ありがとう!今日も楽しかった

カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
最新のコメント
スパチキ、辛くて美味しい..
by ちゅらおっさん at 16:22
おおっ、スパチキ召し上が..
by 北島とりたろう at 17:24
まるでさん、人生初のミニ..
by ちゅらおっさん at 15:58
タンスにゴンさん、お久し..
by ちゅらおっさん at 11:30
マクドのオレンジジュース..
by まるでだめお at 10:04
えー、初めてだったのです..
by たんすにごん at 18:24
山田はん、毎度だす。 ..
by ちゅらおっさん at 13:18
うーむ、サイゼリヤのこい..
by 山田 at 12:03
山田はん、この界隈得意な..
by ちゅらおっさん at 16:00
天満駅周辺には安くて美味..
by 山田 at 14:19
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パーティーで長身イケメン..
from 婚活パーティーでモテる方法
山形で婚活パーティーに参..
from 婚活パーティーでモテる方法
梅田の婚活パーティーの口..
from 婚活パーティーでモテる方法
口コミや感想を確認してか..
from 婚活パーティーでモテる方法(..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


餃子の王将   国道高槻店

c0118393_7494514.jpg

今日は高槻のお得意さんに行く途中、国道171号線沿いにある「餃子の王将・国道高槻店」にお邪魔した。
c0118393_8201385.jpg

エレベーターで2階に上がり、店内に入ると「JSM」(ジャストサイズメニュー)という小皿で味わう安心サイズのポスターを見つけた。
女性を意識して作られたメニューだと思うが、私のようにダイエット中の男子にもぴったりのメニューで、少し嬉しかった。
c0118393_756240.jpg

カウンターが空いていたので、厨房が見渡せる席を陣取った。
c0118393_7565194.jpg

本日のちゅらおっさん餃子の王将定食はこちら。
c0118393_7572717.jpg

王将特製タレにラー油を加えた小皿も追加。
c0118393_7581374.jpg

湯気がもうもうと上がる、ジャストサイズの揚げそば360円と
c0118393_7591382.jpg

餃子1人前237円の合計597円。
c0118393_759568.jpg

こんがり狐色に焼きあがった餃子を、先ほど作ったタレに浸し
c0118393_83666.jpg

いただく。外の皮はバリッと、中の餡はジューシーで、う、うまあーい!
c0118393_833834.jpg

バリバリの揚げそば(餃子の王将の専門用語で『バリ』と呼ばれている)の具材は
c0118393_861963.jpg

うずらの卵
c0118393_864250.jpg

ホタテ
c0118393_87188.jpg

イカ下足
c0118393_873998.jpg

海老
c0118393_88058.jpg

豚肉
c0118393_882262.jpg

もやし、人参、白菜、木耳、玉ねぎ、ピーマンといった6種類の野菜が使用されている。
c0118393_893785.jpg

水溶き片栗粉でドロドロになったお出汁。
c0118393_8105641.jpg

では、いただきまーす。揚げそばのバリバリとした食感と、お出汁を吸ってどろっとした二つの食感が味わえる。お味は、う、うまあーい!
c0118393_8121098.jpg

時間が経つにつれてどんどんドロドロ化していく揚げそば。これも、う、うまあーい!
c0118393_8143114.jpg

御馳走様でした。あー美味しかった。全部残さず食べて腹八分目くらい。
「JSM」なかなかいいじゃないの。王将全店でやってもらいたいものだ。
住所 大阪府高槻市川西町1-21-4 電話 072-682-4556
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4

by nozawahitoshi | 2014-10-17 06:50 | 中華料理 | Comments(0)

麺創「麺魂」(めんそう・めんたま)中崎西店 中崎町

c0118393_8323637.jpg

中崎町のお得意さんに行った後、そこから北に向かって歩くこと6~7分、この9月8日に新しくオープンしたラーメン店「麺創・麺魂」に初めて伺った。
c0118393_836056.jpg

以前は「麺外麺」というラーメン店があったところに、居抜きでオープンしたようである。
江坂店が本店で、ここが2号店ということになる、
c0118393_8372053.jpg

c0118393_8373266.jpg

半ちゃんセットが800円からとなっている。
c0118393_8382135.jpg

c0118393_94954.jpg

[
c0118393_8383831.jpg

こちらが店内のメニューである。午後1時過ぎに行ったのだが、先客は2人だけと以外に空いている。
c0118393_839814.jpg

店内はカウンターが6席、2人掛けテーブルが4つ、4人掛けテーブルが2つの全22席。
c0118393_8404371.jpg

真新しい厨房で、店員さんが私の発注したモノを作ってくれている。男性店員2人と女性店員2人の4人がかりでお店をやられている。
c0118393_8443431.jpg

