ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、毎度です。 ..
by ちゅらおっさん at 11:14
ブイブイ言わすは完全死語..
by 山田 at 17:13
まるでさん、日曜日に行き..
by ちゅらおっさん at 15:28
アジフライタルタルソース..
by まるでだめお at 12:30
芭蕉布さん、こんにちわ。..
by ちゅらおっさん at 11:47
ベーコンレタスバーガーっ..
by 芭蕉布 at 12:38
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


餃子の王将 箕面半町店

餃子の王将 箕面半町店_c0118393_923037.jpg
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_923877.jpg

仕事納めの今日は朝からずっと雨が降って嫌な気分。宝塚のお得意さんに行ったあと、国道171号線沿いの箕面半町交差点近くにある「餃子の王将」に伺った。4月30日に初めて伺って以来の来店である。お店のキャパは225席、駐車スペースは67台と大型店舗なのである。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_933891.jpg

箕面半町店限定、オリジナルラーメンメニューというのがあったので、
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9124087.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこうなった。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_913158.jpg

激辛ニララーメン525円、ブログ初登場と
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_914312.jpg

餃子1人前210円の合計735円。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9144438.jpg

餃子はこんがりきつね色に焼かれていて美味しそう。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9152630.jpg

丼の表面を覆っているニラをお箸で移動させると
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9162315.jpg

麺が現れた。麺は中太ストレートで、挽肉がいっぱい入っている。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9174550.jpg

スープは唐辛子の赤い色をしており、とてつもなく激辛そう。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9184281.jpg

では、いただきまーす。か、辛ーーい!お口の中が痺れるほど辛いが、う、うまあーい!むせて咳が出る。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9203426.jpg

王将特製ダレにラー油を入れ、餃子を浸す。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9212395.jpg

外の皮はバリッと、中はジューシーな餡が詰っており、う、うまあーい!
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9222425.jpg

それにしても辛い。辛いのが苦手な人は食べることが出来ないラーメンである。
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9232147.jpg

丼の底にいっぱい沈んだ大きめの挽肉、これも、う、うまあーい!
餃子の王将 箕面半町店_c0118393_9243741.jpg

ご馳走様でした。あまりの辛さに額から汗がポタポタと流れ落ちる。喉もヒリヒリしてきたのでお水をおかわりした。辛さに相当の自信がある方は是非挑戦してみてください。ただし、箕面半町店でしかこのラーメンはいただけませんが・・・。
住所 大阪府箕面市半町4-3-47 電話 072-723-1004
営業時間 11:00~翌2:30 年中無休 大型P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2012-12-31 07:27 | 中華料理 | Comments(0)

松屋のトンテキ定食   門真店

松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19184524.jpg
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19185369.jpg

今日は門真のお得意さんに行く途中、国道163号線沿いにある「松屋」に伺った。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19203540.jpg

そう、こやつをいただきに来たわけである。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19212653.jpg

本日のちゅらおっさん松屋定食は、トンテキ定食630円、952Kcal。忘れ去られているのかと思うくらい、到着まですごく時間がかかった。店員さんの「お時間がかかります」の一言が欲しかったなあ。でも思うに、お客の入りがすごいこのお店を女の子2人で切り盛りしている光景を目の当たりにすると、「ま、しょうがねーか!」と許すしかなかった。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1924256.jpg

厚切りの豚肩ロース肉を生の状態から鉄板で焼き上げた「時間がかかる」トンテキと生野菜。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19261798.jpg

ごはんは少なめでお願いした。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1930165.jpg

おみそ汁がサービスで付いている。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1941366.jpg

生野菜にフレンチドレッシングをかける。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1945966.jpg

ボリュームのあるトンテキは5分割してあり、その中の一つをいただく。歯応えよく、お味は、う、うまあーい!噛めば噛むほど肉の旨味が出てくる。ガツンとニンニクの効いたステーキソース、ヤバイ!!
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1981372.jpg

それにしてもステーキソースの多いこと。ソースの無駄遣いである。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_199188.jpg

トンテキと生野菜の相性は抜群なのである。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1993773.jpg

脂身の多いところをいただく。これはごはんが進む進む。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19103081.jpg

ごはんの上にトンテキを乗せて、
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1911566.jpg

う、うまあーい!豚肉をガッツリ食べるにはやはりトンテキでしょう。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19341715.jpg

