ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、毎度です。 ..
by ちゅらおっさん at 11:14
ブイブイ言わすは完全死語..
by 山田 at 17:13
まるでさん、日曜日に行き..
by ちゅらおっさん at 15:28
アジフライタルタルソース..
by まるでだめお at 12:30
芭蕉布さん、こんにちわ。..
by ちゅらおっさん at 11:47
ベーコンレタスバーガーっ..
by 芭蕉布 at 12:38
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


餃子の王将     赤川店

餃子の王将     赤川店_c0118393_13165287.jpg

今日は旭区の赤川にある「餃子の王将」にずいぶん久し振りに立ち寄った。2年前の8月27日以来、5度目の来店である。同じ王将のお店でも、ここの料理はどれも美味いのである。
餃子の王将     赤川店_c0118393_13201335.jpg

新発売の辛玉ラーメン399円が、ぎりぎり明日の1月31日までお試し価格の350円でいただけるというポスターを目ざとく見つけ、昔からいる餃子とラーメンとお会計担当のオネーチャンに「辛玉ラーメンって、量多い?」と聞くと、「普通です」って答えが返ってきた。王将の普通は若者の普通であって、年寄りには多いに決まっているので、いつもなら餃子を発注するのだが、今回はラーメンだけ発注した。
餃子の王将     赤川店_c0118393_13261384.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食は辛玉ラーメン350円、ブログ初登場。ポスターの写真とまったく同じものがやってきた。見た目は非常に辛そうである。そして案の定、器はデカかった。
餃子の王将     赤川店_c0118393_13292388.jpg

具財は豚肉が5~6切れと
餃子の王将     赤川店_c0118393_13302054.jpg

ハンパない量のキャベツとニラ。キャベツラーメンと言っても過言ではないくらい、野菜がいっぱい食べれるヘルシーなラーメンである。
餃子の王将     赤川店_c0118393_13324964.jpg

ふんわりかき玉子がもいっぱい入っている。
餃子の王将     赤川店_c0118393_13341642.jpg

麺は王将の麺で、中太ストレート。
餃子の王将     赤川店_c0118393_1335079.jpg

スープは真っ赤で、いただいてみると、か、からーい。でも、う、うまあーい!
では、麺をいただきまーす。麺は思っていた通りにかなり多い。食べた後から辛さが追っかけてくるが、この刺激が、たまりませーん!
餃子の王将     赤川店_c0118393_13385556.jpg

ご馳走様でした。これで350円は安いと思う。2月から399円になるが、それでも安いと思う。おなかは100%満たされたし、とっても美味しかった。食べ終わった後、汗が執拗に額から流れ出たし、唇がずっとヒリヒリと痺れていた。恐るべし、王将の辛玉ラーメン!!
住所 大阪市旭区赤川3-3-36 電話 06-6929-7688
営業時間 11:00~22:30 年中無休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

by nozawahitoshi | 2012-01-31 06:53 | 中華料理 | Comments(0)

京風炉端 花格子    川西能勢口

京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1414113.jpg

キッチンポットを出た3人は、能勢電の高架下に戻り、「鳥処・福笑」に行くが残念ながら予約でいっぱい。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1416105.jpg

「串カツのあさひ」もどういうわけか満員で、
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1416509.jpg

どこも満員で「背に腹は変えられない」と観念し、少し高そうなオサレなお店があったので、入れるかどうか聞いてみると、テーブルが1つ空いたところですと言うので、「京風炉端花格子」に決定。
店内には生簀があり、とても落ち着いた雰囲気で、お客さんはほとんどが女性客だった。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14225116.jpg

「女性客が多くて安心できるお店やねえ」とMさん、ザ・プレミアムモルツ生中480円を発注。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14243519.jpg

Iさんは杏露酒(シンルチュウ)480円。甘酸っぱいアンズのお酒である。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1426195.jpg

私は角ハイボール380円。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14262764.jpg

それでは、カンパーイ!ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14285259.jpg

店内は53席のキャパなので、発注してから到着するまで時間がかかる。Mさん発注の出汁巻き玉子は15分位してやっと来た。お値段は520円と高め。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14303322.jpg