本日のちゅらおっさん麺創麺魂定食はこちら。
c0118393_95789.jpg

半ちゃんセット800円の醤油らーめん、単品だと700円、
c0118393_962744.jpg

半チャーハン、単品だと200円、セットにすると100円安くなる、ウシシ。
c0118393_983280.jpg

チャーハンはバターの香りがして、あっさり味で、う、うまあーい!
c0118393_992477.jpg

醤油らーめんの具材は、豚肩ロースのやや分厚いのが1枚と
c0118393_994764.jpg

幅広メンマと
c0118393_910164.jpg

刻み白ネギと
c0118393_9104918.jpg

海苔が1枚。
c0118393_9111330.jpg

麺は北海道産小麦を使用した中太麺か全粒粉平打ち麺、中太縮れ麺の中からチョイス出来るので、中太麺を選択した。
c0118393_9143387.jpg

スープは豚骨ベースの魚介系醤油味で、サラッとしたタイプ。豚骨よりも魚介の味が勝るスープ、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_9162277.jpg

中太ストレートの麺はコシがあり、スープとの相性も抜群で、むっさ、う、うまあーい!
c0118393_9175224.jpg

もっとパンチを効かせるために、卓上にあったブラックペッパーを
c0118393_9185088.jpg

ガリガリガリっと擦り入れ
c0118393_9193377.jpg

いただく。ピリっとした刺激が加わって、ぐっさ、う、うまあーい!
c0118393_9211372.jpg

やや分厚めの豚肩ロースは柔らかくって、すこぶる、う、うまあーい!
c0118393_9223181.jpg

食べ進むうちにお店のロゴマークが見えてきた。
c0118393_92329100.jpg

御馳走様でした。いやー、美味しかった。魚介系豚骨ラーメン好きには垂涎のお店でしょうな。
興味を持たれた方は是非食べに行って下さい。
住所 大阪市北区中崎西4-2-16 電話 06-6376-5527
営業時間 11:00~24:00 年中無休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2014-10-16 06:50 | ラーメン | Comments(0)

吉野家のコモサラ  176号宝塚店

c0118393_14405517.jpg

台風一過の今日は宝塚の176号線安倉中交差点近くにある「吉野家」に伺った。
c0118393_1443079.jpg

最近ダイエットしているので、なるべく低カロリーのものをと
c0118393_14434793.jpg

本日のちゅらおっさん吉野家定食はこうなった。「コモサラ」である。
c0118393_14453318.jpg

小盛牛丼の「コモ」532Kcalと
c0118393_14451195.jpg

ごぼうサラダの「サラ」78Kcalの合計610Kcal、370円。
c0118393_14461889.jpg

醤油ドレッシングかゴマドレッシングがチョイスできるので醤油をチョイス。
c0118393_1447250.jpg

まずそれをごぼうサラダにふりかけ
c0118393_14473372.jpg

牛丼には紅生姜を
c0118393_14475439.jpg

これくらい乗っける。
c0118393_14483284.jpg

低音でじっくり寝かせた熟成牛バラ肉。
c0118393_1449141.jpg

その牛バラ肉の脇をかためる厳選された玉ねぎにごはん。
c0118393_14515658.jpg

ごぼうサラダ、う、うまあーい!
c0118393_14524319.jpg

醤油ドレッシングの方がゴマドレッシングよりさっぱりしている。キャベツも人参も、う、うまあーい!
c0118393_14531825.jpg

とても柔らかいアメリカ産の牛バラ肉、う、うまあーい!
c0118393_14541163.jpg

玉ねぎも、う、うまあーい!
c0118393_14544730.jpg

紅生姜と牛丼の相性も抜群、う、うまあーい!
c0118393_1456689.jpg

御馳走様でした。美味しくいただいて今日も腹七分目のダイエット。
c0118393_14565787.jpg

吉野家の緑茶も今日は美味しく感じられる。
住所 兵庫県宝塚市安倉北2-19-2 電話 0797-85-5775
24H営業 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9

by nozawahitoshi | 2014-10-15 06:55 | 牛丼 | Comments(0)

スシロー   川西山下店

c0118393_18101833.jpg

休みの日の今日は細君と車で「スシロー川西山下店」に伺った。お店に入るやいなやテーブル席に案内された。それもその筈、台風19号がこちらに向かっているというのに、のんきにお寿司など食べている場合ではないのだ。お店はやはりかなりすいていた。
c0118393_1814184.jpg

