ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
山田はん、この界隈得意な..
by ちゅらおっさん at 16:00
天満駅周辺には安くて美味..
by 山田 at 14:19
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


イタリアンバール コイズミ   東三国

c0118393_14112117.jpg

今日は東三国にある「BAL KOIZUMI(バール・コイズミ)」に初めて伺った。前々から気になっていたお店である。
c0118393_1414012.jpg
c0118393_1414992.jpg
c0118393_14141883.jpg

お店の外に出ていたランチメニューは4種類で、どの写真も食欲をそそられる。
c0118393_14161930.jpg

店内にあっためにゅーはこちら。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1417547.jpg

本日のちゅらおっさんバール・コイズミ定食は、日替わりパスタランチ850円。サラダ&タパスまたはスープはチョイス出来るので、サラダ&パスタを選んだ。それにバケットがつく。
c0118393_14192319.jpg

サラダ&タパスはとてもいろどりが豊かである。
c0118393_14201072.jpg

バケットはフランスパンを軽くトーストしてあり、
c0118393_14254966.jpg

オリーブオイルにつけていただくようである。
c0118393_14264828.jpg

タパスはイタリアンポテトサラダと
c0118393_14272723.jpg

野菜のカポターナ。赤パプリカ、ズッキーニ、玉ねぎ、ナスのオリーブオイルのソテーと
c0118393_14285665.jpg

サニーレタスのグリーンサラダ。
c0118393_14292485.jpg

オリーブオイルにパンをつけていただく。フランスパンのパリパリした表皮の食感とちょうどいい塩加減で、う、うまあーい!
c0118393_1431113.jpg

日替わりパスタの、ベーコンときのこのペペロンチーノが到着。ペペロンチーノは久しぶりである。イタリア語で「唐辛子」という意味を持つ。
c0118393_14345513.jpg

麺はアル・デンテ仕立てで、スパゲッティよりやや細めのスパゲッティーニという種類のパスタを使用している。
c0118393_14364575.jpg

具材はベーコンや
c0118393_14371549.jpg

えのき茸、
c0118393_14373948.jpg

エリンギがてんこ盛り入っているのが嬉しい。
c0118393_14382327.jpg

イタリアンパセリの粉末がかかっていて、風味といろどりが豊かである。
c0118393_14392487.jpg

では、いただきまーす。う、うまあーい!
c0118393_14401270.jpg

オリーブオイルがたっぷり入って豊かな味わい。あんまり美味しいので、ガツガツいただいちゃいました。
c0118393_14414310.jpg

御馳走様でした。思っていたよりパスタの量が多かったので満腹である。いやー、美味しかった。
c0118393_1443047.jpg

窓が大きくオサレな雰囲気のお店で、オープンテラスもある。
c0118393_14441587.jpg

コーヒーか紅茶がチョイス出来るので、コーヒーをお願いした。
c0118393_14445986.jpg

鼻をくすぐる芳醇な香りと深い味わいのコーヒーをいただきながら、リラックスするひととき。
c0118393_14481554.jpg

バール・コイズミの日替わりランチ850円はとてもリーズナブルである。また行きたくなるお店が1軒増えた。
住所 大阪市淀川区東三国4-15-12 シオザキビル1F 電話 06-6397-0021
営業時間 11:30~14:30 17:00~翌2:00 月曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2013-02-06 06:53 | イタリアン | Comments(2)

餃子の王将 宝塚インター店

c0118393_17482584.jpg

今日は小雨そぼ降る中、名神宝塚ICの近くにある「餃子の王将」に伺った。
c0118393_17502120.jpg
c0118393_17503153.jpg

こちらが餃子の王将宝塚店インター店のオリジナルメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_17521584.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
c0118393_17525582.jpg

