ありがとう!今日も楽しかった

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
芭蕉布さん、こんにちわ。..
by ちゅらおっさん at 11:47
ベーコンレタスバーガーっ..
by 芭蕉布 at 12:38
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


手づくりハンバーグ・洋食堂 津の田ミート  塚口

c0118393_101128100.jpg
c0118393_10113657.jpg

今日は宝塚のお得意さんに行ったあと、塚口の商業施設「つかしん」の1階にあるイタリア料理店「アレグロ」に伺ったら、満員でかなり待たされるとわかったので、
c0118393_10143474.jpg

その隣にあった「津の田ミート」に急遽伺った。初めてなので、心ワクワク、ドキドキ、東京ブギウギである。
c0118393_101710100.jpg

こちらが津の田ミートのメニューの1部である。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1019479.jpg

お店の中は「うなぎの寝床」のようになっていて、お客はほとんどが女性客である。
c0118393_10193780.jpg

本日のちゅらおっさん津の田ミート定食は、日替わりランチ790円。
メインディッシュと
c0118393_10211941.jpg

サラダ、
c0118393_10215441.jpg

スープとライスのセット。
c0118393_10223890.jpg

熱い鉄板の上で、ジュージューと音を立てているデミグラスハンバーグ150gとカットステーキ60gと目玉焼き。
c0118393_1024433.jpg

サラダに津の田ミート特製の香味和風ドレッシングをかけて
c0118393_10245473.jpg

いただく。水菜、人参、きゅうり、大根のサラダはとても新鮮で、う、うまあーい!
c0118393_1027230.jpg

スープはコンソメ味で、玉ねぎとベーコンが入っていて、これも、う、うまあーい!
c0118393_10272010.jpg

150gのハンバーグにデミグラスソースをかけて
c0118393_1028021.jpg

いただきまーす。お箸でカットすると肉汁が溢れ出してくる。お味はジューシーで、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1030936.jpg

ごはんが進む美味さ。
c0118393_10304731.jpg

カットステーキは3切れ入っていて、これがまた柔らかいのなんのって。めちゃくちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10313238.jpg

こちらもごはんが進む進む。
c0118393_1032173.jpg

付け合せのコーン、もやし、ブロッコリー。
c0118393_10323615.jpg

ブロッコリーも
c0118393_1033067.jpg

コーン、もやしもお肉とよく合う。
c0118393_10335194.jpg

150gのハンバーグは食べごたえ有り。
c0118393_10342737.jpg

目玉焼きをごはんの上に乗せて
c0118393_10345639.jpg

いただく。これってよく考えたら、すごいご馳走なんである。う、うまあーい!
c0118393_10355963.jpg

最後のひと切れのハンバーグをお口に放り込み
c0118393_10364074.jpg

御馳走様でした。店員さんは全員女性で、すごく親切な人たちばかりで気持ちが良かった。また来たくなるお店がひとつ増えたことになる。
住所 兵庫県尼崎市塚口本町4-8-1 グンゼタウンセンターつかしん1F 電話 06-6423-1029
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00 年中無休 P2時間無料 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-06 06:32 | ハンバーグ | Comments(0)

餃子の王将   関目店

c0118393_1159443.jpg

今日は玉造のお得意さんに行く途中、関目交差点にある「餃子の王将関目店」にまた伺った。駐車場もあるし、この辺を営業車で通るのが大体1時前後のランチ時になるからである。
c0118393_1125932.jpg

新しいもの好きの私は、関目店のオリジナルメニューの中から、
c0118393_11261295.jpg

旨塩ワンタン麺というのを見つけ、即発注した。「オリジナル」という言葉に敏感に反応してしまうのである。
c0118393_11284924.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
c0118393_11293288.jpg

旨塩ワンタン麺450円、ブログ初登場と、
c0118393_11301446.jpg

餃子1人前210円の合計660円。
c0118393_11305482.jpg

旨塩ワンタン麺の具材は、もちろんワンタン。これが7~8個と
c0118393_11325280.jpg

キャベツ、人参、タケノコといった野菜。(ちょっとピンボケ)
c0118393_11352128.jpg

麺は中細ストレート麺。(かなりピンボケ。私としたことが・・・。)
c0118393_1136193.jpg

スープはチャンポンのような白濁した白湯スープで、やや塩辛い。
c0118393_1137953.jpg

では、いただきまーす。「スパイシー塩スープとワンタンが絶妙!」とメニューに書かれていたが、どこがスパイシーなのか全くわからない。しかし不味くもない。
c0118393_1140576.jpg