私が発注した〆さば。
c0118393_18143450.jpg

今日の〆鯖は酸っぱすぎて話にならない。これはいけません。でも1貫食べちゃったから返品はできません。悔しいー!
c0118393_18161476.jpg

細君も食べるというので、同じものを2皿頼んじゃいました。
c0118393_1817641.jpg

鮪の贅沢3貫盛り。これは180円。
c0118393_18181391.jpg

中とろたたきに
c0118393_18184126.jpg

漬け赤身に
c0118393_1819693.jpg

びんとろの3貫。
c0118393_18195950.jpg

びんとろにわさびをつけて
c0118393_18203122.jpg

醤油をたらしていただきまーす。めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1821174.jpg

漬け赤身も
c0118393_18215070.jpg

中とろたたきも、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_18225691.jpg

細君の発注した貝柱と
c0118393_18232332.jpg

珍しくラーメン。出汁入り鶏がら醤油ラーメンは280円。
c0118393_18241998.jpg

私はハマチを発注。
c0118393_18244645.jpg

脂が乗ってないコリコリとした食感がたまりませーん。う、うまあーい!
c0118393_18254083.jpg

厳選めばち鮪赤身、ブログ初登場。
c0118393_18272289.jpg

案外分厚い切り身を見て嬉々とする私。
c0118393_18281121.jpg

果たしてそのお味は?う、うまあーい!
ネットリとした食感がたまりませーん。
c0118393_18292433.jpg

最後は三女がよく食べる、かにかま天にぎり。
c0118393_18302214.jpg

私は初めていただくが、これも、う、うまあーい!
c0118393_1831528.jpg

御馳走様でした。軽くサクッと頂いて、腹七分目くらいかな。年寄りはこれで十分なのである。今日は早く帰って、23日からの石垣島ダイビングの準備でもしようっと!
住所 兵庫県川西市見野3-8-24 電話 072-795-3205
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P有 地図
以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9
 以前の記事 その10
 以前の記事 その11
 以前の記事 その12
 以前の記事 その13
 以前の記事 その14
 以前の記事 その15
 以前の記事 その16
 以前の記事 その17
 以前の記事 その18
 以前の記事 その19
 以前の記事 その20
 以前の記事 その21
 以前の記事 その22
 以前の記事 その23
 以前の記事 その24
 以前の記事 その25
 以前の記事 その26
 以前の記事 その27
 以前の記事 その28
 以前の記事 その29
 以前の記事 その30
 以前の記事 その31
 以前の記事 その32

by nozawahitoshi | 2014-10-14 06:49 | 寿司 | Comments(4)

餃子の王将    多田店

c0118393_1725411.jpg

今日の休みは細君と二人で川西市の多田にある「餃子の王将」に買い物がてらやってきた。
c0118393_17263736.jpg

休みの日はというと、やっぱこれでしょう。「休日ビール」で開放感を満喫。
c0118393_1729198.jpg

よく冷えたアサヒスーパードライ大瓶と、これまたよく冷やされた王将のロゴ入りコップ。
c0118393_17302173.jpg

慣れたもので、いとも簡単に7:3の黄金比でビールを注ぐのである。
c0118393_17315140.jpg

そして「夫婦に乾杯!」などと言って細君に一瞥し、ごくごくごくとビールを喉に流し込む。「休日ビールはたまりませんなあ!」う、うまあーい!
c0118393_1810404.jpg

餃子1人前237円が待ち時間1分で到着。
c0118393_17372873.jpg

急いで小皿に王将特製のタレとラー油とお酢を入れ、上から七味唐辛子をふりかけ
c0118393_17372972.jpg

そこに餃子を浸し
c0118393_17392812.jpg

いただく。いつも変わらぬおいしい餃子。う、うまあーい!
c0118393_17412178.jpg

細君の発注した、ちびっこ天津飯302円が到着。
c0118393_17444498.jpg

餡のテカリが食欲をそそり、星条旗が9.11テロを思い出させてくれる。
c0118393_17412295.jpg

これは二人でいただこうと発注した、野菜炒め442円。
c0118393_1743719.jpg

横から見るとけっこうボリュームがある。
c0118393_17485925.jpg

豚肉、キャベツ、もやし、人参、タケノコに
c0118393_17494667.jpg

ブロッコリーに木耳の7種の具材が使われている。
c0118393_17511625.jpg

強力な火力で素早く中華鍋で炒められているので、野菜がシャキシャキしていて、う、うまあーい!
c0118393_17531693.jpg

私の発注したチューリップ540円。
c0118393_17542051.jpg

5個もあるので得した気分。
c0118393_17555771.jpg

レモンを絞り
c0118393_17554552.jpg

塩とコショウをふり
c0118393_17565751.jpg

いただく。豪快にかぶりついて、豪快にビールを飲む。う、うまあーい!
c0118393_1759099.jpg

細君が天津飯を回してきた。
c0118393_17592818.jpg

一口だけもらう。いつもの美味しい天津飯である。う、うまあーい!
c0118393_1801362.jpg

チューリップは皮のバリバリとジューシーな肉がたまりませーん。う、うまあーい!
c0118393_182554.jpg

御馳走様でした。帰りに生餃子6人前1296円+箱代30円を買っちゃいました。
住所 兵庫県川西市多田桜木2-3-31 電話 072-793-3760
営業時間 11:00~翌1:00 年中無休 P有 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3
 以前の記事 その4
 以前の記事 その5
 以前の記事 その6
 以前の記事 その7
 以前の記事 その8
 以前の記事 その9
 以前の記事 その10
 以前の記事 その11
 以前の記事 その12
 以前の記事 その13
 以前の記事 その14
 以前の記事 その15
 以前の記事 その16
 以前の記事 その17
 以前の記事 その18
 以前の記事 その19
 以前の記事 その20
 以前の記事 その21
 以前の記事 その22
 以前の記事 その23

by nozawahitoshi | 2014-10-13 07:38 | 中華料理 | Comments(0)