久しぶりにいただく天津麺525円と
c0118393_17533071.jpg

餃子1人前210円の合計735円。この餃子はちょっと焼き過ぎで、キツネ色を通り越して焦げ茶色になってしまっている。
c0118393_17552373.jpg

その焦げ茶色した餃子を王将特製のラー油入りタレに浸し
c0118393_17564854.jpg

バリという音と共にいただく。焼き過ぎ餃子もたまには、う、うまあーい!
c0118393_17575357.jpg

コレステロールのことなんか完全に無視した、玉子4~5個は使っているだろうカニ玉をどかすと
c0118393_181321.jpg

麺が申しわけなさそうにお顔を出した。
c0118393_1814623.jpg

ややウエーブのかかった中太ストレート麺。
c0118393_1822220.jpg

では、いただきまーす。うーん、ごく普通のラーメンである。特に美味しくもない。
c0118393_1831833.jpg

カニ玉の具材は、木耳、カニ身、ネギ。
c0118393_1841483.jpg

カニ玉と一緒にいただく。こっちのほうがちょっと美味い。
c0118393_185120.jpg

上に乗っている餡を
c0118393_1853935.jpg

いただく。甘酸っぱく、トロットロである。
c0118393_1861479.jpg

ラーメンのスープは塩分が多くダダ辛い。
c0118393_187662.jpg

かなりいただいたがまだこんなに残っている。
c0118393_1873874.jpg

御馳走様でした。いやー、きついきつい、食べ過ぎた。腹12分目くらいである。天津麺ってこんなに多かった?まあおかげさんで、体はポカポカになりましたけんどね。(どこの国の訛りなんや?)
住所 兵庫県宝塚市安倉北2-5-17 電話 0797-86-6700
営業時間 11:00~翌1:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

by nozawahitoshi | 2013-02-05 06:54 | 中華料理 | Comments(0)

居酒屋かどや   福島

c0118393_1045173.jpg

今日は前の会社の先輩M本さん、同じく後輩の鶴ちゃん、ダイビング仲間の新婚さんの和ちゃんという、いつものメンバーで飲み会なのである。JR福島駅に夕方6時に集合したM本さんと私の2人は、駅から歩くこと1分、
c0118393_1011211.jpg

本日の飲み会の場である福島の居酒屋の名店「かどや」さんに到着。かれこれ5度目の来店になる。
c0118393_10112584.jpg

一旦立ち止まり、本日のメニューに一応目を通す2人。
c0118393_10121722.jpg

日本酒、ビール、ハイボールなどが格安で、お財布に優しいお店なのである。
c0118393_1013362.jpg

鶴ちゃんと和ちゃんが遅れて参加ということで、それを待てない2人は早速プレミアムモルツ生中350円でフライング飲み。
「お疲れサマーズ大竹、カンパーイ!」ガチガチ、グビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「プレモル(プレミアムモルツの略)はたまに飲むと美味いですなあ」
c0118393_1018482.jpg

まずは私の大好物、鯖のきずし380円を発注。この時期の鯖は脂が乗って、そりゃ美味いのなんのって。
c0118393_10232825.jpg

M本さんはイカの姿焼き380円を発注。
c0118393_1024256.jpg

年季の入った呑み助2人、あっという間にビールを飲み干し、2杯目に突入。
c0118393_10255779.jpg

カキフライ380円を発注。鯖もそうだが、この時期のカキフライも旬の中の旬なのでいっとくべきである。兵庫の相生、坂越や三重の的矢、浦村にはこの時期カキファンが多く押し寄せ、焼きガキ、蒸しガキを貪るようにして食べ尽くすのである。
c0118393_10324988.jpg

タルタルソースをたっぷり付けて、いただきまーす。衣はサクっと、中はジューシーで、う、うまあーい!
c0118393_10342025.jpg

M本さんとのマンツーマン会話が弾みだした頃、不意な残業で遅れた和ちゃんが合流。
「M本さん、久しぶりですね。」と和ちゃん。
「お疲れサマーズ三村、カンパーイ」ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「和ちゃんからもらった年賀状、すごいべっぴんさんやったで~」
「ふふ、その時生まれて初めて、つけまつげ付けてん」
c0118393_10434666.jpg

