ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
山田はん、毎度です。 ..
by ちゅらおっさん at 11:14
ブイブイ言わすは完全死語..
by 山田 at 17:13
まるでさん、日曜日に行き..
by ちゅらおっさん at 15:28
アジフライタルタルソース..
by まるでだめお at 12:30
芭蕉布さん、こんにちわ。..
by ちゅらおっさん at 11:47
ベーコンレタスバーガーっ..
by 芭蕉布 at 12:38
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


鶴丸饂飩本舗     門真店

鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8121982.jpg

今日は雨の中東大阪のお得意さんに行く途中、国道163号線沿いにある「鶴丸饂飩本舗」にお邪魔した。
昨年の4月9日オープンなので、お店はまだ真新しい。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8153131.jpg

なんか来るたびに新しいメニューになっている。今回は「お寿司セット」が新しく加わった。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_817285.jpg

天ぷらも「菊菜のかき揚げ天」が期間限定で新しく出ていた。私の大好物なのである。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8181364.jpg

トレーにチョイスしたうどんと天ぷら、おにぎりを乗せて、会計を済ませたらお出汁サーバーのところに持って行き、
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_820817.jpg

コックをひねってお出汁を注ぐ。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8204368.jpg

本日のちゅらおっさん鶴丸饂飩本舗定食はこちら。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8214114.jpg

月見うどん347円と
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_822745.jpg

鶏めしおにぎり126円
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8223871.jpg

菊菜のかき揚げ天157円の合計600円。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8233167.jpg

こちらのうどんはエッジはあるがコシはあんまりないのである。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8241919.jpg

お出汁は煮干など3種類の天然素材を使ったあっさり風味で、う、うまあーい!私の好みのお出汁である。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_826661.jpg

では、いただきまーす。打ち立てのうどんに美味しいお出汁が絡んで、う、うまあーい!
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8271829.jpg

玉子をお箸で潰し
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8274571.jpg

七味唐辛子を
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_828745.jpg

ドバっとこれくらいかけて
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_828356.jpg

いただく。月見うどん、はたまた、釜玉うどんに変身し、めっちゃ、う、うまあーい!
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_830053.jpg

鶏めしおにぎりは冷たいけどいい味出してて、う、うまあーい!
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8322363.jpg

「キャノーラ油」で揚げてるという菊菜のかき揚げ天を
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_833216.jpg

乗せて、菊菜かき揚げ天月見うどんの完成。
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_8332970.jpg

美味しいお出汁を吸って柔らかくなった菊菜のかき揚げ天をいただく。めっちゃ、う、うまあーい!
鶴丸饂飩本舗     門真店_c0118393_835635.jpg

御馳走様でした。お出汁も全部飲んじゃいました。もうお腹パンパンで、やっぱおにぎりは多かったかなあと反省。次回は是非お寿司をいただいてみたい。
住所 大坂府門真市寿町21-25 電話 06-6780-3633
24時間営業 年中無休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7

by nozawahitoshi | 2014-02-28 06:51 | うどん | Comments(2)

ナガサキの鐘      豊中市

ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_191647.jpg

今日は服部のお得意さんに行ったあと、大阪内環状線(479号線)浜交差点近くにある中華料理の美味しいお店「ナガサキの鐘」に伺った。PM2.5の影響で晴れているのに靄がかかったように曇っている。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1925564.jpg

ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_193573.jpg

ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1931775.jpg

ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_193273.jpg

ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1933855.jpg

こちらがナガサキの鐘のメニューである。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_194915.jpg

本日のちゅらおっさんナガサキの鐘定食は、日替わりランチ680円。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1945478.jpg

あんかけ焼きそばと
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1951512.jpg

サラダ
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1953032.jpg

玉子焼
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1954664.jpg

ごはん普通盛り。(大盛りも可)
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1963849.jpg

中華スープ
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1973668.jpg

漬物の6点セット。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1981330.jpg

あんかけ焼きそばは単品で550円。タケノコ、白菜、玉ねぎ、人参、木耳といった野菜に
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1992883.jpg

豚肉、イカ、海老といった所謂八宝菜の具材が入っている。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19102819.jpg

蒸した麺の表面をバリッと焼いてある。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19112887.jpg

では、いただきまーす。トロトロのアンと具材、バリっとしたところと柔らかいところが両方楽しめるあんかけ焼きそば。う、うまあーい!
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1913556.jpg