大根おろしを乗せていただきまーす。う、うまあーい!出汁巻き玉子で520円は高いと思ったが、食べて納得、めっさ美味い。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1432366.jpg

お造り3種盛り780円。「うわあーキレイ!」とIさんが感嘆の声を漏らす。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14331727.jpg

いか。                            
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14333511.jpg

ヒラマサ。
ヒラマサはブリ属の魚で、一見素人にはブリにしか見えないが、色や姿の丸み、鰭の形が違うのである。昔はブリ30匹にヒラマサ1匹と言われて、まぼろしに近い魚として大変高価な魚だったが、最近は養殖が盛んになり身近に手に入る魚となった。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14374967.jpg

寒ブリ。赤身と白身があるが、白身はマグロで言えば大トロの部分である。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1439254.jpg

脂が乗り切った歯応え抜群のブリ。う、うまあーい!まさにホッペが落ちるとはこのことを言うのだろう。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14402526.jpg

カニのグラタン700円。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14411110.jpg

ジュージューと音を立てていて美味そう。特に焦げたところが。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14422617.jpg

ズワイガニの甘みと濃厚なクリームソースのお味。う、うまあーい!これはびっくりするくらいのお味。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1444497.jpg

「熱燗でも飲んで暖まりましょう」と頼んだのが、大関熱燗2合420円。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14453173.jpg

Mさんにお酌してもらって、いただきまーす。う、うまあーい!通の辛口と言いましょうか。でも私は菊正宗のほうが好きなんだな。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1448436.jpg

Iさん、私のカメラで隠し撮り。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14484261.jpg

ブログ作成の下書きを必死でやっていて、カメラに全然気がついていない状態。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14502569.jpg

京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14503942.jpg

活あじ姿盛1200円。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14512110.jpg

今まで生簀でぼーっと泳いでいたあじ。殺されたのに気がついていないのか、まだピクピク動いている。
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14525673.jpg

柔らかくて、お口に入れるとジワッと味が滲みてくる感じ。う、うまあーい!
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_14543236.jpg

食べている間じゅう、動き続けるあじ。ここで金子みすずの詩を思い出した。
 朝焼け小焼けだ 大漁だ  大羽鰮(いわし)の 大漁だ
 浜は祭りのようだけど 海の中では 何満(まん)の 鰮のとむらいするだろう
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_1591867.jpg

最後は唐揚げにしてもらい、骨ごとポリポリといただいちゃいました。う、うまあーい!なんて残酷!
京風炉端 花格子    川西能勢口_c0118393_15104885.jpg

あ~あ、美味しかった。熱燗4本も飲んでかなりヘベレケ状態。お店は気がつくと閉店前に。
「また2月に飲み会しましょう!」と固い約束を交わして長い長い飲み会もお開きに。
住所 兵庫県川西市小花1-1-10 ベルフローラかわにしイースト117 電話 072-759-1157
営業時間 ランチ 11:30~14:00 居酒屋 17:00~23:00 年中無休 地図

by nozawahitoshi | 2012-01-30 06:54 | 居酒屋 | Comments(0)

Kitchen Pot 川西能勢口

Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10232145.jpg

能勢電鉄川西能勢口駅から徒歩3分、ダイニングバー「キッチンポット」の看板が煌々と輝いていた。夜の帳が降りた駅周辺は人影まばらで、ひっそりとしていた。Mさん、Iさんと3人で初めて入るお店。今年4度目の新年会である。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10313994.jpg

年中無休でしかも朝の3時まで営業してる、川西では珍しいお店。店内はアーリーアメリカンスタイルとも、イギリスの古いパブ調のお店とも言えそうな、「非日常」をひしひしと肌で感じる空間がそこにはあった。
お店の中は20歳前後の男子グループ6人や、高校生くらいの女の子が5人、どちらも楽しそうに会話に夢中になっている。私のようなお年寄りのオヤジの来るお店ではなさそうだが、来ちゃったから引き返すわけにも行かない。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10385498.jpg

「この店、暖房がめっちゃ効いていて、ちょっと暑くない?」とMさん。彼女は赤ワインを発注していた。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10405156.jpg