そのワンタンは
c0118393_11411915.jpg

小さな肉の塊が入っていた。お味は普通の中華料理店のよりやや劣る。っていうか、私はここで大きな間違いに気づいたのであった。それは、「ワンタンも餃子も同じグループやんか!」ちゅうことだ。
要するに、カレーうどんとカレーライスを同時に食べるのと同じことなのである。
c0118393_11455371.jpg

餃子はこんがり焼かれていて、見ているだけで食欲がわく。
c0118393_11464047.jpg

外の皮はバリッと、中はジューシーな餡と肉汁があふれて、う、うまあーい!
御馳走様でした。いつもはここで、食べ終わったお皿をカメラに収めるのだが、大きな間違いをしたショックで完全に忘れてしまったのである。あ~あ!
後でわかったのであるが、撮影モードが「水中」にどういうわけかなっていたのである。道理で色も変だし、ピンボケするわけである。
住所 大阪市城東区関目5-5-4 電話 06-6930-8360
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
 餃子の王将 関目店 以前の記事
 2009年12月26日
 2010年 5月18日
 2010年12月 2日 
 2010年12月16日
 2011年 8月 4日
 2012年 1月28日
 2012年 3月 7日
 2012年 3月31日
 2012年 5月25日
 2012年 6月21日
 2012年 7月26日
 2013年 2月 9日
 2013年 3月27日

by nozawahitoshi | 2013-06-05 06:53 | 中華料理 | Comments(0)

アトリエキッチン翔ヴォ-ロ  東三国

c0118393_98727.jpg

今日は東三国にあるイタリアン「翔ヴォ-ロ」にまた伺ってランチをとった。これで5回目の来店である。
c0118393_992027.jpg

こちらがメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_995748.jpg

本日のちゅらおっさん翔ヴォ-ロ定食は、生パスタランチ800円。
前菜+自家製フォカッチャ+本日の生パスタ。
c0118393_9112474.jpg

まず運ばれてきたのがこちら。アンティパストと
c0118393_912625.jpg

自家製フォカッチャ。
c0118393_9123050.jpg

アンティパストは、玉ねぎ入りコンソメスープと
c0118393_91381.jpg

粒つぶマスタードのポテトサラダに
c0118393_9134453.jpg

リーフのインサラータ。
c0118393_914516.jpg

こんがりトーストされた自家製フォカッチャ。外はバリッと、中はふんわり柔らかく、う、うまあーい!
c0118393_915276.jpg

フォカッチャを食べていると、本日の生パスタが到着。
c0118393_916161.jpg

海老ときのこのパスタ。トマトソースかオイルソースがチョイス出来たので、トマトソースでお願いした。
c0118393_9181162.jpg

海老が惜しげもなくゴロゴロ入っていた。
c0118393_9191383.jpg

hunghi(フンギ)「きのこ」はエリンギとしめじの2種類を使用。
c0118393_920204.jpg

アル・デンテよりやや柔らかめに茹で上げられた生リングイネ。
c0118393_9212683.jpg

では、いただきまーす。見た目よりもあっさりめのトマトソースパスタ。う、うまあーい!
c0118393_9223879.jpg

「ランチタイムのお店が混んできた時、早く茹で上がるリングイネをよく使います」と、前回ここの店長が言ってたのを思い出した。なるほど、お店は結構お客でいっぱいだった。
「きしめん」のようなリングイネは、ワタシ的にはあまり好きではない。
c0118393_9254936.jpg

御馳走様でした。デザートとドリンクが+200円で付くが、今日の仕事は忙しかったのでパスタランチのみにした。いつもの愛想のいい、かわいこちゃん店員を久しぶりに見て、ホッとするちゅらおっさんだった。
住所 大阪市淀川区東三国4-19-35 電話 06-6392-2725
営業時間 11:30~15:00 18:00~翌3:00 火曜定休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

by nozawahitoshi | 2013-06-04 06:53 | イタリアン | Comments(0)