フレンチドレッシングがかかったサラダは新鮮で、う、うまあーい!
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19143145.jpg

玉子焼はびっくりするほど、めっちゃ、う、うまあーい!
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19152478.jpg

ごはんが進みます。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19154721.jpg

スープもなかなかイケてる。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19162014.jpg

あんかけ焼きそばとごはんは、炭水化物+炭水化物なのだが、すごく良く合う。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19174917.jpg

シャキシャキのタケノコ
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19181248.jpg

細工切りしたイカ
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19183715.jpg

プリップリの海老
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_1919591.jpg

お箸が止まらないくらいの美味しさである。
ナガサキの鐘      豊中市_c0118393_19193589.jpg

御馳走様でした。お昼どきに伺ったので少し待たされたが、待ってまでも食べる価値は十分ある地元の中華の人気店。それが「ナガサキの鐘」なんである。
住所 大阪府豊中市小曽根4-2-8 電話 06-6334-7960
営業時間 11:00~22:30 年中無休 P20台 地図
 2010年11月10日 長崎ちゃんぽん
 2011年 1月 8日 皿うどん
 2011年 8月11日 坦々麺
 2012年 8月23日 ミニちゃんぽん+ミニ焼飯
 2013年10月 6日 日替わりランチ あんかけ焼きそば
 2013年12月 5日 日替わりランチ チンジャオロース

by nozawahitoshi | 2014-02-27 06:56 | 中華料理 | Comments(0)

Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店

Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9161244.jpg
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9162281.jpg

今日は八尾のお得意さんに行く途中、八尾の久宝寺にある「ガスト八尾久宝寺店」に初めて伺った。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9181232.jpg

本日のちゅらおっさんガスト定食は、日替わりハンバーグランチ523円と
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9191259.jpg

ドリンクバー208円の合計731円。まず1杯目はキャロットオレンジ。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9201153.jpg

日替わりハンバーグランチのメインディッシュは、ハンバーグてりやきソース&ささみ磯辺カツ&春巻き490Kcal。ライスとスープを足すと900Kcalくらいになる。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9233356.jpg

ライスは少ない目でお願いした。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_924617.jpg

スープは日替わりである。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9244929.jpg

スープの具材はコーン、人参、玉ねぎで、コンソメ味のスープだった。お味はいたって普通。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9272567.jpg

ドリンクバー2杯目はアイスコーヒー。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9281631.jpg

15cmくらいあるハンバーグにてりやきソースがかかっている。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9291360.jpg

その横には春巻きとささみ磯辺カツ。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9295511.jpg

付け合せのサラダには和風ドレッシングがかかっている。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9304462.jpg

ややジューシーなハンバーグをナイフでカット。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9312854.jpg

いただきまーす。牛と豚の合い挽きミンチを使用。とっても柔らかくって、う、うまあーい!
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_932474.jpg

ごはんが進みます。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9323434.jpg

付け合せのサラダはちょっと乾燥が進んでいてイマイチ。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9332638.jpg

ささみ磯辺カツをナイフでカットし
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_934972.jpg

いただく。青海苔の風味がよく、鶏のささみがとても柔らかくって、う、うまあーい!
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9363747.jpg

春巻きはごく普通のお味。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_9371483.jpg

ライスがすぐに底をつき、おかずだけになった。でも普通盛りを頼むとゆうに1000Kcalは超えちゃうし、まっ、いいか!と自分に言い聞かせた。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_938431.jpg

ドリンクバー3杯目はエスプレッソ。イタリア語で急行、速達の意味がある。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_941279.jpg

量が少ないので一気に飲むのがイタリア人。なるほど、素早いという意味なのだ。
Cafeレストラン ガスト   八尾久宝寺店_c0118393_942353.jpg

御馳走様でした。サイゼリアの500円ランチとガストの523円ランチ、どっちがおいしいかと言われたら、どちらも甲乙が付けがたいかな?
住所 大阪府八尾市久宝寺1-1-11 電話 072-990-2105
営業時間 7:00~翌3:00 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2014-02-26 06:50 | 洋食 | Comments(0)

すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店

すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1061832.jpg

今日は吹田から関目のお得意さんに行く途中、我が母校、大阪経済大学の近くの大阪内環状線(479号線)大桐1丁目交差点にある「すき家」に伺った。ここは2年ぶり2度目の来店である。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1092286.jpg

期間限定の牛すき鍋定食の中から
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10101738.jpg

