ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
山田はん、この界隈得意な..
by ちゅらおっさん at 16:00
天満駅周辺には安くて美味..
by 山田 at 14:19
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


すき家のおろしポン酢牛丼   菅原店

c0118393_8162935.jpg

今日は淡路のお得意さんに寄った後、パラパラと小雨そぼ降る中をすき家の菅原店に初めて訪れた。駐車場は40分まで無料になっていた。隣が回転寿司の「スシロー」で2店共同の駐車場というわけである。
c0118393_8191397.jpg

豚しょうが焼き定食もいいが、今日は初めて、おろしポン酢牛丼を食べるのが目的でやって来たのだった。以前うちの長女が、天満のすき家でそれを食べて「むっさ美味しかった!」と聞いていたものだから、今日になって行動に移したわけだ。
c0118393_823491.jpg

一応メニューに目を通す。一番上にそのセットが紹介されていた。
c0118393_824268.jpg

今日のちゅらおっさんすき家定食はこちら。おろしポン酢牛丼サラダセット480円。
c0118393_8251165.jpg

牛丼(並) 642Kcal。
c0118393_8254840.jpg

大根おろしポン酢 9Kcal。
c0118393_8262418.jpg

野菜サラダ 28Kcal。
c0118393_827791.jpg

みそ汁 42Kcalの合計721Kcal。
c0118393_8275461.jpg

牛丼の真ん中におろしポン酢を乗せ、紅生姜を添えて出来上がり。
c0118393_829047.jpg

野菜サラダにはすき家特製コールスロードレッシングをかける。かけすぎはカロリーオーバーに注意。
c0118393_8303660.jpg

オーストラリア産牛肉(オージービーフ)、柔らかくて、う、うまあーい!
c0118393_8315724.jpg

ついでに、野菜サラダも新鮮で、う、うまあーい!
c0118393_8324975.jpg

おろしポン酢と牛丼と紅生姜を混ぜ合わせて、
c0118393_8335187.jpg

いただくと、いきなり和風テイストになり、初めての食感が口の中に広がる。う、うまあーい!
c0118393_835129.jpg

ご馳走様でした。前回食べた「ねぎ玉牛丼」も、コチュジャンたれがピリ辛で美味しかったが、今回の「おろしポン酢牛丼」もおろしたて大根が新鮮で、また食べたくなる癖になるお味でとても美味しかった。長女の言ってた「むっさ美味しかった!」は本当だった。
住所 大阪市東淀川区菅原7-5-3 24時間営業 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-11 06:59 | 牛丼 | Comments(0)

土佐はちきん地鶏ミンチカレー

c0118393_1014395.jpg

近所のスーパーで買ってきた「土佐はちきん地鶏ミンチカレー」、定価380円が200円と半額近くになっていたのを目ざとく見つけた。きっとあんまり売れないから安く叩き売ったものと思われる。いっそのこと「龍馬カレー」にしたらバカ売れすること間違いなしなんだけどなあ。「龍馬伝」で444億円の経済効果があったと新聞に書いてあった。
c0118393_1073797.jpg

高知県特産物販売株式会社??初めて聞く会社である。パッケージの表には、「野菜本来の甘みと程よい酸味、じんわり広がる地鶏のうまみ、ココナッツミルクのまろやかな風味に加え、香り高いスパイスのホットな刺激、一度食べると忘れられない、くせになるおいしさです」と書いてあった。
裏には「はちきんとは元気で明るく活発な土佐の女性を指す土佐弁です」と。何で「いごっそう」じゃないの?
c0118393_10142242.jpg

説明書きどおりに、沸騰したお湯の中で5~6分温め、
c0118393_10152916.jpg

ちゅらおっさん家食いカレー定食の出来上がり。
c0118393_10164112.jpg

私の場合、カレーに牛乳はアリで、冷たい牛乳にカレーはよく合うし栄養バランスも良い。
c0118393_1018176.jpg

このカレーめっさええにおいがする。ココナッツミルクが入っているので、見た目はタイのカレーっぽい。
c0118393_10195858.jpg

ライスとルーをいただいてみた。野菜とチキンの旨みを凝縮して、ココナッツミルクで仕上げたルーはほわほわ感のあるクリーミーさがあり、う、うまあーい!
c0118393_1022949.jpg