Iさんは、モスコミュール。モスコミュールとは1946年、アメリカはハリウッドの料理店主ジャック・モーガンが考案した「モスクワのバラ」という名を持つカクテル。ウオッカベースにライムジュースを加え、それをジンジャエールで割ったもの。
「ちゅらおっさん、飲んだことある?」とIさん。
「あるある、あるがな。学生時代はモスコミュールやソルティドッグ、ウオッカ・マティーニ、アカプルコなんちゅうのをよう飲んだわ」
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10481540.jpg

と話しているところへ、私の発注したジントニックが登場。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10491663.jpg

「トニックウオーターをやさしく、こうやって注いで・・・」
「トニックウオーターって何?」とMさん。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10503765.jpg

「イギリス人が考えたもので、ソーダ水にレモン、ライム、オレンジなんかの皮の部分のエキスと糖分を加えた飲み物で、むっさ甘いねん」
「ヘアトニックみたいな匂いがするで」とIさんが付け足した。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_10541813.jpg

では、お疲れ様。カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい! 「ちょっとそのトニックシャンプー飲ませて」とMさん。
「シャンプーちゃうちゃう、トニックウオーターや」とMさんに渡す。
「うわー、きつい味。私はこれダメやわ」
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_1059294.jpg

Mさん発注のチーズトマトが到着。熱々で音を立てている。カクテルとよく合うアテである。う、うまあーい!
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_111519.jpg

続いて、Iさん発注のミックスピザが到着。
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_1124914.jpg

手作りである事がすぐにわかった。玉ねぎとチーズのトロトロが、う、うまあーい!
Kitchen Pot          川西能勢口_c0118393_1143393.jpg

「この店、やっぱり暖房効きすぎて暑いわ。それに落ち着いて飲める感じやないし・・・。」
「じゃあ、能勢電の高架下に立ち飲みがあるんで、そこに行こか」ということでお開きに。
ご馳走様でした、キッチンポットさん。ピザ、めっさ美味しかったっす。
住所 兵庫県川西市中央町2-1 大百物産川西ビル1F 電話 072-758-5090
営業時間 11:00~翌3:00 年中無休 地図

by nozawahitoshi | 2012-01-29 07:35 | 居酒屋 | Comments(0)

餃子の王将   関目店

餃子の王将   関目店_c0118393_919309.jpg

今日は国道1号線の関目交差点にある「餃子の王将」でお昼ごはん。
餃子の王将   関目店_c0118393_921441.jpg

関目店オリジナル料理フェアの中から一つ選ぶことにした。
餃子の王将   関目店_c0118393_922152.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
餃子の王将   関目店_c0118393_9223978.jpg

関目店限定の博多風豚骨焼きそば450円、ブログ初登場、と
餃子の王将   関目店_c0118393_924588.jpg

餃子1人前210円の合計660円。
餃子の王将   関目店_c0118393_9262815.jpg

具は丸い大きなチャーシューと
餃子の王将   関目店_c0118393_928569.jpg

焼きそばの上には、紅生姜、白ゴマ、ネギがかかっていた。
餃子の王将   関目店_c0118393_9265369.jpg

玉ねぎ、もやし、木耳。
餃子の王将   関目店_c0118393_929482.jpg

麺は円柱形のストレート太麺。
餃子の王将   関目店_c0118393_9301955.jpg

では、いただきまーす。豚骨ラーメンと焼きそばをミックスしたようなお味で、パスタのような食感だった。美味いのか不味いのか、よくわからない。
餃子の王将   関目店_c0118393_9315420.jpg

お出汁は完全に豚骨スープである。
餃子の王将   関目店_c0118393_9322980.jpg

餃子を王将特製ダレにラー油を入れて浸す。
餃子の王将   関目店_c0118393_9333254.jpg

外はバリッと、中はジューシーな餡が、う、うまあーい!
餃子の王将   関目店_c0118393_9342731.jpg

王将のラーメンに入っているチャーシューはイマイチなんだけど、このチャーシューは、う、うまあーい!
餃子の王将   関目店_c0118393_9354352.jpg