本日のちゅらおっさんすき家定食は、野菜たっぷり牛ちり鍋定食ミニ620円、777Kcal、ブログ初登場である。
並は+30円で846Kcalあるので、少しでもカロリーの低いミニにした。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10135362.jpg

固形燃料が2個使われ、勢いよく燃えている。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10151862.jpg

牛ちり鍋と
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1016492.jpg

少なめのごはん
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10162922.jpg

大根おろしと刻んだネギ
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10165883.jpg

ポン酢に
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10171466.jpg

つぼ漬の5点セット。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10175468.jpg

牛丼と違って脂身の少ないやや厚めの牛肉
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1019370.jpg

玉ねぎ
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10191973.jpg

白菜がこれでもかというくらい入っている。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10195582.jpg

焼き豆腐が1切れ
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10202491.jpg

うどん
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10204395.jpg

白ネギといった具材。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10211475.jpg

鍋がグツグツと煮えてきた。そろそろ食べごろである。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1022893.jpg

まずは牛肉をポン酢に浸し
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10224451.jpg

いただく。柔らかくって、う、うまあーい!
ポン酢の中に柚子が入っており、柚の香りを楽しむことができる。ただ少々だだ辛いので、鍋のおつゆをポン酢の中に入れて味を薄める。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10275691.jpg

白菜も、う、うまあーい!
柔らかな甘さが出ている。きっと上等の白菜?を使用しているのだろう。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10301981.jpg

ごはんが進みます。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10303373.jpg

ポン酢に大根おろしとネギを投入し
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1031271.jpg

肉と野菜を入れ
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10315913.jpg

いただく。さっきよりマイルドになって美味しさがアップする。う、うまあーい!
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1033949.jpg

うどんも、う、うまあーい!
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10334950.jpg

ご飯の上の乗せて丼のようにして
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1034305.jpg

いただく。野菜たっぷり牛ちり丼。う、うまあーい!
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10355340.jpg

おつゆは薄いのかと思いきや、これだけでも充分に、う、うまあーい!
いい味出してる。ポン酢は要らなかったかも。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10372449.jpg

変化を楽しむため七味唐辛子を投入。
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_1038627.jpg

これも、う、うまあーい!
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10384190.jpg

ごはんがなくなり火も消えたので、何もつけずに鍋から直接いただく。やはりポン酢は不要だった。
この方が、う、うまあーい!
すき家の野菜たっぷり牛ちり鍋定食  東淀川大桐店_c0118393_10414599.jpg

御馳走様でした。野菜たっぷり牛ちり鍋定食で野菜不足がバッチリ解消できそう。
最近のすき家は野菜に注目しているようだ。健康志向で客層の拡大につながると思う。
できれば牛肉抜きの「野菜たっぷり鍋定食」450円、500Kcalでも出せば、女性客がすき家に殺到ということも考えられはしまいか?
住所 大阪市東淀川区大桐1-7-8 24H営業 無休 P有 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2014-02-25 07:12 | お昼ご飯 | Comments(0)

回転寿司とれとれ屋    多田店

回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_10262070.jpg

休みの日の今日は細君と川西の多田にある「ジョーシン」にエアコンと冷蔵庫とテレビを買いに行く予定。その前に腹ごしらえしようと、多田源氏ゆかりの里「矢問(やとう)」にある「回転寿司とれとれ屋」に伺った。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1032413.jpg

お店に入ると「雛人形」が飾ってあり季節感を感じる。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1034220.jpg

まずは瓶ビールといきまっしょい。本当はアサヒスーパードライと行きたいところだが、無い袖は振れぬ。サントリーのモルツ中瓶525円で我慢しましょうか。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_10364655.jpg

細君も本当はビールを飲みたいのだが、車を運転するので仕方なく、魚の赤だし157円を発注。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1038392.jpg

赤海老273円。
ここは寿司職人さんがお客の目の前で魚を調理し、握ってくれる。その割にはお値段がお安い。
今日は私たちの前で、多田店の店長さんが握ってくれている。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_10421139.jpg

まず、ガリをお皿にとってスタンバイ完了。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1043352.jpg

私の発注した、炙り三昧378円。
上から、サーモン柚子味噌炙り、ホタテ炙り、ブリ照り焼き。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_10453061.jpg