おじさん2人は和ちゃんから、なんとバレンタインチョコをもらっちゃいましたあ~。
「このバレンタイン飲み会、4年前から始まってずっと続行してるやんね。いつまで続くんかな?」
「まあ、わしらが死ぬまでやね。あと1年か2年、いや、5年か10年かな、わっはっはー」
c0118393_1048515.jpg

3人の会話が盛り上がっているところに、鶴ちゃんが合流。これで全員が揃った。
「お疲れーライス、カンパーイ」ガチガチガチガチ、グビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
鶴ちゃんも和ちゃんからバレンタインのチョコをもらい、鳩が豆鉄砲をくらったような顔をし、
「も、もらっていいんですか?」と、私に目で訊ねた。
「いつももらってんねん。ただし、100倍返しやけどね」と、真面目顔を装って平然と言い放つ私。
「ええーっ!」
「お返しはティファニーのオープンハートのネックレスか、シャネルのショルダーバッグくらいでいいんじゃない」
「うっひょーー!」
c0118393_1056401.jpg

和ちゃん発注のなまこ380円。若いのになかなか渋いアテを知っているのには感心する。
「何を食べたい?」「なんでも・・」という女の子がいるが、その言葉を聞いただけで腹が立つ。自分の食べたいものくらいはっきりさせて欲しい。その点、和ちゃんは男前であるといっても過言ではない。
c0118393_1105814.jpg

みんなで食べようと、私がおでんを発注。厚揚げと玉子は各100円、こんにゃく80円。ビールをグビグビいく鶴ちゃんを見て、
「最初会った時より、随分ビールが強くなったんじゃないですか?」と、和ちゃんがいみじくも言った。
「いやあ~、弱いですよ。前回の飲み会でも酔っ払って、帰りに傘もささずにずぶ濡れになって。そんなんですよ私は。家でもノンアルコールビール飲んで寝てしまうほどですから」と、大塚範一アナウンサークリソツなお顔で返答する鶴ちゃん。
c0118393_1112985.jpg

和ちゃん発注の玉子焼280円。
c0118393_11124239.jpg

「ここのどて焼きは有名なんですよ」と、私が発注したどて焼き280円、2つ。
「あー、ほんと、牛すじとこんにゃく、う、うまあー」
c0118393_11151978.jpg

「今この本にハマっているんですよ。ちゅらおっさんが好きそうな内容なんですが・・・。」と、鶴ちゃんがカバンの中から「ビブリア古書堂の事件手帖」という1冊の本を取り出してみんなに見せた。なんでも剛力彩芽がテレビで古書堂の主人を演じているらしい。剛力という苗字は日本で12人しかいないとどこかで聞いたことがある。彼女は武井咲らとともに「オスカー平成3人娘」と呼ばれている。
「私もちゅらおっさんに奨められた司馬遼太郎の『国盗り物語』を今読んでいるんですが、なかなか進まないんです」と和ちゃんが申し訳なさそうに言った。
「ゆっくり読んだらええやん。そのうち面白くなったら、スピードが増して一気に読んでしまうから」と、私が優しく諭した。
c0118393_11342520.jpg

和ちゃん発注の、下仁田ネギ網焼き280円。これまた酒呑みのアテである。
c0118393_1135548.jpg

アサヒスーパードライと違ってプレモルは飽きが早く訪れる。ここで果敢にもハイボール250円にチェンジする私。
c0118393_11373585.jpg

「ちゅらおっさん、私お茶漬け頼んでいい?」と、私に訊く和ちゃん。
「全然ええがな、頼み、頼み」
c0118393_1139661.jpg

お茶漬けに付いている梅干とたくあんとワサビ。
「何でワサビが付いてんの?あー、ワサビ茶漬けも出来るようにか、なるほどね」
c0118393_11411785.jpg