ドルチェモスカート 新箕面ガーデンプレイス店

c0118393_846543.jpg
c0118393_8461579.jpg

「天高く馬肥える秋」の3連休の初日、私と女友達のMさんとIさんの3人で箕面にあるイタリアン「ドルチェモスカート」に伺った。とても雰囲気のいいお店で、私は4回目である。
c0118393_9381226.jpg

c0118393_9385967.jpg

こちらがメニューの1部である。
トイレに行って帰ってくると、もうすでに料理が運ばれていた。
c0118393_854450.jpg

Iさんの発注した、酪農バターのバケッ塔(バケット)350円。6切れ入っているが、写真を撮る前にMさんが自分の皿に2切れ移していた。
「元に戻そうか?」とMさんがすまなそうに言ったが、
「そのままにしておいて。わかるように撮るから」と断った。
c0118393_8592333.jpg

Iさんが発注した、アモーレランチ1580円。
アンティパスト+お好きなパスタ+ソフトドリンク+ドルチェのセット。
アンティパストがまずやってきた。
c0118393_9153693.jpg

pollo「ポッロ」(鶏肉)のソテー・バルサミコ酢掛け
c0118393_9404436.jpg

ブロッコリーのオリーブオイル漬け
c0118393_9413985.jpg

caprese「カプレーゼ」。インサラータで、トマト、バジル、モッツアレラチーズが使われている。
c0118393_9462358.jpg

frittata「フリッタータ」(オムレツ)
c0118393_9474588.jpg

zucca「ヅッカ」(かぼちゃ)のバルサミコ酢ソテーの5品。
c0118393_9554271.jpg

休日ワインといきまっしょい!Gabal「ガバル」のグラスワイン赤480円。
c0118393_9595273.jpg

イタリア産、シチリア特産種ネロ・タヴォラ100%の赤ワイン。
スパイシーでフレッシュな味わいにすっきりした後味。
ガバルとはワイナリーのある町エリーチェの昔の名前である。
c0118393_1031713.jpg

フリッタータにはトマトソースとチェダーチーズがかかっていて、う、うまあーい!
c0118393_1051873.jpg

鶏皮付き鶏肉のジューシーなこと。う、うまあーい!
c0118393_1065938.jpg

かぼちゃの旨みを最大限に活かして作られたソテー、う、うまあーい!
c0118393_1082247.jpg

1996年創業からの大人気商品のバケット。焼きたてが美味いんだけど、時間が経つと・・・。
c0118393_10101399.jpg

みんなでつまもうと発注した、マルゲリータピッツア1280円。
コルニチォーネがいい感じに焦げてます。
c0118393_10153587.jpg

トマト、バジル、モッツラレラといったイタリア国旗の3色。
c0118393_10173897.jpg

店員さんにピッカンテオイルを頼んだら
c0118393_10181844.jpg

「タバスコです」と持ってきたが、全然タバスコじゃないじゃん。ハバネロソースじゃん!
c0118393_10201534.jpg

適当に切り分けて
c0118393_10204468.jpg

いただくとしましょう。
c0118393_102112100.jpg

ハバネロは中辛なので多めにかけて
c0118393_10215038.jpg

いただきまーす。生地がイマイチである。焼き方が悪いのかなあ?
c0118393_1023148.jpg

ブロッコリーはすごく柔らかくって、う、うまあーい!
c0118393_1024159.jpg

カプレーゼも、う、うまあーい!
c0118393_10252621.jpg

Iさん発注のランチのきのこと明太子のクリームソースが到着。
c0118393_10262524.jpg

混ぜ混ぜして
c0118393_10264987.jpg

シェアしてくれました。
c0118393_10271786.jpg

2杯目は白のグラスワイン480円。
c0118393_10275421.jpg

モンテリーモ・ビアンコという名前のワイン。
イタリア。シチリア島の原産、カタラット種とグリッロ種のブレンド。バランスのとれた味わい、フルーツを思わせる香り。
モンテリーモとは、ワイナリーにそびえる山の昔の名前だそうである。
c0118393_10322532.jpg

パスタはアル・デンテでプリップリ。お味も、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_10335192.jpg

ドルチェ、マンゴーのヨーグルトムース。
c0118393_10343697.jpg

御馳走様でした。ワイン2杯に軽く食べて、腹七分目。
ドルチェモスカートのお客はほとんどが女性。雰囲気のいいお店には女性客が押し寄せるってことかな?
住所 大阪府箕面市白島1-1-8 電話 072-726-2500
営業時間 11:00~23:00 年中無休 P36台 地図
 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3

by nozawahitoshi | 2014-10-12 07:04 | イタリアン | Comments(0)