情熱うどん伊和正  東畦野

c0118393_17381178.jpg
c0118393_17382058.jpg

今日の休みは家族4人で家から一番近いところにあるうどん屋、川西の東畦野にある「情熱うどん伊和正」にまた伺った。2度目である。
中津にある「情熱うどん讃州」で修行されたご主人が独立して、2008年5月5日にオープンさせたお店である。
c0118393_17424362.jpg
c0118393_17425298.jpg

こちらがメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_17433665.jpg

お店はかなり混んでいて、20分くらい待って三女が発注したカレーうどん700円と
c0118393_17433147.jpg

私が発注した牛肉うどん860円が先にやってきた。
c0118393_17442412.jpg

牛肉がこれでもかというほどたっぷり入っていて
c0118393_1745993.jpg

カイワレ大根と
c0118393_17452922.jpg

天かすとかつお節、
c0118393_1745592.jpg

刻みネギと白ごまが散らされていた。
c0118393_17462932.jpg

昆布、うるめ、めじか、さば、花かつおの5種類を、前の日に長時間かけてとったお出汁。
c0118393_17492076.jpg

エッジの立った麺は、かなりコシの強い弾力のある麺。
c0118393_17494627.jpg

では、いただきまーす。めっちゃ、う、うまあーい!
牛肉のエキスも混ざって、お味の幅が広がっている感じ。
c0118393_17515025.jpg

少し遅れて、長女の発注したちく天きつねうどん690円と
c0118393_17524391.jpg

ミニ天丼350円が到着。まいたけ天とえび天、かきあげ天の3種類が乗った天丼。
c0118393_1753277.jpg

そして細君の発注したじゃこおろしかき揚げぶっかけ850円。
c0118393_17545459.jpg

三女のカレーうどんが回ってきたので
c0118393_17552338.jpg

いただく。う、うまあーい!
讃州のカレーうどんとまたちょっと違ったお味がする。
c0118393_17565864.jpg

カレーのお出汁も、う、うまあーい!白ごはんにかけて食べたくなるお味。
c0118393_17575796.jpg

長女のちく天きつねうどんをシェア。
c0118393_17584194.jpg

大きなちく天と
c0118393_1759784.jpg

これまた大きなおあげ。
c0118393_17593562.jpg

う、うまあーい!
c0118393_180789.jpg

細君のじゃこおろしかき揚げぶっかけも回ってきた。
c0118393_1804964.jpg

冷たい麺はコシが強くかなりの剛麺。ぶっかけのお出汁も、う、うまあーい!
c0118393_183323.jpg

御馳走様でした。4つのうどんを食べ比べ、満足満足!全部めっちゃ美味しかった。
c0118393_1831668.jpg

あ~あ、美味しかった。また来まーす、大将!
住所 兵庫県川西市東畦野5-3-10 電話 072-785-2377
営業時間 11:30~14:00 17:30~20:00 月曜定休 第3火曜休 P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2013-06-03 06:55 | うどん | Comments(0)

炭火焼肉 黒毛和牛専門店 炭小屋  山下

c0118393_10263291.jpg

「今日の夜、美味しい焼肉が無性に食べたい!」とAさんが提唱し。IさんとMさんと私のいつものメンバーで、能勢街道(477号線)沿いの、川西市の笹部というところにある焼肉屋「炭小屋」へ急遽集まったのである。
これで3回目の訪問である。
c0118393_1032775.jpg

予約の電話を入れておいたので、すんなりと炭がいこっているテーブルに案内された。おっと、いこるって近畿圏の方言で、関東ではこれを「炭が熾(おこ)」るって確か言うんだったっけ?
c0118393_10383639.jpg

Aさん発注の、もやしナムル200円と
c0118393_11582741.jpg

Iさん発注の、ほうれん草ナムル200円がすぐにやって来たて、
c0118393_10401541.jpg

お疲れモヤモヤサマーズ三村、かんぱーい!ガチガチガチガチ、グビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
c0118393_10414913.jpg