話題は、宝塚歌劇、前の会社の離婚した人たちの悲哀、アホだが性格の良い小野くんの話、シューベルトの「未完成」を聴いて、人生が180度コペルニクス的転回をした話etcが無尽蔵に次から次へと出て、時計を見やるともう夜の9時半。
「さて、次のホワイトデー飲み会の日程も決まったし、そろそろお開きとしましょうか?」
「じゃまた、福島界隈ということで」
「あー、よく飲んだ。楽しすぎましたね」
「居酒屋かどや、バンザーイ!」と、いろんなことを言いながら支払いをキッチリ済ませ、福島駅にフラフラと千鳥足で向かう4人であった。
住所 大阪市福島区福島7-4-30 サンビーム福島1F 電話 06-6147-9868
営業時間 17:00~翌3:00 日曜定休 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

by nozawahitoshi | 2013-02-04 06:55 | 居酒屋 | Comments(2)

ジョリーパスタ        日生中央店

c0118393_15172176.jpg

2月に入った今日の休みは私と細君と長女の3人で、日生中央にあるジョリーパスタに伺った。
c0118393_1519176.jpg

伺ったのは11時ちょいと過ぎで、まだ誰も入店してないだろうと思っていたら、先客がもうすでに2組いた。
c0118393_15204419.jpg

あったあった、まだグラスワイン1杯105円のセールを続行中だった。
c0118393_1521462.jpg

早速、エミリア・ロマーニャ州の赤ワインをいただく。モンテベッロ・サンジョベーゼである。モンテベッロとはイタリア語で「美しい山」を意味する。
c0118393_1522374.jpg

フルボディでちょっと渋みがあって、大人チックなワインである。安いがなかなか美味いのである。
c0118393_1524997.jpg

パンチェッタとイタリアンポテトのサラダ399円。パンチェッタとポテトを添えたボリュームサラダで、パンチェッタの塩味がアクセントになっている。ドレッシングはシーザーサラダのそれと同じものを使用している。ホワイトドレッシングというのかなんていうのか、そう白いやつ。
ところでパンチェッタとベーコンの違いはどうかというと、パンチェッタは塩漬けした豚バラ肉のことであり、ベーコンは燻製にした豚バラ肉なのである。
c0118393_15331313.jpg

普通のポテトサラダより、このイタリアンポテトサラダの方が私は好きである。何でイタリアンなのかというと、フレッシュバジルとイタリアンサラミを沢山入れているからなんである。こっちのほうがポテトサラダより濃厚で、よりクリーミィーなのである。
c0118393_1536513.jpg

レタスとイタリアンポテトとパンチェッタを同時にいただく。う、うまあーい!
c0118393_1538047.jpg

ワインのアテは、今日は3種のソーセージのオーブン焼き294円をいっとく。
c0118393_15394149.jpg

まずハーブのソーセージ、ハマる味である。う、うまあーい!
c0118393_15403917.jpg

次にチョリソ。パセリと粒マスタードとの相性抜群である。
c0118393_15413426.jpg

そして最後はプレーン。どれもそれぞれ個性があって、う、うまあーい!
c0118393_1542338.jpg

長女の発注した、ボローニャ風ドリア819円が到着。
c0118393_15431953.jpg

ミートソース、しめじ、ベーコン、チーズのシンプルなドリア。う、うまあーい!
c0118393_15442415.jpg

細君発注の、ピザ屋さんの窯焼きクラムチャウダー504円。
c0118393_15451719.jpg

静かにピザ生地をスプーンで破る。
c0118393_15455760.jpg

ピザ生地のチーズとクラムチャウダーが混ざって、新しい食感と味がする。
c0118393_15465965.jpg

器のまわりに付いたピザ生地も、美味しく最後まで食べれちゃうところがいい。
c0118393_1548692.jpg

熱くって、う、うまあーい!
c0118393_15484019.jpg

赤ワインおかわり。
c0118393_1549110.jpg

お昼のワイン、グビッといきましょう。
c0118393_15495582.jpg

ワインのアテに、カキのバターソテー399円。
最近どういうわけか、ジョリパのカキのバターソテーにハマり狂っております。
c0118393_15513014.jpg