カットレモンをギュッと絞って、
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1046875.jpg

ブリ照り焼きからいただきます。
滴る脂を閉じ込めたというか、脂のしつこさがあまりなく、風味がお口の中で二転三転する味わい、
めっちゃ、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_10531098.jpg

お次はホタテ炙り。
歯ごたえ十分なホタテの風味に、炙った焦げ目の香ばしさがマッチして、めっちゃ、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_110319.jpg

サーモンはちょっと前まで苦手だったのであるが、最近は平気になった。柚子味噌は初めていただく。
これも柚子の酸味と香りがサーモンにマッチして、めっちゃ、う、うまあーい!
なんか、めっちゃ、う、うまあーい!の連発になったが、その通りなのである。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1155499.jpg

釧路沖〆鯖189円。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1171089.jpg

おろし生姜とネギでいただく。ほどほどに酸っぱくって脂が乗って、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1182771.jpg

細君発注の本マグロ赤身273円。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11923.jpg

ビールのアテにとブリのお造り630円を発注。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11134870.jpg

醤油をはじくほど脂が乗って、むっさ、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1115985.jpg

ビールをおかわりしちゃいました。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11165218.jpg

大葉と一緒にいただきます。もうたまりません、美味すぎ。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11183182.jpg

細君の発注した太刀魚189円と
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1119468.jpg

いわし189円。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11193714.jpg

同時に私が発注した目板カレイ273円。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11233494.jpg

ネギとジュレが乗った、新鮮な瀬戸内海で獲れた目板カレイ。透き通る美しい身は引き締まっておりカレイの持つ独特な臭みはなく淡白な味わい。
噛むほどに甘味が奥との中に広がり、むっさ、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_1127798.jpg

最後はずわい蟹378円。
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11305596.jpg

まさに「かにの王様」。鮮度抜群の生ずわい蟹、舌に絡みつく蟹の身と豊穣な甘さ、たまりませーん、めっちゃくっちゃ、う、うまあーい!
回転寿司とれとれ屋    多田店_c0118393_11365541.jpg

御馳走様でした。2人でこれだけ美味しいものをいただいて4000円でお釣りが来るなんて、「回転寿司とれとれ屋」は非常にイケてるお寿司チェーンと言える。
住所 兵庫県川西市矢問3-22-4 電話 072-793-6600
営業時間 11:30~22:00 元旦のみ休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7

by nozawahitoshi | 2014-02-24 06:54 | 寿司 | Comments(0)

じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店

じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_941455.jpg

気の置けない仲間たち(前の会社の先輩M本さん、後輩の池D君、鶴ちゃん、ダイビング仲間の和ちゃん)との飲み会が福島であった。定例になった1週間遅れの「バレンタイン飲み会」である。
JR環状線福島駅で待っていたのはM本さんと池D君、あとのメンバーは遅れてやってくる。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_9451227.jpg
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_9452214.jpg

「山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思えば」と百人一首を口ずさみながら、駅から歩くこと2分で鳥貴族にやって来た。
昨年の10月20日にこの3人でここで飲んで以来の来店である。
予約なしの飛び込みであったが、まだ早い時間帯なのでお店はガラ空き。
「ファイブオーシャン、もとい、ファイブパースン、OK?」
「イエス オフコース プリーズ」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_955458.jpg

まずはキリン一番搾り生ビール(中)でフライング。
お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチ、グビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「1月17日以来の飲み会になりますかね」とM本さんがジョッキを置いた。
「そうそう、約1ヶ月ぶりの飲み会ですわ」と池D君。
「ここを選んだのは値段が全部税込294円とブログが書きやすいのと、酒蔵鍋に10日前に予約電話したらいっぱいで断られたんすよ」
「全品294円って安いですよね。京都では考えられないですわ」と感心して目を丸くする池D君。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1061967.jpg

まずは、味付煮玉子と
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1073117.jpg

おかわり自由のキャベツ盛り。あっさりダレが、う、うまあーい!

じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1083231.jpg

味付煮玉子にカラシを塗っていただく。味がよくしみていて、う、うまあーい!
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1092276.jpg

新製品の鉄板チキンカツ。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_109531.jpg

熱々の鉄板にキャベツが敷いてあって、その上にサクッと揚げたチキンカツにトリキオリジナルデミ味噌ソースがオンされている。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1012399.jpg

衣がサクサクで、とてもジューシーなチキンカツ。ボリューム満点でお腹も大満足。う、うまあーい!
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10132141.jpg

モモ貴族焼とむね貴族焼2本づつ。
モモ肉は柔らかくジューシーで、むね肉はさっぱりヘルシー。
たれ、塩、スパイスの3種類から選べるので、たれでお願いした。
♪ たれか故郷を~ 思わざる~ ♪
昭和15年リリースの戦時歌謡曲を思わず口ずさんでしまった。古賀メロディである。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10252753.jpg

一味唐辛子をかけていただく。美味しく食べごたえありで、さすがトリキ人気No,1である。
池D君の「乙訓消防署」の話で場は盛り上がっていた。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10283068.jpg

と、そこへ約30分遅れで紅一点の和ちゃんが到着。
「先に渡しておきましょうか?」
「先にチョーダイ。おお、マカロンやないかいな」
「倍返しでお願いしますよ」
「うぴょ~!」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10321954.jpg

和ちゃんがビールを発注。
お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチ、グビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「第5回バレンタイン飲み会にカンパーイ!」
「もう5回もやってはるんや」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10435075.jpg

そのすぐ後に鶴ちゃんが到着。5人全員集まったところでもう一度、
お疲れモヤモヤサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
この辺から私は自分がすごく酔っているのがわかった。やばい!
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10464835.jpg

ここから和ちゃんの矢継ぎ早の発注が始まった。まずは、味付煮玉子。
醤油をベースに、かつおと昆布の風味を黄身までしっかりと染みこませた逸品。
「一番最初にこれを発注してんで、わしら」私が言うと
「えーっ、そういえばレタスの残骸。あれはこれやったんやね」笑う和ちゃん。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1052098.jpg

むね肉明太マヨネーズ焼き。
北海道産魚卵を使用した明太子マヨネーズはあっさりしたむね肉との相性抜群。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10534298.jpg

砂ずり。居酒屋の定番のアテ。
「砂ずりって京都のHさんの定番やったね」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10563324.jpg

レンコン肉詰。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1057054.jpg

冷やしトマト。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10572169.jpg

手羽先。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_10574419.jpg

三角。ぼんじりのこと。
鶏の部位の中でも最も脂がのっていて、ジューシーでとろけるような口当たりがある。
鶏通好みの逸品である。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1112236.jpg

チャンジャ。
「この店に入ってすぐに池D君が店員さんに『チャンジャってなんですか?』って質問してたよ」
「チャンジャ、美味しいよ。呑み助のアテやけどね」と笑う和ちゃん。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_114123.jpg

池D君と私がレモンサワーにチェンジ。再び、
お疲れモヤモヤサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
「むむっ、なんじゃこのレモンサワー、レモン入ってないやん、あかんやん」とがっかりする私。
「サワーって、そういうもんじゃないの?」
「そっか、生絞りレモンチューハイとは全然違うんや」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1110365.jpg

なんこつ唐揚げ。
鶴ちゃんがタカラヅカ歌劇のウンチクを熱く語りだす。
「鶴ちゃんの話でよう分かったわ。要するに小林一三の創ったタカラヅカは今のAKBと一緒やいうことやね」
「そうそう、そうなんですよ」と鶴ちゃん。
「昔、よくちゅらおっさんといろいろ遊びましたね」
「わざわざ、灘区の王寺プールまで電車乗って行ったよね」
「なんで葺合区の王寺プールなんでしょうね?」
「さあ、なんでなんやろう?」
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1124395.jpg

カマンベールコロッケ。
カマンベールチーズをモチモチのジャガイモの皮で包んで揚げたもの。
しかもバターを乗せるという超ハイカロリーな一品。でも、う、うまあーい!
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_11311695.jpg

和ちゃん発注の「それから」のお湯割り。
キレのある辛口な本格麦焼酎。より麦らしい風味とまろやかな口当たりが特徴の鹿児島県産焼酎。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1133511.jpg

揚げウインナー串。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1133352.jpg

なすの浅漬け。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_11362196.jpg

懐かしい赤ウインナーを油でカラッとあげてある。う、うまあーい!
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_11373766.jpg

おひや。私が1杯、鶴ちゃんが2杯。
私がおひやを発注するのは稀有である。身体がお水を強く要求したためと思われる。
じゃんぼ焼鳥・鳥貴族  福島店_c0118393_1140567.jpg