途中で飽きるかなと思いきや、いつまでも美味しい。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19125558.jpg

残りの2切れはステーキソースが余ったので、沢山つけていただく。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_1914274.jpg

ご馳走様でした。久し振りに大量の豚肉をいただいた。ビタミンB1が豊富なので、疲労回復にはもってこいだ。なんか力がわいてきて元気が出てきたように感じる。この630円はお値打ちである。
松屋のトンテキ定食   門真店_c0118393_19164541.jpg

休憩時間に、在日コリアン三世の辛淑玉(シンスゴ)さんの「せっちゃんのごちそう」を読む。すさまじい貧乏と差別、両親の不仲の真っ只中でひたむきに生きてきた初の自伝となる温もりに満ちたエッセイだった。この本から大きな感動を味わった。
住所 大阪府門真市下島町30-13 電話 072-887-7678
24時間営業 年中無休 P有 地図
2009年 7月 4日 フレッシュトマトカレー野菜セット
 2009年 7月31日 うまトマハンバーグ定食
 2010年 2月 2日 スン豆腐チゲセット 
 2010年 5月28日 豚めし野菜セット
 2010年 6月10日 牛めし野菜セット
 2011年 2月24日 牛焼肉定食
 2011年 4月 1日 シチューハンバーグ定食
 2011年 6月 1日 まぜるラー油キムチ牛めし
 2011年 6月 8日 キムカル丼
 2011年10月27日 デミたまハンバーグ定食
 2012年 9月19日 豚キムチ丼

by nozawahitoshi | 2012-12-30 06:58 | 洋食 | Comments(8)

Cafe RESUTAURANT HIRO'S 上新庄

Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_734569.jpg

今日は年末の仕事が1年中でめっさ忙しい日なのである。寒くて冷たい雨が井上陽水のように降る中、吹田のお得意さんから関目のお得意さんに行く途中、大阪内環状線(479号線)の大桐1丁目交差点にある洋食屋「HIRO’S]に伺った。今日の午後あたりから仕事納めの会社が多いと聞く。いいなあ!
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_7365538.jpg

ここは「洋服の青山」の2階にあり、青山の広い駐車場が無料で利用できるのでとても来やすいお店なのだ。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_7382919.jpg
いつもは満員のHIRO’Sだが、今日は最悪の天気なのでやけに空席が目立った。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_739522.jpg

本日のちゅらおっさんHIRO’S定食はこちら。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_7403547.jpg

日替りサービスランチ650円。こちらがそのメインディッシュと
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_7412514.jpg

ライス、
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_7414426.jpg

みそ汁の3点セット。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_194385.jpg

メインディッシュには、ビーフ一口カツが3枚、
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_194481.jpg

白身魚の黒酢あんかけが2切れ、
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_1954482.jpg

レタス、キャベツの千切り、キュウリ、トマトが添えられていた。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_196278.jpg

ビーフ一口カツはとても柔らかく、デミグラスソースとの相性抜群で、う、うまあーい!めっちゃ洋食って感じ。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_1974358.jpg

和風ドレッシングがかかったキャベツも、う、うまあーい!
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_1983248.jpg

白身魚の黒酢あんかけは生まれて初めていただく。中華料理っぽくて、う、うまあーい!これも洋食なんだろうか。お店の人に聞いとけばよかった。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19104518.jpg

お皿に残ったデミグラスソースは残すともったいないので、一口カツに無理やり塗りこめて、
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19115796.jpg

いただく。やっぱ、う、うまあーい!
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19232668.jpg

ごはんが進みすぎて、おかずよりも先になくなりそうだ。ここのごはんも絶品である。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19133820.jpg

みそ汁にはワカメとエノキダケが入っている。あっさり味で美味しいみそ汁。
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19144944.jpg

レタスや
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_1915842.jpg

トマト、キュウリはびっくりするほど新鮮で、う、うまあーい!
Cafe RESUTAURANT HIRO\'S      上新庄_c0118393_19161434.jpg

ご馳走様でした。とっても美味しい洋食がリーズナブルな価格でいただける「HIRO’S」。これからも何度も通いそうな気がする、ちゅらおっさんの「行きつけのお店」間違いなし!
住所 大阪市東淀川区豊里7-19-4 2F 電話 06-6323-3374
営業時間 9:00~14:00 洋服の青山のP有 水、土日休 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2

by nozawahitoshi | 2012-12-29 06:54 | 洋食 | Comments(2)