上品な、味のエキスたっぷりのカキをバターで炒めて、レモン果汁の風味でいただきます。う、うまあーい!
c0118393_15532764.jpg

ほうれん草も美味しいですな。
c0118393_15535318.jpg

ワインがなくなったので
c0118393_15541423.jpg

またおかわりしちゃいます。このカキ一つで、なんとグラスの半分は飲めてしまうのです。
c0118393_15552490.jpg

長女が「お父さんの大好物」を発注。ボローニャ風ミートソース609円。
c0118393_15565233.jpg

「好きなんだなあー、これが」
c0118393_15574537.jpg

これくらい取り分けて
c0118393_15581193.jpg

タバスコとパルメザンチーズをかけて ♪ 粉雪~ねえ~ ♪
c0118393_15592954.jpg

長女の発注した明太子609円。
c0118393_15595968.jpg

御馳走様でした。昼間っからワインをグラスで5杯も飲んじゃいました。これって、ちょいワルオヤジやんか!
住所 兵庫県川西市丸山台1-7-5 電話 072-791-6811
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1  2010年12月20日
 以前の記事 その2  2011年 2月 7日
 以前の記事 その3  2011年 4月24日
 以前の記事 その4  2011年 6月27日
 以前の記事 その5  2011年 8月14日
 以前の記事 その6  2011年 9月11日
 以前の記事 その7  2011年 9月19日
 以前の記事 その8  2012年 3月11日
 以前の記事 その9  2012年 4月 1日
 以前の記事 その10 2012年 4月23日
 以前の記事 その11 2012年 5月21日
 以前の記事 その12 2012年 7月 1日
 以前の記事 その13 2012年 8月16日
 以前の記事 その14 2012年 9月 9日
 以前の記事 その15 2012年10月 8日
 以前の記事 その16 2012年10月29日
 以前の記事 その17 2013年 1月 4日
 以前の記事 その18 2013年 1月13日

by nozawahitoshi | 2013-02-03 07:55 | パスタ | Comments(4)

高槻大塚食堂    高槻市

c0118393_845882.jpg

今日は高槻のお得意さんに行った後、前の会社の飲み仲間の後輩、鶴ちゃんが住んでいる高槻市の南の果てにある「高槻大塚食堂」に初めて伺った。今夜はその鶴ちゃんと、新婚さんの和ちゃんと、M本さんとの飲み会が18時から福島であるので早めの12時の昼食となった。(株)フジオフードシステムがやっている,まいどおおきに食堂のお店なんである。その隣には以前お邪魔した「金比羅製麺」がある。
c0118393_8504723.jpg

まいどおおきに食堂はいろんなところでよく利用させてもらっているが、ここは初めてである。
c0118393_853260.jpg

美味しそうなおかずが並んでいるので、いつもチョイスするのに考え込んでしまうちゅらおっさんなのだ。
c0118393_8535580.jpg

で、考えあぐねた結果、本日のちゅらおっさん高槻大塚食堂定食はこうなった。
c0118393_8545279.jpg

かけうどん(中)157円。まいどおおきに食堂のうどんはブログ初である。
c0118393_911730.jpg

高野豆腐の卵とじ105円。
c0118393_915652.jpg

ごはん(小)137円。ごはんは大中小量にかかわらず全部137円である。だから小をチョイスしたら損とか、そんな細かいことは言わないのである。
c0118393_941850.jpg