私とMさんは、キリン一番搾り生中280円、Aさんは烏龍茶、Iさんはカルピスソーダでそれぞれスタート。
キリン一番搾り生の280円はフトコロの寒い私にはありがたい。因みにキリン淡麗生は190円である。
c0118393_10454950.jpg

肉が来るまでに、ソースダレ、しょう油ダレ、おろしにんにく、コチュジャンを準備して待つ。
c0118393_1047192.jpg

もやしナムルをアテにビールをあおる私。
c0118393_1048978.jpg

私の発注した、焼肉盛り合わせ全種盛1980円がやっと到着。上から豚トロ、カルビ、地鶏、ホルモン。
c0118393_10495476.jpg

Mさん発注の、牛煮込み580円。
「こげんチイさかで、580円ばい、高かあ~!」
「良か肉ば使うとるばい、当たり前ったい」
c0118393_105465.jpg

それでは肉を焼いていきます。ええ匂いが鼻をくすぐり、いやでも食欲を掻き立てる。
c0118393_1055376.jpg

カルビをニンニクソースダレにつけ、いただきまーす。めっさ、う、うまあーい!
「めちゃとめっさはどう違うの?」
「ローラ、わかんなーい!」
c0118393_1102100.jpg

地鶏もええ味出してます。う、うまあーい!
c0118393_1111910.jpg

そしてIさんと私の大好物のホルモン。こてっちゃんの脂が焦げたところが最高に、う、うまあーい!美味すぎる~。
c0118393_1132158.jpg

AさんとIさんが共同で発注した、ごはん昔話盛り380円。
「これがないと、焼肉食べられへんわ~」とAさん。
c0118393_115768.jpg

豚トロもこの焦げたところが、う、うまあーい!たまりませーん。
c0118393_1161950.jpg

Mさん発注の、ニンニクオイル焼き380円が到着。Mさんこれが大好物だと言う。
c0118393_1184050.jpg

即、炭火にかけます。
「え?オイル焼きでなく、「ホイル」焼きですか。失礼ハムニダ!」
c0118393_1110506.jpg

TTPのことで話が盛り上がった私とMさん、ビールのピッチがどんどん上がって、3杯目をおかわり。
c0118393_11124259.jpg

Iさん発注の白菜キムチ200円。
「キムチって、いつ頃からわが国に定着したんですかね?」とIさんが私の顔を覗く。
「1960年安保のあたりでは、朝鮮漬けって言ってたけど、たしか1975年に桃屋から発売された「桃屋キムチの素」が人気を呼んで、1980年頃の激辛ブームに乗りスーパーやコンビニなんかで手に入るようになったんや。その2~3年後に中国福建省から、烏龍茶が輸入され大きなブームを巻き起こし、両方ともまだ生き残っているからすごいなあ」
「へえ~、そうなんや」とAさん。
c0118393_11261559.jpg