ルーだけいただく。ミンチ肉はルーに溶けてほとんど認識できなかった。淡い黄色のやさしさとは裏腹に、刺激的な辛さが、か、からあーい!う、うまあーい!
c0118393_10252528.jpg

まろやかで口当りのよさにどんどん食べ進んでいくと、あとからじわじわ効いてくるピリッとした心地よい辛さ。
おまんも一度は試したらどうぜよ、土佐藩自慢の地鶏カレーぜよ!

by nozawahitoshi | 2010-05-10 06:49 | レトルトカレー | Comments(2)

「ぼんやり生きてはもったいない」 岸本葉子

c0118393_1882611.jpg

私にとっては初めての岸本葉子の著者なんである。いつもぼんやりと生きている私にとって、思わずタイトルに惹かれて図書館で借りてしまった。
さて、本を読み始めたら内容はエッセイだった。
著者が感じた事、出会った人などを淡々と綴る内容で、特別「美容」に関して秀でた興味と知識が詰め込まれている訳ではないし、紆余曲折を経た人生で、お涙頂戴という訳ではない。
40代女性で結婚をせず、子供を産まず、病気を乗り越えて、自分の人生・毎日の生活を過ごしている女性のエッセイだった。

こういうのは需要と供給で、彼女と似たような境遇の人ならきっと共感だったり反感だったり色々な感情が湧いてくるのであろうけども、今の私には自分とは関係の無い世界という感じがして、特別響くものはなかった。
かと言って読みにくい訳でもなくすらすらと読み進んだ。

私はこの本を読んでいて、どんな顔の人が書いたものだろう?と著者の顔がとても気になった。普段はそんな事までしないのに、インターネットで著者の顔を検索までしたのだ。
画像を見た私の感想は、本を読んだ時に感じたものと非常に似ていた。
「・・・へぇ。」

by nozawahitoshi | 2010-05-09 06:58 | 読書 | Comments(0)

香の川(かのかわ)製麺  寝屋川昭栄町店

c0118393_14425483.jpg

香の川製麺に初めて伺ったとき、3枚綴りの割引クーポンを貰っていたので、今日はあいにくの雨だったが立ち寄る事にした。はや3度目の来店になる。
c0118393_14453836.jpg

従業員は殆どが女性で、親切で元気がいいのが印象的である。
c0118393_14465862.jpg

麺揚場でかけうどん(大)と野菜のかき揚げ天をもらい、清算を済まし、それを持って「かけうどんのだし」のところまで行き、
c0118393_14495051.jpg

セルフでサーバーを操り、お出汁を適当に入れる。こんなの生まれて初めての経験(いろんな経験はしてるが)なので心の蔵がドキドキする。
c0118393_17571943.jpg

サーバーを手前に倒すと、勢いよくお出汁が出てくる。なかなか小気味のええものだ。
c0118393_1801293.jpg

そしてその隣の天かす、青ネギ、おろし生姜のトッピングコーナーにスライドし、
c0118393_1814086.jpg

そのすべてをトッピング完了。
c0118393_1821556.jpg

今日のちゅらおっさん香の川製麺定食はこちら。
かけうどん(大)380円と野菜かき揚げ天120円の合計500円だが、割引クーポン50円を差し引き450円と少し安くなる。貧乏サラリーマンに50円引きは大きいのである。「偉い!」と嫁はんに褒められるかも。
c0118393_186121.jpg

いつものように七味唐辛子をふりかけ、よく見ると「ハウス食品」のではないか。こんな店で市販の七味を使っているのは珍しい光景である。
c0118393_1881950.jpg

うどんはしっかりしたもので、暖かいかけうどんでもエッジ、コシがちゃんとあって、う、うまあーい!
c0118393_1895620.jpg

サーバーで初めて入れたお出汁は、少し甘めであるが、う、うまあーい!
c0118393_18113366.jpg

野菜かきあげ天ぷらうどんの出来上がりっと!
c0118393_18123048.jpg

マクロにするとうどんの美しさがわかるというもの。
c0118393_1813195.jpg

ご馳走様でした。大サイズはかなりの量があって食べるのに苦戦した。次は冷たい「おろし醤油うどん」に挑戦してみよう。きっと美味いはずだ。
c0118393_18152249.jpg