餃子の王将  門真下島店

餃子の王将  門真下島店_c0118393_15263241.jpg

今日は門真のお得意さんに行く前にお腹がすいたので、途中の国道163号線沿いにある「餃子の王将」に伺った。3度目である。前はラーメンチェーン店「神座」があった場所である。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15332797.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15341038.jpg

こってりラーメン577円。ブログ初登場。こんなラーメンが王将にあったなんて今まで知らなかった。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15351421.jpg

それと、餃子1人前210円の合計787円。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_1536748.jpg

こってりラーメンには柔らかそうなメンマが3本と
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15364427.jpg

豚バラ肉の薄いロールチャーシューが3枚、
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15372277.jpg

ネギが少々、おいおいネギをケチるなよといいたい。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_1538530.jpg

麺はややウエーブのかかった中細ストレート麺。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15384984.jpg

スープはラーメン一作か天下一品かという、こってりしつつマイルドで、コラーゲン豊富な王将らしさが感じられない一品である。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_1540362.jpg

小皿に王将特製ダレとラー油、酢を入れ、餃子を浸す。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15413225.jpg

外の皮はバリッと、中はジューシーな餡、う、うまあーい!これぞ王将の餃子!
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15424647.jpg

こってりラーメンをいただく。こってり旨味のあるスープが麺に絡んで濃厚なお味、う、うまあーい!
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15435327.jpg

最近王将のチャーシューも進化を遂げ、若干ではあるが美味しくなった。
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15451490.jpg

初めて見る、昔ながらのラー油というのが卓上にあったので、
餃子の王将  門真下島店_c0118393_15455437.jpg

こってりラーメンに投入し
餃子の王将  門真下島店_c0118393_1546245.jpg

いただいてみると、かなりマニアックなお味に、か、辛ーい!
餃子の王将  門真下島店_c0118393_1547262.jpg

ご馳走様でした。こってりスープは厚みのある口当りながら、飲み込むと実にクリーミーなのど越しが楽しめ、危うく全部飲み干してしまうところであった。王将のこってりラーメンはこれから注目される一品となるだろう。
住所 大阪府門真市下島町23-16 電話 072-886-0320
営業時間 11:00~24:00 無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2

by nozawahitoshi | 2012-12-28 06:51 | 中華料理 | Comments(0)

らーめん はなてん       宝塚市

らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9464519.jpg

今日は宝塚のお得意さん2軒に行った後、同じ宝塚にある「らーめんはなてん」にまたお邪魔した。寒い日は温かいラーメンに限る。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9492069.jpg

ちょっと来ないうちに駐車場の場所が変わっていて、前よりも大きなスペースになっていた。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_951264.jpg

らーめんはなてんのメニューの一部である。(写真をクリックすると拡大します)
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9515681.jpg

本日のちゅらおっさんらーめんはなてん定食はこちら。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9523582.jpg

ごま味噌ラーメン680円と
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9531087.jpg

特製チャーハンミニ150円の合計830円。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9534971.jpg

いつものようにネギがてんこ盛りである。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_954198.jpg

豚バラ肉の薄めのチャーシューが全部で4枚、
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9545967.jpg

シャキシャキのもやし、
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9552431.jpg

麺は中細ストレート、
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9555791.jpg

旨味たっぷりの白湯スープに特製味噌をブレンドし、香辛料、ごまを合わせたスープは、めっちゃ、う、うまあーい!
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9573589.jpg

では、ラーメンをいただきまーす。全体のお味は濃厚で、う、うまあーい!
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_9583534.jpg

今日はかなりお腹が減っていたのでチャーハンを発注。これもしっかりしたお味で、う、うまあーい!
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_10034.jpg

ラーメンの中に辛味ニラを入れ
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_1004848.jpg

辛味ニラごま味噌ラーメンをいただく。ニラが、う、うまあーい!
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_102242.jpg

入れ放題の海苔も嬉しい。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_102359.jpg

それにしてもチャーハンもさることながら
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_1031276.jpg

チャーシューも、う、うまあーい!いい豚使っている。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_104585.jpg