ご馳走様でした。食べている最中に、「やっぱり普通の焼きそばにしときゃ良かった」と後悔した。エースコックから同じ名前のカップ焼きそばが出ているが、関目店の博多風豚骨焼きそばは好みによって好き嫌いが分かれそうな一品だった。
住所 大阪市城東区関目5-5-4 電話 06-6930-8366
営業時間 11:00~23:00 年中無休 地図
 餃子の王将 関目店 以前の記事
 2009年12月26日
 2010年 5月18日
 2010年12月 2日 
 2010年12月16日
 2011年 8月 4日

by nozawahitoshi | 2012-01-28 05:55 | 中華料理 | Comments(0)

松屋のシチューチーズハンバーグ定食

松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_17593954.jpg

連日のシベリアのような寒さが年老いた身にはかなりこたえる。北海道ではこれを「しばれる」と言う。そんな今日は国道171号線沿い、半町交差点近くにある去年の7月29日にオープンした「松屋・箕面店」にまた伺った。今年もまた松屋箕面店通いが増えそうだ。オープンしてから9度目の来店である。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1814640.jpg

店内に入ると、まずは自動券売機でチケットを購入。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_182954.jpg

本日のちゅらおっさん松屋定食はこちら。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18295026.jpg

シチューチーズハンバーグ定食580円。メインのシチューチーズハンバーグと
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1831092.jpg

ごはん。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18311916.jpg

生野菜。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18313924.jpg

お味噌汁のセット。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1832451.jpg

生野菜にゴマドレッシングをかける。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18323872.jpg

では、いただきまーす。チーズが溶けてハンバーグに絡んでまあまあのお味。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18333115.jpg

これがチーズハンバーグの断面である。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18341233.jpg

トロトロのシチューだけでも十分ごはんが進む。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1835070.jpg

生野菜は新鮮で歯応え良く、う、うまあーい!
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18354471.jpg

カレーにかける辛味スパイスが卓上にあったので
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_18362425.jpg

10振りほどふりかけて
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1837172.jpg

いただきまーす。うーん、さっきより味に幅ができて、う、うまあーい!
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_1036399.jpg

辛味スパイスをいっぱいふりかけていただきましょう。
松屋のシチューチーズハンバーグ定食_c0118393_10372873.jpg

ご馳走様でした。お腹いっぱいになり、ごはんとお味噌汁は無理に食べてもしょうがないので少し残した。
それにしても松屋は、次々にいろんなメニューを出してくる。「えらい、感動した!」小泉か!!
住所 大阪府箕面市半町3-14-20 電話 072-720-6772
24時間営業 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2 
 
以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7

by nozawahitoshi | 2012-01-27 06:53 | ハンバーグ | Comments(0)

九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店

九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8335039.jpg

今日は一段と寒さが身にしみる中、箕面と豊中との境目にあるビーバーワールドにやって来て、
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8353064.jpg

その1階にある「九州ラーメン亀王」に初めて伺った。チェーン店であるラーメン亀王は以前から知ってはいたが、入店するのは今日が初めてである。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8374243.jpg
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8375060.jpg

九州ラーメン亀王のメニューである。(クリックで拡大)
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8383159.jpg

九州油そばを発注したら「油そばおいしく食べる達人の食し方」という説明書を渡された。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8401173.jpg

本日のちゅらおっさん九州ラーメン亀王定食は、九州油そば620円。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8453729.jpg

おいしそうな豚バラ肉のロールチャーシューが1枚と
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8462188.jpg

白髪ネギ、人参、かいわれ大根、
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8465544.jpg

ネギが少々、
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8472159.jpg

メンマが4本、
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8474199.jpg

ナルトが1枚、
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_848818.jpg

麺は縮れ中細麺。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_849227.jpg

器の底の方に油ダレが沈んでいるので
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8495467.jpg

麺が熱々のうちに、お箸でよーくかき混ぜ
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8504579.jpg

いただきまーす。温かくって、油ぎっていて、う、うまあーい!もうお口はベタベタのギトギト。(笑)
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8522440.jpg