宮古島セントラルホテル ユイマールの朝食バイキング

c0118393_15125685.jpg

宮古島でダイビングするとき、いつもセントラルホテルを利用している。今回で11回目である。
c0118393_15162054.jpg

9回建ての1階部分に「ユイマール」というレストランがある。ユイマールとは「助け合い」の沖縄の言葉である。朝は朝食バイキング、夜は居酒屋に変身する。
ビジネスホテルの朝食バイキングオタクの人が「ダイビングに行ったら必ず朝食をブログに出してね、お願い、うっふーん」といつも言われているので、「まっ、しょーがねーか」なのである。
c0118393_15205597.jpg

2時間半の食べ放題、ソフトドリンク飲み放題で850円はさてどうだろうか?
c0118393_15215676.jpg

c0118393_15221033.jpg

こんな感じである。
c0118393_15223263.jpg

1日目はこうである。
c0118393_15255235.jpg

左から時計回りに、豆腐と人参のチャンプルー、春巻き、ウインナーの湯煎、かぼちゃの炊いたん、ベーコンのソテー、スクランブルエッグ。
c0118393_1527116.jpg

レタスにオーロラソース。
c0118393_15274517.jpg

味付け海苔。
c0118393_15281056.jpg

牛乳。
c0118393_15282839.jpg

お味噌汁。
c0118393_15285059.jpg

ごはん。お粥とパンがあったがごはんをチョイス。
c0118393_15294721.jpg

デザートはオレンジとパイナップル。
c0118393_15301337.jpg

食後のホットコーヒー。アイスコーヒー、シークワーサージュースなどもある。
c0118393_15324952.jpg

2日目はこちら。
c0118393_15342035.jpg

ベーコンのソテー、ポテトサラダ、ウインナーの湯煎、野菜炒め、スクランブルエッグ、鯖の塩焼き。
c0118393_15352018.jpg

チキンカレー。大きなチキンとじゃがいもと人参がゴロゴロ。お味は推して知るべし。
c0118393_153802.jpg

ごはんに
c0118393_15381918.jpg

牛乳。
c0118393_15384154.jpg

S藤さんが今から一人ぼっちで朝食を食べるところなのです。
住所 沖縄県宮古島市平良字西里225 電話 0980-73-2002
24時間営業 年中無休 P有 地図

 以前の記事 その1
 以前の記事 その2
 以前の記事 その3

by nozawahitoshi | 2014-10-11 07:08 | 宮古島 | Comments(0)

2014年秋宮古島ダイビング3日目夜 海鮮居酒屋 だんらん

c0118393_13251797.jpg

今日もアントニオガウディ⇒津波岩ドロップ⇒マリンレイクといったポイントを3本きっちりと潜って夜の帳がおりかけた西里(いーざと)通りを西に南に西にと2分ほど歩いてやってきたのは「団欒(だんらん)」という名前の居酒屋さん。
もと「十串屋」という居酒屋があった跡地に居抜きで出来たお店である。
c0118393_13371484.jpg

何故だか満面の笑みを浮かべて暖簾をくぐるガイドのリショーさん。
c0118393_13381349.jpg

お店の入口にあったメニューの1部である。
c0118393_13401112.jpg

階段を上って左に行くと、そこが今宵の宴会の場だった。
c0118393_13414038.jpg

菊露、多良川といった泡盛、古酒(くーす)がずらりと並んで圧巻である。
c0118393_13415796.jpg

お疲れサマーズ三村、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビグビグビグビ、プッハー、う、うまあーい!
集まったメンバーは私、S藤さん、ガイドのリショーさんの男3人、ガイドの美登利さん、K野さん、O崎さん、Hさん、M月さん、T中さんの女子6名。
オリオンビール480円×7とシークワーサーサワー380円×2の合計9杯のガラスのぶつかる音は店中に響き渡った。
c0118393_1349347.jpg

私は3日間ずっとオリオンである。
♫ 三ツ星かざして高々と~ ビールに託したうちなあーの ♫ ビギンの楽曲である。
リショーさんの司会進行で宴会は粛々とスタートをきった。
c0118393_13543449.jpg

豆腐サラダ560円。M月さんの発注した料理が真っ先に来た。
c0118393_13543895.jpg

あっという間に飲み干し2杯目を。
c0118393_13551754.jpg

やっぱこのロゴマークがないと、オリオン生は美味しくないのである。
さすがに7:3のビールと泡の黄金比、プロはちゃうなあ!
c0118393_13573830.jpg

私の隣ではK野さんのジョッキから泡が溢れていた。写真を撮ろうとすると、K野さん笑って私の肩を叩いて言った。
「なにもそこまでしなくっても!」
c0118393_1421436.jpg

