに行った後、そこから歩いて1分の裏通りに面したイタリア料理のお店「カーネリアバーQ.B」に初めて伺った。実は以前、ここに「THE SKI」というやはりイタリア料理店があったのだ。居抜きで昨年の6月20日にオープンしたようだ。
Q.BとはQuant Basta(クワントバスタ)、イタリア語で「いいさじ加減」という意味である。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_13172610.jpg

こちらがランチメニューである。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1317534.jpg

店内はカウンターが6席
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_13181836.jpg

テーブルが12席の全18席のキャパの落ち着いた雰囲気。午後1時ちょっと過ぎに行ったのだが、お客は私一人だった。後から女性客が一人。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_13213934.jpg

お店は原オーナーシェフが一人で切り盛りされている。まずおしぼりとアクアが出された。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_13231715.jpg

本日のちゅらおっさんカーネリアバーQ.B定食は、Bランチ900円。
アンティパスト+バケット+生パスタのセット。
待つこと2分でアンティパストが出された。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_144359.jpg

funghi(フンギ)「きのこ」のソテーに
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1452499.jpg

イタリア産モルタデッラのハム
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1463100.jpg

さつま鶏胸肉のマスタード和え
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1464593.jpg

pomodoro(ポモドーロ)「トマト」のマスタード和え
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1473144.jpg

水菜のインサラータ、どれも大変美味しい。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1482524.jpg

次に焼きたてのバケット
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1485213.jpg

バターがたっぷり塗ってあって、う、うまあーい!
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1494065.jpg

そして、生パスタ。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1410450.jpg

サルシッチャと小松菜のトマトソース。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_14105595.jpg

麺はtagliatelle(タリアテッレ)の平形8mm幅を使用。
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_14121025.jpg

具材は小松菜に
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_14123369.jpg

ブロッコリー
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_1412556.jpg

サルシッチャとトマト
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_14133496.jpg

タリアテッレの生パスタは久しぶりにいただく。ノル・マーレ仕立てのパスタで、サルシッチャの旨味が冴えて、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
Carneria Bar Q.B     中崎町_c0118393_14154181.jpg

あっという間に完食、御馳走様でした。いやー、美味しかった。
中崎町の隠れ家的イタリアン、また行きたくなるお店が件増えた。
住所 大阪市北区中崎1-6-2 電話 06-6376-6000
営業時間 12:00~14:00 17:30~23:30 火曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2015-04-25 06:48 | イタリアン | Comments(2)

ガストロノミーア サバニー   池田市

ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1848024.jpg
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_18481033.jpg

「春分の日」の今日の休みは、池田市にある「池田市民文化会館アゼリアホール」で午後2時から「第14回北摂太鼓集団フェスティバル」があるので、1人で車で会場に向かった。
実は細君が篠笛で、長女が太鼓でそこに出演するのである。開演まで時間があったので、そこから歩いて5分のところにあるイタリア料理のお店「ガストロノミーア・サバニー」に初めて伺った。
ガストロノミーアとは文化と料理の関係を考察することを言う。阪急電車石橋駅から近く、創業30年の老舗なんである。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_18564827.jpg

パスタランチ1080円を発注した。アンティパスト+バケット+本日のパスタ+ドリンクといった内容である。5種類のパスタの中からチョイス出来るようになっている。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1913160.jpg

カウンター5席とテーブル12席の全17席のキャパで、オーナーシェフと見習いの男の子の2人でお店は切り盛りされていた。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1921894.jpg

まずおしぼりとアクアが運ばれてきた。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_194682.jpg

続いて、アンティパスト。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1973781.jpg

アンティパストの内容は、ribbolita(リボリータ)「パンのスープ」に
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1911514.jpg

maccarello(マッカレッロ)「鯖」
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19165790.jpg

padellata(パデッラータ)「フライパンで調理したイタリアンポテト」
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1918586.jpg

ホタテのジェノベーゼ
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19182819.jpg

モルタデッラのハム
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19205025.jpg

melanzana(メランザーナ)「ナス」に
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19214155.jpg

lappola(ラッポラ)「ごぼう」
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19225061.jpg

ローストビーフ
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19232088.jpg

いろいろ野菜のインサラータとなかなか豪華なアンティパストである。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19243075.jpg

続いて、バケットとオリーブオイル。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1925796.jpg

プレーンとそば粉のバケット。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19254814.jpg

プレーンはしっとりした感じで、う、うまあーい!

ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19263375.jpg

そば粉はなんか口の中でモソモソする感じ。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1927219.jpg

続いて5種の中からチョイスした、牡蠣とほうれん草のクリームソースのパスタ。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1929156.jpg

具材は、グラナバダーノチーズ、
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1930692.jpg

牡蠣が5個
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19304768.jpg

トマト、玉ねぎ、ズッキーニといった野菜。あれ?ほうれん草が見当たらないが・・・。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1932047.jpg

麺は1.8mmのアル・デンテ仕立てのスパゲッティ。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19331593.jpg

では、いただきまーす。クリームソースがパスタに絡んで、う、うまあーい!

ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19341825.jpg

牡蠣をパスタと一緒にいただく。大きくてプリップリの牡蠣、う、うまあーい!

ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19354672.jpg

クリームスープ、めっちゃ。う、うまあーい!
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1936398.jpg

御馳走様でした。いやー美味しかった。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_19382098.jpg

食後のドリンクはホットコーヒー。
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1939232.jpg

コーヒーまで、う、うまあーい!
ガストロノミーア サバニー   池田市_c0118393_1939343.jpg

御馳走様でした。これだけ内容が良くて、美味しくて、パスタランチが1080円なんて信じられないコスパの良さ。また来たくなっちゃいました。
住所 大阪府池田市天神1-5-10 電話 072-762-0100
営業時間 11:30~14:45 17:30~22:00 不定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2015-03-22 09:17 | イタリアン | Comments(0)

イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目

イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11364731.jpg
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1137132.jpg

天神橋筋商店街のお得意さんに行った後、そこから歩いて2分ほどにところにあるイタリア料理店「シレーナ」に約1年半振りに伺った。2度目である。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11395372.jpg

こちらがお店の入口にあったメニューで
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1140252.jpg

こちらが店内のメニュー。イタリア料理店というよりも、パスタ店と言ったほうが合っている。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11415881.jpg

席に着いたら、おしぼり、水、スプーン、フォークが運ばれて来て
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11425437.jpg

次に、コールスローサラダが運ばれて来た。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11432893.jpg

コールスローサラダは普通に美味しい。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11435534.jpg

本日のちゅらおっさんシレーナ定食のメインは、メランザーナのスパゲティ800円。
melanzanaとはイタリア語で茄子のことで、南イタリアの料理で茄子が主役のパスタである。
上から、パルメジャーノ・レッジャーノがたっぷりとかかっている。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1152182.jpg

熱々なのでカメラを近づけると、ものの見事にレンズが曇る。具材は素揚げした茄子が10切れほどと
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11542860.jpg

スクエア型のベーコンが数枚。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11551589.jpg

見事にアル・デンテに茹で上げられた1.8mmの太さのスパゲティ。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11552348.jpg

トマトソースもたっぷり。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11555760.jpg

では、いただきまーす。すごく弾力のあるプリップリのパスタにトマトベースがしっかりと絡み。ベーコンと大人の味の茄子の絶妙のハーモニー、めっちゃ、う、うまあーい!
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11585116.jpg

いつものようにタバスコでお味を調整。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_11593225.jpg

茄子は素揚げするのが大きなポイント。しっかし、この茄子、う、うまあーい!
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1203743.jpg

スルスルーっとお口の中に入ってしまう絶品激旨パスタ、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1221631.jpg

トマトソースの酸味がたまりませーん。
イタリア料理店シレーナ  天神橋5丁目_c0118393_1225068.jpg

御馳走様でした。いやー、めっちゃ美味しかった。ただ、どういうわけかピンボケ写真が目立った(たぶん老化で指が勝手に震えるのだろう)。
パスタの種類が豊富なので、次はどれをいただこうかなあっと!!
住所 大阪市北区池田町6-14 電話 06-4800-4007  
営業時間 11:30~21:00 月曜定休 P無 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2015-03-12 06:50 | イタリアン | Comments(0)

ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店

ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_846543.jpg
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_8461579.jpg

「天高く馬肥える秋」の3連休の初日、私と女友達のMさんとIさんの3人で箕面にあるイタリアン「ドルチェモスカート」に伺った。とても雰囲気のいいお店で、私は4回目である。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9381226.jpg

ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9385967.jpg

こちらがメニューの1部である。
トイレに行って帰ってくると、もうすでに料理が運ばれていた。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_854450.jpg

Iさんの発注した、酪農バターのバケッ塔(バケット)350円。6切れ入っているが、写真を撮る前にMさんが自分の皿に2切れ移していた。
「元に戻そうか?」とMさんがすまなそうに言ったが、
「そのままにしておいて。わかるように撮るから」と断った。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_8592333.jpg

Iさんが発注した、アモーレランチ1580円。
アンティパスト+お好きなパスタ+ソフトドリンク+ドルチェのセット。
アンティパストがまずやってきた。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9153693.jpg

pollo「ポッロ」(鶏肉)のソテー・バルサミコ酢掛け
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9404436.jpg

ブロッコリーのオリーブオイル漬け
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9413985.jpg

caprese「カプレーゼ」。インサラータで、トマト、バジル、モッツアレラチーズが使われている。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9462358.jpg

frittata「フリッタータ」(オムレツ)
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9474588.jpg

zucca「ヅッカ」(かぼちゃ)のバルサミコ酢ソテーの5品。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9554271.jpg

休日ワインといきまっしょい!Gabal「ガバル」のグラスワイン赤480円。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_9595273.jpg

イタリア産、シチリア特産種ネロ・タヴォラ100%の赤ワイン。
スパイシーでフレッシュな味わいにすっきりした後味。
ガバルとはワイナリーのある町エリーチェの昔の名前である。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1031713.jpg

フリッタータにはトマトソースとチェダーチーズがかかっていて、う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1051873.jpg

鶏皮付き鶏肉のジューシーなこと。う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1065938.jpg

かぼちゃの旨みを最大限に活かして作られたソテー、う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1082247.jpg

1996年創業からの大人気商品のバケット。焼きたてが美味いんだけど、時間が経つと・・・。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10101399.jpg

みんなでつまもうと発注した、マルゲリータピッツア1280円。
コルニチォーネがいい感じに焦げてます。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10153587.jpg

トマト、バジル、モッツラレラといったイタリア国旗の3色。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10173897.jpg

店員さんにピッカンテオイルを頼んだら
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10181844.jpg

「タバスコです」と持ってきたが、全然タバスコじゃないじゃん。ハバネロソースじゃん!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10201534.jpg

適当に切り分けて
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10204468.jpg

いただくとしましょう。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_102112100.jpg

ハバネロは中辛なので多めにかけて
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10215038.jpg

いただきまーす。生地がイマイチである。焼き方が悪いのかなあ?
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1023148.jpg

ブロッコリーはすごく柔らかくって、う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_1024159.jpg

カプレーゼも、う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10252621.jpg

Iさん発注のランチのきのこと明太子のクリームソースが到着。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10262524.jpg

混ぜ混ぜして
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10264987.jpg

シェアしてくれました。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10271786.jpg

2杯目は白のグラスワイン480円。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10275421.jpg

モンテリーモ・ビアンコという名前のワイン。
イタリア。シチリア島の原産、カタラット種とグリッロ種のブレンド。バランスのとれた味わい、フルーツを思わせる香り。
モンテリーモとは、ワイナリーにそびえる山の昔の名前だそうである。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10322532.jpg

パスタはアル・デンテでプリップリ。お味も、めっちゃ、う、うまあーい!
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10335192.jpg

ドルチェ、マンゴーのヨーグルトムース。
ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店_c0118393_10343697.jpg

御馳走様でした。ワイン2杯に軽く食べて、腹七分目。
ドルチェモスカートのお客はほとんどが女性。雰囲気のいいお店には女性客が押し寄せるってことかな?
住所 大阪府箕面市白島1-1-8 電話 072-726-2500
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P36台 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3

by nozawahitoshi | 2014-10-12 07:04 | イタリアン | Comments(0)