アジフライ105円の合計504円。しめしめ、約ワンコインである。
c0118393_952497.jpg

ごはんにサービスの食堂ふりかけを
c0118393_96789.jpg

これくらい、天使のように大胆にふりかける。
c0118393_97488.jpg

かけうどんには一味唐辛子を。七味唐辛子のほうが個人的には好きなんだけどな・・・。
c0118393_981777.jpg

かけうどんの麺は、うどんと素麺の中間のような細さで、なにやらプニプニしている。
c0118393_994040.jpg

天カスとナルトは最初から入っていたので
c0118393_9101628.jpg

ワカメと
c0118393_9103294.jpg

白胡麻をトッピングした。カツオと昆布でとったやや薄めのヘルシーなお出汁。
c0118393_9125657.jpg

高野豆腐の卵とじは私の大好物、う、うまあーい!
c0118393_9134217.jpg

ごはんがめっちゃ美味しい。ふりかけは不要だったことに気づく。
c0118393_9144026.jpg

タルタルソースを
c0118393_915363.jpg

アジフライにたっぷりつけて
c0118393_9152945.jpg

サクッといただく、う、うまあーい!
c0118393_916482.jpg

アジフライと付け合せのキャベツとの相性は抜群である。
c0118393_9171148.jpg

ご馳走様でした。いやー美味しかった。こういう食堂はやっぱりいい。でもこういうところに来たら、もっと野菜を積極的に摂取しないといけないなあ、とあとから思った。あ~あ~!
住所 大阪府高槻市大塚町3-23-6 電話 072-662-7272
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2013-02-02 06:43 | お昼ご飯 | Comments(0)

Trattoria Sotto L'albero(トラットリア・ソット・ラルベロ)東三国

c0118393_912313.jpg
c0118393_912411.jpg

今日は地下鉄御堂筋線東三国駅近くにあるイタリア料理店「トラットリア・ソット・ラルベロ」というお店に初めてお邪魔した。「ソット・ラルベロ」とはイタリア語で「木陰」を意味する。2011年12月5日にオープンしたお店である。
c0118393_9163428.jpg

いろいろついて900円というランチ内容で、パスタが2種類の中から1種類選べるという。
c0118393_9194254.jpg

お店は狭く、1階がカウンター5席で2階がテーブル12席の全17席のキャパ。
c0118393_9213146.jpg

店内のメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_9221480.jpg

本日のちゅらおっさんトラットリア・ソット・ラルベロ定食は、日替わりランチ900円。
c0118393_923107.jpg

前菜の盛り合わせ(アンティパスト)と、
c0118393_9235354.jpg

パニーニ(イタリアのサンドイッチ)がまず運ばれてきた。
c0118393_9245713.jpg

アンティパストはフリッタータと
c0118393_9285254.jpg

海老のインサラータ。
c0118393_9294078.jpg

フィノキオーネという名前の南イタリア産生ハム。この生ハム、サラミのように濃厚でめっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_9323037.jpg

パニーニはハムとチーズとレタスのサンドイッチをグリルしたもの。これもサクッとしていて、う、うまあーい!
c0118393_9371791.jpg

食べ終わるとメインの本日のパスタが到着。レンズ豆の入ったスパゲッティ・ボロネーゼ。
c0118393_9384390.jpg

すごいボリュームで熱々。大盛りも無料だそうだが、普通で十分である。粉チーズと挽肉のいい香りがプーンと鼻をつく。
c0118393_941954.jpg

パスタはスパゲティよりやや細めのスパゲッティーニ、アルデンテ仕立て。
c0118393_9443091.jpg

では、いただきまーす。
c0118393_945244.jpg

レンズ豆は多分生まれて初めていただくが、挽肉との相性もよく、パスタは弾力のあるモチモチ感で程よい固さ。ガーーン、すこぶる、う、うまあーい!
c0118393_948161.jpg

レンズ豆はヒラマメとも呼ぶ。レンズというのはこれが発祥であり、まさにその形である。
c0118393_9503388.jpg

卓上にolio santo(オリオ・サント)があったので、数滴ふりかける。
c0118393_9514633.jpg

いただいてみると、タバスコより強烈な、今まで味わったことのない不思議な辛さとの出会いに、嬉しさがこみ上げてくる。う、うまあーい!
c0118393_9532073.jpg

御馳走様でした。私の大好きなタイプのパスタである。いやー美味しかった。なんとも豪華なランチだった。
c0118393_954435.jpg

食後はホットコーヒーか紅茶が付くので、ホットコーヒーをお願いしていたのがやって来た。
c0118393_9555478.jpg

ホッと一息くつろいだ。マスターもとっても気さくで話し好きのいいお店。まさに東三国の隠れ家的存在のお店である。また行きたくなるお店が新しく1軒増えたのは喜ばしいことである。
住所 大阪市淀川区東三国4-17-1 電話 06-6350-1212
営業時間 11:30~13:30 17:30~22:00 日曜休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2013-02-01 06:51 | イタリアン | Comments(2)