ご馳走様でした。ラーメンを美味しくいただいて、身体もポッカポカに暖まった。
らーめん はなてん       宝塚市_c0118393_1071688.jpg

食後、私の大好きなノンフィクション作家、上坂冬子さんの「女の生活力」を読んだ。歯切れの良い男前の文章に痛く感銘を覚えた。
住所 兵庫県宝塚市光明町23-23 電話 0797-73-8400
営業時間 11:00~翌3:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事
 鶏白湯(チーパイタン)ラーメン+ミニチャーハン
 はなてん油そば
 こってりとんこつラーメン
 ごま味噌らーめん
 天然醸造醤油ラーメン
 はなてん中華そば
 こってりとんこつらーめん+味付煮玉子
 塩ラーメン+味付煮玉子
 ごま味噌らーめん+味付煮玉子+明太トロロご飯ミニ
 こってりとんこつラーメン+豚の角煮トッピング
 ごま味噌ラーメン+豚の角煮トッピング

by nozawahitoshi | 2012-12-27 06:50 | ラーメン | Comments(0)

中国厨房 しゃんらん   玉造

中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_1962292.jpg
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_196319.jpg
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_1964093.jpg

今日は玉造のお得意さんに行った後、玉造交差点の近くにある有名本格中華料理店「中国厨房しゃんらん」に初めて伺った。2002年5月にオープン、今年で開業10年になるお店である。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19105482.jpg

こちらがしゃんらんのメニューの1部である。(写真をクリックすると拡大します)
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_1911494.jpg

店内は意外にこじんまりしていて、カウンター5席と4人掛けテーブル2つの全13席のキャパ。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19131642.jpg

ご主人が1人でお店を切り盛りしているようだった。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19135666.jpg

本日のちゅらおっさん中国厨房しゃんらん定食は、四川麻婆豆腐セット1050円。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19155052.jpg

四川麻婆豆腐と
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19162055.jpg

ごはん。ごはんは北海道の新米ななつぼしである。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_1917548.jpg

スープの3点セット。1050円は高いと思ったが、たまには張り込まなきゃ。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19181028.jpg

スープは中華味で生姜が入っていてとても美味しく、身体が暖まる。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_1919053.jpg

肝心の麻婆豆腐は花椒がかかっていて、予想をはるかに超えた熱さと、お口の中がビリビリと痺れる辛さ。無意識に「麻辣麻辣(マーラーマーラー)」と中国語を口走っていた。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_19245273.jpg

ごはんの上に乗せてみた。ごはんはいい米を使っているのかツヤ、粘り、甘みのバランスが良く、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_8453228.jpg

辛いというより痺れる、痛いといったほうが当たっている。それなのに、う、うまあーい!
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_8471431.jpg

具材は豆腐、挽肉、赤唐辛子、豆板醤、辣油をたっぷり使って美味しく仕上げてある。ごはんが進みすぎて足らなくなるほど。
中国厨房 しゃんらん   玉造_c0118393_8494277.jpg

ご馳走様でした。こんなに美味しい麻婆豆腐をいただいたのは初めてのことである。お値段は少々張るが、「しゃんらん」は本格的中華料理が味わえるので、財布の余裕のある時に是非また伺いたいお店である。
住所 大阪市中央区玉造1-6-22 電話 06-4304-0064
営業時間 12:00~13:30 18:00~22:00 P無 不定休 地図

by nozawahitoshi | 2012-12-26 06:55 | 中華料理 | Comments(2)

茨木きんせい 彩色ラーメン

茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18231938.jpg

今日は祝日なのであるが、うちの会社はおせち料理をお得意さんに卸しているので、今が一番忙しいのである。朝から伊丹、宝塚を周り、茨木のお得意さんから東大阪のお得意さんに行く途中、茨木の真砂にあるラーメン店「茨木きんせい」に初めて伺った。前々から行きたかったお店で、大阪府下に何軒かある結構有名チェーン店である。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18271486.jpg
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18272267.jpg

こちらが茨木きんせいのメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18281478.jpg

本日のちゅらおっさん茨木きんせい定食はこちら。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18285454.jpg

煮干し醤油らーめん700円と
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18293332.jpg

古代米入りご飯50円の合計750円。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18303125.jpg