説明書通りにラー油をたっぷりたらし
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_853689.jpg

紅生姜をいれ
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8532589.jpg

お酢をたらし
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8534931.jpg

またお箸で「これでもか!」と、よーくかき混ぜ
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8543654.jpg

人参、白髪ネギと麺を一緒にいただく。お味はなかなかいけてる。鷹のツメが少し入っているので、たまにピリッとして美味しい。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_856776.jpg

チャーシューと麺をいただく。う、うまあーい!ご飯が欲しくなるが、炭水化物の摂り過ぎになるので我慢、我慢。
九州ラーメン亀王(きおう) 箕面船場店_c0118393_8575076.jpg

ご馳走様でした。ラーメンといえば、スープ、麺、具の三要素が基本だが、ここ最近関西では、汁がないラーメンが話題となっている。濃厚な味付けにもかかわらず、あと口さっぱりでクセになる九州油そば。一度、お試しあれ。
住所 大阪府箕面市船場東3-13-11 ビーバーワールド1F 電話 072-726-6777
営業時間 11:00~翌1:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2012-01-26 06:53 | ラーメン | Comments(0)

とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町

とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_1536233.jpg

今日は身を切るような寒さの中、伊丹の171号線大鹿交差点の北にある「とんかつ華」に伺った。4度目の来店である。車の中は暖房で温かいが、一旦外に出るとイルクーツクやベルホヤンスクのような痺れる寒さだった。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15382056.jpg

本日のちゅらおっさんとんかつ華定食はチキンカツ膳650円。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15391483.jpg

20cmくらいある大きなチキンカツを6等分してある。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15401598.jpg

ごはんは大盛も出来るが、胃袋が小さいのでやや少なめをお願いした。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15411834.jpg

ネギと麩のお味噌汁。麩には大きく分けて4つあるが、この麩は庄内麩という種類のもので、庄内板麩と庄内渦巻麩の後者である。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15491584.jpg

とんかつ華の特製ソース。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15494165.jpg

きゅうりのお漬物。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_1550923.jpg

まずはチキンカツを特製ソースにつけて
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15504394.jpg

いただきまーす。鶏肉の旨みとサクッと揚がったパン粉の旨みが2重の美味しさのハーモニーを奏でる。う、うまあーい!
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15524885.jpg

ごはんには卓上にあるゴマをかけていただく。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15533198.jpg

千切りキャベツにとんかつ華特製のゴマドレッシングをかけ、
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15544168.jpg

チキンカツにはレモンを絞り
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_1555913.jpg

更にその上にマスタードをつけて
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15555019.jpg

特製ソースでいただく。う、うまあーい!
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_1556299.jpg

千切りキャベツは切り立て新鮮で、う、うまあーい!
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15572144.jpg

分厚い鶏の肉は食べ応え抜群である。
とんかつ華(はな)   伊丹瑞穂町_c0118393_15581160.jpg

ご馳走様でした。お腹が満腹である。チキンカツ6切れは私には多かった。食べ過ぎ要注意、心も身体も豚になる!
住所 兵庫県伊丹市瑞穂町5-4 電話 072-773-0358
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00 P有 地図
以前の記事 その1
以前の記事 その2
以前の記事 その3

by nozawahitoshi | 2012-01-25 06:55 | 洋食 | Comments(0)

らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店

らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18132266.jpg
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18133140.jpg

今日は高槻の芥川商店街のお得意さんに寄ったあと、「らー麺藤平・高槻店」に初めてお邪魔した。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18161143.jpg
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18161822.jpg

らー麺藤平のメニューである。(クリックで拡大)
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1817983.jpg

本日のちゅらおっさんらー麺藤平定食はこちら。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18175299.jpg

とんこつ塩藤平680円。従業員らーめんコンテスト優勝のラーメン。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18185523.jpg

ごはんはランチタイムには無料でつくので「半分下さい!」と、もらった。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18201552.jpg

とんこつ塩藤平は、半熟味付玉子が膳1個と
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18211014.jpg

黒豚バラ肉のチャーシューが2枚、
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1821534.jpg