雨の影響か1時過ぎというのにお店はガラガラ状態。いつも思うのであるが、雨の日は外食産業が比較的空いている。何故か?みんな、お昼ご飯どうしているのだろうか?雨の日は食べないのだろうか?なわけ、ないよね。
住所 大阪府寝屋川市昭栄町11-40 電話 072-822-8117
営業時間 11:00~22:00 無休 地図
 1回目の香の川
 2回目の香の川

by nozawahitoshi | 2010-05-08 06:57 | うどん | Comments(2)

松屋のフレッシュトマトカレー  東淀川菅原店

c0118393_1564173.jpg

いつまで寒い冬が続くのかとダウンジャケットを出したままにしていると、いきなり夏がやってきた。おいおい、春は何処へ行ってしまったんだい!今日は26度という、宮古島と変わらない気温の中淡路から門真へ行く途中にある、菅原1丁目交差点の近くにある「松屋」でお昼ご飯にした。
c0118393_1581257.jpg

去年の夏以来、またまた安いカレーが食べられるようになって、私も含めた貧乏サラリーマン諸士はきっと喜んでいるはずである。
c0118393_1510598.jpg

最近よく来るのでややこしい券売機にもようやく慣れ、作業も前より早くなった。
c0118393_15112388.jpg

新製品の「鶏めし」。次から次へと松屋はなかなかやりよる。「また来て食べんならんやんか!」
c0118393_15131970.jpg

メニューは新しいのに変わっていた。松屋のメニューは頻繁に変わるのである。
c0118393_15142055.jpg

今日のちゅらおっさん松屋定食はこちら。フレッシュトマトカレー野菜セット(並)380円。
c0118393_15153150.jpg

4月23日の午後3時からお目見えしたフレッシュトマトカレー(並)。単品だと290円。613Kcal。
c0118393_15191634.jpg

サービスのみそ汁。
c0118393_15194877.jpg

野菜サラダ。単品だと100円。セットで10円安くなる。
c0118393_1520397.jpg

フレンチドレッシングをかける。かけすぎはカロリーオーバーになるので要注意。
c0118393_15212934.jpg

カレーには黄色っぽい福神漬けが付いていた。
c0118393_15221918.jpg

シャバシャバしたルーのスパイシーなチキンカレーなのである。
c0118393_15232258.jpg

ルーだけいただくと、かなりあとから辛さがジンワリと来る。う、うまあーい!辛~い!
c0118393_15245292.jpg

さらっとしたカレーなのでカロリーは控えめ。辛~い、う、うまあーい!
c0118393_1526193.jpg

ちょうど半分いただいたところで、すでに腹八分目になった。でも残すのは勿体ないので、
c0118393_15271312.jpg

30分位かけてやっと完食、ご馳走様でした。小麦粉も油も使っていない、トマトと鶏肉とスパイスだけの、あっさり味だが辛さは充分な手ごたえあり。290円は安い。松屋の企業努力の程が窺えるカレーであった。
住所 大阪市東淀川区菅原2-7-9 電話 06-6815-7901
営業時間 24時間 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-07 07:01 | カレー | Comments(0)

お喋り居酒屋 「居心伝」 三宮店

c0118393_11104110.jpg

G・Wも終盤に近づいた今日の夕方5時、私の畏友であるおごけんさんと阪急三宮で待ち合わせ、生田神社方面へ行った東急ハンズ斜め向かいの、第13シャルマンビル2Fにある「居心伝」に初めてお邪魔した。
c0118393_11153528.jpg

早めに来て下調べをしていると、愛嬌のいい娘がこのビルの入り口でチラシを配っていたので、「飲み放題ちゅうのんやってんの?」と訊ねると、「ええ、2時間1260円でやってます。是非来てください!」と満面の笑みを浮かべて言うので、安さとその娘のカワユサに惹かれて入ることにした。
c0118393_11211083.jpg

キリン一番搾り生で「カンパーイ!」ガチガチ、グビグビ、プッハー。あー、う、うまあーい!私たちは33年も飽きずにこうやって飲み続けてきたのである。「継続は絆なり、駅伝は襷なり」である。(なんのこっちゃ!)
店内はカジュアルで明るい雰囲気のお店。私たちが入った時、まわりを見渡すと若い女の子ばかりで、場違いなところに来てしまったという感じがしたが、「ま、いいか」とオジン2人で「飲み放題」に挑んだ。
c0118393_11291515.jpg