ソーキのトマト煮600円を
c0118393_1425611.jpg

「女性が過半数以上いるから」と美登利さん、2皿発注。
すごくいい匂いが漂ってきている。ビールなど飲んでる場合ではない。
c0118393_151377.jpg

早速いただいちゃおうっと。めっちゃ柔らかくって、めっちゃ、う、うまあーい!
c0118393_1411610.jpg

十串揚げ盛合せ1300円。
大阪と違って宮古島では「2度漬け禁止」のウスターソースではなく、左から塩、とんかつソース、タルタルソースなのである。
「大阪の串カツ言うたら、大きな四角のステンレスの容器にウスターソースがなみなみと入っていて、そこに串カツをドボンと1回だけ漬けて食べるんや。」と私がのたまうと
「どうして2度漬けがダメなの?」すかさずO崎さんがニコニコ顔で訊いてきた。
「他の客もそのソースで食べるからなんや。だから食べ放題のキャベツがついてくるんや」
「何でキャベツなの?」Oさん執拗である。
「ちゃんとソースが串カツに付かなかったときは、ソースをキャベツですくって串カツに付けるんやがな。それと串カツを食べている合間にキャベツを食べると胃袋がスッキリするからや」
「なーんだ、そうだったのね」納得顔のO崎さん。
c0118393_14304071.jpg

こちら十串焼き1300円。
焼鳥、椎茸、ねぎま、シシトウを炭火で焼いてある。
c0118393_14332178.jpg

地鶏のタタキ600円。
「これって宮古島の鶏?」って誰かが訊いた。
「宮古では鶏は飼育してません。だぶん本土から取り寄せてるんじゃないですか」リショーさんが真面目な顔で答える。
c0118393_14363178.jpg

豚の串カツに塩をつけて
c0118393_1437738.jpg

いただく。う、うまあーい!
c0118393_14375682.jpg

ビールが進みます。オリオン生おかわり~。
c0118393_14384910.jpg

ソーミンチャンプルー600円。こちらではソーメンとは言わず、ソーミンと呼ぶのである。台風が来た時の非常食としていつも確保していると与那嶺君が言っていた。
c0118393_14414170.jpg

グルクンの唐揚げ620円。和名はタカサゴである。
12年前に沖縄本部町にあるファイブ・オーシャンでCカードを取りに来た時に、マハイナホテルでこれを初めて口にし、それからの大好物なのである。
c0118393_14454480.jpg

フーチャンプルー600円。
チャンプルーの中では私はこれが一番好き。
c0118393_14464051.jpg

タコと3枚肉のソーキの炒め物600円。
c0118393_14474078.jpg

海ぶどう500円。
c0118393_14481257.jpg

いろいろ魚のキムチあえ600円。
笑い声とおしゃべりとで宴会は大いに盛りあっがっていた。
c0118393_14494472.jpg

夜10時、「一度ここでシメたいと思いますが、みなさんいかがでしょうか?」と遠慮がちに言うリショーさん。
「いやあ〜、今日もよう飲んだわあー」と関西弁の人。
「なんだか酔っちゃったわ」と関東弁の人。
「楽しかった。また宮古島来たいです」と率直な意見を述べる人。
「さあ、帰りましょうか」とお店を出る9人。足取りも軽く帰路に着くのであった。
住所 沖縄県宮古島市平良字西里294-1 電話 0980-73-8271
営業時間 17:00~24:00 不定休 P無 地図

by nozawahitoshi | 2014-10-10 06:48 | 宮古島 | Comments(4)

2014年秋宮古島ダイビング3日目 221~223本

 1本目 アントニオガウディ
c0118393_10363291.jpg

大小様々な洞窟やアーチが複雑に入り組み、芸術的かつ斬新である事から、変わった建造物をつくった事で知られる、「アントニオガウディ」の名前が付けられたらしいっす。
中から外を眺めると様々な形のブルーの光が楽しめ、壁にはイソバナが付き、カメラ派ダイバーはいろんなアングルが楽しめる垂涎のポイント。また 自然の造りだした変わった地形が味わえる人気のポイントでもある。
c0118393_1043115.jpg

気温30度、水温29度、天候は快晴。
セントラルマリンクラブの自慢のボート「ASKAⅡ」でいざ出発。
c0118393_10531772.jpg

耳抜き失敗しないようにゆっくりと潜行。
c0118393_19385971.jpg

ふわっと着底したところにこの子はいました。
c0118393_19391233.jpg

スミレナガハナダイ。この子は雄。
全身がすみれ色で、体側中央部にピンク色の四角い斑紋がある。雌から雄に性転換する魚。
何故か「サロンパスフイッシュ」とは呼ばれるが、「トクホンフイッシュ」とは誰も呼ばない。
私の憶測では、久光製薬のダイバーがいろんなところで流行らせているのでは?と思っている。
c0118393_11122663.jpg

c0118393_11124325.jpg

c0118393_11131984.jpg

c0118393_1124751.jpg

クチナガイシヨウジ。これぞマクロのすごさ。
宮古島のサンゴ礁の浅い場所で、普通に見られるヨウジウオの仲間である。サンゴの上や海底などを、這うように泳ぎながら移動する。口先がかなり長いのが特徴でもある。
c0118393_11322746.jpg

水字貝(すいじがい)。
軒先に下げ、古来より沖縄で魔除けとして扱われている人気の貝である。見た目が「水」という字に似ているところから「水字貝」と名づけられたそうである。
お土産店で買えば700円くらいはすると思う。買う?
c0118393_11432230.jpg