刻みネギと
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1822123.jpg

紅生姜が若干、
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18223739.jpg

大きな海苔が1枚、
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1823084.jpg

刻んでいない木耳が5枚。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_182327100.jpg

麺は細めのストレート麺を使用。
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1824236.jpg

スープはとんこつ塩の浪花風「とんこつスープ」
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18251259.jpg

では、いただきまーす。細めのしなやかな麺にスープが絡み、う、うまあーい!
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_18261262.jpg

白ゴマの浮いたスープは、あっさりしつつコクがあり、う、うまあーい!
らー麺藤平のとんこつ塩藤平     高槻店_c0118393_1827864.jpg

ご馳走様でした。あ~あ、美味しかった。ご飯は半分でも多かったので少し残した。
高菜炒めとごはん、高菜炒めとラーメン、どちらも相性が良く、高菜傷めは全部キレイに完食。
住所 大阪府高槻市下田部1-2-7 電話 072-673-5701
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2012-01-24 06:56 | ラーメン | Comments(0)

JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店

JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1438192.jpg

今年に入って3度目の新年会。能勢電の川西能勢口駅から徒歩2分のラ・ラ・グランデビル7階にある「和民」がその舞台で、川西の和民は初めての来店である。三宮の和民は昔よく行ったが、アホな友達のぶち壊しで最近はとんと行かなくなった。今宵の参加者はMさん、Iさんの女子2名。まあ3人のほうが話もよく弾んで話題が2つに割れないからいいのである。4~5人になると、ややもすると2つに話題が割れることしばし。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_14464155.jpg

全席148席の大きなキャパを誇る川西能勢口店である。Iさんがちょっと遅れると言う事なので、先にMさんと「フライング」することにした。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1448188.jpg

落ち着いた感じのきれいな店内は女子会向きで、実際女性客が大半を占めていた。酒飲みの汚いオッサンは私くらいで、爽やかな男性客がちらほら見受けられた。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_14503878.jpg

まずはサントリーのザ・プレミアムモルツ生中で、お疲れ様あ~、カンパーイ、ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「生ビールは最初の1杯がたまりませんなあー!」とMさん、おっさんぽく熱く語った。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_14565997.jpg

真冬の寒い時でも生は美味いもんだ。これがアサヒスーパードライだったらもっといいのに・・・。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1458254.jpg

Mさん発注のたっぷり有機野菜の和民サラダ523円。
カニマヨとたっぷりの野菜。グリーンレタスや水菜、ほうれん草、トマト、アボガドなどの濃いグリーンがたっぷり入っていて、歯応えが抜群にいいサラダ。う、うまあーい!
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1514653.jpg

私発注の寒ブリの刺身523円。長崎(五島)から直送。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_153735.jpg

脂がたっぷり乗って今が旬のお魚、う、うまあーい!ほっぺたが落ちるとはこのことを言う。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1543172.jpg

頑固一徹!揚げたて厚揚げ418円。自家製たまり醤油でいただく。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1555079.jpg

横から見るとよくわかるが、けっこう厚みがある厚揚げで、これも、う、うまあーい!
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_157314.jpg

生中をあっという間に飲み干し、私が次に発注したのがサントリーモルツ大瓶523円。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1583541.jpg

このほうがたっぷり中身が入っていてお得なんである。計算が細かいのがオッサンのとりえ。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15102274.jpg

Mさん発注の特撰牛サイコロステーキ628円。ステーキソースかポン酢がチョイス出来るので、Mさんステーキソースを。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15122593.jpg

ジュージューといい音を立てて、いい香りが鼻を刺激する。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15132399.jpg

ステーキソースをつけて、いただきまーす。う、うまあーい!めっちゃ牛肉の濃厚なお味がして、たまりませーん!
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1514596.jpg

サイコロステーキについているマッシュドポテト。アボガドソースが、う、うまあーい!
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15161312.jpg

Mさん、生ビールから生サワー&レモン418円にチェンジした。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15171097.jpg

レモンをスクイーズして自分で作る楽しさ。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1517519.jpg

1時間ほど遅れてIさん登場。お疲れ様あ~、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15191021.jpg