牛スジポン酢294円。私の好きな「鶏皮湯引きポン酢」がなかったので、これを頼んだ。
c0118393_11312066.jpg

海苔明太マヨ玉子巻き399円。初めての食感。う、うまあーい!
c0118393_11323662.jpg

鶏ささみ梅シソ、2本294円。
c0118393_11332980.jpg

つくね、2本294円。
c0118393_1134738.jpg

居心伝餃子、6個189円。外はバリッ、中はジューシーな餃子は衝撃価格。
c0118393_1136751.jpg

コーンとベーコンのバター鉄板焼294円。メニューの殆どが189~399円という安さなので財布が喜ぶ。
c0118393_11383081.jpg

おごけんさんはレモンチューハイに鞍替え。私は浮気せず、最後までキリン一番搾りを一途に徹底して飲み続けた。
「てぃだかんかんの映画、嫁はんと観にいったけど感動して涙がボロボロ出たんですわ」とおごけんさん。
「てぃだかんかんでなだそうそうなわけや。金城浩二はんの実話の映画化やね」私。
「ナイナイの岡村君の演技がめっちゃ光っていたわ」とおごけんさん。
「松雪泰子は佐賀県鳥栖市出身で私らと同じ0型。がばいきれいかおなごたいね」私。
c0118393_12261812.jpg
                                                                   鶏軟骨唐揚げ294円。酔いが回ったのか、半分くらい食べてからカメラに収めた。
c0118393_1151153.jpg

おごけんさんはハイボール(富士山麓)を飲んだあと、黒霧島に。決して同じものを飲まない人である。
c0118393_11533468.jpg

とりあえずキャベツ189円。「とりあえずキャベツ」という名前の一品、鶏軟骨の脂っこさにたまらず発注したというわけなのだ。
c0118393_1156657.jpg

チャンジャ263円。おごけんさんは初めてで「これ一体何?」私はすでに何度も新福島でいただいているのでで、大きな顔して「鱈の胃袋を時間をかけて塩蔵し、ヤンニョンで漬け込み醗酵させ丁寧に作ったもの」と説明させてもらった。

c0118393_1244169.jpg

最後は、こだわり玉子の出汁巻き294円。何故こだわりかというと、使こてる玉子がちゃう。大山地鶏の玉子を使っているそうな。中国地方の最高峰、主峰は剣ヶ峰(けんがみね)1729M、その麓の養鶏場でのびのびと育てられた鶏の玉子。う、うまあーい!
居心伝は値段がとてもリーズナブルで、気楽にお酒が楽しめるお店である。お箸が割り箸ではなかった。
環境に配慮しているところを私は高く評価する次第である。
住所 兵庫県神戸市中央区下山手通り2-1-13 第13シャルマンビル2F 電話 078-334-4611
営業時間 17:00~翌1:00 無休 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-06 06:59 | 居酒屋 | Comments(2)

神社を訊ねて その22 鼻川神社      西淀川区花川

c0118393_1084561.jpg
c0118393_1085484.jpg

ゴールデンウイークは読書三昧で過ごし、身体がなまってきた今日は電車を3本乗り継いで、JRの塚本駅で下車。駅からまっすぐ淀川へ出て、堤防沿いを西に15分ばかり歩いたところにある「鼻川神社」にやって来た。
住所は花川であるが、社名は鼻川なのである。ところで、何で地名は花川で神社が鼻川なのかというと、
神功皇后(仲哀天皇の皇后、応神天皇の母)が三韓討伐前にこの地に立ち寄られ、地名を尋ねたが、当時(1~2世紀頃)無名の地であった。その時、ここの地形が鼻が飛び出しているように見えたから、鼻川と名づけたという。昔の淀川は今のようにまっすぐ気味でなく、くねくねと曲がっていたものと思われる。
c0118393_10214960.jpg
c0118393_10215864.jpg