食べ放題のキムチが嬉しい。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18305891.jpg

煮干し醤油らーめんの具材は柔らかめのメンマが数本と
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18314729.jpg

ナルト、
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_1832525.jpg

チャーシューは大きめのこういうのと、
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18324779.jpg

程よく脂肪が付いたこういうのの2枚。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18333141.jpg

半熟煮玉子が半分、
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_183402.jpg

ネギが少々。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18392560.jpg

麺はエッジが立ってコシもある自家製平打ち中太麺。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18402474.jpg

鶏ガラと昆布やサンマ、アジの煮干しからとった魚介のWスープ。めちゃめちゃ熱いが、う、うまあーい!美味すぎる!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18423871.jpg

では、いただきまーす。Wスープのあっさり味と風味豊かな熟成麺とのバランスが見事。う、うまあーい!たまりませーん!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18443068.jpg

平日限定お昼のみ出している古代米は体に良さそう。よく噛みしめれば、う、うまあーい!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_1845406.jpg

食べ放題のキムチもよく発酵していて、う、うまあーい!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18462647.jpg

チャーシューも柔らかくて、噛めば噛むほど旨味が出て、う、うまあーい!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_18472077.jpg

とにかくすごいが付くほど美味しいラーメン。
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_1848998.jpg

そして極めつけは半熟煮玉子。う、うまあーい!
茨木きんせい 彩色ラーメン_c0118393_1849119.jpg

ご馳走様でした。何故もっと早く来店しなかったのか悔やまれる。因みに店内はカウンター10席、6人掛けテーブル4卓の全34席のキャパ。茨木に寄ったら、是非また生きたいお店の一つになったのは言うまでもない。
住所 大阪府茨木市真砂1-12-5 電話 072-636-6100
営業時間 11:30~23:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2012-12-25 06:49 | ラーメン | Comments(2)

ステーキガスト  宝塚店

ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19143236.jpg
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19145074.jpg

今日の休みは図書館に寄って本を10冊借りた後、車でJR中山寺駅近くにある「ステーキガスト」に初めて伺った。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1917551.jpg
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1918349.jpg
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19181297.jpg
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1918212.jpg
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1918304.jpg

こちらがステーキガストのメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19195197.jpg

本日のちゅらおっさんステーキガスト定食は、サラダバイキング食べ放題・デミグラスハンバーグ790円。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1920534.jpg

デミグラスハンバーグ。これは単品だと490円。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19213691.jpg

サラダバイキング食べ放題のサラダは
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_192258.jpg

こちらのコーナーで好きなだけ取ってこれる。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19224478.jpg

カレー食べ放題、ライス食べ放題のカレーライス。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1911177.jpg

スープ飲み放題のスープ。こちらは中華スープで、スープは2種類ある。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19121198.jpg

ハンバーグは牛豚の合挽きで、
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19125298.jpg

デミグラスソースをつけていただく。味はイマイチ。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19133379.jpg

食べ放題のカレーの具材は、ミンチ肉が僅かに入っているだけで、あまり辛くなく、こちらもイマイチ。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19152833.jpg

ツナ入りサラダパスタ、
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1916227.jpg

ポテサラ、
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19162279.jpg

コールスロー、
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19163978.jpg

ひじき豆、
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1917713.jpg

ブロッコリー、キャベツ、レタス、コーンなど多くの野菜が食べ放題なのは嬉しい。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1918950.jpg

すぐにサラダのおかわりをする。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19184552.jpg

冷奴なんぞも食べ放題だ。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19191811.jpg

スープをおかわり。今度はコーンスープ。これは、う、うまあーい!
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19201066.jpg

カレーをおかわりして、コーンパンを一つ取ってきた。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_1921171.jpg

フルーツデザート食べ放題を最後にとって来た。もうお腹いっぱいである。
ステーキガスト  宝塚店_c0118393_19221080.jpg

ご馳走様でした。こんだけ食べて790円なんだけど、肝心のハンバーグがイマイチだったので、「まあこんなものか」という感じ。年寄りには向いていないお店であることがわかった。
住所 兵庫県宝塚市中筋7-100-1 電話 0797-82-1088
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2012-12-24 06:59 | 洋食 | Comments(0)