お肉の追加が来た。上がハラミで下がカルビ。どちらも880円。
c0118393_11272083.jpg

ニンニクホイル焼きがグツグツと音を立てて煮えてきたので、取ってみるとすでに出来上がっている。
c0118393_11283465.jpg

いただきまーす。すごく柔らかく、お芋のような食感で、う、うまあーい!
c0118393_1129351.jpg

ハラミは脂がのって、う、うまあーい!ビールが進みます。
c0118393_124530.jpg

あまり美味しかったので、またてっちゃん780円と
c0118393_11312961.jpg

地鶏を発注。
c0118393_1132212.jpg

それらを焼いているとその脂がしたに滴り落ち、
c0118393_11325720.jpg

炭に引火して、「ボッ!」と、いきなり火の手が上がる。
「火事や~、110番、もとい、119番!」
c0118393_11344591.jpg

こちらは発注の時、赤ウインナーかただのウインナーかでもめたが、ウインナー480円に軍配が上がった。
c0118393_11363450.jpg

私が発注した、鶏皮ポン酢(ゆずこしょう付き)280円。
あっさりとして美味しいので、よく発注する1品。
c0118393_11381335.jpg

てっちゃんは、ああ、もうダメ。美味しすぎる、ヤバイ!
c0118393_11385942.jpg

ウインナーと地鶏を焼く。
c0118393_1139258.jpg

Mさん発注のワカメスープ380円と韓国のスプーン、スッコラ。
c0118393_11403145.jpg

もうお腹いっぱいだけど、最後にロース880円と行きましょうかね。
c0118393_11412475.jpg

Aさんはクッパ(小)480円を発注。
c0118393_11421144.jpg

酒を飲むとご飯ものは食べない主義の私だが、クッパを見ているといてもたっても居れなくなって、
c0118393_11434799.jpg

「うー、美味そう、ちょっとちょうだい」
ごま油の風味がたまりませーん。う、うまあーい!
c0118393_11451783.jpg

御馳走様でした。いやー、食べた食べた。美味しかった。
「ちゅらおっさん、どうも御馳走様でした」とMさん。
「御馳走様でした。また誘ってねー」とIさん。
「ええ~、俺かよ。まっ、いいけど」
「誰か、めっちゃめっちゃニンニク臭いわ~」
住所 兵庫県川西市笹部1-3-14 電話 072-795-0770
営業時間 平日 17:30~ 土日祝 17:00~ 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2

by nozawahitoshi | 2013-06-02 07:42 | 焼肉 | Comments(0)

回転寿司 すし一流  宝塚店

c0118393_1944894.jpg
c0118393_1945599.jpg

今日は中山寺のお得意さんに行ったあと、JR中山寺駅の南側に昨年の12月1日にオープンした「すし一流」に初めて伺った。
c0118393_196185.jpg

カウンター内に寿司職人が何人かいて、お客のリクエストで寿司を握るという形をとっている。職人さんはなかなか愛想が良い。
c0118393_1975850.jpg
c0118393_198521.jpg
c0118393_1981498.jpg

こちらがメニューである。(写真をクリックすると拡大します)
c0118393_1985638.jpg

まず、こちらの3皿を職人さんに発注した。
c0118393_1994641.jpg

かれいのえんがわ210円。
c0118393_19103119.jpg

はまち158円。
c0118393_19105183.jpg

本まぐろ中トロ一貫158円。
c0118393_19113729.jpg

かれいのえんがわをいただきまーす。ザクザクっという食感とクリーミーな白身魚のとろける旨さ。う、うまあーい!
c0118393_19134397.jpg

中トロにわさびと醤油をつけいただく。お口の中で溶けてゆく感じ。う、うまあーい!ハマチもコリコリとしていてとても美味しかった。
c0118393_19142774.jpg

「すし一流」は、白身魚用、赤身魚用の醤油とオリジナル醤油の3種類の醤油が置かれている。ユニークな発想である。
c0118393_19163617.jpg

炙り押しサバ寿司158円。
c0118393_1917924.jpg

横から見ると、158円にしてはかなり肉厚の鯖を使用しているのがわかる。
c0118393_19182960.jpg

ではその炙り押しサバをいただきます。バーナーで炙った皮が香ばしく、トロトロのサバが、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_19195812.jpg

ホッキ貝サラダ105円。
c0118393_19341189.jpg

同じ105円なのに、スシローより数段上を行く旨さ。う、うまあーい!
ホール担当の女店員が、本日の日替わり鮮魚のメニューを持ってきた。
「なんで、このタイミング?遅すぎるのではないかな」
c0118393_1938155.jpg

その中から最後は、和歌山県産のツバス158円。左が腹身で右が背身である。いわゆる出世魚というやつである。35cm以下のものをツバス、60cmのものをハマチ、80cm以上のものをブリと呼ぶ。
c0118393_198352.jpg

腹身をいただく。脂がのりのりで、う、うまあーい!
c0118393_199161.jpg

ひとまず、ガリでお口の中を整える。
c0118393_1994363.jpg

お次は、背身をいただく。こちらのほうが脂が少なく、あっさりした旨さ。う、うまあーい!
c0118393_19113655.jpg

ご馳走様でした。お会計は6皿で947円と1000円以内で収まった。
c0118393_19122844.jpg

いやー、美味しかった。「すし一流」、また来たくなるお店の一つになった。
住所 兵庫県宝塚市中筋8-21-34 電話 0797-99-0011
営業時間 11:00~22:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2013-06-01 07:02 | 寿司 | Comments(0)