時計を見ると22時半。なんと4時間半もずっと飲みっぱなしである。
「そろそろお開きにしようじゃありませんか。また3月もあることだし」
「いや~、今日も楽しかったですわ」
「今度は10倍返しのプレゼント持参ですよね」
「別に20倍でも全然構いませんよ~」
「うっひゃー!!」
住所 大阪市福島区福島7-9-29 電話 06-6453-9833
営業時間 17:00~24:00 年中無休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5

by nozawahitoshi | 2014-02-23 07:50 | 居酒屋 | Comments(2)

Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店

Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_9561291.jpg
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_9562189.jpg

今日は国道176号線伊丹の荒牧交差点の近くにある「ガスト」にお邪魔した。今晩、気の置けない仲間たちとの「バレンタイン飲み会」が18時からいつもの福島であるので、ちょっと早めのランチをとった。このお店は今晩のメンバーの一人、前の会社の先輩M本さんの家の近所にあるのだ。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_957035.jpg

まず、ドリンクバーで
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_9572453.jpg

コカ・コーラをとってきた。もとい、セルフで注いできた。
小学6年の時、今から48年前であるが、こいつを初めていただいた時の驚きは尋常じゃなかったとはっきりと記憶にある。「薬っぽくて、こんなんジュースやない!」と小学6年の私は吐き出すように言ったと思う。慣れとは恐ろしい、今はなんともない。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_1025964.jpg

次は、メロンソーダ。こいつを初めていただいたのは小学2年、オヤジと行ったアメリカの戦争映画のあと、梅田の喫茶店でメロンとメロンソーダをいただいた。こいつは子供でも飲める。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_1063074.jpg

本日のちゅらおっさんガスト定食はこちら。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_107788.jpg

明太子と大葉の和風スパゲティ523円、568Kcalと
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_109425.jpg

ドリンクバー208円の合計731円。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10101935.jpg

いつもはミートソースかトマトベースのどちらかというとこってり派のパスタをチョイスするが、今日は「非日常」を感じてみたくて、あえて明太子の和風パスタにしたのである。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10121652.jpg

麺は1.8mmのアル・デンテに茹で上げられたスパゲティ。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10131592.jpg

そいつをフォークでおしゃまんべんなくかき混ぜる。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10135794.jpg

で、いただく。大葉と刻み海苔と明太子が織りなす絶妙のハーモニー、めっちゃ、う、うまあーい!
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10152392.jpg

タバスコと
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_1015444.jpg

パルミジャーノを
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10161634.jpg

どっさりんことかけて
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10165371.jpg

いただく。むっさ、う、うまあーい!
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10175157.jpg

パスタとオリーブオイルが見事に乳化して、最高のパスタに出来上がっている。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10194159.jpg

美味い、美味すぎる。ガストでこんな美味しいパスタがいただけるなんて夢にも思わなかった。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10203249.jpg

御馳走様でした。全然大げさではなく、本当に、ごっさ、う、うまあーい!
何度も食べたい、明太子と大葉の和風スパゲティ。カロリーの低さもgoodである。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10224192.jpg

食後はカプチーノ。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_1023610.jpg

深いコクがあってとても美味しい。ホッとする瞬間である。
Cafeレストラン ガスト    伊丹荒牧店_c0118393_10234951.jpg

ドリンクバー3杯で元を取った気分にさせられた。ガストさん、あざあーす!
住所 兵庫県伊丹市荒牧1-3-23 電話 0727-80-3203
営業時間 7:00~翌2:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5

by nozawahitoshi | 2014-02-22 07:36 | パスタ | Comments(0)

餃子の王将    赤川店

餃子の王将    赤川店_c0118393_17151867.jpg

今日は千林のお得意さんに行く途中、旭区の赤川3丁目交差点近くにある「餃子の王将」に今は亡き大東社長を偲んでまた伺った。ここは今日で10回目の来店となる。
餃子の王将    赤川店_c0118393_17181036.jpg

今日はいつもと違って、特に何が食べたいというものがなく、とにかくお腹が減っていたので店頭にあったサービスランチのサンプルを見て決めた。
餃子の王将    赤川店_c0118393_1720490.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食は、サービスランチ600円。
餃子の王将    赤川店_c0118393_17205246.jpg

ミニ天津飯(といっても、普通盛りぐらいは十分ある)と
餃子の王将    赤川店_c0118393_17214935.jpg

ワカメラーメン。(こっちのほうがミニと呼べそうなくらいである)
餃子の王将    赤川店_c0118393_18212254.jpg

ワカメラーメンは餃子の王将のメニューにはなく、勿論ブログ初登場である。
その具材はメンマが5本に
餃子の王将    赤川店_c0118393_18224568.jpg