太陽の光がキラキラ、さて上がりましょうかね。
 2本目 津波岩ドロップ
c0118393_1152466.jpg

2本目のポイント「津波岩」は11時半にエントリー。船底から見上げれば、太陽の光のシャワーがすこぶる美しく、快楽ホルモンが「どっどどどどー」とほとばしるように出る。
宮古島の北西にある「津波岩」として名高い下地島の巨岩がある沖合いのポイント。ちなみにこの岩は明和8年(1771)明和大津波で打ち上げられたとされる、高さ12mもある巨岩なのである。
c0118393_11543513.jpg

エントリーしてすぐに、この怒ったようなお顔の
c0118393_1157491.jpg

このお方が
c0118393_11573076.jpg

通り過ぎていった。このお方の名前は、ロウニンアジ。
非常に大きくなる回遊魚で、沖の浅い根のまわりや、潮の流れの速い崖などの中層で見られる。
成魚は単独で悠々と泳いでいることが多く、かなり浅い場所にも現れる。
出会う機会は少ないが、一度会うと強烈な印象が残る私のような魚って誰かが言っていたなあ。
c0118393_123072.jpg

下にはノコギリダイとアカヒメジの群れが混じって泳いでいる。
c0118393_12133932.jpg

アカホシカニダマシ。
イソギンチャクカクレエビと同じように、ハタゴイソギンチャクなどに隠れ住むヤドカリの仲間。
普通はもっと赤い点があるが、この子は色白なのである。
c0118393_12172188.jpg

ウツボなのだが、何ウツボなんだろうか?誰か教えて!
c0118393_12185763.jpg

フィリノープシス属の1種。
女子大学生のT中さんが必死で狙ってたやつ。
c0118393_12242969.jpg

ソライロイボウミウシ。
c0118393_12242940.jpg

サキシマミノウミウシ。
背側突起は白色を帯びた半透明から明瞭な白色で、先端近くに橙色の輪がある。
c0118393_1231947.jpg

トウモンウミコチョウ。
体地色は淡い緑色で、頭楯には黒く縁どられた橙色の不定形の小円紋が散布している。後端の突起は赤色。
サンゴ礁域で、メインカットのようにカイメンに着生し、食しているのを見たことがある。
c0118393_1238339.jpg

ガイドの美登利さんがチラッとこの子を見てはすぐに無視したかわいそうな子。
後から聞いたら「抜け殻」だって。一生懸命撮ったのになあ。
c0118393_12413811.jpg

「もうボートに戻らはったらどないですか?」と彼が言うので
c0118393_1244848.jpg

お昼ご飯でも食べに戻りましょうかね、へっへー。
c0118393_12444415.jpg

ボートの上ではランチの準備が粛々と進んでいた。
c0118393_1246206.jpg

本日のちゅらおっさんセントラルマリンクラブ定食は、天ぷらぶっかけうどんとじゅーしー。
c0118393_1247331.jpg

食後はオレンジと島パイナップル。御馳走様でした!
 3本目 マリンレイク
下地島にある宮古島有数のレーザービームポイント&池ポイント。ブログ初登場である。
2つの池の様な地形からなりたち、朝は陸上に繋がる池から眩しい位に朝日が差し込み
昼にはもう一つの池の様な地形からレーザービームの様な眩しい光の柱が入る。
ここは、潜り時間帯によって、楽しみ方が大きく変わる面白いポイントである。
c0118393_12595417.jpg

c0118393_1352025.jpg

c0118393_1311876.jpg

c0118393_1315241.jpg

c0118393_1321361.jpg

c0118393_1323015.jpg

ちゅらおっさんと今回ご一緒した方々との記念撮影。
c0118393_1393778.jpg

「耳抜き大丈夫?」
「♪ ちょっと待って、プレイバック、プレイバック ♫」
c0118393_13111030.jpg

「5分間の安全停止でーす!」ガイドの美登利さん。
c0118393_1313511.jpg

「あんたら、ようやるわ」とニジハタがからかうように寄ってきては、ぷいっと行っちゃいました。
c0118393_13145313.jpg

さあ、無事6本潜り終え、帰ってオリオンビールでもラッパ飲みしましょうかね、はっはー!

by nozawahitoshi | 2014-10-09 06:51 | 宮古島 | Comments(4)

2014年秋宮古島ダイビング 2日目夜 うまいもの畑 さとうきび

c0118393_10311771.jpg

2日目の宮古の夜は市役所通り(マティダ通り)にある「さとうきび」というお店に初めて伺った。
土日の宮古島の居酒屋は混むというのが脳裏をかすめたので、夕方の5時半に素早く予約を取っていたのである。
沖縄の昔の家のような、どこか懐かしい雰囲気を感じる居酒屋である。
c0118393_1047088.jpg