王道居酒屋 のりを   福島店

王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_14503335.jpg

今日は私にとって2度目の忘年会である。そう、いつものJR環状線福島駅だが、今晩は冷たい「氷雨」がそぼ降る中、6時半の集合となった。
♪ 飲ませてください もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない~ ♪
メンバーは10年来のダイビング仲間の和ちゃんと、前の会社の後輩・鶴ちゃん。どちらも気の置けない連中である。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_14571427.jpg

わっさわっさと駅から歩いて2分の吉紹ビル8階にある「居酒屋のりを」が今日の忘年会の会場である。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1459332.jpg

5日前から電話予約を入れ、その時に「今は忘年会シーズンなので、当日混んできたら2時間半で終了とさせていただきます」と5寸釘を刺された。私たちが案内されたのは、お店の一番奥の隠れ家のような5人掛けテーブル。「まあまあいいじゃん」
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1531476.jpg

お通しのマカロニサラダ。こんなしょーもないものが305円もするのである。あ~あ、断ればよかった。前回ここに来たときはメチャ美味しい高野豆腐だったのに、今回はがっかりである。意気消沈、意気阻喪というやつである。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15102973.jpg

気を取り直して、発泡酒の金麦樽詰め305円で、お疲れサマーズ三村、かんぱーい!ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!麦のうまさにこだわった、リッチな「コク・うまみ」の新ジャンル。
「金麦、う、うまあーい!檀れいばんざーい!」元宝塚歌劇団月組・星組トップのだんちゃんだが、私はこの金麦のCMに出ているのはずっと「ともさかりえ」と勘違いしていたのである。アホである、ほんまに。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15171842.jpg

今回は飛び道具のクーポン券を使用。305円の料理が全品210円になるというスグレモノのクーポンである。
男性陣がモゾモゾしているあいだに、和ちゃんがポンポンポンと料理を5品発注してくれた。男前である。
最初に来たのが、豆腐と塩昆布のサラダ305円。ちょっとアングルがイマイチなので
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15213314.jpg

お皿を回し、豆腐が見えるようにした。「スギちゃんだぜー、よく見えるだろ~」
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15223074.jpg

ごぼうチップ305円。ささがきごぼうの揚げ物。金麦とは相性抜群なのである。
「和ちゃん、ええアテ見つけますなあ、こりゃ美味ひ~」
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15243942.jpg

鷄そぼろコロッケ305円。このコロッケなかなかユニークでお味の方は、う、うまあーい!
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1526357.jpg

名古屋名物手羽先唐揚げ305円。
「ところで和ちゃん、この前言ってた司馬遼太郎の国盗り物語、もう読んだ?」
「・・・、まだ、です」と申し訳なさそうに答える和ちゃん。
「司馬遼太郎は乃木希典をダメな指揮官と言ってますよ、そんなアホな」と鶴ちゃんが体を乗り出して私の尊敬する司馬氏を批判したので
「今まで氏の本をかなり読んだけど、氏は小説の中で一方の英雄を賞賛するのに、今まで偉人とされて来た人を貶めるような手法をよく使うんや。小説は作者の説を述べるから小説であり、歴史的な事実とは違うもんなんや」と私がいみじくも熱く語った。
「そのへんを考えて読まないと、小説の描写を事実と思って吹聴すれば、恥をかく恐れもあるかも知れんよ」と続けた。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1538791.jpg

話が盛り上がってきたところで、金麦3杯おかわり。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1539195.jpg

チーズの天ぷらトマトソース305円。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15393153.jpg

どれどれ、うーん、不思議な味がする。でも、う、うまあーい!
今から30年くらい前、山の仲間で白馬岳に登り、途中の道で落石があり私がその石とともに落ちかかった話などで場が盛り上がる。「生と死は、ほんまに隣り合わせやね」と経験者である私が当時のことを思い出し、しんみりと語った。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15461223.jpg

これも和ちゃん発注の、うずら玉子の甘煮305円。
今回石垣島の台湾料理のお店でいただいたピータンよりうずらの玉子の方が何倍も美味しい。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15481881.jpg

お造り5種盛り1029円を発注するが、シマアジとハマチが品切れということで、仕方なくお造り3種盛り714円に変更。マグロ、サーモン、鯛の3種。
「昔、女性ダイバー5人と子供2人とちゅらおっさんとで、天王寺動物園に行ったよね」と和ちゃん。
「そうそう、新世界の通天閣の下のお寿司屋さんでビール飲んで、酔っ払った勢いでみんなで動物園に流れ込んだね」と私。
「えー、えー、ようやりますね。女性5人と・・・ですか?」と鶴ちゃん呆れ顔で言い放った。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_15581638.jpg