Iさんは梅酒ソーダ471円を発注。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15203172.jpg

Iさんは私たちの発注したアテの残りで飲んでいたが、突如「このプルプルコラーゲンたっぷりの水炊き鍋にしよっかなあー」と言うので、私が若い女店員さんを呼んで、「水炊き1人前」と言うと、少し変な顔をして(私は見なかったが、Mさん、Iさんの証言だと)「はい、どうぞ!」とお水をグラスに入れて持って来たのであった。
笑い話のようだけどホントの話である。「水炊き」を「水だけ」と聞き違えたのである。私も酔っていたので、呂律が廻っていなかったのかもしれないが・・・。
水炊き鍋733円。「え?これで1人前」と、びっくりするくらいボリュームすごすぎ。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15292949.jpg

まずコラーゲンを火にかけて溶かし、鶏肉、豆腐、白菜、薄揚げ、ほうれん草、えのきの順に入れて行く。
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_15311025.jpg

鶏肉をいただいてみると、すごくジューシーな美味しいお味で、う、うまあーい!「鳥がちゃうなあ、ええ鶏やで!」
JAPANESE DINIING 和民(わたみ)川西能勢口駅前店_c0118393_1533984.jpg

ビールをどんどんおかわりする私。生サワー&レモンをどんどんおかわりするMさん。飲食と会話を十二分に楽しんだら、あっという間の2時間半が経ちお開きに。あ~あ、美味しかったワ、よく飲んだワ。
「このお店、店員さんの感じもすごくいいね、また来たくなったワ」と社交辞令を交わし、次の飲み会を約束する3人であった。
住所 兵庫県川西市中央町7-18 ラ・ラ・グランデ7F 電話 072-756-6080
営業時間 17:00~翌2:00 年中無休 地図

by nozawahitoshi | 2012-01-23 06:51 | 居酒屋 | Comments(2)

ラーメン魁力屋      川西店

ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_8432275.jpg

最近ずっと雨が続いている。カスケーズの「雨」という懐かしい曲をカーステレオで聴きながら、川西の産業道路沿いにある赤い看板が目立つ「ラーメン魁力屋」に立ち寄った。8月9日以来、2度目の来店である。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_8484476.jpg
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_8485334.jpg

ラーメン魁力屋のメニューである。(クリックで拡大)
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9475741.jpg

麺の硬さなどお客の要望に応えてくれるお店なのである。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_8505446.jpg

本日のちゅらおっさん魁力屋定食はこちら。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9165567.jpg

特製醤油味玉ラーメン700円。
麺の硬さは硬め、ネギの量多め、背脂の量普通、一味唐辛子有りでお願いした。ネギの量、ハンパないてんこ盛りである。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9195542.jpg

卓上にあったタクアン食べ放題。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9203867.jpg

ラーメンには味付半熟玉子が全1個。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9213630.jpg

スープは鶏がら醤油味で、う、うまあーい!背脂は普通をお願いしたのだが、こんなに多い。数種の醤油を使った熟成ブレンドのタレが味わいを添えている。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9241542.jpg

チャーシューは全部で3枚。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_925695.jpg

メンマが5本。コリコリしていて、う、うまあーい!
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9255666.jpg

タクアンはなかなかいけてるお味で、箸休めに最適。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_927845.jpg

では、肝心のラーメンをいただいてみましょう。鶏がら醤油のスープが細麺に絡んで、う、うまあーい!なんか懐かしいお味がする。
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9294347.jpg

チャーシューは柔らかく、お口の中で溶けていくような感触で、う、うまあーい!
ラーメン魁力屋      川西店_c0118393_9311788.jpg

ご馳走様でした。京都の屋台発祥の背脂チャッチャ系ラーメン。ごはんがたまらなく欲しくなるラーメンである。店員さんが皆さん元気ハツラツオロナミンCで、こっちまで元気になりそう。
住所 兵庫県川西市加茂5-2-6 電話 072-756-2333
営業時間 11:00~翌3:00 年中無休 P有 HP 地図 
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2012-01-22 08:22 | ラーメン | Comments(0)