お店の前に出ていた看板メニューは、島野菜をふんだんに使った地元料理が充実。ひと手間加えた創作料理も好評だそうで、観光客には田芋(ターンモ)を使ったドゥル天が人気だそうだ。
リーズナブルなお値段なので、お財布に優しく、地元客のリピート率が高いという噂だ。
c0118393_111401.jpg

c0118393_1115110.jpg

こちらがメニューの1部である。
c0118393_1121610.jpg

オリオンドラフト生ビールのタイムサービスというのは嬉しい限りである。
c0118393_113734.jpg

私はもちろんオリオンビール250円。
c0118393_1135259.jpg

S藤さんはシークワーサーハイ380円。なんか女子の前では無理する人らしい。
c0118393_1155067.jpg

お疲れサマーズ大竹、カンパーイ、ガチガチガチガチガチガチガチ、グビグビグビグビグビグビ,プッハー、う、うまあーい!
集まったメンバーは私とS藤さんの男子2名とK野さん、O崎さん、Hさん、M月さんといった、今日ボートの上で初めてお会いした素敵なレディー達。
c0118393_11192026.jpg

お通しはまぐろ味噌。どんなお味がするのか興味津々である。
c0118393_11201543.jpg

いただいてみると、うーむ、これは酒呑みが好きそうなお味。う、うまあーい!

c0118393_11224482.jpg

苦菜(んじゃな)豆腐サラダ480円。
c0118393_1124250.jpg

弾力のある島豆腐の上にツナ、その上に苦菜の千切りが乗って絶妙のハーモニー、う、うまあーい!
ビールが進む美味しさ。
c0118393_11283588.jpg

どんどんビールをおかわりする今宵の面々。
c0118393_11292350.jpg

S藤さんはザクロチューハイ380円にチェンジ。お酒は飲めないと昨夜言ってたのは、あれは嘘か?
c0118393_11314149.jpg

田芋の天ぷら、所謂ドゥル天2ケ490円を3皿。どの女子が発注したのだろうか?
6人で1個ずついただこうという気の利いた発想に拍手である。
c0118393_11355212.jpg

いただいてみると、めっちゃ、う、うまあーい!
何十回とこっち方面に来ているが、ドゥル天は初めていただいた。
田芋、豚肉、かまぼこ、干し椎茸、白玉粉、片栗粉を団子にして油で揚げてある。
c0118393_1139598.jpg

こちらはタコスピザ600円。
「こういうところで出されるピザって、案外美味しいのよね」とK野さんが微笑む。
c0118393_11405852.jpg

宮古塩焼きそば500円。
「これ、紅生姜がついてないの?私的には不満なんだけど」またまたK野さん。
その声を聞くやいなや、コールベルを押す私。
「おねえさん、紅生姜ちょーだい!」
「ウッソー、早ーい、嬉しいー!」と感極まるK野さん。
c0118393_11462434.jpg

小皿にシェアしてっと。ちゃんと紅しょうがも乗せていただく。麺は沖縄そばで、う、うまあーい!
このあたりから私とM月さんの親子漫才が始まる。題目は「関東VS関西」。
その内容は残念ながら書けません。ご想像にお任せします。
c0118393_11553074.jpg

島らっきょうの天ぷら480円。
c0118393_11585147.jpg

島らっきょう味噌480円。
気の利いた女子の計らいで、立て続けに島らっきょう料理が運ばれてきた。呑兵衛には垂涎の料理である。
c0118393_1243698.jpg

島らっきょうの天ぷら、う、うまあーい!
c0118393_1244551.jpg

こちらはHさん発注のアセロラチューハイ380円。
c0118393_1253894.jpg

M月さん発注の泡盛カクテル500円。
c0118393_127366.jpg

宮古島かまぼこ490円。
c0118393_1282777.jpg

宮古島かまぼこなんて初めていただく。お味は、めちゃめちゃ、う、うまあーい!
「ラッキーセブン」「アウトオブ眼中」といった話題が出て、その場はどんどん盛り上がっていく。
O崎さんと私、今日見たネムリブカの話に夢中になる。
「私はしんがりだったので、ひょっとしてやつに足とか食われはしないだろうかとちょっとだけ心配した」と常に満面の笑みを浮かべるO崎さん。
c0118393_1215451.jpg

アスパラベーコン490円。
「クマノミって何種類いるか知ってる?」と私が女子たちに尋ねたらK野さんが見事、全部言ってのけた。
「だって可愛いもんね、クマノミ」とすごく上機嫌なK野さん。
c0118393_12184241.jpg

6時半から始まった宴会も、時計を見るともう10時を回っている。
「いやー、面白かった。こんなに笑ったの何年ぶりかなあ」
「親子漫才見れて楽しかった」
「明日もダイビングあるし。そろそろ帰りましょうか」ということで、6人は「さとうきび」を出てセントラルホテルまでの10分間をワイワイ騒ぎながら帰るのであった。
住所 沖縄県宮古島市平良字西里386 電話 0980-75-4708
営業時間 18:00~24:00 不定休 P有 地図

by nozawahitoshi | 2014-10-08 06:52 | 宮古島 | Comments(4)