出汁巻き玉子305円。
「実は私はこのあいだ、姪と京都水族館に行ってきたんです。アシカショーが特に良かった。もし行かはるんやったら、最初はアシカショーからにしてください。それと梅小路のSLもすごく良かった」と鶴ちゃんが興奮気味に熱弁を振るった。
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_163392.jpg

鶏の唐揚げ305円。
「石垣島で3日3晩これを発注して、京都のHさん辟易してたっけ」
王道居酒屋 のりを   福島店_c0118393_1644149.jpg

料理をあまり発注せず、ビールばかり飲んで喋って、時計を見れば9時40分を過ぎていた。3時間以上も飲みっぱなしということになる。
「いやー楽しかったですわ。また来年新年会に誘ってください」
「私も、ぜひぜひ」
「今日はなんか、しっこゆうよ(執行猶予)ばっかりやったわ。体調がものすごく良い証拠や。うわー、またトイレに行きたなったで、ほんま」とワイワイ言いながらお開きに。チャンチャン!
住所 大阪市福島区福島5-8-14 吉紹ビル8F 電話 06-6451-1290
営業時間 17:00~翌5:00 年中無休 地図
 以前の記事
 「のりを」天満橋店その1
 「のりを」天満橋店その2
 「のりを」福島店その1

by nozawahitoshi | 2012-12-23 07:48 | 居酒屋 | Comments(6)

珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市

珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1012912.jpg

今日はお昼の12時に吹田の岸部にあるオサレなお店「珈琲館亜土利絵」に久し振りにまた伺った。5月2日以来、2度目である。気の置けない仲間(前の会社の後輩・鶴ちゃんと10年来のダイビング仲間・かずちゃん)との忘年会が今晩6時半から福島であるので、早めの昼食となった。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1033075.jpg
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1033889.jpg

お店の外にあったメニューの1部である。(写真をクリックすると拡大します)
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1043135.jpg

本日のちゅらおっさん亜土利絵定食は、週替りパスタセット700円。店内に流れるジョン・コルトレーンの軽快なモード・ジャズはすこぶる大人の雰囲気を醸し出している。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10102259.jpg

週替りのパスタセットは、3種のきのこの和風パスタと
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1011940.jpg

トーストと
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10113861.jpg

ハーブのスープの3点セットに飲み物が付くので、食後にホットコーヒーをお願いした。これだけついて700円は価値があるというもの。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10125155.jpg

ヂュラムセモリナのパスタはやや硬めに茹でられてあってプリップリ。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10141264.jpg

和風出汁のソース。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1014518.jpg

パスタの具材は椎茸と
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1015193.jpg

しめじと
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1020726.jpg

なめたけに
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10203341.jpg

タケノコ
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10205671.jpg

刻み海苔が上に乗っている。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10212147.jpg

では、いただきまーす。あたかも病人食のようなあっさりしと味付けされたパスタ。ヘルシーでたまにはいいかもなんだが、パンチが全然効いていない。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1023341.jpg

喫茶店のトーストなんて何十年ぶりだか。バターのいいにおいがして、う、うまあーい!
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10245295.jpg

あまりあっさりなので、タバスコをかけ刺激を求める。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10255460.jpg

が、あっさりアジのパスタにタバスコは糠に釘、暖簾に腕押し、沼に杭であった。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_103133100.jpg

馳走様でした。トマトソースやミートソースのパスタがいつまでたっても大好きな私は、ひょっとしてお子ちゃまなのかもしれない。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_1034209.jpg

ものすごく美人の店員さんが食後のコーヒーをもって来てくれた。
珈琲館 亜土利絵(あとりえ)   吹田市_c0118393_10353347.jpg

喫茶店のコーヒーはさすがに、う、うまあーい!コルトレーンのサックスの音色がいつまでも耳にこびりついていた。
住所 大阪府吹田市岸部北5-31-6 電話 06-6379-1211
営業時間 9:00~21:00 無休 P有 地図
 以前の記事 その1

by nozawahitoshi | 2012-12-22 07:14 | パスタ | Comments(0)