そして橋を渡って(この橋は何でこうなっているのか不思議)、
c0118393_10232359.jpg

拝殿へ進む。
c0118393_10235617.jpg

淀川と平行して鎮座されており、北東向きであるが、便宜上東向きとしておく。大きな堤防が見える。車も結構走っている。
神功皇后からありがたく名前を頂戴した村民は、その後ゆかりの地に堂宇を建て、神功皇后を祀るのであるが、後に対岸に住んでいた住民が海老の宮から素盞鳴尊の神をお呼びした。海老の宮というと「海老江八坂神社」の事である。地図を見ると、確かに淀川を挟んで北と南、しかも近い。
c0118393_10331853.jpg

それ故、御祭神は神功皇后と素盞鳴尊のダブルになっている。
明治30年、淀川の付け替えがあって、その時姫島神社に合祀されたが、その後の住民の努力により大正13年に晴れて独立した神社となった。
c0118393_10382589.jpg

かつて淀川には西成大橋という橋が架かっていたようだが、実は現在の淀川大橋だとか。
c0118393_103938100.jpg

拝殿の左脇に鎮座していた半魚と獅子。まことにユニークなので、笑っちゃいそうだった。
c0118393_10414336.jpg

朱の鳥居はお稲荷さんの証。こちらは鼻川稲荷神社。
c0118393_10425267.jpg

ぐるっと廻って裏側へ。北側は駐車場になっていて、入り口に注連柱が立っていた。
帰りは阪神電車の姫島駅まで歩いた。夕方から私の畏友のおごけんさんと三宮で飲み会が待っているのであった。
住所 大阪市西淀川区花川2-1-12 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-05 08:55 | 寺・神社を訊ねて | Comments(2)

「日本人は何を食べてきたのか」  永山久夫著

c0118393_1283211.jpg
                                                                   今年読んだ本の中で、一番おもしろい内容の本である。永山久夫監修の「日本人は何を食べてきたのか」( 青春出版社)である。2003年の本である。今まで読まなかったことを残念に思う。
日本人が水田耕作をするようになり、米を中心とする食生活になってから、現在の高タンパク、低カロリーといわれる日本食の紆余曲折を描いている。古くは縄文時代にさかのぼり、肉食禁止令(7世紀~明治まで)があったり 外国からの野菜などが日本人の食生活に入り込むなど、いろいろな変遷の中で、確立していったことが、分かる。
特にわれわれが食べている食品のルーツに関する記述が興味深い。日本の食文化の多様さも分かる。以下に、少しだけおもしろいところを抜き出した。

・日本を原産とする野菜は極めて種類が限られている。それもセリ、ミツバ、アシタバ、ウド、ミョウガ、フキ、ゼンマイなど、現代の食卓ではかなりマイナーなものばかりだ。
・ヤマイモは数少ない日本原産の食品の一つである。したがって古代人も食べていたと考えるのが当然だ。とはいえヤマイモはサトイモと違って掘り出すのに手間がかかる。そのため12世紀に書かれた「今昔物語集」には、当時の貴族たちの間で貴重品として扱われていたことが記されているほどだ。

・日本は世界の中で唯一といっていいほど、海水のみから塩を得ている国である。

・武田信玄も味噌を奨励した武将として名高い。今川氏や北条氏に塩止めをされ、上杉謙信に窮地を救われて以来、塩の大切さが骨身にしみるようになった信玄は、塩を確保し保存するための食品として味噌の生産に力を入れるようになる。

・民族学的に見るとまな板を使う文化は日本、朝鮮、中国ぐらいなもので、他の地域ではこれらの国ほどは使われないのだという。それはまた箸を用いる文化圏とも合致しているらしい。

・世界で箸を使うのは朝鮮半島、中国、ベトナムそして日本である。だが、日本以外の国は箸とさじを兼用しており、純粋に箸のみを使用しているのは日本だけだ。

・聖徳太子が607年に小野妹子らを遣隋使として中国に送ったのは有名な話であるが、彼らが中国で収穫してきたものの一つに箸文化があった。

とにかく食に関する豆知識が盛りだくさんで、私の知識ラベルも上昇した。ただし、憶えていればの話だが。

by nozawahitoshi | 2010-05-04 12:10 | 読書 | Comments(4)

「世間のドクダミ」 群ようこ    筑摩書房

c0118393_17504230.jpg

「純粋に、笑える系」「耳に痛い系」のエッセイ集。昔から痛快な毒舌が冴える群ようこであるが、ますます磨きがかかっていてファンとしては何よりである。
変わったかな?と感じたのは、今時の若者は…調が目立つ点である。もしかしたら、大多数の年齢層というより、著者と同年代の女性の方が、うんうん、と共感しながら読めるのかもしれないと、何だかちょっとばかり遠い存在に感じたのが残念だ。年配になるほど、自分より若い世代に対して色々いいたくなる嫌いが群ようこにも!
c0118393_175114.jpg