ワカメラーメンと銘打つだけあってワカメが沢山に
餃子の王将    赤川店_c0118393_18234454.jpg

やや大きめに小口切りしたネギ、
餃子の王将    赤川店_c0118393_18242278.jpg

麺はややウエーブのかかった中太ストレート麺。
餃子の王将    赤川店_c0118393_18253030.jpg

スープは醤油ベースの野菜からとった出汁で、若干ダダ辛い。
餃子の王将    赤川店_c0118393_18271942.jpg

天津飯のアンは、黒光りした透明のドロドロタイプ。
餃子の王将    赤川店_c0118393_18283882.jpg

では、天津飯をいただきまーす。いつ食べても餃子の王将の天津飯は、う、うまあーい!
特に赤川店の天津飯は特別、う、うまあーい!
餃子の王将    赤川店_c0118393_18305751.jpg

この黒いアンと黄色い玉子と白いごはんの絶妙のハーモニー。
餃子の王将    赤川店_c0118393_1832445.jpg

中華風オムライスとは言い得て妙である。
餃子の王将    赤川店_c0118393_18325869.jpg

いつもはなんでもすごく美味しい赤川店であるが、ワカメラーメンだけはイマイチである。「猿も木から落ちる」のか?
餃子の王将    赤川店_c0118393_18353591.jpg

ラーメンを食べ終わり、天津飯を半分食べたところでお腹がいっぱいになったが、残すのはもったいないので、
餃子の王将    赤川店_c0118393_18365096.jpg

必死のパッチで平らげる。
餃子の王将    赤川店_c0118393_18372511.jpg

御馳走様でした。完食はしたが、やはり炭水化物大量摂取なので後悔が残った。
別の私が「たまにはいいじゃないか、炭水化物の日があったって!」と私に小声で囁く。
住所 大阪市旭区赤川3-3-36 電話 06-6929-7688
営業時間 11:00~22:30 年中無休 P無 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9

by nozawahitoshi | 2014-02-21 07:51 | 中華料理 | Comments(0)

博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店

博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8472632.jpg

今日はうちの会社から車で3分の、山手幹線沿いにある「博多ラーメンげんこつ武庫之荘店」に初めて伺った。博多ラーメンげんこつは随分久しぶりである。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8492350.jpg
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8493239.jpg

こちらがメニューの一部である。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8503190.jpg

本日のちゅらおっさん博多ラーメンげんこつ定食はこちら。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8511613.jpg

博多ラーメン570円と
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8514628.jpg

半チャーハン250円の合計820円。いわゆる半チャンセットというやつである。しばらく来ないうちにラーメンのお値段が50円もアップしていた。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8535321.jpg

博多ラーメンげんこつのチャーハンは美味しいと昔から定評がある。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8544987.jpg

店員さんににんにくをもらい
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8552075.jpg

小さいさじで匙で2杯
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8555371.jpg

ラーメンに投入。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8562220.jpg

豚のバラ肉を使用するチャーシューは、こういうのと
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_8571425.jpg

もっと脂身が多いこういうのの2枚。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_858928.jpg

ネギとシャキシャキのもやしはたくさん入っている。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_858498.jpg

麺は博多ラーメンのような極細ではなく、適度なコシとソフトな歯ごたえが特徴の中太ストレート麺を使用している。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_904069.jpg

豚骨、鶏がら、野菜が奏でる白ごまの浮いた激ウマスープ。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_92727.jpg

では,いただきまーす。そうそうこのお味、う、うまあーい!旧友との久しぶりの再会を思わせる。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_934150.jpg

パラッパラのチャーハンも、う、うまあーい!
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_943463.jpg

真っ赤な紅生姜を乗っけていただくと、さらに、う、うまあーい!
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_954470.jpg

粗挽き胡椒が卓上にあったので
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_961578.jpg

これくらいふりかけ、お味の変化を楽しむ。
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_97216.jpg

最後の最後まで飽きのこない博多ラーメン、う、うまあーい!
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_975449.jpg