自虐的な話も、周囲の事にも容赦ない毒舌で、ドクダミのようなエッセイです。地味でどこにでもみかけ、体内に取り入れれば薬効がある。人によって好き嫌いがわかれ、嫌いな人からすれば疎ましい。けれど好きな人からすれば長年にわたって重宝される。勿論、私も重宝している。
この本を読み終えた瞬間から群ようこを愛着を込めて『文壇のドクダミ草』とひそかに呼ばせて頂くことにした。まあ同年代なのでいいだろう。
特に、「男の意気地」が面白かった。面白すぎて、笑いが止まらなかった。群さんの本は、本当に痛快だ。この本も、例にもれず、読後に爽快感のある作品だ。軽く読めるので、まだ読んでいない方にオススメしたい一冊だ。
c0118393_17515666.jpg

これがドクダミである。誰もが見たことがある、名前と違って清楚で可憐な花が咲く、道端の何処でも見かける草花なのである。実は私は以前、丸30年間 薬屋に勤めていたのでドクダミには詳しい。
漢方名を「十薬(じゅうやく)」という。
排便を促す緩下作用や、余分な水分を排泄する利尿作用がある成分を含んでいるので、体内の老廃物除去作用がある。他に動脈硬化、高血圧、冷え性など、まさに十種類に効く薬ということで「十薬」と名づけられたんだそうな。

by nozawahitoshi | 2010-05-03 07:12 | 読書 | Comments(6)

洞水      関目高殿

c0118393_21345454.jpg

今日は昨日に引き続き、ゴールデンウイーク3日目に世間は入っているが私は仕事なんである。人は人、私は私と、休日に楽しんでいる人を横目に見て、今日は関目5丁目の交差点の西に200M位行ったところにある手打うどんの「洞水」さんに初めてお邪魔した次第である。去年の12月5日にオープンしたお店である。若い店長とキレイな、とても品のある女将さんが二人で切り盛りしているお店。
c0118393_2140959.jpg
c0118393_2140238.jpg

お品書きは、表と裏にびっしり書いてある。カウンター8席と2階にもあるみたいだった。
c0118393_21421495.jpg

うどんセットを発注したら、「本日の小鉢」を上に吊ってあるパネルから選んでくださいと、キレイな女将さんに言われたので、れんこん肉詰天を発注。
c0118393_2147884.jpg

今日のちゅらおっさん洞水定食はこちら。かけうどん(中)セット、580円。
c0118393_2148354.jpg

「冷やかけ出きますか?」と若い店長に頼んだら、メニューにはないが作ってくれた。単品だと280円。
c0118393_21521152.jpg

炊き込みご飯、かやくご飯とも言う、単品だと200円。
c0118393_21532681.jpg

れんこん肉詰め、2個で100円。安いし揚げたてである。
c0118393_2261827.jpg

麺は中太で大阪うどんよりはややしっかりしたコシ。でも讃岐うどんほどでもない。
c0118393_729971.jpg

エッジもきりっとまでは行かないが、まあこれはこれでいけてる。
c0118393_21584346.jpg

炊き込みご飯は具材(椎茸、人参、ごぼう、薄揚げ、かしわ)が思ったより多く、う、うまあーい!
c0118393_2211023.jpg

れんこん肉詰め天は熱々で、れんこんを噛んだ時のシャキーンという音がして小気味がいい。
c0118393_7362330.jpg

透き通ったお出汁を飲むと、イリコのいい香りがして少し甘めだが、う、うまあーい!
c0118393_7375970.jpg

ご馳走様でした。私の麺の好みは極太でエッジがあって、弾力のあるのがいいのだが、いずれこの店もそうなって欲しいと願うばかりである。今度は「洞水」のカレーうどんを食べてみたい。
住所 大阪市旭区高殿4-14-9 電話 06-6954-3570
営業時間 10:30~15:00  水曜定休(隔週休) 地図

by nozawahitoshi | 2010-05-02 11:22 | うどん | Comments(4)