肉汁滴るチャーシューも、めっちゃ、う、うまあーい!
博多ラーメンげんこつ   武庫之荘店_c0118393_99896.jpg

御馳走様でした。いやー、美味しかった。私のブログの最初のラーメンは、昨年の6月に閉店した博多ラーメンげんこつ豊中店だったように記憶している。その時から今まで、ラーメンの美味しさは全然変わっていないのがすごい!!
住所 兵庫県尼崎市水堂町3-7-15 電話 06-6436-2450
営業時間 11:00~翌1:30 年中無休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2014-02-20 07:00 | ラーメン | Comments(0)

La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町

La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9135687.jpg

今日は中崎町のお得意さんに行ったあと、そこから北に向かって2分歩いたところの路地裏にあるイタリア料理のお店「ラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ」にまたお邪魔した。2度目である。
今日はいつも使っているカメラ「LUMIX」がズームアウトで使えなくなったので、仕方なくiphoneで撮影した。慣れていないのでピンボケの部分はお許し願いたい。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9192068.jpg

「ジェノヴァの灯台」というイタリア語である。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9203672.jpg

黒板の横にはジェノバの灯台のミニチュアが煌々と灯りをともしていた。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9233491.jpg

大東亜戦争で焼け逃れた古民家を改築したお店で、入口のドアがとてもオサレな感じである。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_924738.jpg

平日のランチメニューである。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9243367.jpg

まずアクアが運ばれてきた。ここはボトルのアクアではなく、コップに入ったアクアだった。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9255854.jpg

本日のちゅらおっさんラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ定食はAセット950円。
アンティパスト+お好きなパスタ
まず、アンティパストから先にやってきた。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_928456.jpg

4種類のアンティパストとインサラータ。
ブロッコリーのオリーブオイル漬け、舞茸のマリネ、磯つぶ貝の白ワイン蒸し、Torta di riso(トルタ・ディ・リーゾ)。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9315395.jpg

舞茸のマリネをいただく。無性に白ワインが飲みたくなるようなお味で私の大好物、う、うまあーい!
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9374819.jpg

ブロッコリーのオリーブオイル漬け。よーくオリーブオイルに染み込んで、う、うまあーい!
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_9395589.jpg

磯つぶ貝は初めていただく。もちろんブログ初登場。
磯つぶ貝はつぶ貝の一種で、他にも赤ばい貝、白ばい貝、まつぶ貝などつぶ貝にはいろんな種類がある。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_944627.jpg

爪楊枝がついているのでクルリと取り出しいただく。まさに珍味、う、うまあーい!
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13411925.jpg

トルタ・ディ・リーゾをいただく。いただくのも初めてだし、ブログも初登場である。
お米のタルトというイタリア語で、硬いチーズケーキのようなもの。アンティパストで出すより、ドルチェとして出したほうがいいかも。とにかく甘いのである。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_1345655.jpg

インサラータにはバルサミコ酢とイタリアンドレッシングの2種類がかかっていて、酸味が柔らかくとっても大人のサラダ。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13472583.jpg

アンティパストを食べ終わる頃合を見計らって、ジェノヴァ出身のここの女性オーナーシェフのシルビアさん手作りのパスタが到着。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13501494.jpg

桜えびとズッキーニとミニトマトのオイルソースパスタ。これもブログ初登場。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13511161.jpg

まず3種類の具材からいただく。あっさりしているが、素材の旨みに個性があり、う、うまあーい!
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13533970.jpg

麺は円形の断面を持つ細長いパスタ(ロングパスタ)のうち、非常に細い種類のCapellini(カッペリーニ)を使用。「天使の髪の毛」という意味がある。日本のソー麺のようだ。
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_13565094.jpg

では、いただきまーす。オリーブオイルを最小限に使い、いろんな調味料は使わず、3種類の具材とカッペリーネだけの素朴なあっさりしたお味。めっちゃ、う、うまあーい!
まさにジェノヴァの家庭料理を彷彿とさせるパスタである。「モルト・ヴォーノ!」
La lanterna di Genova(ラ¥ランテルナ・ディ・ジェノヴァ)中崎町_c0118393_1404746.jpg

御馳走様でした。食べ終わったあとオーナーシェフのシルビアさんとイタリア料理について少しお話をした。とっても気さくでボーイッシュでキレイな女性である。また訪れたくなっちゃった!!
住所 大阪市北区中崎3-2-8 電話 06-6371-0606
営業時間 11:30~13:30 17:00~23:00 月曜定休 P無 地図
 以前の記事

by nozawahitoshi | 2014-02-19 07:00 | イタリアン | Comments(2)